« 気持ちの奥にしまったもの | トップページ | コツコツと…。 »

2019年4月15日 (月)

春は揺れる

昨日とはうって変わっていい天気。朝から洗濯したりスムージー作って飲んだり、そのあと筋トレもちょっとやったりなんかしてなんちゃって健康女子(健康オバハンか)。そもそも健康という言葉からは一番かけ離れた生活をしているので、できる範囲でカラダを気づかおう〜程度のことしかできない。深夜に帰宅してなんか食べてそのまま寝ちゃうみたいな生活だし。
でもここ最近思うのは、この気づかい程度のことがけっこう楽しい。添加物まみれの変なものは食べたいと思わないし 人工甘味料が入っている飲み物も飲まなくなるし、ちょっとだけカラダを動かすと気持ちも上がる。ゆる〜い心がけでできることを続けていこう。こんなゆる〜い感じだって、それなりにカラダが応えてくれているのが分かるから。この調子で病み病みな気持ちもなんとなく前向きになれるといいのだけど。

 春というのは良くも悪くもいろいろに気持ちが揺れ動く季節だ。子どもの頃から今にいたっても、この時期はとにかくツライ。けれど何がツライのか?と言われてもそこがうまく答えられない。答えはひとつかも知れないしいくつかあるかも知れないし…。でもそれを一言で表すのはとてもむずかしい。
 自分の場合、更年期のせいもあってかとにかく泣いてばかりいる。いい歳したオバハンが情けなや〜と自分でも思うのだけど、気持ちが何かに反応して涙が出てくる。どうやら私の場合は、自分の中にあるツライとか苦しいとか悲しいとかっていう感情に勝手にリンクしてしまうようなのだ。
だから常に何かに集中していないと、ふとした気持ちのすき間にそういうイタズラが入り込んでくる。自分ひとりでいるときならまだしも、そこに自分以外の誰かがいるときには何事が起きた?状態になるので、花粉症のせいになんかしてごまかしたり。(花粉症じゃないけど)
ほんとーに気持ちのコントロールがむずかしい時期なのです…。

 などとマイナスなことばかり言っているけれど、いいこともあります。
アパートの裏の街路樹の花水木が今とてもきれい。毎年思うのだけど、花水木の花って蝶々のよう。
黄色とかうすピンクとかの蝶がひらひらと舞いながら枝にとまっているかのよう。
モクレンが終わって桜が終わって次にこの花水木。この中では一番地味なお花かも知れないけど、可憐で健気なこの感じが好きなのです。

 

|

« 気持ちの奥にしまったもの | トップページ | コツコツと…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気持ちの奥にしまったもの | トップページ | コツコツと…。 »