« 疲れるけど嫌いじゃない | トップページ | 早起き »

2017年6月20日 (火)

鰻ちゃん

連休もおしまい。今日から通常運転。
日曜日。天気が良かったので森林浴にでも出掛けたかったワタシではあったが相方さんのペースはというと、ちょっとそういう感じではなさそうだった。ひたすらパソコンに向かう相方さんに声をかけたくてもなんとかけてよいのか分からず迷っていたら、あっという間に時間は過ぎていった。このまま1日終わるのだろうな〜などと半ば諦めかけていたところに(こういうことはよくある)鰻を食べに行こうと急に切り出す相方さん。(こういうこともよくある)
一色の美味しい鰻屋さんに向かうことになった。正直、鰻にはあまり興味なかったがドライブに行ける嬉しさで一気にテンションが上がった。
片道1時間くらいかけて到着。ところが予想していた以上の人が並んでいる。お昼はとっくにまわっているというのにものすごい人だかり。朝10時に並んだという人がようやく自分たちの番がまわってきたという状況。これじゃ鰻にありつけるのは夕方近くになりそうだと名前だけ書いて次の店を目指すことに。一色でも有名な広い庭園のある鰻屋さん。ここも先ほどの店と同じような賑わい。店先で名前を書くためのペンを客どうしが奪い合うという光景に幻滅し名前も書かずに店を出た。
もうこのあたりから相方さんの雲行きがだんだん悪くなってきた。なぜなら、この人の鰻愛といったら半端ないからだ。鰻というご馳走のために日々を頑張っているといっても過言ではないだろう。鰻の焼き方にもこだわりがあるようで、世間で美味しいと評されているようなお店の鰻でも奴は容赦なく批判したりする。それくらい好みがしっかりとあるようだ。ワタシなんかどこのを食べてもそれほど違わないと思うのだけどね。
車内は気まずい雰囲気に。アイフォンでひたすら次の店を調べようとするワタシの気もだんだん焦ってきた。鰻ごときでここまでなるか…と内心思いつつも、そんなこと口に出したら大変なことになるのは分かっているのでせめて自分だけでも平静を装うことに。
で。次の店もダメだった。入り口に「今日の鰻は終わりました」の張り紙が貼ってある。もうそういう時間になっていた。
こうなったら鰻が食べられればどこでもいいんじゃない?的なことを提案してみたのだけどことごとく反対された。せっかく本場まで来たっていうのに適当な店の鰻は食べないとの一点張りだ。ですよね、ですよね…。
それでもって、一番最初に入った店で、もしかしたら自分たちの名前が呼ばれているかも知れないとの期待を抱いて、戻ってみることにした。そうしたらなんとあと30分ほどで順番が回ってくるとのこと。相方さんの表情が一気にパ〜っと明るくなった。良かった、良かった…。
30分後待ちに待った店内へ案内される。席に着くと15分ほどで注文したものが運ばれてきた。鰻屋さんにしてはありえないスピード。それもそのはず。ガラス張りになったカウンターの向こう側では白衣にマスク、そしてなんとゴーグルを装備した若者たちが機械のごとく鰻を焼いている。それは見事な連携プレーで無駄な動きひとつない。圧巻であった。
料亭みたいな店内に、向こう側を見れば若者たちが体育系な動きで鰻を焼いていて、それはそれは不思議
な空間であったが、肝心の鰻の味は最高だった。なんてったって鰻に世界一うるさい相方さんが絶賛していたんだから。うまいに決まってるじゃん‼︎鰻の味にそれほどこだわりのないワタシでも、フワッフワの身とパリパリに香ばしく焼けた皮、そして鰻特有の臭みをまったく感じさせなかったこちらの鰻は人生で初めて味わうものだった(と思う)。
鰻の味も最高ではあったが、なによりワタシ的には相方さんの機嫌が直ってよかったよかった、という感じ。
空は今にも泣き出しそうな雰囲気になってきたけれど、帰り道の車内は晴天だった。めでたしめでたし。

|

« 疲れるけど嫌いじゃない | トップページ | 早起き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/70916601

この記事へのトラックバック一覧です: 鰻ちゃん:

« 疲れるけど嫌いじゃない | トップページ | 早起き »