« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月31日 (金)

眠し。

メロ弁の日。思っていたよりも早く仕上がる。相方さんを電話で起こして一緒にお届け先へ。
11時過ぎにごはん。
Img_0752
相方さんがどうしても肉が食べたいというのでお肉屋さんの奥にある定食屋さんへ。10席ほどのカウンターは開店と同時にいっぱいになっていた。生姜焼き率が高かったので私もつられて注文。相方さんはカツカレーをたのんでいた。
化調しっかり。これでベロが慣れちゃうとなぁ…。

夜。寝ちゃったお客さんを置いて帰る。朝早めに見にこよう。
寝不足続きでバタンキュー。何も食べずに寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月30日 (木)

今日もすごく暑い。

夕べは食べもののオーダーが多かったので冷蔵庫スカスカ。仕入れに行って昼過ぎまで仕込みにかかった。
14時ごろようやくごはん。
Img_0748
白和え(こんにゃく、にんじん、しめじ、モロヘイヤ入り)、冷やし中華(ゆでキャベツ、ワカメ、蒸し鶏、キムチ)
とにかく野菜が食べたくて冷やし中華の上にいろいろのせてみた。それにしても野菜が泣きそうなくらい高い。

午後からアパートの台所でタクミに送る用の生姜焼きを作っていたら、においにつられて相方さんがやってきてポツリ。「俺のはないの?」。んも〜。肉買いに行かなきゃ。

夜。翌朝はメロ弁の仕事があるので私だけ先に帰らせてもらう。
深夜2時半帰宅。納豆だけ食べて大急ぎで寝る。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月29日 (水)

夏みたいに暑い。

なかなかの二日酔い。まだ今週も始まったばかりだというのに…。先が思いやられる。
ごはんを作る元気がなくて(そもそも気持ち悪くて食べられない)仕入れの帰りに北名古屋のうどん屋さんにてお昼。
Img_0749
越前おろし蕎麦。冷たいのどごしが二日酔いにはちょうどよい。
何年か前に来た時にはもっと美味しかったような。おつゆは市販のめんつゆと変わりない感じ。単品でたのんだかき揚げは、揚げすぎていてこげの塊をかじっているようだった。心がしゅんと縮んだ今日のお昼ごはん。一回一回の食事、大事にしたい。

夜ごはん。深夜2時ごろ近所の吉野家にて。


Img_0750
麦とろ定食?(名前忘れた)。閉店間際に飛び込んだのでバイトのお兄さんがせかせか。メニューなんかゆっくり見ていられる感じじゃなかったから表紙のやつをたのむ。お昼のお蕎麦よりずっとおいしい。
今日は自分たちのごはんはまったく作れなかった。野菜が足りていないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月28日 (火)

月曜日の早起き。

夜中3時に目覚めてしまう。ついこの間まで4時も過ぎれば明るくなってきたのに、今朝は5時過ぎにようやく日が昇ってきた。仕入れに行く時間までごろごろしたりうとうとしたりしている。

11時過ぎにごはん。
Img_0741
冷蔵庫整理。
黒鯛のアクアパッツァ風、空芯菜炒め、韓国風茶碗蒸し、ごはん。
黒鯛はコチュジャン味で仕上げたらご飯に合うおかずになった。韓国風茶碗蒸しはまだまだ思うようにはいかないなあ。

夜。いろいろあって深酒してしまう。悪いお酒ではなかった。
深夜3時半に帰ってきて何も食べずにそのまま寝てしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月27日 (月)

ふしぎな夢。

不思議な夢を見た。
名前も知らないおばあさんと、ある日私は会う約束をした。電車に乗ること2時間。あばあさんは駅まで迎えに来てくれていた。初めて会うおばあさんなのに、人ごみの中から一瞬で彼女を見つけることができた。
腰の曲がったおばあさんはまるで日本昔話からそのまま出てきたような風貌をしている。皺だらけの顔にうずめられた細い目は三日月を横にしたみたいな穏やかな表情を作っている。私がどんなに無理を言ってもその目は優しく返してくれる。
駅からの道すがらどんな会話をしたのかはわからない。わからないくらい私たちは初対面にもかかわらず本当のおあばあちゃんと孫みたいに打ち解けていたのだ。
おばあさんの家に着くと、彼女はさっそうと割烹着を羽織って私に料理をこしらえてくれた。甘い玉子焼きからはほかほかの湯気が立ち上っていて、出汁をしっかりととった大根の味噌汁は子どもの頃食べたような懐かしい味がした。
夜になるとおばあさんは布団を敷いてくれた。一枚しかないおばあさん布団に私も一緒に寝ることになったのだけど。そもそも4畳半ほどの畳の部屋には昔ながらの大きな箪笥が陣どっていて布団1枚敷くのがやっと。足を滑り込ませるとちょっと湿っぽくてひんやりする感触が気持ちよかった。
布団の中で、おばあさんは実の娘さんと息子さんの話をしてくれた。ふたりとも独立してこの家を出て、今はそれぞれに家族があるという。
ひとりになったおばあさんの唯一の楽しみは、近所に住む小さな女の子に折り紙折ってあげることだと言っていた。そういえばおばあさんの部屋の片隅に薄紫の鶴が折りかけのまま置いてあった。
いろいろ話しているうちに私もおばあさんも薄い眠りの中に溶けていった。
夜中にふと目がさめると驚くことにおばあさんの右手には使い古された包丁があった。ちょっと怖くなった私は、おばあさんの右手をほどこうとするのだけれど、ぎゅっと握られた右手はなかなか開くことができない。肌身離さず持ち歩くくらいおばあさんにとって大切なものかも知れない。
眠っているおばあさんに私は「おばあさん、この包丁怖いから離そうよ」と言ってみた。おばあさんは意外にも素直に応じてくれてその手から包丁を離した。そしてその包丁を私は一緒に寝ている布団の頭のほうの下にそっと隠した。
そのあとおばあさんはまるで本当の孫みたいに私のことを寝ながら抱きかかえてくれた。おばあさんの左手が私の背中の下でつぶされているのが気になって、ちょっとだけ力を入れて背中を宙に浮かせてみたりもした。このなんとも言えない安心感はなんだろう。この時間が永遠に続けばいいのにと、次にやってきた眠りの波の中でこの感じを味わい尽くしていた。
あっという間に朝が来た。帰らなければならない。
帰り支度をしていたらおばあさんがぽつりと言った。「もう帰っちゃうんだね。さびしいけど私はまた近所のあの女の子に鶴を折ってあげることだけを楽しみに生きていくよ」と。
その背中があまりにも小さくて儚くて、私は胸が苦しくなった。かつて私も人生のどこかでおばあさんと同じような感情を味わったかもしれないとそのとき思った。
帰りの電車の中で、おばあさんに自分の人生についてのあれこれを話すべきだったかどうだったかを悩んだ。なにひとつ自分のことについては話さなかったから。
もしかしたらおばあさんは全部分かっていたのかも知れないけれど。。。

””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””””


日曜日。
10時ごろ目がさめるが体が動かなくてしばらく布団の中に。
洗濯して11時過ぎにようやくごはん。
Img_0738
冷蔵庫の残りものいろいろ。秋刀魚の塩焼き、16ささげのおひたし、ポテトサラダ、もやしナムル、カツオのヅケ、モロヘイヤのお味噌汁、ごはん。
アパートの狭いキッチンで秋刀魚を焼いたら部屋中秋刀魚の匂いになった。

食べてから再び横になる。夕方頃、ようやく復活。今日もまた1日の大半が終わってしまう。


Img_0739
夜。宅配ピザ。
こういうジャンキーなのが無性に食べたくなって。
はりきっていたわりには、ふた切れ食べたらもう十分な感じになってしまう。
小分けしてラップして冷蔵庫に入れた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月26日 (日)

ばたんきゅう。

真夏みたいに暑い日。
お昼ごはん。仕入れの途中で11時過ぎごろ。
Img_0737
豊山のインドカレー屋さんにてカレーライス。
いつもは辛口なのだけど、初めて激辛を注文してみる。刺激が欲しかったのか。
お腹にずしっとしみてくる辛さだった。

夜はお客さんと一緒に昭和のアニメソングを合唱したりして楽しかった。とはいえ、あくまでも仕事の緊張感は緩められないので帰ってきて一瞬にしてエンジンが切れる。じゅうたんの上で寝てしまう。深夜2時過ぎ。
なので今夜は何も食べず。相方さんはカレーヌードルを食べたみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月25日 (土)

お上品なトンカツ。

夜中の雨と風でアパートの踊り場が水びたしに。街路樹の枝葉もそこかしこに落ちている。酔っ払って寝ていたから全然気づかなかった。

今日はなんとなくいつものパターンを踏みたくなくて、相方さんにお願いして春日井のファーマーズマーケットに連れて行ってもらう。ぴっちぴちの野菜たち、見ているだけでも元気が出てくる。料理したい〜って気持ちが自然に湧いてくる。
台風の影響でかいつもよりもお値段お高め。

帰りに相方さんが調べてくれたトンカツ屋さんでお昼ごはん。
Img_0736
ミックスフライ定食。サラダは別皿で出てきた。トンカツはとっても柔らかい。出来上がるまでに結構時間がかかったのでおそらく低温揚げしてるのだろう。ヒレカツのお肉はうっすらピンク色でとってもジューシー。絶妙な火の入り方がすばらしい。お塩で食べてくださいとのことだった。
お上品すぎて相方さんはもの足りない様子で途中からソースをじゃばじゃばかけていた。
厨房にぶら下がっていたお鍋の底はピッカピカだった。いろんな意味で背すじがしゃんとなるようなお店だった。

今夜はまったりと時間が流れているようだった。
そしてこういう日はどんなに疲れていても、帰ってから何か作りたくなるのだ。


Img_0733
深夜1時ごろに食べる。16ささげの胡麻和え、冷やしうどん(ワカメ、もやし、肉みそをのせた)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月24日 (金)

じめじめした曇り空。

早く起き過ぎてメロ弁がいつもより1時間早く仕上がる。先週は寝坊して焦ったから今週はそうならないように緊張して寝たのだ。
なのでいつもより早めにお届けしてその足で仕入れに向かった。

お昼はお気に入りのベトナムカフェにて。Img_0727
食べたものは、牛肉のフォー、バインミー、生春巻き。

Img_0729デザートにチェーも食べる。普段ほとんど甘いものは食べないのだけどここのチェーだけは必ず食べる。どれも安定の美味しさだった。
店内はたぶんクーラーはついているんだけどあまりきいていなくて、扇風機の風がメインになっていた。ベトナムっぽくていいなと思った。

夜ごはん。0時過ぎごろ。


Img_0730
切り昆布の煮物とインスタント焼きそば。酔っ払って食べるインスタント焼きそばの味は最高。といってもたぶん一口くらいしか食べていないと思う。
お店で寝こけてしまったお客さんを置いてきてしまった。朝早めに見に行かなきゃ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月23日 (木)

いちぢく。

今日も真夏みたいに暑い。朝いちばんで洗濯物を干す。暑くなる前にと。
昼ごろから曇ってきたり、晴れてきたりの繰り返し。台風が近づいているとのこと。
仕入れに行って仕込みもさくっとすませて部屋でゆっくり過ごすことにする。

昼ごはん。Img_0717
冷やしうどん(干しトマト、かつおのたたきのせ)、くずし豆腐のサラダ(秋刀魚の蒲焼缶、ネギ)、もずく梅干しのっけ、きゅうりのぬか漬け。
干しトマトは味が濃くて甘くて、いろんな料理に使えて便利だ。きゅうりのぬか漬け、きゅうりがあまりいいきゅうりじゃなかった。

おやつ

Img_0721
ヨーグルトにいちぢくのコンポートをのせて食べる。とても美味しい。

夕方仕事場で相方さんのまかないを作る。


Img_0722
サッポロ一番のしょうゆ味と冷凍ごはんを合わせてそば飯に。私も一口もらう。

今夜はめずらしく食べもののオーダーをたくさんいただいた。なのでずっとコンロの前だった。
食堂の母ちゃんみたいで楽しかった。生姜焼きのお肉が全部なくなってしまったので明日補充しなくては。ここのところなぜだか生姜焼きが人気。

仕事の帰りにコンビニに寄る。

Img_0724
シュウマイ、カレー、ブリトー。
相方さんはシュウマイを欠かさない。
テレビを見たかったけれど、明日早いのでさっさと布団に行く。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月22日 (水)

暑さが戻ってくる。

夏が戻ってきたみたいに暑い。湿度も高くてちょっと動くだけで背中がベタベタしてくる。
仕入れの途中、トンボを見た。秋の知らせかな。

メロ弁の仕事を終えてごはん。
Img_0713

Img_0714
メロ弁のあまりをおべんと箱に詰めて。
豚こま肉の唐揚げ風(揚げずにオーブンで焼いた)、秋刀魚の梅しそ巻き、甘い玉子焼き…など。
旬の秋刀魚はやっぱり美味しいなぁとしみじみ思う。
大根の味噌汁は丁寧に出汁をとって作ったら気持ちがストンと落ち着いた。


夜。とっても静か。早めにお店を閉めて相方さんにラーメンをおごってもらった。


Img_0716
いつもと変わらぬ味でほっとする。ワカメを山盛り入れてもらうのが私たちのてっぱん。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月21日 (火)

赤いリボン。

母に髪を結ってもらっている夢を見た。夢の中の母はこの間会ったときよりもずいぶん若々しくて声にも張りがあった。母の手の感触もまだしっかりと覚えているほど。
私が子どもの頃、母はいつも忙しくしていて髪を結ってもらう時間だけが唯一母に触れられる貴重な時間だった。
髪を短くしたときも無理言って母にお願いしたことがあった。そうしたら私の短い髪を一生懸命集めて束ねて黄色いゴムでむすんでくれた。結ってもらえることよりも私にとっては母が近くにいてくれるということだけで幸せだったのだ。
最後に結ってもらったのは高校1年の遠足のとき。当時学生寮に入っていた私は前日に実家に帰っていた。翌朝私は赤いリボンを手にしながら母にお願いに行った。高校生にもなって赤いリボンなんてどうなんだろうとも思うけれど、寮に入ったばかりの私はそのときすっかりホームシックにかかっていたのだ。だから赤いリボンは私にとっての大事なおまじないだったのだ。
母は何も言わずに子どもの頃とまったく一緒な感じで結ってくれた。遠足が終わればまた寮に帰らなきゃならないと思うとこの時間もこの三つ編みも全部が特別な感じに思えてきた。
三つ編みの先に付けてもらった赤いリボンは、母と私をつないでくれる大切なリボンだった。

"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

夕べ早く寝たので朝は6時過ぎに目が覚める。洗濯機を2度も回したり床を雑巾掛けしたり観葉植物の手入れをしたり、普段できないことをやる。仕事が中心の生活なので、自分たちのことはいつも後回しになるし、いいかげんにもなる。そしてそのうちストレスがたまっていって仕事にも悪影響を及ぼすようになる…。こういう循環になりがちなので気をつけなきゃ。バランス大事。

11時すぎにごはん。Img_0707_2
秋刀魚の塩焼き、昨日食べたチャングッチョンにすっかり感化されさっそく作る、それとごはん。
チャングッチョン、日本の納豆で作ってみたらやっぱり物足りなかった。コクがないというか。
今年初食べた秋刀魚、脂が乗っていてとても美味しかった。アパートには魚を焼くものがないのでフライパンで焼いた。

夕方名駅に繰り出す。最近流行っているというお店のリサーチ。

Img_0710_2
いろいろ食べた中でとくに印象に残ったもの。人参と玉ねぎの丸ごとステーキ。時間をかけてじっくり火を通しているので野菜の甘みが引き出されていてそしてとにかくジューシー。
お酒飲みの私みたいなのは、お肉もお魚もいいけれどこういう野菜があると嬉しかったりする。
マスターもいい人感がにじみ出ていて、しゃべり始めると止まらなくて大いに和まされました。
途中からバイトの男の子が入ってきたんだけど、見るからに態度がよろしくなくて相方さんなんて注意しようかと身を乗り出していたのだけど(笑)お客の前に料理を運ぶときになると別人みたいにシャキッと変身したので こいつやるな〜と思ってしまった。今の若い子の特徴かも。(おばさん的発言)
お店ってもちろん味も大事なんだけど、こういう人間っぽさみたいなところがおもしろかったりするから通いたくなちゃうんだよな。

帰りに名鉄の地下街で相方さんの好きなシュウマイを買う。


Img_0711_2
なにやらこのシュウマイは相方さんの思い出の味らしい。どんな思い出だか聞いてみたいところだけど。
帰ってきてシュウマイとともに小さいビールをあけて小さく乾杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月20日 (月)

美味しいものみっけ。

一気に緊張がほどける日曜日。10時過ぎに目覚めたがどうにもこうにも体動かず。天気もいいしどこかに出かけたいけれど体が言うことを聞かない…。Img_0702
12時ごろようやくごはん。いつぞやのうな丼を半分こしてカツオ出汁をかけてウナ茶漬けに。体もまだ本調子ではないのであまり味がわからない。

相方さんと時々「どこか行きたいね」などと言い合ったりするのだけど、ふたりともいつになってもソファーから動かない…。そのうち相方さんは眠ってしまい私は先週録画しておいた戦争ドキュメンタリー番組をしっかりと見た。

夕方になってようやく体が戻ってくる。日曜日はたいていこのパターンだ。元気になってくる頃にはたいてい1日の大半が終わっていて、くやしい気持ちになる。
くやしいので美味しいものでも食べに行こうと、前から気になっていた韓国食堂へ。


Img_0703
ニラチヂミとかキムチをつまみながら

Img_0705
チョングッチャンをすする。お店のお母さんが「チョングッチャン食べる人、めずらしいですよー」と言っていた。たしかに納豆の匂いが強いので好き嫌いは分かれるかもしれないけれど、私の大好きな味だった。日本の納豆でも作れるかな。
白いごはんももらって汁かけごはんにして食べた。
あまりにも美味しかったので相方さんが韓国語で「ほんとに美味しかった!」みたいなことを言ったら「また美味しいものたくさん作っておくからね」みたいな返事がきたそうだ。
いいお店を見つけてしまった。

その帰りにこれまた気になっていたフレンチのお惣菜屋さんへ寄る。それにしても休日はほんとによく食べる我ら。


Img_0706
フレンチのお惣菜弁当。ワインを飲みながらつまむ。
クスクスのサラダとかお豆とハムのマリネとか、もち麦入りのごはんの上によく煮込んだマサラが乗っている。どれもほっとする味。相方さんが私の作る味に似てると言っていた。どれもこれも一口食べて分かっちゃう味じゃなくて、化学調味料を使わないとこういうホワホワっとした味わいになるよね。噛みしめていくうちに味が見えてくるというか。
自分でも安心した。

テレビを見ながら寝てしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月19日 (日)

ヨガの時間。

6時10分起床。20分で支度して店へ。メロヨガのお弁当作り。10時に家を出る。
メロヨガのみんなの笑顔に癒されて自分自身とも向き合って、気持ちのいい時間だった。
ヨガの最初にやった黙想の時間では、じっとしているのがとにかく苦しくてどうなることやらと思っていたけれど、気づいたら体も心も時間の中に解け込んでいた。ヨガの気持ちいいところはここ。
普段はなかなか立ち止まったり冷静になったり深呼吸したり…っていう時間は作れない。だから体も心もきゅんきゅんになっている。ヨガでいろんなものを循環させてあげるのって大事だ。
Img_0699
今日のりえちゃんのヨガは夏!って感じだった。生き生きしていてギラギラの夏の太陽みたいだった。

みんなで食べたお弁当。生姜焼きにらっきょを刻んで入れたのが今日のポイント。らっきょの甘酸っぱさがお肉をさっぱりさせてくれる。切り干し大根は煮物じゃなくてごまをたっぷり入れた甘酸和えで。ご飯
もち米を少し加えて炊いたので冷めてももっちりしていて美味しかった。

ヨガの帰りに仕入れに行く。円頓寺のバーのマスターにまた会った。

仕込みをしてアパートに戻りちょっとだけ横になる。そしたらあっというまに仕事の時間。


Img_0700
お店がひまなので仕事の合間にまかないタイム。ハンバーグサンド。
子どもの頃、母がよく作ってくれた。母のはパンにたっぷりのケチャップがぬってあった。

今夜は遅めな時間にお客さんが集まってきた。お盆も後半だからだろうか、なんとなくみなさんの顔が疲れているように見えた。

深夜3時過ぎにごはん。


Img_0701
納豆とチキンラーメンを半分こ。
疲れて食べるのも必死。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月18日 (土)

突然秋になる。

昨日と今日の間に線を引いたみたい。今日からきゅうに秋になってしまう。あの夏の余韻をもうちょっと味わいたかったような…。
朝から体が重くてフラメンコのレッスンをお休みしたいと師匠に連絡を入れる。こんなこと滅多にないこと。今週は息をつく間がないくらい動きっぱなしだったのでここいらへんで呼吸を整えないと体も心もダメになっちゃう気がして。
なので午前中はいつもより丁寧に店の仕込みをして厨房の床も掃除して客席も雑巾掛けした。時間に振り回されてばかりいていろんなことがおざなりになっていた。
たいしたことはしていないけど、やり終えたら気持ちがストンと今に降りてきた。自分整えるって大事だ。

Img_0695
お昼ごはん。トムヤムそうめんを作る。冷凍してあった甘エビの殻を焼いて出汁をとった。具はレンジでチンした茄子とササミとドライトマトと玉ねぎ。冷蔵庫にあるもので。
パクチーがないのが残念だったけど。この甘酸っぱくて辛〜い味ってときどき無性に食べたくなる。

午後から昼寝と決めていたけれど目をつむれば怖い夢しか見ないのでちっとも眠れず。まぁ横になっただけでも違うだろう。

夕方仕事へ。いつもより1時間開店時間が早いことをすっかり忘れこけ慌てて家を出る。秋だから?!
みなさんお盆疲れがたまる頃なのかな。今夜はとっても静かだった。閉店時間も早めに。

晩ご飯。0時ごろ食べる。


Img_0697
相方さんがまかないでチャーハンを食べたばかりなので今夜はこれだけ。納豆と蒸し大豆。
でもやっぱり物足りなくてインスタントラーメンを作ってしまう。もちろん一袋を半分こ。


Img_0698
モロヘイヤの葉っぱをちぎって入れて最後に卵でとじた。具無しはなんとなくさびしいので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月17日 (金)

飲み会。

午前中くもり、昼過ぎに一瞬だけどしゃぶり。午後から晴れてくる。
お昼に小田井の神さまのお部屋におよばれ。相方さんと一緒に行く。
もう何度もお邪魔しているけれど、いつ行ってもお部屋はぴかぴか。洗濯物も角をそろえてたたんであるし食器なんかも指紋ひとつないくらいに磨いてある。毎度見習わなきゃなぁと思って家に帰ってくるとそそくさ掃除し始めるのだけど、2日ともたない…。
お刺身とかサラダとかうな丼とかいろいろ食べてワインもしっかりいただいた。しかも全部神さまが用意してくださってなんとお礼を申し上げたらいいのやら。
途中で神さまと相方さんは寝てしまってサツキちゃんとアカネちゃんと私で女子会みたいになったのもよかった。酔っていたので普段しゃべれないようなことも勝手にスルスル出てきたり。ここ数年は自分という人間を出さないよう、どちらかというと出してはいけないと思ってずっときたから、その頑固なエネルギーが少しだけ緩んだ気がした。いいことなのか、悪いことなのかわからないけど。でもまぁお酒の勢いで出てきたものだから仕方ないのかな。
なによりお酒をがっつり飲める女子ってやっぱり好きだ、ということだけは変わらない。

あっという間に仕事の時間になってしまい先においとまさせていただく。ダッシュで着替えてお水をガブガブ飲んで頭を仕事モードに切り替える。午前中に仕込みをすませておいてよかった。

今夜は久しぶりにオサムちゃんの元気な顔が見られたしマコちゃんも相変わらずパワーアップしてたしインちゃんのおしゃべりが止まらなくなっていたし、楽しい夜だった。みんなほんと家族みたい。

Img_0694_2
帰ってきてごはん。深夜1時ごろ。
そうめん湯がいただけ、納豆。飲み過ぎた日はこういうのがいい。
最近市販のめんつゆの味に飽きてきたのでおつゆは自分で作った。寝かせておいた"かえし"を濃くとったカツオだしで割った。お蕎麦屋さんのつゆのようで美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月16日 (木)

気持ちの切り替え大変。

実家にて7時起床。支度をして母とエージと3人で駅前のパン屋さんでモーニング。
このパン屋さん、私の大学生時代4年間アルバイトしていた思い出の場所。。まさかここに息子と来れるなんて当時は想像もつかなかっただろうな。
ホットドックとりんごジュースで朝ごはん。

そのまま電車に乗って…。ここでエージともしばしの別れ。
相変わらず東京駅は混雑していた。家族連れ多いな。

13時半、アパートに戻ってくる。新幹線で食べようと思っていた母のおにぎり、タイミングのがして食べそこなったのでここで食べる。

Img_0693
丸でも三角でもない母のおにぎり。中には大きなタラコが入っていた。夕べの残りだ。
まわりの海苔はちぎってペタペタ貼りつけてある。
何も考えずひとくちほおばったら、涙が出てきた。おにぎりってそういう食べものなんだ。
あと何回、母のおにぎりを食べられるだろうかと思ったら、私の中に眠っていた何かが一気にふき出してきた。おにぎりは母ちゃんそのものなんだ。

休憩なしで仕入れに行く。気持ちの切り替えがむずかしいけど、こういうときはとにかく動いてしまうのが一番いい。そのうち気持ちは勝手に日常に戻っていくのだから。

息つく間もなく仕事になだれ込む。
帰ってきてごはん。午前2時くらいに食べた。
インスタントラーメンを半分こ。あと何か食べたような気がするけれど思い出せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月15日 (水)

お盆。

お盆なので実家へ。朝7時過ぎに家を出て12時頃実家の駅に着く。
暑いからいいよと遠慮したのに、駅まで母が歩いて迎えに来ていた。そのあとからエージ(休暇中の長男)も続いてやってきた。久しぶりの再会。
エージはしばらくこちらにいるというので駅前のスーパーに寄っていろいろ食材を買い込む。

昼ごはん。
Img_0689
母が作ったハムたまごサンドとスーパーで買った缶チューハイ。ハムたまごサンドのパンにはたっぷりのマーガリンとマヨネーズがぬってあってなんだか懐かしかった。

年寄りひとりで住む家はとにかく暑い。昔の人はエアコンなんかにあまり頼らないみたいだ。そんな暑い台所でエージのごはんを仕込む。彼は器用だから私がやらなくたってひとりでなんでもできてしまうのだけど、母ちゃんとしての"作ってあげたい”の気持ちがどうしても抑えられなくてね、いろいろ作ってしまったよ。


Img_0688
温めてチンするだけで食べられるものをいろいろ。生姜焼きとかハンバーグとか茄子の揚げ浸しとか味玉とか。
作りながら思ったんだ。母親のできることなんてこれくらいしかないんじゃないかなって。


Img_0690
大きな鍋でカレーも作った。冷めたら冷蔵庫に入れておこう。

母とエージと私、3人で晩ご飯。クーラーの効いた居間の部屋にて。

Img_0692
母のお得意の卵焼き(料理の苦手な母が唯一これだけは自慢する。自信作らしい)、手羽先(駅で買ってきたやつ)、とんかつ、春雨サラダ、たらこ、シャケ。そして母だけカレーライス。エージは体重を気にしているのかご飯は少ししか食べない。
そして今夜はエージと一緒に白ワインをあけた。お酒があまり得意でないエージが付き合ってくれた。しかもこのあとの芋焼酎も。いつかこんな日が来るといいなと思っていたことが今日叶って、母ちゃんは嬉しかったよー。(泣)

ごはんのあと食卓の上を片付けて、そこに布団を敷いてテレビを見ながらエージも私も寝てしまう。
私が熱そうにしているとさりげなくエアコンの温度を下げてくれたり、寝るときに電気やらテレビをそっと消してくれたり…そういうのを全部エージがやってくれていたみたい。

明日はもう帰らなきゃいけないんだ。エージともまたしばらく会えないと思うと…。


Img_0686
実家の台所。

Img_0687
タクミ(三男)がまだ小さかった頃、お兄ちゃんとケンカして負けて、悔しくて壁にパンチして空けた穴。まだガムテープで修正してあるだけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月13日 (月)

2泊3日のメロディ合宿。

8月11日(土)快晴、午後から一瞬だけパラパラ雨。
いよいよメロディ合宿の日。朝いちばんでホルモンを買いに走る。10時半にみんなで集合して車3台にそれぞれ分かれて乗り込んで出発。
参加予定だったMちゃんとは結局連絡がとれず。何もないことを祈るがちょっと心配。
うちの車には小田井の神さまが乗ってくださった。ずっと今日の日を楽しみにしていた神さま、今朝も早々に目が覚めてしまったとのこと。お盆にみんなで出かけるなんて何十年ぶりだろうとも言っていた。車から見える空とか雲とか山とか川とか全部が、いつもよりも新鮮に感じられた。
12時40分ごろ関のパーキングエリアでバイク組のせーじさんと合流。30年ぶりのバイクだと言っていたわりにはその姿はあまりにも馴染み過ぎていてしかもすごくかっこよくきまっていた。さすが小田井の番長。
神さまにコロッケをご馳走になる。揚げたてサクサクで美味しかった。
そのあとは目的地のひるがの高原をずんずん目指す。途中スーパーに寄って野菜とか海鮮を補充する。
14時近くに到着。ログハウスに泊まるなんて子どもの時以来。しかもこの歳になってこうして仲間と旅行に来られるなんて思ってもみなかった。宿を予約してくれたさつきちゃんにも感謝だし、率先して話を進めてくれたみんなにも感謝。みんなに出会えてほんとによかった。

すぐに火を起こしてビールサーバーもセッティングしていよいよバーベキュー大会開始。
何を食べたのか覚えていないくらい肉とか海鮮とかK先生が持ってきてくださったポッサムとかキムチとかいろいろ食べた。そして焼酎も。
日が降りてくる頃、あたりはきゅうに涼しくなってきた。真夏でもクーラーはいらないと聞いていたのは本当だった。
だらだらと飲んで食べておしゃべりして…こういう時間もいいな。気づいたら深夜1時過ぎ時。シャワーを浴びてすっぴんになったらみんなから「誰?」とからかわれる。すっぴんを見られるのが恥ずかしいと思わなくなった自分にも驚いたけど。
畳の部屋でみんなでトランプ大会。よく覚えていないけれど楽しかった。
そのあとみんなで布団を敷いてざこ寝する。

"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

8月12日(日)快晴。お昼過ぎころから雲行きがあやしくなってきてそのあとどしゃ降り。
6時過ぎ神さまの「さあ、みなさん起きますよ!」の号令で起床。さすが神さま。寝不足気味の相方さんは隣でブツブツ言っていたけど。
朝ごはんは、パンとベーコンエッグ(さつきちゃんとかゆみちゃんとかがホットプレートで作ってくれていた)、玉ねぎの味噌汁(テッシー作)。
ごはんのあと、みんなで畳の部屋でごろごろしながら高校野球を見る。相方さんは朝から火を炊き出してなんかを焼いていた。その間にカレーを仕込んだりごはんを炊いたり、餃子のタネを仕込んだりする。なんだか大家族のごはんを作っているみたいで楽しい。
そして今日は流しそうめん大会。ガンちゃんのお手製スペシャル流しそうめんマシーンを組み立てて。
ちびっ子たちにまじって大の大人がきゃっきゃ言いながらそうめんをすくっている。楽しいなぁ。

そのうちぞろぞろとみんながデッキにこぞってきてまたまたバーベキュー大会が始まる。
今日はラム肉とかエビとかステーキとか…いろいろ食べた。昼ごはん夜ごはんの境なんてなくて、お腹が減ってきたら適当に食べて飲んで、いっぱいになれば昼寝したり、そういう感じで過ごした。私も夕方近くになってものすごく眠くなってきたので横になったのだけど、ちっとも寝付けなくて結局ずっと起きてた。
15時ごろ空がゴロゴロ言いだして、そのあとバケツをひっくり返したみたいな雨がザーッと降ってきた。先に帰られたK先生は大丈夫だっただろうか。バイクだからもしかしたらびちょぬれになちゃったのでは。

18時過ぎに雨がやむ。見上げれば満天の星空が広がっている。天の川がくっきりと見えて星の1つ1つが瞬いているのも。名古屋ではなかなか見ることのできない夜空の宝石たちよ。
ワインを飲みながら夜空に酔いしれた。
10時過ぎに部屋に入ってシャワーを浴びて寝ようと思ったけれど、またおしゃべりが始まって結局布団に入ったのは深夜0時ごろ。眠いのだけどなんだか頭がどんどんさえてしまって、なかなか寝付けず。楽しい時間が終わっちゃうのが惜しかったんだと思う。相方さんに早く寝なさいと叱られて渋々目を閉じる。闇夜におじさんのイビキ、なんとなく落ち着くなぁ。

'"""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""""

8月13日(月)快晴。ひるがのの気温23度。
5時40分にせーじさんの目覚ましが鳴って起きてしまう。なぜだか本人が起きない。しかもものすごい大音量なのに。
シャワーを浴びて味噌汁を作る。味噌汁を飲む人もいれば昨日のカレーを食べる人も。それぞれ自分の好きなように食べた。バイク組のせーじさんはひと足先に帰られた。
帰り支度をして8時半にログハウスを後にする。今回お世話になったオーナーさんにログの前で集合写真を撮ってもらった。そうしたらきゅうに寂しい気持ちが降りてきた。ほんとに終わっちゃうんだなって。

帰りの道はスイスイだったので10時過ぎには名古屋に帰ってきた。
準備とかいろいろ大変だったけど今は楽しい気持ちだけしか残っていないな。いい旅だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月11日 (土)

金曜日は大忙し。

午前中、メロ合宿の買い出し。お酒類とか買い忘れたものの補充を。帰ってきて荷物を下ろしたら引越しか?みたいな荷物の量に。
12時前にごはん。今日もうどん屋さんにて。すだちおろしうどん。柑橘の香りが涼しげでよかった。しかも今日のはキンキンだったし。

午後からはフラメンコのレッスンへ。最近ようやく足の裏で地面をつかむ感覚 というのが分かってきたことが嬉しい。まだまだなんだけど自分なりに"もしかしてこういうことか?"みたいなポイントが見えてきた。この感覚を大事にしながら、もっと深く掘り下げていくのが次の課題。キラっと見えたものを失わないようにしよう。

夕方ダッシュで仕事に向かう。明日から合宿なので早めに店を閉める。
深夜1時にごはん。

Img_0676
冬瓜汁、コンビニのドライカレーと小さい冷やし中華。相方さんと半分こして食べる。
冬瓜汁は仕事の合間に作った。それにしてもここのところ自分たちのごはんをきちんと作っていなくて、あまり気持ちがよくない。
さて、明日からいよいよメロ合宿。今夜はもう疲れたので明日早めに起きて準備しよ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月10日 (金)

買い出し。

メロ弁を作ってお届けに行く。そのあしで仕入れ。メロ合宿の食材を買いに港区のスーパーまで走る。カゴ5つぶん買って車ぱんぱん。
その帰りにいつものうどん屋さんにてごはん。Img_0673
天ころ。大きなエビ天嬉しい。美味しかったんだけどうどんがぬるくて、気持ちが少しだけ縮んだ。キンキンがいいなぁ。

仕事あとのメシ。深夜2時半。
Img_0675
かつおの刺身とカップ麺(汁のないまぜそば的なやつ)。酔っぱらっていたから味があまりわからなかった。
最近栄養が足りていないような気がする。野菜食べたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 9日 (木)

なんちゃってうなぎ。

朝、洗濯物を干していたら涼しい風。台風の影響だろうか。気持ちがいい。
午前中はメロ弁作りとお店の仕込みをやる。そのあと仕入れに行ったらスーパーはガラガラだった。
Img_0671
13時ごろようやくごはん。うな次郎弁当を作る。うな次郎とは練り物でできてるなんちゃってうなぎの蒲焼。相方さんのお気に入りなのだ。最近スーパーでよく見る。
すき間に玉子焼きとかちくわの唐揚げとか詰める。それと冬瓜と海老のうっすら煮。冷たくして食べる。
冬瓜の美味しい季節。

午後は30分ほど昼寝。起きたら、一瞬朝だか昼だか夜だかわからなくなった。
窓のすきまから入ってくる風がう〜う〜うなっている。風が強くなってきた。洗濯物をあわててとり込む。

ストレッチしてシャワーを浴びて仕事へ。
お客さんと今週末から始まるメロ合宿(メロディ合宿)の打ち合わをする。あと何日寝たら…って大の大人たちが今からわくわくしている様子は、小学生が修学旅行を楽しみにしているあの感じと一緒。

1時半にごはん。
Img_0672
納豆、冷奴、シューマイ(スーパーの)。
今夜は炭水化物なし。そのままじゅーたんの上で寝てしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 8日 (水)

パクチー。

休み明け。今週はどんな料理を作ろう。まだまだ暑いからスタミナがつくようなものがいいかな。などといろいろ考えながら仕入れする。毎日決まったメニューが作れたらいいんだろうけど私は無理みたい。そのときの気分とかお天気とか…そういうのに左右されるのが好き。
仕込みをすませて13時ごろごはん。Img_0666
パクチーとオクラをいっぱい入れたフォー、茄子ステーキ(試作してみたらとても美味しかった。昨日道の駅で買った水茄子のような茄子がとてもジューシーだった)、納豆巻き(スーパーの)。
フォーはさっぱりしているのでいくらでも食べられそうだ。

夕べはほとんど寝ていなかったので1時間ほど昼寝する。夜はなかなか寝付けないのに、どうして昼間はこんなにもスイスイ眠れるんだろう。
そのあと起きてたまっていた事務仕事を少しだけ進めておく。
仕事に行く30分前にストレッチしてシャワーを浴びて支度して出かける。最近このパターンになってきている。
Img_0667
仕事前の腹ごしらえ。ゆかりおにぎり1個。さつきちゃんからもらったおにぎりマシーンで作ってみた。すごくいい感じのおにぎりができるっ。なんてったって熱々のご飯で作れるのがいい。こりゃはまりそう。

今夜は通常時間に閉店。週の始まりはみなさん早めのお帰り。
深夜1時ごろごはん。

Img_0668
こんな時間にしっかり炭水化物を食べてしまう。
カレー、ようやく食べきる。同じカレーなのに前に食べたときよりも数段も美味しくなっていた。
録画しておいたマツコを見ながら寝てしまう。今日のマツコもカレーだったような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 7日 (火)

ルネ先生。

夕べ服のまま寝てしまったので朝いちばんでシャワーを浴びて洗濯したり部屋の片付けをしたりする。軽い二日酔いで体がまだしっかり戻らない。食欲なし。
Img_0658_2
12時過ぎにようやくごはん。ご飯の上にマグロのすき身、めかぶ、納豆、梅干しを乗せて。それと玉子とわかめ豆腐の味噌汁。子どもの頃、母がよく作ってくれた。母はほんだしだったけど私はちゃんと出汁をとった。

午後から岡崎方面へ向かう。大好きな内藤ルネさんの展示会へ行くのだ。
Img_0664
展示会の入り口ではしゃぎながらパチリ。
子どもの頃ルネさんの作品はいつも私の日常の中にあたりまえのようにあった。昔のファンシーショップのようなところにかわいい!って思わず手に取る文房具にはだいたいルネさんの絵が書いてあった。女の子の憧れの世界だったのだ。


Img_0661
ルネさんの描くキラキラした夢のような世界観の奥のほうにあるそれとは真逆の世界、どうしてだか私はそこに惹かれてしまったのだ。哀しみとか苦しみとか絶望感とか…きっとそういう感じのものが根底にあって、だからこそ美しい世界を描き続けることができたんじゃないかって。

もっともっと見ていたかったけれど、これ以上ここにいたら苦しくなっちゃいそうだったのでゆっくりと1周したところで出ることにした。

帰り道に晩ご飯。韓国食堂でタッカンマリとキムチとかおかず数種類。昨日しっかり飲んだので今日はお酒は無し。
タッカンマリ初めて食べる。骨つきの鶏の出汁がよく出てる。そこに大根とかもやしとかニラとかなつめが入っている透明なおつゆの鍋。食べるときにタテギ(甘辛みそ)とかポン酢のようなものを好みでつけながら食べるっていうふう。コラーゲンいっぱい、しかも微妙にコラーゲンのとろみがついているのでお椀に受けてもなかなか冷めない。次から次へと汗が吹き出してくる。こりゃ夏にいい感じ。私たち以外のお客さんはなぜかみんな冷麺を注文していて、ここだけもくもく熱い湯気が立ち上っていたからちょっと恥ずかしかった。でも食べ終わったあと体の芯がぽっぽしてきたので、正解!って思った。

0時頃布団に入るがルネさんの興奮も冷めないし、休日ならではの余計な考え事もやまなくてやっぱり今日も眠れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 5日 (日)

すってんころりん。

日曜日はもっぱら午前中は動けず。体だるい。Img_0657
12時ごろようやくごはん。中華三昧シリーズの辛いまぜそばみたいなやつにパクチーをこれでもかというくらい乗せる。

そのあと土日エコ切符を買って栄に向かう。気になっていたフライングタイガーに行くのが目的。今日は名古屋のあちこちでお祭りをやっているらしく電車がすごく混んでいた。
小腹がすいて並びにあったピザ屋さんに寄る。マルゲリータのピザ1枚と生ハムを摘まむ。白ワインも。

ほろ酔いの中、スカイルの100均をぷらぷらしていたらせーじさんからラインで流しそうめんのお誘い。ダッシュで帰る。
そして夜はせーじさんのお宅のガレージで流しそうめん&バーベキュー大会。ものすごく本格的な流しそうめんマシンに思わず笑ってしまった。大人たちの中でお孫ちゃんがきゃっきゃとはしゃいでいて、なんともしあわせな光景。川のほうからくる優しい風はもう秋みたいなにおいがした。
バーベキューが終わってせーじさんのお宅にお邪魔させてもらい二次会。モエをご馳走になった。すっかりいい気分になってしまい帰るときに立ち上がったらふらりときた。そして帰り道にどこかで転んだみたい。帰ってきたら膝がすりむけていた。
コンタクトレンズだけ外して服のまま寝てしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末だー。

昼ごはん。
夕べ食べた味噌煮込みうどんの味が忘れられず、仕入れの帰りにうどん屋さんに寄る。
暑い夏にアツアツのうどんをすするのも悪くないな。でも今日食べたうどんは夕べのとはだいぶ違った。ベロに化調が残っておつゆは飲みきれなかった。

夕方仕事場で相方さんのパスタを作ってひとくちもらう。Img_0655
サーモンのクリームパスタ。ちょうど生クリームが少し残っていたので。
普段ほとんどクリーム系のパスタは作らないから相方さんはよろこんでいた。

仕事から帰ってきて。深夜1時半。

Img_0656
お刺身(マグロ、はまち、サーモン)、茄子とピーマンのひき肉炒め、きゅうりのぬか漬け、ご飯。
味噌汁を作る元気は残っていなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 4日 (土)

深夜のお好み焼き屋さん。

ついに名古屋も40度を超えたらしい。外に出るのがこわいくらい。
午前中に仕入れをすませて早めの昼ごはん。Img_0652
冷やし中華(キムチ、豆腐、焼き茄子のたたき)、黒鯛の塩焼き、エビフライ海苔巻き(スーパーの)。変なメニューになってしまう。冷やし中華って冷蔵庫整理にはもってこいだな。

午後からフラメンコ。駅も電車の中も涼しくて快適なんだけど、一歩外に出ると地獄みたいな暑さ。アスファルトの照り返しが痛いくらいだった。
そして今日も充実した時間だった。師匠が私の苦手な部分を私が頭と体で理解できるまで全身を使って説明してくれるその姿勢に今日もぐっときた。フラメンコが好きというより、師匠のこの情熱についていかなきゃって思っちゃうんだな、私。その情熱に応えられるよう、もうすこし私も上達できるといいのだけど、ここがなかなかむずかしいところ。

ダッシュで帰ってシャワーを浴びて仕事場へ。
Img_0653
お客さんが来る前におやつ。ロールパンにスーパーのコロッケをはさむ。今日は千切りキャベツもはさんだ。

今夜はめずらしく早めな時間からお客さんたちが集まった。金曜の夜ということもあってちびっ子たちもちらほら。半ば保育園状態になりながら、一方カウンターではしっぽりとお酒を楽しむ大人たちもいたりとおもしろい空間だった。これもうちの店ならではの光景。
そして今夜はちゃちゃと店を閉めてそのあと小田井の神さま(笑)とSちゃんと私たちとでタクシーに乗ってお好み焼き屋さんに行った。コーンバターとかとん平焼きとかニラ玉とか味噌煮込みうどんとかちょっとづついろいろつまんだ。どの料理にも味の素をかかさずいれるところとか、バターじゃなくてマーガリンなところとか、いかにも昭和って感じがよかった。こういうところで体にいいとか悪いとかって話はどうでもいいもんね。楽しい時間だった。そしてなんと神さまが全部ご馳走してくださった。拝まねば。
深夜1時半過ぎ帰宅。シャワーを浴びてテレビをつけたらじゅうたんの上でそのまま寝てしまう。結構酔っ払った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 3日 (金)

ハムカツ。

目覚ましをかけ忘れて8時過ぎに起きる。シャワーを浴びて洗濯物を干して化粧して(眉だけ書く)昨日の帳簿を付けて8時40分に家を出る。今日はメロ弁の日だー。
焦る気持ちを鎮めながらなんとかいつもの時間に作り上げてお届けに行った。頭の中はまだ寝ぼけている感じで、でも手だけはてきぱきと働いていて、なんだか不思議な時間だった。

お昼ごはんは大須の御幸亭にて。カジキのフライ定食。ご飯を少なめにしてもらって完食。味噌汁、好みの味。フライのわきに添えられていたポテトサラダが、マヨネーズを使っていなくてシンプルに塩とビネガーだけの味付けだったのがすごく美味しかった。
帰りに大須商店街の八百屋さんでパクチーとかトマトとか買う。お会計のときお店のお姉さんの「ありがとね〜」がすごくかっこよかった。なんていうのか潔くてでも温かくて、思わずこちらからも何か返したくなっちゃうような。商店街のこういうところがいいんだな。

帰ってきてクーラーの効いた部屋でのんびりする。大須を少し歩いただけでも息がはあはあしてしまった。38度ってこういう感じなのだな。Img_0648
仕事に行く前の腹ごしらえ。スーパーのハムカツを半分にしてロールパンにはさんで食べる。ハムカツのハムはまわりが赤いやつだった。懐かしい。

夜になってもちっとも気温が下がらなくて昨日よりもクーラーの温度を2度も下げた。

Img_0649
仕事から帰ってきて。深夜1時ごろ食べる。
カレーライス、ツルムラサキのおひたし、納豆とキムチ。録画しておいた朝ドラを見ながら寝てしまう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 2日 (木)

今日も暑い暑い。

今日も太陽ギラギラ。午前中にすでに38度だって。
仕入れに行っていろんな食材を見ても、そこから作る元気がわいてこない。夏バテ気味か。
帰りに車のラジオからサザンの"涙のキッス"が流れてきて、学生時代に付き合っていた彼氏のことを思い出した。ちょうどこの曲が流行っている時代だったっけ。数年付き合って最後は複雑な感じでお別れしたので苦い記憶しかなかったけど、この曲を聴いたらなんだかすべてが甘酸っぱい思い出になっていることに気づいた。サザンおそるべし。そしてやっぱり涙のキッスは最高。たしか冬彦さんが出てくるドラマの主題歌だったよな。

Img_0643
昼ごはん。冷蔵庫の残りもの整理。鮭とシシトウの焼き漬け、もやし炒めと牛肉の塩焼き、マグロのお刺身、アボカドの黄身のっけ(わさび醤油)、エゴマの葉っぱの醤油漬け、大根の味噌汁、桜エビと生姜の炊き込みご飯(桜エビは冷凍してあったやつ)。
ビールでも開けたい気分だったけど我慢する。久しぶりにおかずがいろいろ並んだ食卓。

午後はアパートのキッチンでタクミに送る用と自分たち用のカレーを仕込む。ダンチュウレシピのカレー。ダンチュウカレーのポイントは2種類のカレールーを使うことと、最初に玉ねぎを飴色になるまでしっかり炒めるところ。もう何度も作ったから分量を覚えてしまった。それにしてもアパートのキッチンはほぼ野外なので汗だくだ。


Img_0645
おやつはスイカ。山下さんちのスイカ食べきる。甘くてみずみずしくてジュースを飲んでるみたいだった。
いつもよりも早めに仕事に向かう。明日のメロ弁の仕込みも進めておかないと。しかしこんなに暑いとメニューにこまる。私的には酢を効かせたものばかり食べたい気分だけど、そうもいかないよなぁ。
今夜は小田井の神様とかSちゃんとかせーじさんとかりょうちゃんとかDくんとかが来てくれた。みんな最初はなんとなく夏バテ気味に見えたけど、お酒が入ってくるうちにみんななぜかどんどん元気になっていっておもしろかった。


Img_0646
深夜めし。相方さんがおごってくれるというので帰りにコンビニに寄る。冷たい温玉うどん、カツ丼、コーンののったグラタンみたいなやつ。深夜1時過ぎに食べる。
相方さんチョイスなので全部炭水化物に。最近こういうときに「全部炭水化物やん」とツッコミを入れると「いいじゃん!」とプチ切れられるので言わないことにしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年8月 1日 (水)

今日も38度だそう。

午前中、仕入れに行ってそのあとひたすら仕込み。休み明けの仕込みはとにかくやることいっぱい。しかも今夜は相方さんのパパが来るというのでそちらの仕込みも万全にしておかねば。
気つけば昼過ぎ。キリのいいところで手を止めて自分たちの昼ごはんを作る。Img_0641_2
グリーンカレー。茄子、ピーマン、玉ねぎ、鶏肉、海老、トマトを入れて。暑い日はこういうサラっとしたカレーが食べたくなる。しかも煮込まなくていいから台所に立つ時間も短くていいし。
棚の奥のほうに眠っていたココナツミルク缶、たしか父が生きていたときに送ってくれたものだ。なんだか懐かしい。ってことは3年くらい経ってる?!

タクミとようやく電話が繋がる。なにやら大学生の夏休みは忙しそう。電話に出られないのも当然よね。
食べものがそろそろなくなるとのことなので、午後からまたスーパーに走り食材を買ってくる。鶏肉のトマト煮とか焼きそばとか生姜焼きとか作った。明日はカレーを作ろう。それにしてもアパートのキッチン
はクーラーも扇風機もないから作りながら玉の汗がぼたぼた落ちる。首にタオルを巻いて戦いみたいだった。激しい運動してる気分。

相方さんのパパが早めに到着するとのことで、夕方早めに仕事に向かう。太陽はまだ高くギンギラギン。
今日もパパさんと相方さんが楽しそうに会話しているのが微笑ましかった。親子だけど友達みたいだ。こういうのっていいな。
そのあとSちゃんがとかK先生とかGちゃんとか来てくれて楽しい時間を過ごした。お客さんどうしの横のつながりが出来てるうちの店のこの感じ、大好きだ。こういうのが苦手っていう人ももちろんいるだろうけど、うちはこういうのを大事にしてる。もちろん初めてのれんをくぐってくる人をウェルカムでお迎えすることも。

今夜はいつもよりも早く帰宅。深夜1時にごはん。

Img_0642
モロヘイヤのおつゆのそうめん(店の残り)、相方さんの好物のシューマイ(冷凍の)。
マツコのテレビを見ながら食べる。でも最後まで見ずに寝てしまう。お皿も片付けずそのまま。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »