« 女更年期♪ | トップページ | 休みの日。 »

2019年2月 4日 (月)

ゴミ当番。

あっという間に2月になり、しかも今日はなんだか暖かい。北陸のどこかでは春一番が吹いたとか、関東のどこかは気温が20度越えとのこと。ここ名古屋はそこまでではないけれど昨日までの空気とは違うほわんとした空気だった。洗いたてのふっかふかのタオルに包まれているみたいで。
そんな今日は朝一番で町内のゴミ当番の仕事があった。名目上は7時〜とはなっているけれど、たいてい7時前から皆さん集まって作業している。なので私もはりきって6時45分に行ったらさすがに誰もいなかった。7時ちょっと前にもうひとりやってきて結局2人だけで作業した。いつもは5、6人集まるはずなのだけど。
収集所に集められた各家庭で出た瓶、缶、ペットボトルなどを確認しながらきちんと分別し直す作業なのだけど、これがまたマナー知らずの人がたくさんいることに驚くばかり。分別せずひとつの袋の中にひたすら詰め込んでいるのもあれば、なぜだか食べかけのお弁当を瓶や缶と一緒にそのまま袋に詰めているのもある。どさくさに紛れて掃除機なんかも袋に入れて捨ててあった。ここに捨てにくるのは当然大人だから、つまりはそういう大人が普通の顔をしてここに住んでいるということ。かなしいようなさびしいような気の毒なようなそんな気持ちになってしまう。私と一緒に作業していたご婦人はこの状況に「まったく…」とはきながらもずっとプンプンいていた。

袋の中に入れてしまえば終わりってものではないのだ。中を開ければその人が見える。
まるで人の心や家庭の中身までのぞいているような作業だ。

ゆうべ降った雨でゴミ袋もびっしょり濡れていてはめていた軍手もびちょびちょになってしまうしで、朝からなんだかな〜という気分になったけれど、部屋に帰ってきてシャワーを浴びたらすっとした気持ちが降りてきた。
少しでもこの町のためにお役に立てたという爽快感なのだろうか。

作業の終わりがけに必ず毎回立ち寄ってくれる婦人会のおばさまがいる。かつて一緒に作業したことがあるのだけど、マナー違反なゴミ袋を見つけるたびにものすごい勢いでお怒りまくるので隣にいる私なんかずっとビビりっぱなしだった。それでもこのおばさまは当番でもない日でも毎度ここに立ち寄って最終点検をし、その日当番だった人たちに「ごくろうさま」と声をかけてすっと去っていく。
こんなすごい人がこの町を世直ししてくださっているということを、もっともっとたくさんの人に知ってもらいたい。
この町にはこんなすごい人がいるんだよ。

|

« 女更年期♪ | トップページ | 休みの日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/75062957

この記事へのトラックバック一覧です: ゴミ当番。:

« 女更年期♪ | トップページ | 休みの日。 »