« いつもと違うことをちょこっとだけ。 | トップページ | 桜咲く »

2017年3月30日 (木)

ハフハフちゃんぽんの巻

伏見に用事があってそのついでに前から気になっていたちゃんぽん屋さんに寄ることに。
お昼時ということもあって店内はスーツ姿のサラリーマンでごった返している。厨房からはシャッシャと中華鍋をあおる威勢のいい音が聞こえてくる。店内の人たちはみな汗を拭きながら熱々の麺をほおばってる。これはなんだか期待できそう。
それにしても腹が減った。朝からなにも食べてないし夕べだって眠気に負けてロクに食べないまま寝てしまった。ここ最近また食生活がハチャメチャになってきてる。このへんでスタミナつけなきゃな〜。
などと反省していたら、運ばれてきたきた…私のちゃんぽんちゃん。
頼んだのはいちばんノーマルなやつ、普通ちゃんぽん。初めての店はまず普通のやつを注文すべし、というのを最近学習したとこ。いろいろひねって考えたり最初っから冒険しちゃったりすると、その店のほんとうの良さが分かんない。(と勝手に思ってる)
まずはこの野菜の山を崩すところから。この野菜、しっかり火が通ってるのにシャッキシャキだ。家じゃこうはできない。水っぽくなっちゃうもの。
その下にかくれていたのがモチモチの麺。濃厚スープとの絡み具合もグー。なにしろ野菜が山盛りだから麺とのご対面には時間がかかる。でも負けない。野菜と麺を一緒に口へ運ばねば、もはやちゃんぽんではなーい。(と勝手に思ってる)
そして半分くらい食べたところで、今度は卓上のソースをひと回しと白胡椒をドドドと振りかけて自分バージョンの味を楽しんでみる。ソースの酸味が加わわったことで全体的にさっぱり。これでゴールまで一直線という感じ。
そんなこんなであっという間に完食。同時に運ばれてきた隣のサラリーマンの器なんて、まだ半分も残ってるっちゅうのに。熱々のものはベロをヤケドしながらでも熱々のうちに食べきる!っていうのが食いしん坊の流儀ってもん。(と勝手に思ってる)

なんて。
今日の日記はただの食レポになってしまった。
私の知ってるちゃんぽんっていうと、たいていスープにたくさんの化調が入ってるイメージだったんだけど、こちらのはほどほどという感じで好印象だった。熱々感も最高だったし。
中華を食べるときによく感じることなんだけど、中華って火の料理ってイメージなのだよね。火の勢いを食べてる!って感じになってカラダに元気がみなぎってくるというか。ここのちゃんぽんもまさにそういう感じでした。

|

« いつもと違うことをちょこっとだけ。 | トップページ | 桜咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/70098708

この記事へのトラックバック一覧です: ハフハフちゃんぽんの巻:

« いつもと違うことをちょこっとだけ。 | トップページ | 桜咲く »