« 淋しいのう | トップページ | 笑顔 »

2015年8月10日 (月)

「嫌い」の理由

 最近の悩み、、、「ごはんが作れない」ということ。
仕事ではもちろんやるけど。プライベートのゴハンはちっとも作れない。まず、作りたい!っていう気持ちが湧いてこないというのが問題。
こんな気持ちになったのは初めてかも。お腹はすくのだけど、食べる元気もないし。そのへんにあるものかじっても味のないものを食べてるみたいで。
世の男性陣に言いたい。女は愛情を感じていないとゴハンなんて作れないのだ。掃除だって出来やしない。家事ができるということは、そこに愛があるからなのだというのに、今さらながら気づいちゃったよ。家っていうのは愛のある場所なんだよね。
ここ数週間の会話なし生活において、どれだけ自分が萎縮してしまったか、この「ごはんが作れない」という気持ちで分かってしまったよ。こんな状況を続けるなんて、大事な人生の時間がもったいない!というのがいかにもな気持ちなんだけど、ここですべてを切り替えて新たな人生を!とは簡単にいかないというのも、過去の人生の反省点から思うところでもあるのだよね。
 そもそも誰かを憎み続けるなどというネガティブな感情っていうのは、それを維持していくのにもエネルギーがいると思うのだよね。ならば、維持しなきゃいけない理由がきっと本人の中にあると思うのだ。相手(私)というフィルターを通して相方は自分の中のものと戦っているんじゃないかと。
相手を「嫌い」というのは簡単なこと。でもその「嫌い」には理由があるはず。最初から「嫌い」と分かっていたら、一緒にいるはずがないもの。
 なんだかこれって、自分が「本当は嫌われてなんかいない」という理由を一生懸命に探しているようにも見えるけど、、、。人は一瞬にして簡単に目の前の人を嫌いになれるんだろうか、、、という疑問が私の中にはまだあるので、回りくどいかもしれないけど、そんなふうな考え方もあるんじゃないかと。
まぁ、「新たに女が出来た」っていうのだったら話は別だけど。
 ほんとうに、なんでここまで冷たくされてもまだここにいるのかと、自分でもよく分からないのだけど、ここまで嫌われたら、ある意味どうなってもいい!とかって思っちゃって(ちょっとハイになった)、ゆうべは沈黙を破って言いたい放題言ってみた次第。“これを言ったら俺のプライドに傷がつく”、という領域なんか糞食らえ~で。(そしてまた怒られたけど。っていうかこのループをなんとかしなきゃだよね。)
あーーーすっきりした。怒らせちゃったけど、相方の心を久しぶりに近くで感じた。
やっぱり無視され続けるより、ケンカしながらでもコミュニケーションがとれたほうが100万倍気持ちは楽ですね。(おめでたい人)

|

« 淋しいのう | トップページ | 笑顔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/61110920

この記事へのトラックバック一覧です: 「嫌い」の理由:

« 淋しいのう | トップページ | 笑顔 »