« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

お勉強

 とあるイベントにてニコ弁の注文をいただいたので、早起きしてはりきる。この日記にも何度も書いたことがあるけど、お弁当って、食べてくれる人の顔が見えないぶん、いつもの料理の何倍も気をつかう。実際にお顔が見えないぶん、勝手に笑顔を想像しながら作るのだけど。しかもこの妄想(?!)が実はいちばん大事で、ハートにつながるものだと思うのだよね。
子供の頃、料理の苦手な母ちゃんが作る弁当は、見た目はすごくいまいちだったけど、やっぱりそこには母ちゃんの温度があった。だから恋しく感じたんだと思う。今、一番食べたいものは?と聞かれたら、迷わず“母ちゃんの作る茶色いおかずばかりのお弁当”、って答えると思うな。
あの小さな箱の中には、愛情とか想いとか、そういう温かいものがぎゅっと詰まっているんだな。そう思うと、自分も、お母ちゃんの気持ちで作っていこう。
そんなこんなで、今日のニコ弁も、なんとか無事にお届けすることができて、ほっ。
 帰りに仕入れして、戻ってきて仕込み。早起きしたから一日がすごく長く感じる。
夜まで体力が持つか不安だったけど、なんとか乗り切った。
 ここのところすっかりご無沙汰だった口悪おじさまが久々に来店してくださって、嫌味を言われながらもたくさんおしゃべりできたのもよかった。しかも、私が作る料理は絶対に口にしないその方が、めずらしくメニューをリクエストしてきて(しかもわざわざメニューにないものを。)材料があったので作って差し上げたら、な、なんと褒めてくださった。天にも昇る想い!
本当にグルメな方だし、繊細な舌を持ってらっしゃるし、そのあたりに関しては尊敬申し上げている方なので、その人から褒めてもらえるなんて、ちょっと嬉しい。
やっぱり人は基本、けなされるより、褒めてもらうほうが気持ちがいいよね。とくにこの方からは、ずっと厳しいお言葉ばかりいただいてたから、こんなに優しくされちゃったら、なんか拍子抜けしちゃった。良くも悪くも正直でありのままの人なんだなと思った。
憎たらし~!って思った時期もあったけど、なんか人間っぽくていいなと思った。しかも、今の時代なかなかこういうタイプっていないし。
いろんな方たちとの出会いがあるのも、この仕事のいいところ。日々勉強だなぁ。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月29日 (水)

日常

 「美容院に連れてって」っていう理由で、わざわざやって来るタクミ。かわいいのう。
始まったばかりの高校生活に、まだ慣れないこともたくさんあると思うけれど、ただただエールを送り続けたいと思う。母ちゃんのできること、それしかない。
念願のレスリング部にも入ったとのこと。足とか腰とかに、シップが貼ってあったのを見ると、頑張ってる様子が目に浮かぶのだけど、男の子はいちいちそんなこと報告しないから、母ちゃんも黙ってたけどね。でもやっぱり心配だったよ。
きっとそうやって、親も子も成長していくんだろうな。
会うたびに大きくなっていって、小さい頃の面影から遠くなっちゃう感じが母ちゃんとしてはちょっぴり淋しいところだけど、これからもずっと見守っていくからね。
 みんなでハンバーグを食べてニコニコになって、そのあとタクミを駅まで送っていって、あっという間にいつもの日常が戻ってきて、そこに心がなかなかついていかなくて大変。
駅前のハナミズキとか、緑が風でそよぐ感じとか、学校帰りの小学生たちの声とか、なんてことない日常のかけらがいちいち切なくて、心が痛い。
 気持ちを取り直して、店の仕込みをする。いつものお客さんがいつもの感じで来てくれて、なんか救われた気分。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月28日 (火)

ありがたみの大切さ

 ご招待で、栄の某ホテルで豪華中華ランチコース。ご招待と聞くと響きはいいけど、実はそんなかっこいいものではなくて、たまたま、、、という流れでいただいた機会。たまたまでもやっぱりありがたい。高級バックとか宝石だったらお流れになってたかも知れないけど、「食」とくれば、この私が逃すわけないものね。ありがたく堪能してまいりました。
とはいえ、ここ最近、これもたまたまなんだけど、豪華な食事が続いてる我ら。正直なところ、だんだんありがたみが薄れてきてるように思う。繊細な味を見極める舌は鍛えられたかも知れないけど、高価な食材があたりまえみたいになってきてるこの感覚、いけないなぁと思ってしまう。贅沢は大事だけど、贅沢に慣れちゃう自分の舌がちょっとこわい、、というか。
こういうのはたまにだからありがたいのだ。このありがたいって気持ちを大事にしたい。
だから結局オイラって、貧乏人でいなきゃいけないんだろうけど、、、。
大事なのは両方の感覚。だけど基本は粗食でよいです。
 夜はダブルゆみちゃんコンビが来てくれて、みんなで和んだのがよかった。たまたまのご縁で出会った私たちなんだけど、共有している何かがある、って感覚。不思議でたまらない。
世の中は不思議なことだらけなんだけど、たぶんそれって不思議でもなんでもなくて、神様が(魂が)すべてシナリオを立ててくださっていることなのだと思う。
などと、ちょっとメルヘンチックなことを書いてみたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月27日 (月)

楽しいな

 週の始まり。
週末をずるずると引きずりつつ、エンジンかけなきゃって気持ちもあって、なんとも踏ん切り悪い月曜の朝。今週はニコ弁の予約もあるので、お店の仕事とうまくスケジュールを組みながら、いいテンションをキープしていきたいものだな。がんばるべ。
料理って自分がそのまま出る。そのときの自分を発揮できるようにお膳立てするのも自分の仕事。だから結局、自分をどれだけ理解して自分自身と向き合っているかってことに繋がるので、つくづく孤独な作業だと思う。
 夜は北名古屋のときからのお客さんたちが来てくれて、お客さんどおしで再会の喜びを味わっていて、こういうのいいなぁと思った。うちのお店で初めて出会って仲良くなって、特に連絡先の交換をしたわけでもなく、次の約束をしたわけでもないんだけど、お互いに「またここで会いましょう」って曖昧な約束だけなのに、ちゃぁんと再会できちゃうところ、すごいなぁと思う。うちの店がそういう架け橋になったのかと思うとちょっと嬉しいな。これからも繋いでいきたい。
そしてそのあと、お酒好き女子コンビが登場して(初めてのお客さん)、いつの間にかカウンター全員が意気投合していたのがおもしろかった。しかも全員女子でお酒好き。これ以上最強なものはない、って感じになっていて、王子もたじたじで、借りてきた猫みたいになってすみっこのほうでちょこんとなっていたのもかわいかった。
こういうのを見ていると、この仕事ってやっぱりお客さんひとりひとりが主役なんだなと思う。
縁の下の力持ちではないけれど(ほんとに力はない)、裏方が私の役目なので、ここに徹したいと思う。しかもこの分野、すごーく得意なので、やっぱりこの仕事、やめられないんだと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月26日 (日)

豪華でした。

 中小田井に越してきて右も左も分からない我らの面倒を、良くも悪くも(?!)いろいろと面倒を見てくださっているお客さんがいるのだけど、今日はその方にご紹介いただいたリストランテで、初ディナーという運びになった。実は私が初めて名古屋に来たときから気になっていたお店で、14年ぶりに念願叶ったり、って感じ。
こういうのに全然慣れていない王子は最初から最後まで緊張しまくっていたのがカワイかった。もちろんこの類いのお店に王子と来たのは初めてだし、久しぶりの黒服さんのサービスに感激しまくりの私であった。
特に、いつもは逆の立場にある自分なので、その感動もひとしお。姫になった気分でした。
たまにはこういう経験しなきゃあきまへんね。リッチな気分になります。
ひとつひとつが芸術作品みたいなお料理、そしてそれぞれのお皿に合わせたワインも堪能し、最後のお皿まで3時間近くかかったんだけど、それをあっという間に感じさせるくらいの演出のすばらしさよ。あっぱれという感じ。
とてもとても真似なんかできないけど、間とか空気とか、そういう目に見えない部分のいろんな刺激をいただいて帰ってきました。そういうものも一流であるからこそ、料理が生きてくるのだと思った。大事な要素だな。
 そしてお腹も心も満足したにも関わらず、そのあと「なんか食べたいねー」とラーメン屋に寄っちゃうんだから、ほんと田舎もんってイヤよね、、、。(笑)
さらに、こういう豪華さを味わうと、「また明日から頑張らねば!」と素直に気合いが入るところは、田舎もんでよかったと思うな。
そしてこんな我らに、そういう経験を味わわせてくださったおじさまに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月25日 (土)

こういうのいいな

 今夜は入れ替わり立ち代りにいろんなお客さんが来てくださったのが嬉しかった。それぞれの滞在時間は短かいのだけど、ほんとうにいろんな方面のお客さんがチラチラと来てくれて。
この仕事は波があるし、その波も読めないし、そこが魅力でもあるのだけど、どちらかというと耐えることのほうが多い。落ち込むこともあるし、「もうダメかも」となるときだってあるけど、最終的に行き着くのは、自分の信念だけだ。ここが揺らがないかぎりは張るしかないもんね。なので、今日みたいな日があると、「あー、続けててよかった」って、心が原点に返る。同時に来てくれたお客さんに「ありがとう」って気持ちでいっぱいになる。
もうかれこれこの業界20年近くになるんだけど、この気持ちに慣れることはないのよね。毎日が新鮮だし毎日が初心者マークだ。このまま、どこまで行けるか、自分との勝負だな。
 近所のヒロちゃんもふらりと寄ってくれて、久しぶりの再開。成長した子供たちにも会えてみんなで和んだのもよかった。ふと気づいたらお客さん全員が家族みたいになってて、「なんかこういうのいいな~」って思って、心があったかくなった。
こういう瞬間を紡いでいきたいんだよね。自分の本当にしたいこと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月24日 (金)

晴天なり~

 夏みたいな日。朝からはりきって洗濯機を4回もまわす。毛布とかコタツ布団とかの大物を片っ端から洗って、小さなベランダの手すりにぎゅうぎゅうに干す。気持ちい~。
いよいよ温かくなって、体が動きやすくなったのが嬉しい。思い切ってコタツもしまったぞ。これで我らのグウタラ癖もちょっとは改善されるであろう。
仕込みの合い間の散歩も気持ちいい。今まさに見ごろのハナミズキ。いつも思うんだけど、あの可憐な花びら、まるで蝶が舞ってるみたいだよね。大好きな花。
もくれん、桜、ハナミズキ、、、。中小田井の春を、彼女たちが順に彩ってくれてる。こちらに引っ越してきて初めて迎えた春だ。
 今夜は王子の勉強会の日。なのでお店は休み。
ゆっくり仕込みしたり、来週のニコ弁のメニュー考えたりいろいろしていたら、あっという間に王子の帰ってくる時間になってた。撮りためておいたビデオ、観るひまなかった。
そして晩ごはんは、今日はちゃんと作った。自分たちのゴハンともなると、ここ最近はかなり適当な感じになっていた。私が作れない訳を王子も分かっているので何も言わないけど、やっぱり申し訳なくてね、、、。
白いゴハンは鍋で炊いて、味噌汁のだしも昆布とカツオでしっかりとった。そしてキノコたっぷりの煮込みハンバーグも作って。
そんな晩ごはんを、帰ってきた王子と深夜近くに食べた、、、。体にいいんだか悪いんだかびみょうなところだけど、心にはきっといいはずだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月23日 (木)

新緑の季節

 フラメンコへ。
くやしいくらい、師匠に自分の弱い部分を見抜かれちゃってるこの感じ、、。もう隠しようがない、、、。(隠すつもりもないけど)
しかもそういうのって、自分で全部分かっちゃってるからつらいのだ。分かってるんだけど出来ない、、、みたいな。まぁ結局は自分との戦いやね。
そしていつも感じる、今は自分の師匠なんだけど、昔昔その昔、彼女とどこかで会ってるような気がしてならないのよね。前世とか、、そういう時代に。
舞踊家のような芸術家の人たちっていうのは、人間の本能みたいなものがむき出しになってるから、自分みたいな敏感なのはそういうのいちいち感じちゃうんだよね。(あくまでも個人的感想ですが)
そもそも“何か感じる”って思うことは、たぶん本当なんだよね。人生って不思議~。
 駅からの帰り道にあるスーパーで仕入れ。今日は王子がいないので全部歩き。健康的でいいな、空気も気持ちいいし、半そででもいいくらい。この間まで桃色だった近所の公園も、すっかり新緑へ衣替え。これはこれでいいな。
 そして今夜のお店は静かだった。ここのところ暇なので、王子が「暇だー」みたいな内容のフェイスブックをさかんにアップしてるみたいだけど、これはこれで恥ずかしいことだと思うんですけど、、、。(いちいちアップしないでよ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月22日 (水)

すがすがしい

 朝、近所に住んでるサチコちゃんから、一緒にウォーキングでも♪のお誘いをもらうも、夕べのお酒残りまくりでグデグデなのでパスする。外は初夏の陽気。空気も風も青空も、コンディションバッチリだっちゅうのに、そこに順応できない俺、、、。すっかり夜型の生活になってしまった。
でもそのあと、彼女から空とか雲とかお花の写真とかを送ってもらって、ちょっとだけ自分もお外の気分を味わえた。サチコちゃんありがとう。元気が出たよ。
今は仕方ないけど(今は割り切ってやってる)、やっぱり人間っぽい生活を送らなきゃあかんな、って思った。
 昼間仕込みをしてたら、外でなにやらノコギリとかトンカチの音が響くのでのぞいてみたら、王子がでっかい棚を作ってた。普段はいろんな仕事を抱えている王子なので、なかなか家のことはできないのだけど、きゅうにエンジンがかかったみたいにものすご~い集中力を発揮してたのでびっくり。
実は引っ越してきた当初からこの棚のことはお願いしていたのだ。私としては「やっと・・・」って感じなんだけど、何事も彼のペースがあるから、それを尊重したほうがいい、ってことだろうね。と言いつつも、途中でしつこくない程度に、ちょこちょこと小出しに棚がないことの不便さを主張していた私。小出し効果あり。
しかも、工事を終えた王子が、ものすご~くすがすがしい顔をしていたので、お互いに良かったということだろう。“やる””やらない”を自分の中でムズムズ考えてる時間が実はいちばん気持ちが悪いんだよね。パっと動いてしまえばなんてことないのに。、、、みたいなことを、王子の前では絶対に話しませんよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月21日 (火)

たまにはいいね

 ここ数日のいざこざの前に実は、王子の誕生日祝いにと、ランチのお店を予約していた私。なんとかいざこざは収まったので、めでたしめでたしでお店に行けたのがよかった。
こういう仕事していると、普段のメシはかなり適当な感じになるし、外食ともなるとラーメンとかうどんとかばかりなので、ひさしぶりにゆっくりすわって食事した、という感じ。なんと、前菜から最後のデザートまで2時間半もかけて堪能。適当な会話もできたし、時間を気にしないで使うという普段なら絶対できない贅沢を味わえたのがなによりだった。たまにこういうのはいいね。
とはいえ、男の人って(特に王子は)こういうのあんまり好きじゃないみたいで、居心地悪そうだったけど、そんなのどうでもいいもんね、私が楽しめたから。(王子の誕生祝いだけど)
食事の最後に、デザートワインと一緒にチーズを盛り付けたお皿の上にBuonCompleanno!〇〇(←王子の本名)って書いてあったのを見て、(前もってお店の人にお願いしておいた)めちゃくちゃ恥ずかしそうにしていたので「やったね」と思った。ひひひ。
そしてそのあと、チョコで書いてあったその文字をあわててフォークで消していた王子。いつもの王子と違うのでおもしろかった。
 帰りに仕入れして、戻ってきたらもう夕方。自分はそのままキッチンへ。
いつものパターンなら、この流れだと慌しくなりがちなんだけど、気持ちが満たされているせいか、ちっとも焦らない自分がいてびっくり。
心の栄養、ときどき補充しなきゃな、って思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月20日 (月)

なんだかんだ

 昨日からの空気を引きずったまま、苦い朝を迎える。憂鬱だなぁと思いながらも、無理な元気は装えないので、そのまんまの自分でいた。王子はボソっと「行ってきます」だけを残して仕事へと出かけて行った。
 夕方帰ってきた王子と、またしても無言のまま仕入れに行き、自分はそのまま仕込みをし、夜の営業に傾れこむ。
だけどだんだん、お互い隣にいながらも無言であることが不自然に思えてきて、思い切って自分から話しかけてみた。「昨日からずっと気分が悪いんだ」と。すると、「なんで順が機嫌が悪いのか分からない」との返事。バ~ロ~!とは言わなかったけど、男ってそんなもんなのかな、とも思った。
そもそも事の発端というのはちょっとしたやりとりの中での、ちょっとした言葉の受け取り方のズレだったと思うんだけど。考えればものすごーくどうでもいいことだ。だけどそこが言葉の怖さ。言葉によって傷つくこともあれば、人を傷つけてしまうこともあって。自分もカウンセリングの中でいくつか経験したことなんだけど、本当に慎重にならなければならない部分だと思うのよね。
とはいえ、夫婦みたいな関係においては、いちいちそんなこと気にしてなんかいられない、っていうのが本当のところだと思うし、そういう次元を乗り越えているからこそ夫婦なのだと思うし。
ただ自分みたいな変に敏感な人間って、結構そのへん厄介にできていて、いちいち腹を立てたり落ち込んでみたり、、、。付き合ってくれる人はそれはそれは大変だと思う。
 そんなこんなで、仕事中は無理にでも仲良しを装わなくちゃいけなくて(やはりここは仕事なので)、はじめはぎこちなかったけれど、そのうちにだんだんいつもの空気が戻ってきて、気づけばいつもの自分たちになってた。
ってことはつまり、今までのことはどうでもよいことだった、という結論なのかもしれなくて。なんだかんだいっても、深~いところではちゃんと信頼関係ができているということかも。そうじゃなかったら、こんな簡単に元に戻れないと思うんだよね。
案外我らは単純にできてるということ。自分に素直になっちゃうのが一番かもと、くだらな~いケンカのあとに思った感想。でも反省はしないぞ。
 ちなみに今日は王子の誕生日。憎たらしい~と思いながらも、短い手紙を綴って、(メモのはし切れに書いたぞ)王子の机の目立たないところにはさんでおいたけど、どうか気づかれませんよーに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月19日 (日)

むずかしいのう

 お互い疲れているせいか、ケンカばかりの日。相手のちょっとした一言に反応して、腹を立ててみたり。いろんなことが空回りしてるぞ。
そんな中、星が丘のほうへドライブに行くも、車内はやはり気まず~い空気になって、すごく居心地悪かった。
最近心理の勉強を始めた王子は、とりあえず私の愚痴を黙って聴いてくれるんだけど(以前だったら逆ギレしてきた)、それが“いかにも”って感じだから逆にムカついてきて。この関係でカウンセラーにならないでよ、的な。
いろいろむずかしいんだけど、こういうことは最終的には自分の中で解決しなきゃいけない問題。女ってのは、とりあえず感情を出したいのよ、ぶつけたいのよ、答えなんか求めてないの、ただそれだけなの。
やけに冷静になっている王子を見ていたら、こんな自分がバカみたいに思えてきて、途中で気持ち出すのをやめたんだけど、なんだか不完全燃焼、、、。
静か~なドライブで、軽く買い物して、美味しいパンを買って帰ってきた。
 晩ごはんは、水炊きを作り、野菜不足の我らの食生活を改善すべく、ニラとかキノコとか山のように入れてむしゃむしゃ食べた。ほとんど一言もしゃべらずの食事だったから、私的には味のないごはんを噛んでるみたいだった。
ものすごいケンカをしたわけではないのだけど、お互いの気持ちがかみ合わないというか、お互いが歩み寄ろうという気がないというか。そういう時期なのかな。
とりあえず、王子も私もひとりになりたいということなんだと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月18日 (土)

夜の酒場

 王子のパパが来てくれたり、ご新規のお客さんもちらほら来てくださって嬉しい土曜の夜。
実はパパたちが帰ったあと、一気に暇になったので「今宵はこれでおしまいかな~」と思いつつも、王子が例のウサギになって客席にのんびり座っていたら、前を通りかかった人たちがそれを見て入ってきてくださったのだ。ウサギ効果あり。
そしてそのあと、いつもの地元の常連さんたちがいつもの感じで入ってきて、初めてのお客さんたちに、ものすごく絶妙なタイミングで声を掛けてらっしゃって、いつの間にかみなさん仲良くなっていたのを見て、「こういうのいいな~」って思った。
なんていうか、、、仲良しになるタイミングというのがものすごく自然。せっかく同じカウンター囲んでいるんだからこれも何かのご縁、仲良くしましょう~、、、みたいな流れがお客さんどうしの中で自然にできている感じ。夜の酒場はこれだね、って思う。
こんなふうに初めて会った人たちが同じように笑って和んでいるのを見るのって、なんて幸せなことなんだろう。この仕事してて良かったって思う瞬間。
中小田井、なかなかいいところかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月17日 (金)

未解決な想いと

 忘れようとしていたわけでもなく、見てみぬ振りしてたわけでもなかったけど、ある出来事をきっかけに、過去をふと思い出して苦しくなった。突然、体じゅうが震えだしたときは怖かった。まだ確実に自分の中にある未解決の想いたち。
当時、その苦しさから逃れることはできないと思ったから、とりあえず前を向くことだけに集中したんだけど、それはそれでよかったんじゃないかな、と今思う。苦しみに向き合うことも必要かもしれないけど、それらが生きるためのエネルギーになったりもするので、自分が生きてくためには必要な要素なのかも知れない。
 今日は朝からまた、王子のパパのところに行って、一緒にタケノコ掘りしたり、帰りにコストコに寄ったり、帰ってきて近所の居酒屋さんにタケノコのおすそ分けに回ったり、なんだかいろいろ動いた。
ただ夜は、店を休みにしたので(王子が心理の勉強会でいないので)のんびりできてよかった。最近は週休2日みたいになっているうちの店。はじめはサボリすぎなんじゃないかと思っていたけど、これでなんとか休養とれて自分調整できてる感じなので、ありがたくこの日を過ごそうと思ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月16日 (木)

いけないなぁ

 フラメンコへ。
フラメンコの大事な要素である、体の軸を感じることとか、コアを鍛えることとかって、なんかヨガみたい、って思った。すべては繋がっているんだなぁ。
あらゆる意味でユルユルふにゃふにゃな自分なので、まずはここから鍛えなきゃ、、、って、いったい何年フラメンコやってるんだ?って話なんだけど、そういうことに気づき始めたということは、それなりに成長はしているのかも知れない。なんとなーくカタチだけ真似っこしていた時代はもう終わった。これからは、中身で勝負だ。(?!)
そして今日も腹が筋肉痛になるくらい頑張った。これ、毎日やったら絶対に腹へっこむ!って思った。現に、どんなにかっぷくのいいダンサーでも、腹の出てる人って見たことないもんね。腹とか背中とか太ももとか、とにかくみんな筋肉のかたまりって感じ。私も筋肉目指して頑張ろっ。(?!)
 帰りに王子に駅まで迎えにきてもらって、美味しいと評判のラーメン屋さんに行ったら、化学調味料がハンパなく入っていてびっくり。スープは飲めなかった。
さらに、夜、店を閉めたあと、またしても別のラーメン屋(王子のらーめん好き、どんだけ)に行ったら今度は塩分攻撃にやられてしまった。遅い時間帯だったから大将も疲れてるのね、と思うのだけど、なんとなーく気持ちが晴れないので、そのあとコンビニでそうめんとゆで卵(なぜか)を買って帰ってきた、、、
っていう、我らの今日一日の食事、最悪。完全に野菜不足&炭水化物祭り。いけないなぁと反省する。
なんとかしなきゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月15日 (水)

日々のこと

 仕事ではバリバリ料理してる自分だが、プライベートのゴハンがなかなか作れない今日このごろ。切り替えがうまくできないからなのか、、、ただたんに怠けているからなのか、、、。
そんなとき、王子に「お腹すいた」とか、「晩ごはんなぁに?」とか聞かれると、ついムっとなってしまう俺、、、。疲れてんのかな。
そして泣く泣く作るんだけど、ちっとも美味しくできない、、。
料理って、心が元気じゃないとできないものだ。
なので日々、自分癒しの方法を考えたりするんだけど、なかなか今は思い浮かばない。お客さんに「美味しい」とか言ってもらってる瞬間が、今はいちばん幸せかも。せいぜい王子に嫌われないようにバランスとっていかなきゃな。
 夕方、お世話になっているスナックのママが出勤前に寄ってくれて、ママが本当は水商売が嫌いなこととか、離婚して子供さんたちを育てていくためにこの道を選んだこととか、そういう彼女の人間っぽい部分をさらっとかっこよくさらけ出してくれたのを見たら思わずファンになっちゃった。
人生いろいろ。その人が懸命に生きた道を思うと、それだけでなんだか泣けてくる。母ちゃん強しだ。
さらに。自分よりも3つ上の彼女がバリバリにかっこよくミニスカートを履きこなしているのを見たら、俺も頑張んなきゃ(何を?)と、いろんな意味で思ったことだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月14日 (火)

この感じ、いいなぁ

 雨の日はセンチになりやすくて、気持ちも下を向きがち。こういうときは無理して上を向くより、ずっぽりとおセンチな世界に浸ってたほうがいい。誰も邪魔しないし、ある自由な場所だ。
それにしても早くおてんとう様出てこないかなー。
 夕方、サチコちゃんが寄ってくれて、風邪気味だという彼女のリクエストで雑炊を作った。そんな体調のときにわざわざ来てくれるなんて嬉しいじゃないの~。母ちゃんになったつもりで作ったよ。
そのあと、中小田井の常連さんが来てくれて、みんなで昭和ソングを熱唱したりして楽しかった。最近22時過ぎるとスナックメロディみたいになっていて、これはこれでなかなかよいと思う。カラオケはないけど、みんなアカペラで歌ってるし、「懐かしいね~」なんて言いながら、それぞれが若き頃にタイムスリップする感じもすごくいいと思う。
そしてやっぱり、この人たちを見て思うことは、みなさん地元を愛しているということ。土地を愛し、人を愛しているこの感じは、自分の今までの人生では味わったことのない感覚なので、なんだかとても新鮮。
大きな大きな中小田井という母に抱かれているような、そんな感覚かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月13日 (月)

食材くん

 雨の月曜日。夕べはしっかり寝たので、健康的な時間に起きて朝ごはん食べて仕入れに行って戻ってきても、まだ昼前という時間のありがたさよ。毎日こんなふうに生活できたらいいのだけど、なかなかむずかしいんだよな。
お昼にパスタを作ったり、そのあとゆっくり仕込みができたのもよかった。土曜日に掘ったタケノコのアクもちょうど抜けた頃なのでようやく料理できる。北海道の美味しいジャガイモをいただいたのでコロッケ作ったり。料理って、それぞれの食材くんのご機嫌うかがいながら、めんどうを見てあげること、って感じがする。それが我ら人間の責任みたいな。
なるべく無駄を出さないこととか、丁寧に調理してあげることとかって、やっぱり基本だと思う。だから、なんでもてんこ盛りのお店とか食べ放題のお店とかって好きじゃなくて。食べものに対してすごく失礼なことのように思うのよね。
まぁ、人それぞれに考え方はあるけど、自分はそう思うな。
 そして気づけば開店時間。
いつも開店灯をつけるときに、王子が「今日は誰が来るかな~」って言う感じ、だんだんこの仕事にも慣れてきたんだなぁと思って、ちょっと嬉しい。(上から目線で失礼)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月12日 (日)

バーベキュー

 夕べ遅くにタクミがやってきて、3人で朝寝坊する日曜日。タクミが高校生になって1週間。学校のこととか友達のこととか、いろいろ気になってた母ちゃんは質問ぜめ。ちゃんと答えてくれる奴はえらいなぁ。
母ちゃんが高校生の頃は、慣れない環境に気持ちがついていかなくて病気になっちゃったりして苦い思い出がいっぱいだったけど、それなりに楽しんでいるタクミを見たら、さすが男の子だと思ってちょっとほっとした。まぁ、母ちゃんがこんなんだから、そりゃぁ強くならざるを得ないよね、、、。
 夕方、久々に3人でバーベキューして、みんなで火を囲んで和んだのがよかった。炭を炊いて炎が上がっていくと、王子がどんどんパワーアップしていくがおもしろかった。火は男のロマンだそうだ。そういう王子をタクミはいつも冷静に見ていて、どっちが大人だかわかんない、、という感じ。まぁ、こういう大人もいるんだよ、というひとつの例として見せておこう。
日曜日くらいは料理したくないし、皿も洗いたくない、とか思っていた私は、はじめはふてくされていたんだけど、やっているうちにだんだん楽しくなっていって、なによりタクミがモリモリ食べる姿を見れたし、みんなでおしゃべりできたし、やってよかったって思った。
 そしてタクミが帰っちゃうと、とたんに風船がしぼんだみたいにしゅんとなる自分だけど、奴が新たな環境で頑張っていると思うと、母ちゃんも前を向こうって、素直に思えるよ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月11日 (土)

タケノコ掘り~

 王子のパパとタケノコ掘り。早起きして半田に向かう。
半田からパパの車に乗り込み近くの竹林へ。途中、車がぬかるみにはまって前にすすまなくなったりしながらも、パパの男前な運転でなんとかサバイバルをくぐり抜ける。
タケノコ掘り初心者の王子は、スコップを握ると人が変わったみたいに夢中になっていたのがおかしかった。こういうのってやっぱり男の魂なんだろうな~、、などと思っていたら、パパはずんずん山の奥のほうに歩いていって、ひとりで山盛りのタケノコを収穫していた。こういうところ親子そっくり。
1時間ほどで抱えきれないくらいたくさん収穫。私はただ横で王子の応援をしていただけだけど、王子の夢中っぷりを見ていたらなんかハマリそうだ、タケノコ掘り。
パパの家に戻ってきて、泥だらけになった長靴とかスコップとかを洗ってもらって、その間に私たちはのんきにコーヒーなんか飲んじゃって、パパをすっかり働かせてしまう。
ちょうど町のお祭りの日で、遠くのほうから祭囃子が聴こえてきたり山車を引く大勢の法被姿の人たちを見たり、なんだか田舎に帰ってきたみたいなのどかな気持ちになった。お庭に桜の花びらがはらはらと舞っていていたのも印象的。
お昼にみんなでお好み焼きを食べに行って、そのあとそれぞれに解散。つかの間だったけど、なんだかいい時間だった。
 帰りに仕入れをして、急いで仕込み。タケノコの下処理大変~と、途中でくじけそうになりながら、最終的に手に負えなくなって、近所のお世話になっている居酒屋さんにおすそ分けしに行った。
 今夜は土曜日だけど店はさほど忙しくなくて、「こういう日もあるよな」とか思っていたら、「先週もその前も寄ったけど、満席で入れなかった。だけど今日は座れてよかった」と、お話好きなおじさまが寄ってくださったので、こういう日も大事だなと思った。
ゆかちゃんがお友達を連れてきてくれたり、王子は楽しくなって今日もウサギになっていたり、なんだか楽しい夜だった。ゆったりと時間の流れを感じられる土曜日、久しぶり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

きらきら

 王子が心理学の勉強会でいないので、今日はお店休み。気持ちにゆとりがあるときしかできない仕込みをしたり、自宅部屋の掃除をしたり、いろいろしていたら、あっというまに22時過ぎ。もう王子が帰ってくる。
日常に追われていると、見過ごしていたり、あえて見ないようにしていることって意外に多いなぁってことに気づく。足元をきちんと整えてあげることって大事だな。
毎日、ほぼ24時間お店のこと考えているから、ときどきこうしてサボって逃避しちゃうのっていいなって思う。サボリはちょっとしたリフレッシュだ。
とはいえ、サボることに責任を持つというのも自営業の性。うまくバランスとっていかなきゃ。
 そして今夜は久々の手料理ごはん。王子ニコニコ。ハンバーグとか肉ジャガとかサラダとか、どおってことないものばかりなんだけど、頭が仕事モードになっていないときのゴハンなので作るほうも食べるほうも気持ちがほっとする。大事、大事。
そして今日も勉強会の報告を王子自らしゃべり始めたので、もう感動でいっぱいで心がパンパンになっている、ということなんだな。目をキラキラさせて帰ってくる王子、ちょっとうらやましいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 9日 (木)

なかなか学習できない

 フラメンコへ。最近、ひとりで踊る訓練みたいなことをやっていて、それはつまり、自分のダメダメさ加減をありのままに知るということなので、ちょっとツライ。仲間と踊っているときには、なんとなく流されていた自分の欠点を、目の前に突きつけられるわけだから。正直落ち込んじゃったりもする。
のびのび踊っているつもりだったけど、全体的に小さくまとまっている私。体が薄っぺらなぶん貫禄負けしちゃうんだよな。フラメンコって堂々とした雰囲気をかもし出さなきゃならないのに、なんだかショボイぞ、、、俺。体の使い方をもっと工夫しなきゃいけないし、そういう雰囲気って内面から来るものでもあるので、もっとコアを鍛えなきゃって思った。そして、曲の前半は意識しながら踊っているのでそれなりの形にはなっているんだけど、後半はもう感情の赴くまま好き勝手にダ~って踊っちゃってる感じ。完全に自由な私になっちゃってる、、、。師匠がいつも言う「感情は大事だけど、必ず冷静さを忘れちゃダメよ」って言葉、いつになっても学習できない私。。。これはフラメンコにかぎらずのことなので、師匠には私の性格全部見透かされてる、ってことだと思う。ちょっと恥ずかしいな。
それにしても冷静さかぁ、、私の体のどころ切り取っても、そんな言葉出てこないと思うが、意識してみようと思う。ひょっとしたら新しい私に変身できるかも。
 今夜は週中の木曜日だったけど、なんだか忙しかった。こういう日は料理がなかなか出なかったり、お客さんのお相手できなかったり、反省点が山盛りなんだけど、なんとかこの気持ちを次に生かしていきたいと思う。時間は戻せないので、今日を明日に繋げていくしかないもんね。ご迷惑おかけしてしまったお客さん、ごめんなさい。頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 8日 (水)

ココロ。

 毎日決まったメニューを安定した味で提供する、、というお店ももちろんあるけれど、なんだかそれだとつまらなくて、その日の気分でいろいろ変えるのが好き。ただ、これはこれで大変なこともあるのだ。作る自分のテンションがものすご~く大事になってくるので、料理をする以前にまず自分を整えなきゃ、って感じ。
ここのところ、いろいろ揺れてる自分なので、この作業が大変だったりする。だけどそんな甘ったれたことばかり言ってられないよね、現実は。がんばるべ。(と自分励ます)
 今日も町で、新しい制服に身を包んだ子供さんと親御さんのペアを何組も見た。いいなぁと、羨ましいという気持ちではなくて、親子の絆というか愛情というか、そういう空気に胸がきゅんとなるのだ。この瞬間はもう二度とないと思うと、すべてが愛おしくて、、。
 春はいろいろ新しいことが始まったり、環境が変わったりで、気持ちがついていくのが大変な時期だけど、なんとか乗り越えてたいものだな。
子供の頃からこの時期が本当に苦手だった私。桜の時期になるとふと思い出して、あの感覚がまだしっかり自分の中にあることを確認するのだ。今は大人なので、さすがにおいおい泣いたりはしないけど、心がちゃんと反応しているのは分かる。
 あの頃、ずぅっと「早くおとなになりたいなー」と思ってたけど、あの頃の感覚とちっとも変わっていない今の自分がいて、ちょっと笑える。すっかりおばさんだけど、心のある部分はちっとも成長していないというか、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 7日 (火)

いろいろ想い

 人の出会いに偶然はなく、すべては必然のものとにあるんだなぁ、、、を感じる今日だった。
出会うべくして出会っているので、そこには必ず意味があることとか、私の大好きな過去生とか前世とか、そういうマニアックな話を、お客さんとおしゃべりできたのもよかった。
そう思うと、人生に無駄なことなんてひとつもないってところに必ず行きついて、少しだけ今が楽になる。しんどかったり苦しかったりする思いにも、必ず意味があるのだから、無理にそこから逃げる必要はなくて、そこにずっぽり浸っていればいい、ってことかも。いつかどうにかなる、っていうのは決まってるんだから。
などと、常日頃、自分に言い聞かせている次第。感情は生きてる。だから殺しちゃだめだし、フタしてもダメだ。ちゃんと向き合ってあげなきゃ、、、と、2,3日前から鬱になっている自分に、今日も付き合ってくれた王子、ほんとにありがとう。と、日記の中で気持ちを伝えておこう。(笑)
 夜遅くに、以前一度来てくださったお蕎麦のおじさんがお見えになって、おじさんの大好きな歴史(特に戦国時代がお好きみたい)の話を聴かせていただいた。
おじさんが、「歴史は、どこまでさかのぼっても、今の自分たちのDNAに繋がっているんだよ。だから楽しいんだよ」みたいなことをおっしゃっていて、なるほど~と思った。中学生の私にその気持ちがあったら、歴史の試験で赤点とらなくてすんだかもな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

こころ

 昨日から引きずっている気持ちは小さくなるどころがどんどん膨らんで苦しくてたまらない、、という感じ。その気持ちと、とことん向き合ってみた日。
 そんな中、王子は娘さんの入学式へと出掛けていった。ちゃんとお父さんしてる王子はすごいなぁと思う。ただその裏に、王子を素直に送り出してあげられない自分がいたのはたしか。娘さんを迎えに行くために、昔の奥さんのもとに行くわけで、そういうことにいちいち反応している自分って、やっぱり小さいなと思う。
とういわけで一日ひとりになった。ひとりは楽だけど、やっぱり淋しい。今ごろタクミの高校の入学式やってるんだろうなぁと想像したら、お父さんになって出掛けて行った王子のこととかいろんなことが気持ちの中で絡まって泣けてきた。あぁ、やっぱりひとりなんだと思った。
そうしたら、ものすごいタイミングでタクミの父親から写メールが送られてきて、新しい制服に身を包んだ照れくさそうに笑ってるタクミがそこにいた。そしてまたしても涙、涙。
今日は一日こんな感じだったから目がパンパンでハニワ。
 夕方帰ってきた王子は、やっぱりいつもと違ってお父さんの匂いがして、なんとなく近寄れなくて、言葉もかけずらかった。
それでもお客さんが来ればいつもの王子とメロちゃんになれたのでよかった。こういう切り替えってなかなかできないのだけど、仕事があってよかったと、こういうとき思うのよね。
深夜にラーメンを食べに行って、お互いがいつものチャンネルに戻れたのでよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 5日 (日)

日曜日の雨

 朝からいろいろあって、憂鬱な日曜日の始まり。
だけど今日はタクミがいる。母ちゃんが落ち込んでいたらダメだよねと、頑張って前を向く。
外は雨で、地面に落ちた桜の花びらもなんだか淋しげ。桜は雨が似合わないな。
そんな中、3人でショッピングセンターに行ったり、明日が高校の入学式だというタクミを美容院に連れていったり、夜はお寿司を食べに行ったりして本当の家族みたいに過ごした。
お寿司屋の大将が、「息子さんの色の白いのはお父さんに似てるね」みたいなことを言ったときに、ほんとの親子じゃないというのを説明するのはめんどうなので、とりあえずそれっぽく流す、というのをタクミが身に着けているのがすごいと思った。大人の複雑な事情を小さい頃から身に着けさせてしまっていることに、親として罪を感じることはあるけれど、これが君の母ちゃんなので仕方ない、ということしかできない。嘘ついたり、かっこつけてみたりとか、母ちゃんはできないや。
朝の出来事がずっと心の中にしこりみたいに残っていて、タクミを送っていったあと一気に崩れてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 4日 (土)

バニーボーイ

 メロディヨガ部の日。またしても寝坊する。ここ最近すっかり夜型になってしまっているので早起きは久しぶりなのだ。時計見て冷っとして、でも慌ててもなにもいいことはないので、「もし間に合わなかったら遅刻して行けばいいや」くらいの気持ちでやったらぎりぎりで間に合ったので、すべては気の持ちようなんだなと思った。
 ヨガでは、なかなかできなかったダウンドッグのポーズのコツが分かって、それっぽく形になってきたのが良かった。なんとなくこんな感じかな、、くらいでやっているのと、体のいろんな部分に意識を向けてやるのとでは全然違う、ということ。やっぱり体との対話なんだな、ヨガって。
私以上に体が固くて腹も出っ張っている王子が、私よりずっときれいな形になっていたのが一番悔しかった。これをバネに頑張れそうだ。
 帰りに緑のジャージのまま仕入れに寄って、戻ってきてダッシュで仕込み。今日は息つく間がない。
夜はものすごく忙しかった。ただ、忙しいのはありがたいのだけど、いつものように気配りできなくて本当にごめんなさいという感じの夜だった。オーダーが山積みで料理もなかなか出せなくて、たくさんお待たせしてしまったし。
この仕事、前もって予測ができないぶん、何が起きるか分からないことだらけ。そのときそのときの精一杯をできるようにがんばりたい。ここしかない。
そしてこんな忙しいときに、王子は隣でウサギのかぶりものをしていて、正直うっとうしくて仕方なかった。でも彼がずっと抱いていた変身願望の夢がかなってよかったね、という感じ。それに付き合ってくださったお客さん、ほんとうにありがとう。
でも思ったより、お客さんの反応がふつうだったので、もともと王子ってそういうふうに見られいるんだな、ということだよね、つまり。
それにしたって狭いキッチンの中を行ったり来たりするときに、バニーボーイの耳が邪魔で仕方なかった、というのが私の感想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

休む

 ここ最近、夜型生活も板に付いてきた。朝起きるのは9時前後。仕入れに行ったらあっという間に昼が来て、そのあと朝と昼とを兼ねてのメシを喰い、仕込みに入ればもう夕方。店を開け、「今夜もひまだな~」とか思っているところに、馴染みのお客さんが来てくれたりして、みんなで和んでいたら気づけば深夜。店を閉め、お疲れ様の軽いメシを喰い、録画しておいた朝ドラを変な時間に見て、早朝近くに寝る、、、。みたいな生活だ。昼間がやたら短く感じるのだけど、そのぶん夜が長いので損した気にはならない。
かつての早起き生活はどこへやら。どちらがいいのか分からないけれど(健康的にはかつてのほうだと思うけど)今はこういうふうにしかできないので、とりあえずこのパターンの中でなんとか自分をキープしていこうと思う。
 そして今日は、王子が心理の勉強会で留守なので店は休み。自分の時間が出来た!わーい!と思いきや、なんだかんだでキッチンに入り浸っていたりするので休業なんだかどうだかわかんない感じ。明日のヨガ部のお弁当の仕込みをしたり、数ヶ月ぶりにゆっくり肌の手入れをしてみたり、本を読んだり、いつもならできないことをやってみたけど。
「そんなことやってるんだったらお店開ければ?」と言われるかも知れないけど、休みと決めたんだから、しっかり責任を持って休みたい。
 23時すぎに王子が帰ってきて、一週間ぶりに食卓を囲みゆっくりごはんを食べた。もうこの時間があるだけで休んでよかった、って思う。
そしてそのあと、王子に今日の勉強会のことについていろいろ聞いてみたんだけど、「えーとね、えーとね、とにかくすごかった!」しか言わないので、それはつまり言葉にはできないくらい感動したんだね、ってことなのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 2日 (木)

すごいっ

 フラメンコへ。
師匠が「ひとりづつ踊ってみて」と言うので、「私からやります!」とはりきって手を挙げたら「ムイ、ビエン!」と褒められた。わーい。でもまだ踊ってないんだけどね、、、。
肝心の踊りはというと、ダメダメなところ満載でトホホな感じだった。課題山積みで7月の発表会までになんとかしなきゃって感じ。
そしてやっぱりフラメンコでいちばん大事なのはコンパス!というのを今日もしみじみと味わった。振りを覚えるとか、体の使い方を知るとか、それ以前の話。フラメンコ特有のアクセントとかテンポとかのことなんだけど、拍子を頭打ちでとる日本人がこれを覚えるのってものすごーく大変だと思う。だって、生まれながらに体にしみこんでる血みたいなものだ。
知り合いのギタリストが修行でスペインに行ったら本場を聴いた瞬間に「日本人には無理だ」って分かって早々に帰ってきた、という話があるくらいむずかしいものなんだと思う。
まぁスペイン人にはなれないが(そもそもそんなすごいレベルは目指してはいない)“なんちゃって”くらいにはなりたいなぁ。それが目標。
そのあと師匠と一緒に踊ったら、いつもの自分じゃないみたいに上手く踊れて(錯覚かも知れないが)びっくり。師匠が踊ると、空気が波打つ。だから一緒に踊るとその空気の中を泳いでるような気分になる。すごいなーと思った。
 そういえば、最近お客さんから「ママは気ぃ強いでしょ」と言われることが多いのだけど、なぜかな。どちらかというと弱いほうだと思うのだけど。
料理作ってるからたくましく見えるのかなぁ。
まぁ、いい意味としてとらえとこ~っと。
そして着々と王子ファンのお客さんが増えてきたことが嬉しい。だけど、なぜかファンの方がみな男性というのは、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

おわちゃったぁ

 なかなか終わらな~いと思っていた歯医者さん通いも、ついに今日でおしまい。あれだけ毎回ビビって、緊張して、早く終わらないかな~と心の中で愚痴りまくっていた私だが、いざ終わってしまったらぽかーんとなってしまった。
先生が最後に、全体のかみ合わせを調節したり歯の表面をつるつるにしてくださったりしたときに、「あー、もう終わっちゃうんだ」と思ってちょっと切なくなった。帰るときに受付のお姉さんから診察券を受け取ったときは卒業証書をもらった気分だった。3ヶ月、毎週通い続けた甲斐あった。よく頑張った(?!)俺。
しかし、通っている間というのは常に監視下にあったので、歯磨きもかなり意識してやってたんだけど、人間ここからが本番だ。ダメなほうに流れていくのが普通なので、今まで以上に意識していかなきゃな。
そしてこの3ヶ月、ただ歯の治療に通っただけじゃなくて、自分の歯との付き合い方とか、つまり「歯=自分」のような、そういう深い部分も学んだ気がする。歯は人間の「食べる」という行為に不可欠なもの。つまり歯って、生きるためのいちばん大事な道具ってことなんだな。
あー大事にしなきゃ。
 寝不足がたまっていて夕方30分だけ横になったら、起きたらものすごーく具合が悪くて逆効果。それでもビシっと気を締めて仕込みに入ったけど。
最近、ちょっと無理やりに自分の気持ちを操作しているところがあるので、そのうち体が悲鳴を上げそうでこわい。うまく調整してあげなきゃな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »