« 繰り返し | トップページ | 流れ »

2017年4月13日 (木)

観葉植物ちゃん

ここのところ自分の周りで起きた出来事について深く考えこんだり悩んだりしていたものだから、体が重くてしかたない。苦くてどうしようもなくなってしこたま飲んだら、案の定一日中グロッキー。昨日は地獄だった。体はしんどいけど、それでもお酒が覚めてくることのほうが怖かった。たまにこういうときってある。
桜もずいぶんと散ってしまった。花吹雪が強い風の中をくるくると舞っている。そんな姿は美しくもなんともない。ただただ寂しい。そんな薄汚れた気持ちに半ば幻滅しつつ、それでも足もとの小さな楽園を見つけようと必死になってみる。正しくなんかできないし、きちんとすることなんかできない。日々を重ねていくのに精一杯だ。
自分だけじゃなく、きっとみんなそうなんじゃないかな。

小さな部屋には観葉植物の鉢が4つある。テレビの脇にふたつと窓辺にふたつ。ときどき配置換えをしたりして日光浴させてあげる。
でも自分が日常に追われたり悩み事に気を奪われていたりすると、この子たちはサインを出してくる。こっちを見て!って。あぁ、ごめんごめん…って謝りながらあわててお水をあげたり葉っぱを拭いてあげたりすると、この子たちはたちまち元気になる。ほんとうにこの反応っておもしろいくらいに素直。
こんな子たちだから私が面倒みてあげなきゃダメなんじゃないのかなぁ…っていうふうにずっと思っていたんだけど、たぶん逆じゃないかなって最近思うようになった。
この子たちから毎日私は元気をもらっていて、だからこそ面倒をみさせてもらっているという立場にあるって。そんなふうに思うのだ。

|

« 繰り返し | トップページ | 流れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/70248755

この記事へのトラックバック一覧です: 観葉植物ちゃん:

« 繰り返し | トップページ | 流れ »