« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月

2015年10月30日 (金)

秋だね

 どうしても心が淋しい場所に行ってしまう。これも自分で選んだ人生だから仕方ない、、、と思いつつも、女の弱さと甘さが出てしまう。守って欲しかったり、助けて欲しかったり、、、。女ってずるい。
新しい生活に向けて少しずつ準備も進めているのだけど、なかなか手が進まないのは、そんな自分がいるからだと思う。エイって気合い入れても、10分くらいしかもたないんだもの。かなり弱っちぃ。
 今日は車がないので、歩いて近所のスーパーへ仕入れに行ってきた。
風が気持ちよかったし、どこかから金木犀が香ってきたりして。一歩外に出ると、見落としてたものに気づかされることが多い。幸せって、こういう小さな宝物みたいなものを積み重ねていくことなんだろうな。
 そしていつもならその流れで、はりきって仕込みに入るのだけど、今日はなぜか出来ず。たまにはサボってみるのもいいか。
定まらない気持ちが、ふわふわと宙に浮かんでる感じ。定めなきゃいけないんだけど、定めたくないみたいな、、、。
もうすぐ夕方だ、そんなことのんきに言ってる場合じゃないな。そろそろエンジンかけなくちゃ。

 今日もちっとも楽しくない日記だけど、たまにこうして自分の気持ちを外に出してあげないとパンパンになってしまうので書き出すことにしている。ダメダメな自分でも、やっぱりどこかで認めたいという気持ちがあるのだと思う。この気持ちがあったから、なんとかここまでやってこれた、、私。ある意味、めでたい人間なんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月23日 (金)

一歩。

 今後の自分の生活のために、少しずつ動いている。動くことでなんとなく前に進んでいるというすがすがしさはあれど、「もう、お前はお前で勝手にやってくれ」とは言われないけど、相方のそんな無言の空気を感じると、やはりちょっとばかり淋しくなる。正直な気持ちだ。
そんな気持ちと闘いながらも、毎日頑張って一歩踏み出す。ここ最近の課題だ。
ジメジメするのはもうごめん。
そう思えるようになっただけ、変化しているのかな。
 
 そういえば。
一週間、早いな~~、と思いつつ、今日をてっきり土曜日と勘違いしていた私。
朝一番で仕入れに向かうとき、小学生の列を見て「あれ?」っと携帯電話の日付を確認したら、まだ金曜日じゃん。
すごく得した気分になって、あえて遠回りして帰ることに。
公園の脇にススキの穂がなびいているのを見て、ただそれだけなんだけど、胸がきゅーん。
 この、「きゅーん」のときは、たいてい子供の頃の寂しい記憶とリンクしているときなんだよね。
 “寂しい”というカタチは変わらないんだけど、それを見る角度とか距離が大人になって変わってきたから、ただ辛くて痛いものではなくなった。今は、大事に温めてやりたいくらいだ。
私の根っこだもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月22日 (木)

正解のないところに正解

 ほぼ毎日料理と向き合っているけれど、同じ味を安定して作れたためしは一度もない。
そもそも料理ってそういうものだから仕方ない、などと、半ば諦め&開き直り、、、の自分ではあったが、経験を重ねていくうちに、“ここ”っていう場所が見つかる、ということが分かってきた昨今。
感覚の世界だからうまく表現できないのだけど。腑に落ちる場所というか、探し物が見つかるような感覚というか。
味覚の世界に正解はないけれど、これって、“自分だけの正解をみつけた”、ということなのだと思う。きっと、この場所に磨きをかけていくことが人生なのだろうなぁ、などとなんとなく思ったりした。
料理を例えにしてみたけれど、こういうことってないだろうか。
 自分はとにかくあらゆることに自信がない人間で。自分より歳の若い人たちが自信に満ちた発言をしていたり、行動をしていたり、その経験を惜しみなく分けてくれたりとか、、そういう姿を見ていると本当に素晴らしい!って思っちゃう。その人が人生でどれだけの経験を積んできたかとか、どれだけの苦労をしてきたかとか、その人の“自信”を創り上げた人生の背景に感動してしまうのだ。
一方、自分ときたら、すべてにおいて曖昧だし、正解を創らないし(創る努力をしない)、本当にダメダメで恥ずかしいのだけど、だけどこれがそもそも自分なのだ!と思ってみたり(単なる言い訳)。
とにかく芯がないということは自覚しているわけだけど、先ほどの“正解のない世界に正解を創りあげる”という作業を、これからの人生で少しずつ増やしていけたらと、小さく小さく思ったりした。
私の周りには、そういう自分だけの正解を持っている人たちがたくさんいて、その人たちはみなキラキラしてかっこいい。ちょっとだけそういうのにあこがれている中年のおばさんがいたっていいよね、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月20日 (火)

シンプル人間

 ただ、「気持ちよく生活したい」、それだけなんだけど、なんでシンプルにいかないんだろう。頭の中に“?”がいっぱいで、、、。でもそれがあたりまえみたいになっちゃうのって怖いと思うのだ。人間はこの世に生を受けたかぎり、誰もが幸せになる権利がある。不幸を背負ってどおするんだ、などと自分に言い聞かせてみたりして、、、。
ならば、自分で環境を変えていくしかない、というところに行き着いたところ。
まだ具体的にどうなるか分からないけれど、このままだとつぶれてしまいそうなので、対策を練らなきゃと思っている。
 昨日は、私の、数少ない友人のひとりが、ドライブに連れ出してくれた。赤や黄に染まりはじめた山々を眺めながら、大きな水車を見たり、地元の野菜を買ったり、でっかいモンブランを半分こして食べたりして、まるで子供の頃に帰ったみたいに、好き放題彼女に甘えてしまった。肩の力が抜けたんだと思うし、こういう感じ久しぶりだったから、なんだかすごく新鮮だった。
中でも一番新鮮だったのは、私の愚痴を聴いてくれたときに、いろんな大人は冷静な立場から判断し、道理にかなった適切なアドバイスをくれるんだけど、彼女は100%私の味方になって話を聴いてくれた。私の言っている内容が正しいとか正しくないとか、結論はどうとか、ではなく、順ちゃんの言ってること、分かるよ~、みたいなあくまでも緩い感じで。ありがたかったし、私もぜったいこっち派!って思った。
頭でっかちになるのもいいけど、やっぱ人間ハートだよ!って思った。

 とか書くと、またいろいろ反論が出そうでちょっとこわいけど。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

整理せいとん

 毎日どんよりなんてばっかみたい!人生は楽しくあるべき。もっと気軽にいこうよ!と、本来の私はこうだった。いつだってこうやって生きてきたじゃん。無責任な奴だと言われたって関係ないもんね。と、
久しぶりにこの感覚を思い出して、今の自分がかっこ悪く思えた。
いつの間にこんなに重たくなっちゃったんだ、、、。
まぁ、生きていくということは、いいことも、そうでないことも身につけていくから、いろんな荷物を背負っていかなきゃいけないのだけど、選別してもいいのかもしれない。最終的に自分に必要なものだけを持って生きていけばいいのだ。でなきゃ、重たすぎて前に進めないよ。
 などと思うようになったのも、疲れてきたんだろう、私。

 相方が悩み続けて、不仲になってから、もう半年だ。相方のペースに寄り添うのが本来なのかもしれないけれど、時は確実に前にすすんでる、、と、せっかちではないけど、そう思ったりする。
この時間に私は、置いてきた子供たちのことを考えてしまうわけで。
自分の命より大切な存在を置いてきてまで、私は今の人生を選んだ。相方との道を選んだのだ。
そう思うと、今の自分が情けなくてたまらないのだ。息子たちに合わせる顔もない。
だとしたら、自分がポジティブ変換装置になってでも、笑って生きたいと思う。
そりゃ、いろいろあるだろう。ケンカもあるだろうし、ムカつくときだってあるだろうし、納得のいかないときだってあるだろう。
でも、そこにこだわって長々と時間を費やすくらいなら、「美味しいね」って言ってごはんを食べたり、空気のいいところに遊びにいったり、素敵な人たちに会ったり、世の中に奉仕したりして、気持ちよくありたいと思う。
この、あまりにもざっくりしすぎる私のこういうところに相方は気に入らないみたいだけど、シンプルでいいと思うんだけどな。
 というわけで、少しずつ自分の気持ちも整理できてきて、最終的にこの自分はここ落ち着くんだな、と思った。(相方はまだ大変そう)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年10月15日 (木)

どうするべ

 母親のことで一番苦しんでいるというのを自覚していながら、その関係から抜け出すことはできないと、相方はあっさり私に言った。まぁそうだよね、親子だもん。
ただ、隣で苦しんでいる相方を見ているのはつらいので、自分でよければ何か力になるよ的に声を掛けてみたのだけど、この親子の強い絆の間には、誰も立ち入ることができないみたいだった。ほっといてくれ的な返事だった。さびしいのう。
ならば、今後もずっと親子で私を悪者にすればいいじゃん。憎み続けたらいいじゃん。
なんかもう疲れちゃったよ。
 そのあと、「私、そんなに悪いことしたかなー」って悔し紛れに言ってみんだけど、「わからないの?」だって。
ちょっとこわかった。
 ほんとに居場所がなくなっちまったぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月13日 (火)

モヤモヤ

 休みの日にゴハンに連れていってもらったり、寿司をおごったりして、なんとなくいい流れになったかと思いきや、逆に淋しい気持ちが山盛りに。
うわべだけつくろっても、本心がそこにないことくらい、これだけ毎日一緒にいれば分かるのだよ。お互いが、賞味期限切れみたいでなんともぎこちなかった、、、。
フレッシュな俺たちの時代に戻りたいぞ。(と思っているのは私だけ)

 まぁ、最近の相方といえば、何においても心ここにあらず、、、という感じで、いろいろな問題を抱えすぎて、どうしていいのか分からない状態にあるように見える。性格上、なんでもかんでも抱え込む癖があるので、もういい加減に本人の許容範囲内に制限したほうがいいんじゃないかと、余計なお世話だと言われても、本人の一番近くにいる人間としては言いたいところ。そうしないと自滅してしまう。最終的には、自分の身は自分で守るしかないのだ。
 などと、上からバシっと言ってやりたいところだけど、そういうのが一番きらいな相方なのでそっとしておくけどね。もういい加減、このモヤっとした毎日が辛くなってきたので、この自分こそ、我が身を守る手立てを考えなくてはいけないのだろうなぁ。
もっと単純に楽しくしたりアホになったり、、、そんな軽さでいいんじゃないかと、個人的には思っていたけどね。

 辛いことも、シンドイことも、一緒に考えて知恵を出し合って乗り越えるものだと思ってきたけど、そこを全部シャットアウトされてしまったら、この俺はどこに行っていいのやら、、、
考えてしまうなぁ。
 淋しさのカタチが変わりつつある今日このごろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月10日 (土)

とりあえず

 自分がどれだけ嫌がられているか分かっていて、ここにいることが辛くてたまらない。「もう、こんなのやだー」と、シンプルに逃げ出すことができたらどんなに楽だろう。
私そんなに悪いことしちゃったんだ、、、相手を傷つけていたんだ、、、もうどうにもならないんだ、、、どーしよー、、、
と、ひたすら自分を責め続けていたら、ついに自分が分からなくなってしまった。というか、いなくなっちゃった感じ。
 もう潮時だと思って、いざ新たな一歩を踏み出そうとしているところなのだけど、この一歩がなかなか出ない。。。まだ自分の中に、何かがあるのだろうな。
 
 今日は午後からフラメンコ。
気持ちはぜんぜん乗らないけど、とりあえず動いてこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

冷めたスープの温め方

 会話も愛情もない日常の中に身を置くのは、ちょっとばかりつらい、、、。
感情のままにしか行動できなかった自分が、今その感情にフタをして、味気のない毎日を覚悟して過ごしている。ストレスがたまるというより、ストレスを味わう感覚さえも麻痺しちゃったって感じ。
こんなの自分っぽくないと思いながらも、今はそうするしかないのだよね。
 たとえばここを出たとして。40過ぎのおばさんひとり、どうやって生きていけばいいのだろうとか、、、、新たな仕事を0から見つけなくちゃいけないとか、、、ここにくるまでに築き上げたあらゆるものを(物質的なものや助けてくれた人たちへの想い)全部手放す勇気がはたしてあるのだろうか、、、とか。
ちょっと昔の自分だったら考えもしなかったことに対して、今の私は冷静になったりする。自分のことだけじゃなくて周りの環境や人の温度を考える。
そう思うと、歳をとるってどんどんつまらない人間になってっちゃうみたいで、ちょっと複雑だな、、、。
 そんな自分ではあるけれど、冷めきったスープを温め直す、という作業は40過ぎて身につけたことではあると思う。実際、過去に何度か成功してるし。
しかしながら、レンジでチンしてみたり、小さなお鍋で煮込んでみたりと、いろんな方法を使って手を尽くしてはみたものの、これがなかなか温まらない、、、という今の状況も受け止めなければならない、、、。
もしかしたら、自分が一方的に温めすぎたせいで焦がしてしまったのかもしれないし、もしかしたら腐っちゃったのかもしれない、、、。方法自体が間違っていたのかもしれない。
そう思ったら、いまさらどうにもならないのかなぁという不安ばかりがよぎる。というか、スープの心配をするより、自分の人生の心配をしたほうがよいのかなぁ、という方向転換のことも。
 
 兎にも角にも、すっかり死んじゃった心を生き返らせなきゃ、というのが今の目標。だけどこの現状をなんとか良い方向にもっていこうと、いまだどこかでひきずっている自分がいるのもたしか。この先どうしようかと、足踏みしてる自分がいるのもたしか。
まぁ、ゆっくり行くべ。元気な私、戻ってこーい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

なんだかなぁ

 哀しいより楽しいほうがいいし、重たいより軽~いほうがいいし、憎しみ合うより励ましあって仲良くやっていったほうがいいと、
ただただ単純にそう思って自分の中にわずかに残っているエネルギーを使って、全身で頑張ってみるのだけど、
やっぱり跳ね返されちゃう。。。
なぜだろうと思っていたら、「お前のせいで自分はこうなった、、、」というところに執着する、という相手の心のパターンに気づいた。なんだかなぁという感じ。
そうやって本人は英雄になるのだろうけど、こちらとしては痛いよぉ。。。
たしかに、「お前のせいで、、、、」と言われれば、ごめんなさい、私が全部悪かった、、、とはなるけど、そう言われ続ける“お前”(つまり私)だって、傷ついているんだよ、と声を大にして言いたいよ、、、。
まぁ、もうどうにもならないみたいだから、そっとしておこうかなとも思うけどね。
 ここ数日、本当に私という存在自体が、相手に迷惑をかけているんじゃないかと思って、プチ家出を決行したりしているけど、(今は自分の居場所もない感じだしね)以前だったら気持ちの奥に、“私のことを心配して欲しい”みたいな女としてのズルイ気持ちがあったりはしたんだけど、今回はまったくなかった。もちろん、その間の相手からの電話もメールもいっさいなし。
もうおしまい、ってことかなぁ。
 今はただ、周りで私たちのことを応援してくれる人たちに対して申し訳ないという気持ちしかないよ。

 ケンカとかいざこざって、ちょっと離れたところから冷静に見てみると、お互いのパターンが見えてきたり、ストーリーがあったり、そこから自分たちが抜け出せなくなっていることに気づいたりして、ちょっとおもしろいなと思った。(おもしろがってる場合じゃないけどね)
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

まったくもう

 毎日気持ちが冴えなくてつらいので、こうなったらアホにでもなってやる!と、相方に「仲良くしよ~よ!」的に声を掛けたら、かえって機嫌悪くさせちゃったよ、、、。まったくいつまで怒ってるんだろう。いつまで人をバイキン扱いしたら気が済むんだろう。ちょっと前までは、いつか変化していくだろうと、その様子を見守ることに徹した自分だったけど、いい加減疲れてきたぞ。そして、そんな相方の態度に、夕べは思わずちゃぶ台でもひっくり返してやろうかと思った俺。やらなかったけど、、、。
なんだかなぁ。
 そしてこういうメンタルの不安定さが影響してるかどうか分からないけど、ここ最近、カラダのいろんなところに支障が出てきた。今いちばんシンドイのは膝。
もう20年近く立ち仕事に関わっているので、それもひとつの原因だと思うけど。歩くのも辛くなってきた。
そんな中、先週から整骨院に通い始めた。電気やったりマッサージやったり(これはちょっと痛い)矯正してもらったり(これもちょっと痛い)。治療とはいえ、誰かのぬくもりがそこにあるというだけで、泣いちゃいそうになった。こんなおばさんに優しくしてくれるなんて、、って。しかも、けっこうなイケメンボーイなので、神さまありがとー!って感じ。だけどこんなイケメンを前にしても、ときめかない自分は、やっぱりおばさんを自覚しているってことだな、と思ってちょっと落ち込んだけど。
 
 この間の日記にも書いたけど、今いろんな意味で自信喪失気味なので、正直、外に出るのも怖かったり、人も怖かったりで大変な感じなのだけど、ちょっとづつ自分を取り戻していけたらいいと思う。時間はかかるかも知れないけど、前を向いていきたいしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ | 2015年11月 »