« バナナジュース | トップページ | こだわり »

2017年1月31日 (火)

服装

 美容院に行ってきた。行く前に必ずチェックするのが、着ている服がみすぼらしくないかということ。美容院というと、嫌でも大きな鏡の前に座らされて自分の容姿とガチで向き合わなきゃいけないから。以前、あまりにも適当なかっこうで行って自己嫌悪に陥ったことがあった。それ以来、シミはないかな、破れていないか、(その程度なのが逆につらい)それくらいはちゃぁんとチェックするようにしている。
とまあ、自分がいかに着る服に対して無頓着かってことなのだけど。
 午前中は仕入れに仕込み、午後からは部屋に閉じこもって自分の時間を過ごし、夕方近くに仕事着に着替える、という生活の中では、まずおしゃれの必要なんてないのです。動きやすくて、ガラガラ洗濯ができる機能的な服がいちばん。コーディネートなんて考える時間がもったいないって、今の生活の中ではそう思っちゃう。

 ハワイ島で、毎日Tシャツ短パンビーチサンダルで過ごしていたのが楽でよかった。おそらくあの島の観光客の大半は、どちらかというとセレブな層の人たちなんだけど(とくに中国人ファミリーとか、アメリカ人だといろんな意味でゆとりのある年配のご夫婦、そしてたまに日本の新婚さんカップルがいたりして。ちなみに我らはどこにも属していない一般ピープル)、ローカルな人たちも、セレブな観光客もみんな同じような楽ちんなかっこうで歩いてた。いいなあと思った。
日本の夏を毎日このかっこうで歩いていたらちょっとやばい気がする。男の人はいいかも知れないけど、40半ばのおばさんにはちょっと痛い。なんて考えてしまうくらいだから、日本って、つまりそういう国なんだろうなと思った。いいとか悪いとかではなくて。
以前、栄にあるホテルに中華を食べに行こうとしたら、入口の黒服の男性が私たちのことを上から下までなめるように見て「ご予約はされていますか?」って、やんわりと断られたことがあった。さすがにテーシャツ短パンではなかったけれど、日本ってこういう仕組みになっているのねと、寂しくも、逆にそれがおかしく思えてきて、帰りに行きつけのラーメン屋さんでいつも変わらぬ味でほっこりして帰ってきたのを覚えている。
 というわけで、おしゃれする余裕なんてないけれど、洗濯された服と楽ちんな靴といつでもどこにでも飛んで行けるリュックサックさえあれば、私はじゅうぶん、
そういう話。

|

« バナナジュース | トップページ | こだわり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/69437443

この記事へのトラックバック一覧です: 服装:

« バナナジュース | トップページ | こだわり »