« 夫婦って | トップページ | わかる、わかる の瞬間 »

2016年10月24日 (月)

日曜の午後

 気持ちのどこかはまだ“今”に降りてこないまま、なんとなくここ数日間過ごした。でも昨日は休日で手を動かさなかったら、いきなり現実が降りてきてちょっとびっくりした。意識していなかったけど、あえて感じないようフタをしていたものがあったみたいだ。少ししんどかったけど、そういう気持ちがあったということに気づかされただけでもよかった。そして、料理という仕事、お店という仕事があったことによって、どれだけ自分が元気づけられたかということも同時に気づかされた。
お店がなかったら今ごろ自分はどうなっていたんだろう。いつのまにか、料理がお店が自分の支えになっていた。すごいことだ。

 そんな昨日ではあったけれど、なんといつもごひいきにしてくださっているお客さんのお家に相方さんとともにお招きいただいた。プライベートでこういうお付き合いができるって、なんか嬉しい。
テープルに並ぶごちそう、テレビでは旅番組が流れていて、その横のソファではご主人が昼寝中、ビールの空き缶がテーブルの隙間を埋めていて、そのなんともいえないリラック感よ。なんだか実家に帰ってきたみたいだった。
ビール飲みながらみた窓からの夕焼け。雲の輪郭がまるで鯛の鱗みたいに浮き上がってきれいだった。
家のそこかしこに大家族のぬくもりがあって、独り身の私にはいろんな意味で沁みた。なにかに包まれている安心感のようなもの、家族が創り上げてきた歴史のようなものなのかな。そういうのがテーブルに並ぶごちそう以上に、私にとってはごちそうだった。
可愛いお孫ちゃんにも会えたし、私にちっともなつかなかったワン子ちゃんとも帰り際にはじゃれ合いっこできたし、よかった、よかった。なにより、かっこつけない&ありのままって、これが本当にかっこいい!ってことなんだ、みたいに思ったのは初めてだった。

2年前は、知らないこの地にきてこんなふうになるなんて思ってもみなかった。だからこの地に恩返しできるように、今日という日も心を込めて過ごそう。

|

« 夫婦って | トップページ | わかる、わかる の瞬間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/68096358

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜の午後:

« 夫婦って | トップページ | わかる、わかる の瞬間 »