« プレゼントは嬉しい | トップページ

2017年11月30日 (木)

ダンボールのにおい

気がついたら冬になっていた。毎日いろんな出来事に遭遇しているようで、実はそうでもないような…
波はあったほうがいいのか、それともなるべくなら穏やかなほうがいいのか…
なにも深く考えず、来る波にうまく乗ってその中でもがきながら考えていくしかないのだと最近は思う。もし波に乗れなかったら、それはそのとき考えればよくて。
まず第一に、体力の衰えを感じる。そうなると気持ちもなんとなくそうなっていく。人生の折り返し地点ってそういう感じなんだろうか。
そんなことばかり言っていると、なんとなく気持ちも沈みがちだけど、もしかしたら折り返した先には今まで味わったことのないような新しい出来事も待っているのだと、できればそう信じていきたいもの。

母からダンボール箱が届いた。開けてみると友達からいただいたというもぎたてのキウイフルーツ、それと一緒にりんごが3つがビニールの袋に入っていた。83の母ひとりでは、こんな量のキウイはとても食べきれないし、キウイだけでなく母はときどきこうしてお友達からのいただきものをダンボールに詰めて送ってくれている。
その箱を開けると、実家のにおいがしたり実家の近所にあるスーパーマーケットの袋なんかをみたりしてなんともいえない気持ちになるのだ。ただ、懐かしいという言葉だけではとても表しきれない、温かくも切ない気持ちだ。
そのキウイの袋の上に、近所の洋品店の袋を見つけた。中には冬用の温かい肌着が入っていた。値札はついたままだった。
その感じがいかにも母らしくて胸がきゅんとなってしまった。
母親って娘がいくつになろうと母親なんだな。そんなあたりまえのことに、すごく感動したり胸がしめつけられたり苦しくなったり…
人生の折り返し地点にはいろんな感情が渦巻いているってことなんだろう。
昔から母は自分の気持ちを言葉で表す人ではなかった。嬉しい気持ちや悲しい気持ちも決して外に出す人ではなかったと思う。それが子どもの頃は寂しく思ったこともあった。なぜなら、一度も母から褒められたことがなかったからだ。母は私のことなんかなんとも思っていないんだと私は勝手にそう思っていた。
でも、それが母の表現なんだって大人になって分かるようになった。心の中では人一倍娘のことを心配ししたり、心の中で一緒にに泣いてくれたり、母はそういう人だって。

自転車に乗って洋品店に向かう母の姿を想像するだけで、なんだか泣けてくるよ。

|

« プレゼントは嬉しい | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/72341846

この記事へのトラックバック一覧です: ダンボールのにおい:

« プレゼントは嬉しい | トップページ