« 朝しごと | トップページ | 変化 »

2015年9月13日 (日)

人情に触れるって

 店を再開して、さっそくいつもの常連さんたちがやって来てくれて、いい意味でお説教してくれた。なんて人情の厚い町なんだろう。
普通だったら触れないような部分に、あえて踏み込んで入ってきてくれて本気で心配してくれる感じって、大人になればなるほどなかなか遭遇しない。話聴きながら、何度も泣きそうになっちゃった。しかも、すごーくさりげなく相手の懐に入ってきてくれる感じも、まるで母ちゃんに抱かれているみたいで温かかった。
こういう人間っぽいやりとりに弱い私。心が張り裂けそうだったよ。
頑張らなくちゃと素直に思った。

 今日は朝から相方は出掛けていてひとり生活。仕込みしたり昼寝したり、地味に過ごしている。出掛ける元気はなし。
そんな中、いつもだったら相方がどこに行って何時に帰ってくるか気になってメール入れたりするのだけど、なぜだかまったくそういう気持ちにならない。相方が何をしているかもまったく気にならないのだ。自分でも不思議なくらいに。
相手から冷たくされ続けたからこうなったのか、それともいい加減、精神的な自立をしなきゃいけない時期にきたということなのか、つまりいい意味でチャンネルを切り替える時期にきたということなんだと思う。
いろいろ理由はあると思うけど、今後の自分についてしっかり考えなきゃいけないという時期なんだろうな。
淋しかった時期を、ずっと相方のせいにして泣いてばかりいた時期は正直辛かったけど、いい加減自分の足で立てよ!っていう神さまからのお告げがきたのかも。
とはいえ、生活の中に会話がないのは淋しいな、という女子としての本音もまだあるのはたしか。




 
 

|

« 朝しごと | トップページ | 変化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/61593495

この記事へのトラックバック一覧です: 人情に触れるって:

« 朝しごと | トップページ | 変化 »