« 服装 | トップページ | 父のマカロニサラダ »

2017年2月 1日 (水)

こだわり

 ここ最近の変化。まじめに自炊しているということ。こういう仕事をしているから当たり前のことのように思えるのだけど、実は逆だったりする。仕事ではずっと食材とにらめっこしているので、プライベートくらい離れてみたくもなる。自分以外の誰かが作ってくれるごはんが恋しくなるのだ。
昼間の仕込みがおせば近所のラーメン屋さんかうどん屋さんでちゃちゃっと済ませたり、仕事が深夜になれば、さすがになにも作りたくないので牛丼屋さんに飛び込んで案の定翌朝胃もたれしたり、そういう生活だった。お客さんに出す料理は気合入れて作るけど、自分の食べるものなんてどうでもいいと思った。

でも今はちょっとだけ違う。簡単なものだけどなるべく自分で作ったものを口にするようになった。健康オタクでもなんでもないけれど、自然にそうなった、という感じ。
そうしたら、とても体が軽くなった。痩せたとかではなく、体の中の悪いものが減ったような気がする。そしてなんとなく気持ちも整ってきたような気がする。おもしろいなあ。
いつまで続くかは分からないけれど、しばらく様子をみてみようと思う。
ハワイでほぼ毎日自炊したことも影響しているだろう。滞在中一度だけあちらで有名なビール工場の直営店で、ピザとかタコスとか食べたらそのあとものすごい調子が悪くなったことがあって、自分の体はもうこういう食べ物を受け付けなくなった、ということが分かってちょっと悲しくなったけど。数年前までは油っこいものでもなんでももりもり食べられたのに。
これを老化というのか分からないけれど、そうやって体も変化していくのですね。
繊細な塩の量で料理全体の引き締め方がぜんぜん違ってくることとか、自分の体調しだいで作る料理の味も変わってくることとか、、、、なんだか良くも悪くも最近どんどん敏感になってめんどくさくなってきているように思う。でもきっとこれでいいんだ。
だから見た目がそこそこよくても、食べて愛を感じられないものにはほんとうにがっかりしてしまう。これって美味しいとか美味しくないという基準じゃなくて、愛があるかないかってこと。そういうのってすぐに分かっちゃう。我ながらほんとうにめんどくさくなってきているけど、もうしかたない。こうなっちゃったんだから。
自分の口にするものだもの。めんどくさくもこだわりたいって思う。

|

« 服装 | トップページ | 父のマカロニサラダ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/69448259

この記事へのトラックバック一覧です: こだわり:

« 服装 | トップページ | 父のマカロニサラダ »