« 心は止まらない。 | トップページ | 楽しくなりたいな。 »

2018年10月18日 (木)

ひとりの時間。

近ごろ気になってしょうがない…。朝からずっと泣きっぱなしの赤ちゃんがいて。そもそもアパートの通りに面しているほうは普段から音が響く。小学生のリコーダーや工事現場の音や、いい音もそうでない音もとにかく響く。きっとそのせいもあるだろうけど。
泣き方が"お腹すいた"とか"眠い”とかそういう類いのものじゃないようで。感が強い子なのかも知れないな。
とにかく朝に晩に泣いているからちょっと心配なのだ。子どもももちろんだけど赤ちゃんのママも大丈夫だろうか。

今日は朝から相方さんは仕事でいない。帰りはきっと遅くなるだろうからひとりで過ごさなくてはならない。一般的な主婦はこういうときどんなふうに思うのだろうか。ひとりの時間をありがたく思うのだろうか。羽が伸ばせるなどと思ったりするのだろうか。
私はちょっと変わっているので、ひとりの時間は怖くてたまらない。暗闇に放り投げられた気分になる。子どもの頃、両親が留守にしている家庭に育ったからたまに父ちゃんや母ちゃんがいると聞くと嬉しくてたまらなかった。誰かがいてくれるという安心感だ。どれだけ仮病を使ったか、どれだけかまって欲しくてわざとおねしょしたことか。
寂しい気持ちをぐっと我慢して育った私の心の根っこには、きっと今でもあの頃がある。
とは言っても私もいいおばさんだ。いい加減、心を成長させなくてはいけないな。


Img_0887_3
11時ごろお腹が空いたのでトーストを焼く。チーズを目玉焼きをのせた。それとミルクコーヒー。
ひとりのごはんってほんとにつまらない。

午後から重い腰を上げてようやくタンスの衣替え。
着るものにあまり興味がない私は高校生くらいに買った服を平気で袖を通したりするのですよ。でもね、さすがにもういい歳して痛いっていうかヤバイっていうか…そういうことにようやく気づいてきた昨今。思い切って捨てました。まぁそれほど思い切りは必要なかったですがタイミングよかったというか。
これで明日から寒くなっても大丈夫。

ひとりの時間を紛らわすために本を読んだりワインを飲んだりして時間を埋めてみる。そのうちウトウトしてきて、そんな頃に相方さんが帰ってきた。

Img_0888
深夜0時頃のファミレスにて。ピザとかパスタとか食べる。お互い今日の報告をし合ってさくっと帰ってくる。明日はメロ弁の日なので早起きしなくては。


|

« 心は止まらない。 | トップページ | 楽しくなりたいな。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/74423704

この記事へのトラックバック一覧です: ひとりの時間。:

« 心は止まらない。 | トップページ | 楽しくなりたいな。 »