« ゴハン | トップページ | 酔っ払いながらの本音 »

2015年8月31日 (月)

気づいたこと。

 一緒に居ながらも、ずっと嫌われっぱなし、、、というのもなんだかなぁ。最近はまるでバイキン扱いだし。
もはやここまでくると、哀しいとか淋しいを乗り越えて、ただただ腹立たしい!という感情に移行しつつある今日このごろ。どうしてこうなっちゃったのか、、必ずそこには何か原因があるはず!と見切り始めている私。
昔の私だったら、もうここまで来たら、泣いてわめいてさっさとお別れしていたと思う。めんどうなことにいちいち突っ込みたくなるこの癖、心理を勉強していてほんとに良かったと思う。
 昨日の日曜日も、相変わらずな感じで、しゃべりかけると怒られるので黙っておとなしくしていたのだけど、あまりにも相方の空気が怖かったし、このままじゃいけないような気がして自分から話を切り出したのだけど、やっぱりケンカになっちゃった。でも、その会話の中で、ひとつ気づいたことがあったのだ。
それは、相方がいつも言う「お前が俺のプライドに傷をつけた」という、そのプライドという鎧の内側に隠されているものが、その会話の中でなんとなく見えた瞬間があった。そしてケンカになりながらも、その塊の正体と(あくまでも私の予測したものですが)しっかり向き合うことをすすめてみたのだけど(やっぱり私お節介)怖くて見られないとのことだった。
そこで、ある程度確信した。そこがすべての原因のような気がして。たぶん、きっと・・・。
おそらく、相方一人の力ではどうすることもできないように思ったので、(相手を信頼していないわけではなく、共に人生を歩んでいくものとして力になりたいと思った)一緒にその部分と向き合っていこう、って言ってみた。でも、そういうふうに上から言われるの、相方は好きじゃないから、どう思ったのかは分からないけど。もうここまで嫌われちゃってるから、怖いものなしだもんね。
 そんなこんなでここのところ、ずっとこんな感じだから、お客さんには「いつ別れるんだ?」って聞かれたり(たぶん私たちのことを気にかけてくれているんですね)、「仲良くなってね」って優しい言葉をもらったりして、その度にありがとうと思うのだけど、正直心がついていっていないのだよね。少し前までだったらまたすぐに昔のように戻れると思っていたし信じていたんだけど、ここまで荒んじゃうと不安のほうが大きいかな。
 昨日はタクミが遊びに来て、奴の前ではいつもの元気な母ちゃんで頑張った。
だって、母ちゃんは、中途半端な気持ちで今の人生を選択したのではないから。息子たちのためにも、母ちゃんは元気でニコニコな人生を生きなきゃいけないんだもの。泣いてなんかいられない、って強く思った。
 

|

« ゴハン | トップページ | 酔っ払いながらの本音 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/61404278

この記事へのトラックバック一覧です: 気づいたこと。:

« ゴハン | トップページ | 酔っ払いながらの本音 »