« 小さなたからもの | トップページ | ことよろ »

2016年12月14日 (水)

12月もはんぶん。

 12月もまだ半分残っているというのに、もう終わっちゃった気でいる。なんでかな。
いろいろあったからかな。疲れてるのかな。
とはいえ、まだ仕事も残っているし、ここで気を許すわけにもいかない。常に緊張感を持ってのぞまないと、この仕事っていつつぶれちゃってもおかしくないもの。「このへんで手を抜こう」とか「まぁいいか」とかって思った瞬間、ダメになっちゃうと思う。冷静に考えたら怖いことだけど、結局は自分との闘いなのだろうな、この仕事。闘いっていうと大袈裟かもしれないけれど、自分との約束みたいなものだと思う。これってぶっちゃけ、他人との約束以上に責任重大なんだよな、、、などとこの業界18年目にして思うこと。

 そういえば、ゆうべお客さんから聴いたモンスターペアレンツにまつわる話。これを聴いて、完全に時代が変わってしまったというショックを受けた。
人によって見方は違うと思うけれど、個人的にまず思ったのは、親御さんと学校側の関係だけに問題があるわけではないということ。親と子の関係に、その根本があると思った。
親が我が子を愛するというとてもシンプルなかたちが、これでは完全に歪んでしまっていると感じた。子は親の背中から何かを感じ取って育っていくものだと思う。とすると、この子たちはどうなっちゃうんだろうと、こどもたちの未来に不安さえ感じた。
そしてなにより驚いたのが、この話をしてくれた方が実は警備会社の人だということ。つまり今や、学校側がモンスターペアレンツ対策にと警備会社に依頼する時代になっちゃったということ。すごい時代になってしまった、、、。毎朝校門の前に学校の先生じゃなくて警備の人がいるってことでしょ。
 こういう話を聴くとじっとしていられなくなる。とくにこどもに関する話というと、自分の中がざわついてくるのだよね。
なんだかいろいろ考えさせられた。

|

« 小さなたからもの | トップページ | ことよろ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/68841205

この記事へのトラックバック一覧です: 12月もはんぶん。:

« 小さなたからもの | トップページ | ことよろ »