« ふろふき大根 | トップページ | ひぃひぃ~ »

2016年10月29日 (土)

心理学とわたし

 今日は月に一度の心理学探究会の日だった。私にとっての心理学も、歳を重ねるごとに変わってきているように思う。理論的なことを学んで、それを自分の日常に落とし込んでいくだけのときは、視野も狭かったように思う。でもあの時期があったからこそ、今があるわけであのとき苦しみながらも素直に実践していった自分の心は間違っていなかったと思う。
今の私はどちらかというと、あらゆることを心理学という型にはめ込む必要はないんじゃないかな、というところにきている。自分の内側で起きている出来事を、ただ冷静に見ていく、素直に感じでいく、それだけでいいんじゃないかなと。それを誰も責めない、というか責められるはずもないというか。そこに理由づけする必要もないと。
自分の枠をどれだけ外せるか、そこに尽きるように思う。もっともっと自由になっていいのだ。(ここで言っている自由は、ただ好き勝手なことをする自由ではないです)
最近、そんなふうに思う。

 だから探究会に参加すると初心にかえれる。いろんなことが怖くて心理学というものにすがりながら生きていた頃の自分を思い出す。友人たちの話を聴くと、あたかも自分がその人になったかのようにその人の心情を自分の中でもなぞっていたりもする。こういうことが本当の心の勉強なんだと思う。

そういう心の柔軟体操みたいなことがときどき必要になりますね。
心がカチカチに凝り固まることほどこわいことはないと思う。常にいろんなことを感じていたいし、そういう自分の感情に素直でいたい。どちらかというと敏感すぎて困ることのほうが多いかもしれないけれど、たぶん私はそれでよかったんだ。


 

|

« ふろふき大根 | トップページ | ひぃひぃ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/68165702

この記事へのトラックバック一覧です: 心理学とわたし:

« ふろふき大根 | トップページ | ひぃひぃ~ »