« 父のマカロニサラダ | トップページ | 雨の日と父 »

2017年2月 7日 (火)

最近の出来事

 ヨガ仲間のМくんの結婚が決まった。それを仲間たち全員で祝福して、その光景がなんとも温かくてキラキラしていて天国みたいなのが印象的だった。なんて素敵な人たちなんだろう。そういう中に自分もいられたことが幸せだった。
いつもは控えめな感じのМくんが、彼女との馴れ初めだとかご家族のこととかを話してくれたとき、まるで別人みたいに積極的な感じになっていて、男!って感じになっていたのがびっくりだった。幸せ事は、ここまで人は変身させちゃうんだと、その変貌ぶりに思わずぽかんとなってしまったほど。Мくんのまっすぐさが伝わるスピーチも感動的だった。きっとМくんは素晴らしい親御さんに育てられたのだろうな。Мくんのお嫁さんも素敵なお嬢さんに違いないって思った。
そして、そういう幸せ話にはもっぱら弱い自分なので、いろんなことを感じすぎてお腹も心もいっぱいになってしまって、気分はまるでおばあちゃんに。
お客さんの赤ちゃんを抱っこさせてもらうときとか小さいこどもさんと話すときなんかも、同じ感じ気分になる。ここ最近の私の口癖というと「早くおばあちゃんになりたい」、である。でもきっと神さまは「おばあちゃんになる前にあなたにはまだやるべきことがあるでしょ」と言うのだろうな。まだまだ人生の修行事があると、なんとなく自分でも感じているから。

 夕べはお店もひまで、でもたったひとりのお客さんが閉店までいてくださって助かった。さすがにゼロっていう日はなんとなく落ち込むからね。(ときどきあります)
そしていつもなら話さないであろう深い話ができたのもよかった。お客さんと店の人間の関係ってほどよいのがいいと思う。友達でもなく親戚でもなく、かといってあかの他人ってわけでもなくて、ちょうどいいこの距離感がいい。情がまったくないわけではないけれど、情におぼれてしまうと逆に仕事できなるなる、っていう微妙さも。

さて、もうそろそろ仕事の時間。お通し作ったりごはん炊いたり、、、こういう地味な台所仕事をしていると、かつての家族へのつぐないをしているような気に少しだけなる。もちろんそんなことでは到底許されないことは自分でもわかっているけれど、何もしないでいるより気持ちの重みはほんの少しだけ軽くなる。そもそも楽になんかなってはいけない立場なことも分かっているけれど、何もしないでいるよりは。
だから気持ちを込めてゴハン作ろうって、いつもも思う。それしかできないのだけれど。

|

« 父のマカロニサラダ | トップページ | 雨の日と父 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/69517032

この記事へのトラックバック一覧です: 最近の出来事:

« 父のマカロニサラダ | トップページ | 雨の日と父 »