« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月18日 (金)

サバ缶生活18日目。

今日はこれからフラメンコのレッスンに。
二週間ぶり。カラダちゃんと動くか心配。
ここ一週間はテレビ見ながら上半身の筋トレなんかしちゃうワタシ…
フラメンコと出会っていなかったら、正直この歳でわざわざ筋トレなんかしないだろうな。最近はもっぱらフラメンコというより、老化防止のために続けてるって感じだ。カラダ動かすって気持ちがいいことなんだと、今さらながら気づいた。

さて。ちょいと腹ごしらえして、頑張ってこよかな。


サバ缶ピザ。
トマトソース、玉ねぎ、ハラペーニョ、そしてサバ缶にチーズ。
オーブントースターがないのでお魚グリルで焼きました。
ハラペーニョの辛味が全体の味を引き締めてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

サバ缶生活17日目。



和えただけ。
ほぐしたサバ缶とアボカドを、醤油 マヨネーズ わさびで和えました。
こういうシンプルなやつが一番美味しかったりするんですよね。
今夜のお酒のアテ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

サバ缶生活16日目。

お盆休み中はお店のメニューをホットプレート料理に。
今日は韓国料理。
ちなみに昨日は餃子パーティーだった。みんながワイワイ楽しんでいるのを見ながら、カウンターの向こうで餃子を包んでいる自分ってつくづく幸せだなぁと思った。

こどもの頃からお小遣いを貯めてはお皿を買うのが趣味だった。自分が作った料理をそのお皿に盛り付けて、それを家族(?!)のみんなが美味しそうに食べてくれる絵をいつも想像してたのだ。
カタチちょっとは違うけど、あのとき頭で描いていたことがちゃんと叶ってる!って思ったらなんだかとても不思議な気持ちになるのですよね。
さて。今夜のための準備そろそろ始めなきゃ。


今日はサバ缶卵とじ。
サバ缶料理は出汁がいらないってところがいい。
缶汁ごと鍋に入れて、長ネギ みりん 酒 醤油で味付け。
煮立たせて卵でとじれば出来上がり。
ごはんがすすむ一品。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

サバ缶生活15日目。

街は静か。毎日通う仕入れのお店も、ここ数日はお休み。今日が何曜日だか分からなくなりそう。
仕事はいつも通りだけれど、なんとなく頭の中はお休みモード。そっか、いつもこういう気持ちでいられたらぎゅうぎゅう詰めの日常にもちょっとゆとりができるんだぁ。
要は気持ちの持ちようってこと。
久々にお菓子作りでもしたくなりましたよ。

相変わらずこっちは続行中。


サバ缶と空芯菜の炒め物。
味付けはコショウと香りづけのお醤油のみ。
空芯菜って炒めているとけっこうな水分を吸うのですよね。普通の野菜炒めとは逆。
なので、いつもは中華スープなんかを加えて炒めるのだけど今日はサバ缶の汁をスープがわりに。
ちょうどよい感じに仕上がりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

サバ缶生活14日目。



今日はイタリアンにアレンジ。
サバ缶アクアパッツァ。

フライパンにニンニクとオリーブオイルを入れ弱火で香りを立たせたら、プチトマト オリーブ ケッパー 貝類(今日は珍しい沖シジミが手に入ったのでそれを使いました) サバ缶 日本酒を加えてフタをします。貝が開いたら火を強めて水分を半分くらい飛ばしたら出来上がり。
味付けは無し。サバ缶と貝の塩気だけで十分。
さて、白ワインで乾杯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

サバ缶生活13日目。

何もしない日曜日。
ひとり部屋に閉じこもって、時計とにらめっこしている自分。いけないなぁ。
とはいえ、昨日実家からとんぼ返りでそのまま仕事に突入して、またいつもの日常が戻ってきたかと思いきや
心とは正直なもの。どうやら気持ちはついていっていなかったようです。
そのギャップで一日ダウン。
ほんと、弱っちょろい自分が情けないやら。


サバ缶ふりかけをひき肉に見立てて、ドライカレーを作りました。上にはとろとろのオムレツをのせて。
今日初めての食事はちょっとばかり丁寧に作りました。
自分のためのごはんなんて、はっきりいってどうでもいいのだけど。でも今日はこんなんだから、こういう日こそキッチンに立たなきゃダメかなと思って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

サバ缶生活12日目。

一瞬でしたが実家に立ち寄り、父のお墓まいりに行って来ました。実家のリビングにはまだ父の温もりが残っているようで、今でも不思議な感覚になります。
父がいつも座っていた椅子も、昼寝のときに使っていたクッションもそのまま。私が帰るとよくその椅子に座ってテレビを見ていました。元気だった頃は台所にもよく立つ父でしたが、カラダが思うように動かなくなってからはその椅子が父の定位置になっていました。
そんな風景を思い出していたら、なんともいえない気持ちが湧いてきました。寂しいとか悲しいとか…そういうのとはちょっと違って、懐かしようなくすぐったいようなそういうのに近いもの。
そしてその日の夜は、父を見送った母が今度は自分の番だと言って、エンディングノートのありかやら、母の知人の名前と連絡先か書いてあるノートなど、そういうものをすべて私に託してきました。母ははもうすべて受け入れているんですね。人生って順番なのかなぁ。
おそらくすごくシンプルな流れなのだろうけど、これを受け入れるのってまだ青い私にはむずかしい気がします。
年をとるってすごいことなのだ。

そんなこんなでいろいろ胸がいっぱいになって戻ってきました。あと一時間ほどで仕事だなんて。気持ちの切り替えが大変です。でもグズグズなるよりはいいのかな。

さて。軽く腹ごしらえ。


先日のサバ缶ふりかけに、きゅうりと玉ねぎマヨネーズを混ぜて、トーストしたバケットにのせていただきます。まぁ、ツナみたいなものです。
ふりかけ状になっていることでアレンジの幅も広がって便利。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

サバ缶生活11日目。



昨日作ったサバ缶ふりかけを、冷たいうどんの上にトッピングしました。しっとり煮上げたお揚げと先日のだしも一緒に。
サバ缶がかつお節がわりになってよい感じです。

この暑さで食欲がめっきり落ちてしまいました。
サバ缶でなんとか乗り切らなくては。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月10日 (木)

サバ缶生活10日目。

街は静かだなぁ、とか言っていたけれど今朝仕入れに行ったらものすごい人じゃん。集まるところにはいるんですね。
隣にいたおばあちゃんどおしが「お盆はごっつぉー(ごちそう)作んなきゃね」などと会話しているのを聞いていたら思わずほのぼのしてしまいましてね。
うちはちょっと変わった家族だったからお盆だからといって特別なこともしなかったし、家族が集まるなんてこともしなかったしね。働きものの母はいつものように仕事に行き、父は自分の部屋のテレビの前で一日中ゴロゴロ。弟がどこにいるかなんて知らなかったし、、そんな自分も何をしていたか覚えていないものね。
でも、初めてお嫁に行った先で早起きしてお墓の掃除に行ったりおまいりしたり…そういうのがお盆なんだって知った。
今年は父の新盆。お盆参りに行こう。
私はおじいちゃんもおばあちゃんも知らなくて育ったからお墓まいりの意味もピンとこなかったのだけど、父がいなくなってそういうことって大事なんだと分かった。
ご先祖さまがいなかったらこの私も生まれてこなかったのだものね。

さて。今日作ったのは


サバ缶そぼろ。
サバ缶を汁ごとフライパンに入れ、酒とおろし生姜を加え、中火でそぼろ状になるまで炒ったもの。
ご飯にのせれば栄養満点ふりかけです!
さらに、このそぼろいろいろアレンジがきくと思うんです。なのであえてお醤油などの調味料は加えませんでした。
超便利かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 9日 (水)

サバ缶生活9日目。

夏休みだというのに、この暑さのせいなのか街は静か。こどもたちの声はどこへやら、という感じ。蝉の鳴き声だけが唯一この夏を盛り上げてくれているような。
そんな自分も、仕入れから戻ってくればエアコンの効いた場所に避難しちゃうのだから。
蝉さん、ごめんなさい。

さて。こんな暑い日に冷蔵庫に欠かさず常備しているのが、"だし"。
きゅうりと茄子を刻んだところに、シソ生姜ミョウガなどの薬味を混ぜて、さらにがごめ昆布(糸昆布でも)、醤油も加えて混ぜ、一晩寝かせたら出来上がり、というもの。
奴にのせたり、素麺のつゆに入れたり、ご飯にのせたり…食欲が落ちるこの時期、これだったら食べられちゃう。私は毎日納豆に混ぜて食べています。


今日は、サバ缶オムレツ。
オムレツの卵といえばマヨネーズで味付けするのが私流。塩は入れません。マヨネーズ効果でふっくら仕上がるし、ほかの調味料もいらないので味付け簡単。
サバ缶は軽くほぐして包みました。
そして上にのせたのが"だし"です。
熱々のオムレツにシャリシャリとしただしの食感が心地いいです。薬味が入っているのでサバとの相性もバッチリ。

サバ缶…夏バテ予防にもいいのかな。ただいま実験中。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 8日 (火)

サバ缶生活8日目。

休み明けの朝は、エンジンがかかるまでに時間がかかる。あー、休み終わっちゃったぁ〜などと、まさにこどもの頃の8月31日気分。休みだからといって特別何をしたということでもなかったけれど、いつもと違う時間の過ごし方ができた 、ただそれだけのことが自分にとって貴重な時間になるんだと思う。
かといって、休みばかり続いても張り合いが無くなってしまうから、この絶妙なバランスが大事なんだろうな。

そんなこといってるくせに、いざ仕込みを始めるとカラダに染み込んだ慣れ親しんだ感覚が戻ってきて、水を得た魚のごとく手が勝手に動いちゃうんだから…私ってば。やっぱり自分の居場所ってここしかないんだわ…。

さてサバ缶生活8日目の今日は


サバ缶そうめん。
個人的には茹でたお素麺の上にいろいろトッピングしてぶっかけ風に食べるのが好きなのだけど、相方さんはそれが嫌いな様子。
素麺は具無し!シンプルが一番!の一点張り。
そんなこといったって、素麺とつゆだけじゃ何の栄養もとれないじゃん!と私は言いたいのですが。
ということで、いつもの素麺つゆにサバ缶とたっぷりのきゅうり豆腐をちぎって加えたものをつけ汁にしました。
文句を言われるかと思いきや、本人たいそうお気に入りの様子でした。
よかった、よかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 7日 (月)

サバ缶生活7日目。

台風が近づいているとかで朝から空はあやしげな雰囲気。こういうときはなんとなく気持ちも沈みがち。
そんな中、朝からいそいそと冷蔵庫整理もかねて余りものをポンポンとお鍋に放り込んでとにかく弱火でコトコトと煮込む。
放り込むなんて言い方、ちっとも上品じゃないけれど体に良さそうなものをなるべく栄養素が流れないような調理法でシンプルな味付けのみで調理する、、、最近自分用のご飯はこんなんで十分な気がする。


サバ缶と手羽先のカレー風煮込み。
冷蔵庫の残り野菜と手羽先をポンポンお鍋に入れて、一番上にサバ缶を汁ごとのせて、とにかく弱火で40分煮込むだけ。野菜やお肉が柔らかくなったらカレー粉を加えてさっと混ぜれば完成。
これを昨日作りすぎて余っちゃったサバ缶寿司に添えました。ついでにこれだけじゃ栄養が足りないかと目玉焼き焼いてみたり。
酢飯とカレーの相性って、個人的に好き。酢飯を作りすぎてしまったときなんかに、ぜひ試して欲しいな。酢飯ってお酢の他に塩分が入っているから、白飯よりもカレーの味と馴染みがいいんですよね。 味の繋がりがいいというか。
ちなみに余った酢飯はチャーハンにしてもこれまたイケるんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

サバ缶生活6日目。

今週は久々に(こんなこと言ったら怒られますけど)相方さんの仕事がめいっぱいに入っていて、その手伝いに追われる一週間だった。そのため自分の仕事が思うようにできなかったことが心残りで・・・。
お店を急きょ休みにしなくちゃいけなくなったり、普通だったらありえないことをせざるえなくなってたくさんのお客さんにも迷惑をかけてしまった。
そして、そのことで相方さんとも言い合いになってケンカしたりして、苦い週末をむかえることになったのだけど、結局のところ過ぎてしまったことをとやかく言ったところでどうにもならないじゃん、次に生かすしかないよね、っていうところに落ち着いた。そりゃそうだ。
自営業って自由なだけに、そこにものすごーい責任の重みがかかってくるから自由なようで自由じゃない。
そういうことをあらためて深く考えさせられた週末だった。
失ってしまった信用をとり戻すことももちろん大事だけど、今目の前にあることに精一杯心を込めて取組むこと、結局これしかできない。コツコツやっていくしかないな。

そんなこんなでいろいろ反省しつつ、とはいえ、いつまで落ち込んでいても始まらないので、今日のサバ缶料理に取組みます。


夕べの残りごはんをチンして、そこに寿司酢を混ぜて酢飯に。
軽くほぐしたサバ缶と、薬味類(生姜、シソ、ネギなど)
を加え、今日は錦糸卵を色どりに入れてみました。
ゴマをたっぷりかけたら即席サバ缶寿司のできあがり。
暑いこの時期、食欲がないときにもおすすめ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 5日 (土)

サバ缶生活5日目。



5日目。
サバ缶ラタトゥイユ。

お肉の代わりにサバ缶を使いました。
ザクザク切った野菜をどんどんお鍋に放り込んで、一番上にサバ缶をのせます。
塩を加えオリーブオイルを回しかけ、厚手のお鍋でとにかく弱火で煮ただけ。
薄味にしておけば、カレーに変身させたりパスタのソースにしたり、今の時期だったらお素麺の上に乗せても美味しそう。
常備菜にはもってこいです。

途中でかけ混ぜすぎると、せっかくの野菜の色合いが悪くなってしまうのでほったらかしのほうがよいみたい。

これは今まで作ったサバ缶アレンジの中で、いちばん美味しくできたかも。
バジルやローリエの葉っぱなんか入れると香り高くていいですね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 4日 (金)

サバ缶生活4日目。



4日目。
サバ缶春巻き。

ほぐしたサバ缶に、ザクザク刻んだ玉ねぎとシソを混ぜお醤油をたらしたら、それを春巻きの皮で包み薄く油をしいたフライパンで焼きました。

感想はというと、これはちょっといまいちでした(*´-`)
パンチが足りないというか。
梅干しとか、トマトなんかの酸味があるとよかったかも。
次に生かすことにしましょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 3日 (木)

サバ缶生活3日目。



サバ缶生活3日目
今日は
サバ缶ミートボール。

⑴サバ缶(汁ごと)とそれと同量のひき肉(豚でも合挽きでも)をボールに入れ塩少々を加え手をグーにしてたたきつぶすようにしながら混ぜる。
刻んだ生姜と玉ねぎを好きなだけと、片栗粉をスプーン1杯を加えさらに混ぜたら、ミートボールのように丸める。
このとき生地が緩かったらパン粉を足せばok!

⑵フライパンにオリーブオイルを少し敷いてそこにミートボールを並べ、ここで初めて火をつける。とにかく弱火でじりじりと焼く。半分くらい肉に火が通ったらひっくり返して裏面も焼く。
途中で出てきた油やアクはキッキンペーパーでふき取る。

⑶ボールにケチャップ、醤油、お酢、水、酒、砂糖、を同量で混ぜてみりんを少しと塩少々を加えたものを、⑵のフライパンに流して、火を中火にする。
ぐつぐつしてきたところで水溶き片栗粉でとろみをつけ仕上げにゴマ油をたらせば出来上がり。

油はなるべく控えたいのでミートボールは揚げずに焼きました。時間はかかるけど冷めてもふわふわの仕上がりですよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 2日 (水)

サバ缶生活2日目



サバ缶生活2日目は
サバ缶チャーハン。

⑴サバ缶をそのまま具にしてさまうと仕上がりがベチャベチャなってしまうので、あらかじめ汁ごとフライパンに入れ中火にかけて水分を飛ばすのがポイント。(完全に飛ばさなくてもok,八割くらいを目安に)

⑵パチパチと音がしてきたところで、オリーブオイルを加えてご飯とお好みの具を入れます。ちなみに今日はネギと梅干しをちぎってくわえました。
ここからしばらくは弱火。家庭用コンロでチャーハンを作るときはひたすら弱火でやるのが一番パラパラに仕上がります。

⑶ときどき上下をひっくり返して(いじりすぎてはいけませぬ)全体が熱くなったら最後に少しだけ火を強めて醤油を少々鍋肌から加え軽く混ぜたら出来上がり。

はじめにサバ缶を煮詰めて味を凝縮させているので味付けは軽くてよい感じです。
今日は梅干しを加えましたが、生姜やしば漬け、たくわんなんかもサバ缶と合うと思うなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

1ヶ月サバ缶生活。

久しぶりの更新。気持ちが忙しないと日記なんて書けないものですね。
ここ最近、ちゃんとしたものも食べていないような・・・。仕事モードにもなるとどこかから力が湧いてきて張り切るのだけれど、プライベートでは真逆。作りたくなくてつい簡単なもので済ませてしまうというのがいつものパターン。もちろん相方さんの機嫌も悪くなるのも当然。
そこで!考えたのが「サバ缶」ちゃん。
とりあえず1ヶ月を目安にして、毎日食べ続けようかと。
で。どうしてサバ缶かというと、まず買い置きができるということ。普段は仕事の仕入れで手一杯なので自分たちで使う食材など買ってるヒマはないので。
そしてなにより安くて栄養価も高くてアレンジもきくってところ。
まぁ、どこまで続けられるか分からないけれど8月31日までなんとかやってみようかと思いましてね。
それに。こういうノルマがあると、結構張り切っちゃうのですよね、楽しくて。

さて今日作ったのはこれ。


サバ缶とモロヘイヤのパスタ。
モロヘイヤは茹でてミキサーにかけてペースト状にしました。
それをサバ缶の汁とパスタの茹で汁でのばして、茹でたてのパスタとからめ上にサバの身をのせました。
モロヘイヤのとろみがパスタとよく絡みます。

と。まずはこんなところから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ