« シンプル人間 | トップページ | 一歩。 »

2015年10月22日 (木)

正解のないところに正解

 ほぼ毎日料理と向き合っているけれど、同じ味を安定して作れたためしは一度もない。
そもそも料理ってそういうものだから仕方ない、などと、半ば諦め&開き直り、、、の自分ではあったが、経験を重ねていくうちに、“ここ”っていう場所が見つかる、ということが分かってきた昨今。
感覚の世界だからうまく表現できないのだけど。腑に落ちる場所というか、探し物が見つかるような感覚というか。
味覚の世界に正解はないけれど、これって、“自分だけの正解をみつけた”、ということなのだと思う。きっと、この場所に磨きをかけていくことが人生なのだろうなぁ、などとなんとなく思ったりした。
料理を例えにしてみたけれど、こういうことってないだろうか。
 自分はとにかくあらゆることに自信がない人間で。自分より歳の若い人たちが自信に満ちた発言をしていたり、行動をしていたり、その経験を惜しみなく分けてくれたりとか、、そういう姿を見ていると本当に素晴らしい!って思っちゃう。その人が人生でどれだけの経験を積んできたかとか、どれだけの苦労をしてきたかとか、その人の“自信”を創り上げた人生の背景に感動してしまうのだ。
一方、自分ときたら、すべてにおいて曖昧だし、正解を創らないし(創る努力をしない)、本当にダメダメで恥ずかしいのだけど、だけどこれがそもそも自分なのだ!と思ってみたり(単なる言い訳)。
とにかく芯がないということは自覚しているわけだけど、先ほどの“正解のない世界に正解を創りあげる”という作業を、これからの人生で少しずつ増やしていけたらと、小さく小さく思ったりした。
私の周りには、そういう自分だけの正解を持っている人たちがたくさんいて、その人たちはみなキラキラしてかっこいい。ちょっとだけそういうのにあこがれている中年のおばさんがいたっていいよね、、、。

|

« シンプル人間 | トップページ | 一歩。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/62162163

この記事へのトラックバック一覧です: 正解のないところに正解:

« シンプル人間 | トップページ | 一歩。 »