« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月31日 (火)

さくら

 「これからあなたにお話しますよ」みたいな前振りもなく、いきなりこちらの領域にズカズカ入り込んでくる近所のおばさんがいるんだけど、こういうのいいな、って思っちゃう。コミュニケーションって本来こういうものだと思う。相手のご機嫌うかがったり、それゆえに本当の気持ちが伝えられなかったり、、、って、やっぱりなにか違うと思う。もっともっと人間、楽チンになっていいんだと思う。
とはいえ、今の時代、なんでもかんでもストレートであるのも(言い方にもよるけど)また問題かもしれないよね。むずかしい、、、。
ちなみに王子はこのおばさんに話しかけられるたびに、ビビってるらしいけど。
私はこういう壁のないストレートなやりとりが好き。こういう人に会うと、自分もありのままになれる。人間っぽくいられるというか。
いい人に出会えてよかった。
 そしてそのおばさんが、「明日から雨よ。桜見に行ってらっしゃい」と言うので、立ち話のあと、近所の公園に花見に行った。満開だった。普段見ている公園の風景とまったく違うのでびっくり。別世界に来ちゃったみたいだった。
この季節、大人も子供も笑顔になっちゃうからだめだよね~。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月30日 (月)

ちょこぱふぇ

 気持ちが前にせり出していて、カラダがついていくのが大変、、を感じる月曜日。
こういうときに「冷静になれ」と自分に言い聞かせるのは好きじゃないので、はちゃめちゃになりながら転びながらもハートを優先させるほうが好き。心は生きてる。だからこそありのままに従うのがいちばんだと思う。
そのあとやっぱりいつものごとく失敗するのだけど、自分のハートに従ったことだから後悔はないぞ。こういうときに“生きてる~”を感じるんだよね。うまくいっているときには感じないこと。
 気づけば3月ももうおしまいだ。いつもひまな月曜日が今日はなんだか忙しかった。店閉めるとき2時回ってた。
そしてそのあと、ふらりとやってきたタクミを連れて深夜のファミレスで大人3人ならんでチョコレートパフェを食べたのが、今日いちばんの幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月29日 (日)

うずうず

 雨の日曜日。
王子は一日デスクワーク。同じ部屋にいるので音も立てられず自分は静かに過ごすことに。
こういうとき、私は私で好きなように過ごせばいいのだろうけど、なかなかそれができない。昔は羽伸ばしてどこへでも飛び出して行ったものだけど、そういう元気とか発想とかって、もはやどこにもない。一緒におしゃべりできるような女友達とかもいなくはないけれど、自分から誘うなんてことまずないもんね。
そう思うと、我ながらなんとも淋しい人生だと思うけど、なんだろな、もうそういうエネルギーが湧いてこないのよね。人とつながりたい気持ちと、そうでない気持ちと、両方ある感じ。
なので、意地を張っているわけではなく、今はこうするしかないと思ってる。
歳を重ねていったらまたどうなるか分からないし。
というわけで、今日は同じ部屋にいながらも、ひとことも会話せずお互いの時間を過ごした。
 夜8時過ぎ、王子の仕事が一段落したので名駅方面にゴハンに行く。屋台風のイタメシ屋さんに行き、そのあとおでんやにはしご。いろいろ味の勉強になった。
 日曜日はあっという間だけど、ここのところ王子の勉強会などで休業日が続いたので、自分の中にある“料理したい欲”が有り余っていてうずうずしている。いつもの日曜なら、「今日は一日何もしたくないぞー」ってなるのに。
明日の朝いちばんで、キッチンに立つこと間違いなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月28日 (土)

あした天気になぁれ

 自分に余裕がなくなってくると、そんな自分を埋めるために相手に何かを要求してしまい、それが叶わないと自分ではなく相手を責めてしまう。完全に空回りだ。
自分を埋めてあげられるのは、この自分しかいないのに。
心が疲れてくると、そういうことが冷静に捉えられなくなる。いけない、いけない。
などと、反省する今日であった。
考え方とか価値観とかって、そもそも人それぞれなのに、余裕がないときってどうしても自分を押し付けてしまうのよね。自分がいちばん正しい、みたいに。
同じ屋根の下の生活とはいえ他人どおし。いろいろ違っていてあたりまえ。
そういう気持ちが薄くなってくると、お互い気まずくなってぎすぎすしてくる。
どうせだったら心地よくありたい。楽しくありたい。
どうか明日、心が復活してますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月27日 (金)

おもいきって

 王子が留守なので、思い切って今日は休業日に。いろいろ悩んだ末に決めたことだけど、やっぱりあらゆる意味でひとりではムリなのだ。良くも悪くも今の店は王子と私のふたりの空間で出来上がっているので、どちらかがいなくともしっくりこないし仕事もしずらいのだ。しかもこういうぎこちない雰囲気って必ずお客さんにも伝わるので、自分たちに不安な気持ちがあるくらいならいっそのこと休みにしてしまおうかと。
気まぐれな店といわれても仕方ない。自分たちのペースでコツコツやっていくやり方でしかできないです、、、。このへんの詳しい店情報は王子がフェイスブックにアップしてくれているのでそちらを頼りにしていただけるとありがたいです。
 というわけで、1日丸々と休日をいただいた私は、時間に追われることもなくのんびりと過ごすことができた。ここのところ忙しかったからご褒美をもらった気分。
とはいえ、午前中はこまごまと仕入れに回り、帰ってきて昼寝でもしようかと思いきや、やっぱり結局キッチンに立ってしまう私。でもいつもとまったく気分が違う!とにかく自由なのだ。焦らなくていいし、自分のペースで料理できるって最高~!って思っちゃった。本来はこの気持ちからスタートしたはずなんだけどね。
深夜、王子が帰ってくるまで、泥みたいに寝た。おかげで寝不足も少しは解消できたと思う。そして、久しぶりに煮魚を作ったり、白いごはんを炊いたりお味噌汁作ったりして、ふつうの食卓を囲むことができてよかった。撮りためておいた「マッサン」を見たりしてまったり過ごせたのもよかった。
ふつうっていうことのありがたみをしみじみ感じた一日だった。
 ちなみに5月上旬くらいまで王子の心理学の勉強会があるので、おそらく金曜はお休みになるかと思います。詳しくはFBを。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月26日 (木)

突っ走る~

 この時期、どこへいっても子供たちの声が聞こえるのが嬉しい。スーパーに買い物に行っても公園を散歩していても、どこにでも子供たちがいる。小さな子も中学生みたいな子も、みんなみんな可愛いって思っちゃう。
まだまだ具体的なものとしては浮かんでこないけど、近い将来(おばあちゃんになってるかも知れないけど)、子供たちの笑顔に寄り添う仕事がしたいと思っている。このことに関しては夢とか目標とかではなく、使命感みたいなものをいつも背負ってる気がしてならないのだ。自分がやらなきゃいけないこと、のような。
 今日はフラメンコに行ったり、そのあと大須のタイ料理屋さんでガパオを食べたり、そのあと仕入れに行き、帰ってきてダッシュで仕込みして、なんだか突っ走った感あり。
今夜もそこそこに遅くまで頑張り、深夜にカップヌードルトムヤムクン味を食べたりして、不健康生活を反省しなきゃと思いつつも、ついこうなちゃうというダメなパターンをたどる。
ずっと仕事で作りっぱなしだと、自分たちの普段のゴハンが作れない、というのが最近の悩みだ。誰か料理上手な奥さんが欲しいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月25日 (水)

ひなたぼっこ

 「何かやさしいものが食べたい」というときに“みのかま”へ行く、というのが最近のお決まりコース。名駅の近くにあるうどん屋さんなのだけど、澄んだお出汁とちょうどいい塩加減、そして麺の小麦の香りと、ぜんぶがやさしいのだ。体に沁みる味っていうのは、こういうのを言うんだろうな、という味。
そして今日もいつもどおりの味でほっとする。やっぱり手作りの優しさにかなうものはないと思う。「美味しい」と表現するものよりも、「ほっとする」とか「温かみがある」とか、そういう味のほうが自分的には上だ。
 そのあと円頓寺商店街をぶらぶらして、昭和のにおいぷんぷんのスーパーマーケットに寄って野菜を買ったり、ニシアサヒでお茶したりして、束の間ではあったけど、久しぶりにまったりとした時間が過ごせてよかった。お天気もよくて、日向の道も気持ちよかった。
 戻ってくるともう15時になっていて、あわてて仕込みに取り掛かる。今日は昼寝なし。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月24日 (火)

ありがたいな

 北名古屋のときのお客さんがはるばる来てくださったり、いつものご近所さんが立ち寄ってくださったり、ありがたいかぎり。カウンターの中から見える風景も最高だ。料理するのはもちろん好きだけど、やっぱりこの雰囲気がたまらなく好きだから、ちょっとくらいヘロヘロでも頑張れちゃうのだ。
 そして今日も仕事を終えると朝?!みたいな時間になっていてびびったけど、体調だけはなんとかキープしていきたいと思うし、それがいちばん大事な仕事かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月23日 (月)

寒いっ

 天気予報どおり。冬が戻ってきたみたいな寒い一日だった。
午前中は北名古屋の歯医者さんへ。
今日も思い切りけずられて歯磨き指導もみっちり受ける。なかなか終わらないこの歯医者通いよ。でもここまで厳しく歯磨き指導を受けると、日々の意識が変わってきたのはたしか。今では歯間ブラシも含め、毎日4本使いでがんばってる、オレ。
40代以降の歯磨きは、若いときのそれとはまったく違うこととか、ここで教えてもらわなかったらどんどん老朽化の道をたどっていたと思う。そう思うと、来てよかった。
でもこの治療がいつ終わるのかがまったく検討がつかないので、そこは正直不安なところでもある。お金もけっこうかかるし。
とはいえ、潔く男前でかっこよい先生にお会いできると思うと、もうちょっと頑張ってみっか、みたいな気持ちでは今いるけど。
帰りは電車。今日は王子が仕事で出掛けているので車はなし。それにしても結構長い距離を歩いたので、これだけで一日分のエネルギーを使い果たした感がある。へろへろだ。
 家に着くとタクミがいて、一気に元気になる。春休み中なので堂々と泊まっていく奴であるが、部屋がものすごく狭くて布団を敷くスペースがないのと、自宅部屋にキッチンがないのでゴハンをなかなか作ってあげられない、ということが母ちゃんとしては申し訳ないと思っていること。
 夜、仕事を終え、近所の中華屋さんでみんなでラーメンとかチャーハンとか食べて、遅い夕食。こんな時間に中学生(もうすぐ高校生)を連れてごはんに行く親もどうかと思う、、と、我が身に言いたいころだけど、こればかりは仕方ない。君の母ちゃんはこういう人だよ、と奴に分かってもらうしかない。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月22日 (日)

いろいろ日曜日

 フラメンコのギター合わせで名駅のスタジオへ。
いつも3,4人でやっているレッスンも今日はなんと10人以上もいて、「これならボロが隠せる」などとのんきに安心しきっていたら、みなさんのレベルが高すぎて逆に自分のボロが目立つという情けない結果に。(泣)
なんていうのかなぁ、みなさんうまいのだけど、それだけじゃなくて、自信を持って踊っているというのが伝わってくるのだ。自己主張をきちんとしているというか、輪郭がくっきりとしているというか、ブレていないというか。もう圧倒されっぱなし。
でもすごく勉強になった。技術的なことはもちろん必要なんだけど、それ以上に“私が私である”という表現ができるか、ということなんだと思った。みなさんかっこよすぎで惚れ惚れしてしまった。
などとのんきに言っている場合じゃないくらい、「頑張らなきゃ」っていうエンジンがかかった今日だった。
 夜はハマちゃん夫妻とハマちゃんセレクトの美味しい焼肉屋さんへ。そしてそのあとうちで2次会。
仕事以外でお友達と呑むなんてちょっと嬉しい。仕事ではどんなに呑んでも酔っ払わないのに、今日はワイン2、3杯でもういい気分になっちゃった。それだけリラックスしてたんだと思う。
奥さまのカズコさんと私との食いしん坊ポイントがほとんど一緒なのも笑えた。食べものは愛であるということとか、だからこそ食べものに対して失礼なことをしてはいけないということとか、そういう彼女の食に対する姿勢とか、すごく分かる~~っ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月21日 (土)

眺めがよいな

 この日記は次の日に書いているので、ゆとりを持って書けるけど、実はこの日は最悪の体調であった。
朝からふらふらで、二日酔いか?とか思ったら、どうやら悪寒がしたり節々が痛かったりそのうち熱も上がってきたりして、もう大変。でも予約もいただいているし、休むわけにはいかないので、ユンケル飲みながらなんとか乗りきったけど。
そしてこういう日にかぎって、満席になったりするんだから、まったくうまくできているというか、なんというか。でもこの忙しさのおかげで、具合の悪さを忘れることができた。自分の体調を感じているひまもなくて、ただひたすら料理を作りまくった。そして閉店の頃には、いつもの感じに戻っていたので、この忙しさで病気も吹っ飛んだみたいだった。来てくださったお客さん、ほんとにありがとう。
でもこういうことがあると、やっぱりこの仕事、体調管理が一番だというのを、身にしみて感じたのでありました。
今夜は王子のパパとか、北名古屋のお客さんとか、初めてのお客さんとかいろいろ来てくださって、お客さんどおしが仲良くなっていたりして、とっても眺めのよい夜であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月20日 (金)

もりだくさん 

 久しぶりの北名古屋市へ出張料理教室に向かう。
西区と北名古屋、橋を1本越えた隣町なのに、なんだか距離を感じる。ここに来て半年しか経っていないけど、自分的には10年分くらいにも感じるし、それくらいこの半年は自分たちにとって濃いものだったということなのかも。
しかしやっぱり、北名古屋の自然いっぱいののどかな風景に帰ると、かつてここで過ごした思い出が一気によみがえってきて懐かしさでいっぱいになる。時間は前にしか進まないけど、思い出はいつだって振り返ることができる。私の中にしっかりと刻まれているものを大事にしようと思う。それが前に進むための原動力になるから。
 懐かしの面々と再会し、みんなで料理してあのときの楽しい時間が戻ってきた感覚。毎日お店の仕事でいっぱいいっぱいになってたから、なんだかとても新鮮だったし、エネルギーチャージもできた。ここのところ落ち込むこともあったり、自信がなくてつぶれそうになったりもしてたから、こうして自分みたいな人間でも、呼んでくれる誰かがいると思うと、嬉しくてたまらない。こんな自分でも誰かの役に立つことがあるんだと思うと。
すごく有意義な時間だった。みんなの笑顔に再会できてよかった。またがんばるよ、メロディ先生。
 帰ってきて仕入れ&仕込み。
そして今夜は王子が研修(心理学のお勉強会)でいないので、近所のサチコちゃんが手伝いに来てくれた。だけど、そういう日にかぎって、いろんなハプニングがあって、ほんとサチコちゃんごめんね~という感じ。いろいろ疲れさせてしまって。いつもニコニコ穏やかな彼女だから許してくれると思うけど。
 11時ごろ、王子が帰ってきて研修の話をいろいろ聴かせてもらう。研修に行った日は、いつもすっきりすがすがしい顔で帰ってくるので、そんな王子を見るのはこちらとしても嬉しいこと。心の勉強は楽しいもんね。
 それにしても今日は盛りだくさんいろんなことがあって心の筋肉が鍛えられた感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

おもしろーい

 フラメンコへ。
すっかり夜型生活になってしまっている今、早起き&午前中の運動はしんどくなってきた。ふらふらで電車にのって、寝過ごしそうになりながらもなんとか到着。
それでも、踊っているときのあのなんともいえない気持ちは、どんなに自分がへにょへにょになっていても味わいたい!って思う。私が私を表現できるゆいいつの場所であり、現実を忘れて異空間にいるみたいな不思議な感覚。
フラメンコ特有の体の使い方も、ようやく少しづつ分かってきて、ちょっと楽しくなってきたところ。肩甲骨を寄せる私の苦手な姿勢は、今週1週間普段の生活の中で意識して実践していたら、体がそのように矯正されてきたのでびっくりした。鏡の中の私の背中の形が今までと違うんだもん。たった1週間意識するだけで、体の形が変わるなんて。嬉しすぎる。
しかもこの姿勢をやると、自然に腹もへっこむ形(体重は変わらないけどね)になるので、これからも続けようと思う。姿勢って大事だ。
 それにしても、雨のせいもあって今日は一日鬱だった。なんとかフラメンコには行けたけど、帰ってきたらもうふにゃふにゃだ。布団かぶって大泣きでもしたら、もしかしたらスッキリするかもしれないけど。
春は気持ちが揺れるから、いろいろめんどくさい。それでも、めんどくさい自分の面倒をちゃんと見てあげないと病気になるから、ここだけは手を抜かないようにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月18日 (水)

くやしっ。

 空気がまったりとした重みをもっていて、きっとこういうときに変な人っていうのが出没するんだろうなぁ、、、という日。自分が変な人になっちゃいそうで、ちょっとこわかった。それくらい、いつもとは違う何かが、このまったりとした中に含まれていたと思う。人間の動物的な本能を揺さぶられるというか。
 今日初めてエッグスラットを食べた。(自分では作ったことはあるけど)とくべつな感動はないけど、こういうシンプルな組み合わせがうける理由なんだろうな。個人的にはパンケーキよりこっちが好きかも。
とりあえずこういう流行ものは一度は口にしておかなきゃね。勉強の種はどこに落ちてるかわからないし。
 夜は、思ったことはなんでもはっきりおっしゃるというお客さんから、料理のダメ出しを受け、ものすごく勉強になるも、「わたしゃ、有名料理店のシェフじゃないぞ。そこまでのことを要求するんだったら高い店に行ってくれ」と意地っ張りな自分もいて(たぶんくやしかったんだと思う)、なんだか複雑。私的には、なかなかうまくいったと思ってたからね。正直ショックだった。
まだまだ修行が足りないぞってことを教えてくれたのかな~、このおっさん。
この人はいい人なのか、そうでないのか、、、ほんと分かりずらいっ。
でも、この話の内容を客観的に見てみると、自分にとってはありがたい出来事だったということなんだろうな。
とにもかくにも、自分の中に生まれたこのくやしさをバネにして、なにくそー!って頑張るのが自分のやり方だ。負けないっ!(誰に?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

我慢って

 初夏の陽気。桜のつぼみも一気に膨らみそうだ。
こういう日こそ、ぐちゃぐちゃの自宅部屋を整えたいなーなどと思うのだけど、結局いまだに王子の前でこの話題には触れられないのでじっと我慢、我慢の日々。この態勢にもだいぶ慣れたけど、ときどきこの我慢してたものが一気に噴き出すときがあって、自分でもこわいと思うほど。
やっぱり我慢というのは体にも心にも良くない、ってことなんだと思う。
そんなありのままの気持ちを王子に話してみたら、案の定いつもと同じ展開になって一気に気まずくなった。
相手を責めてるわけではないし、自分の今の気持ちをそのまま伝えたつもりなんだけどね。相手は責められてると受け取って、怒っちゃうのよね。我ながらちっとも発展しないこのコミュニケーションパターン。(泣)
そして最終的に、そういうのがめんどくさくなって自分から辞退するのがお決まりなんだけど、やっぱり私の中で抑えているものの存在は我慢しようすればするほど大きく膨らんでいくわけです。まったく困った、困った。
 同じ屋根の下の生活、できるな気持ちよく過ごしたいもの。その工夫を毎日考えてる。工夫することは、自分を整える手段でもあるし、自分が整えば相手も整うわけで、結局王子も私も自分をちゃんと見てあげてない、ということかもしれないね。そういうことかもね、、、。
などと、日記を書きながら反省してみたことだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月16日 (月)

沈丁花

 春みたいな日。近所のしだれ梅が満開になっていて、毎朝仕入れに向かう途中のちょっとした楽しみになっている。
沈丁花の香りは子供の頃を思い出す。いろいろ複雑だった幼少時代、心配した母は夕方になると私を散歩に誘い出した。無口な母だったので特別な会話はなかったと思うけど、ただ横に寄り添って小さい私の歩幅で歩いてくれた。春は沈丁花、秋は金木犀の香りに包まれた。それだけのことなんだけど、私にとっては大事な宝物だ。
春の香りって、ちょっとだけセンチにさせてくれるよなぁ。
 気候のせいか、いつもじっとしている王子が、いきなり材木などを買ってきて、店のカウンターの上に物置台を作ってくれた。ペンキなんかも塗っちゃってかなり本格的なやつ。稀に見ないその勢いに、思わず「やればできるじゃーん」とツッコミたかったけど、上から目線みたいになるので静かに見守ることに。冬眠から覚めた動物みたいだったし、まるで別人?!になったかと思うくらいスカっとしていて気持ちよくて惚れ惚れした。どうかこの勢いが冷めませんようにと小さくお祈りしておきました。
夜はサチコさん夫妻が来てくれて、一日頑張った王子は、それを自慢したくてしたくてたまらないというふうで、優しいご夫妻が全部聴いてくれたので、「よかったね、王子」という感じ。要するに誰かに褒めてもらいたいのよね、この人は。
なんてわかりやすい人っ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月15日 (日)

会食

 コストコにアンチョビとライムを買いにいき、その帰り、王子のパパと奥さまと待ち合わせて久しぶりの会食。王子パパがおしゃれなイタリアンのお店を予約してくれてたのだ。(でも行ったらビストロだった、というオチが)
もりもり食べてガンガン呑んで、本当にパパは元気。そして「今日もここに来るまでアルバイトを2つこなしてきた」と自慢するくらいエネルギッシュな人。サービス精神旺盛なところは親子そっくりで。
そういうふたりを観察するのが私の楽しみだったりする。親子なんだけど友達みたいな関係だし、王子がパパのことをぎこちなく「お父さん」て呼ぶ感じとか、なんか泣けてきちゃうのだ。
 レストランだけでは呑み足りなくて、そのあとパパのお家で軽く2次会。私たちがどっかり座っている中、パパと奥さまが台所でつまみを用意してくれたりテーブルを拭いてくれたりして、なんとなく申し訳ないなと思いつつも、私たちが唯一甘えられる場所なのでここは甘えさせてもらおうかと。
私は立場的にも微妙なところにあるので、やっぱりどこかぎこちなさはいつも感じているのだけど、「そんなのどうでもいいじゃん、みんな家族だよ」って大きな懐でいてくれるパパと奥さまは、やっぱり愛のあるすごい人だと思う。
そしてここに来ると、自分も父ちゃんと母ちゃんに会いたくなるんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月14日 (土)

なんかいいな

 何もかもすってんてんになって、ここに越してきて半年が経った。目標がないと毎日がつらくなるから、とりあえず目指すところを決めなきゃと思って王子とふたりして悶々としてた時期もあったけれど、目標は自然に見えてくるもの、ということに最近ちょっとだけ気づき始めた。それって日々の繰り返しの中から見えてくるものだから、そんなに慌てなくてもよいということ。何気ない時間と空間のすき間にそのヒントが隠されてると思うと、そんなにガツガツ生きなくてもいいじゃんってことなのかも知れないな。
目標も生き方も、どんどん変わっていっていいものだし、人生何があるかわからないじゃん、と思って、あるていど時間の流れに身をまかせちゃってもいいのかも。
そんなことを、風呂に入りながらぼんやりと考えていた。
 テレビを見ていたら、町のおじいちゃんに最近の楽しいことについてのインタビューというのがあって、そのおじいちゃんが「人の悪口を言うこと。」とにこやかに答えてたのが最高だった。
人間歳を重ねていくと、ここにくるんだな。むずかしい話とか、いい人的な話とか、そんなのどうでもよくて、人間としてものすごくシンプルな場所にいくんだな。なんかいいな。
思いがけないところで癒されてしまったことだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

賑やかだね

 生活スタイルがすっかり夜型になってきている今、健康管理の大切さを身にしみて感じる。もうほとんど朝?!みたいな時間に寝るので次の日のスタートも当然出遅れちゃうのだけど、これも仕方ないかな。睡眠だけはきちん確保しようと思う。
 しかし今夜も、地元の濃いメンバーが集まって、そこに王子の消防団のお仲間も加わったりして賑やかな宴であった。いつものごとく、王子がお客さんからたくさん可愛がってもらっていて、なんともありがたいこと。しかもなぜかみなさん男前な方たちだというところがおもしろい。やっぱり王子っていろんな意味で女子寄りなんだと思う。(笑)
そんなふうにして、ちょっとずつこの中小田井の地にも馴染んできていることが嬉しい。ほんとにみなさん情が厚くて人間っぽい(?!)人たちばかり。人と人との付き合いって本来はこうだよね、っていうのを教えてもらってるような。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月12日 (木)

スタートって気持ちいい

 ウォーキング生活スタート。といっても、初日なので30分歩いたか歩かないか、、、くらいの距離だけど。それでも、これでようやく自分との約束が果たせたわけで、そちらの爽快感のほうが大きいかも。
寝起きに無理やり外に連れ出された王子は、ずーっとご機嫌ななめだし。もう誘ってなんかやーらないっ。
それにしても朝の空気は新鮮で透明で、呼吸も贅沢に感じるほど。この感覚、味わわなきゃ損だな。公園の桜の木も、うっすらとピンクががってた。もうすぐ楽しみな季節がやってくる。
 昼間はまるっとカレーの仕込みで終わった。手間がかかるのでしょっちゅうは仕込めないから、「やるぞっ」ってなったときにワーっと勢いにまかせてやる。料理って戦いみたいなもの。運動したつもりはないのに気づくとヘロヘロになってたりするから、そういうことなのだろう。肉体を使ってる感じというか。
 夜は勉強会に行く王子を見送り、ひとりで店を開ける。今夜はとてもひまで、包丁といだり鍋磨きしたり、換気扇の掃除したりして、いろいろメンテナンスの時間にあてた。それでもこの静かな時間をひとりで過ごすのって、結構さびしいし落ち着かないし、誰か来てくれないかなー、ということで、王子が留守の日のお手伝いさんを募集することにしました(詳しくはお店のほうのブログに書いてあります)。
お手伝いといっても、とくになにもしなくてもよいです。お客さんとおしゃべりしたり、私が料理する横にいてくだされば結構。ただ、お給金は出ないので、そのへんをご理解いただける方で。美味しいゴハンは用意します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

出会いは宝もの

 中年化の加速をリアルに感じる今日このごろ。ウォーキング始めなきゃと思いつつも、なかなか踏ん切りがつかなくてズルズルとここまできてしまった。そんなダメダメな自分に最近嫌気がさしてきたところ。
そんな中、まずはシューズを買いに行こうとスポーツショップに行くも、これがなかなか気に入ったのがなくて結局手ぶらで帰ってきた。
しかーし、これではちっとも私のダメダメは減らない。靴なんかあとでいい、なんなら裸足だっていい、とにかく歩くのだ!などと、小さく小さく決意したところ。小さくとも決意するだけで、少しだけ気持ちが軽くなったので、きちんと決めることって大事だなと思った。なんとなく決めるは決めていないのと同じ。さて、どうなるやら。
 夜はご近所さんが、4ヶ月になる赤ちゃんを見せにご家族で食べに来てくださった。こういうの、嬉しいな。
北名古屋のときもそうだったように、家族が増えていく過程やお子さんたちの成長に、自分たちが寄り添える幸せ、こんな素敵なことってない。お店やっていなかったら、絶対に味わえないことだ。ここが縁でつながった人たち。ひとつひとつの出会いを大事にしよう。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

雪だよ

 いつもの日常がいつもと同じように流れ始めると、ようやく今が降りてくる。変化とか刺激とかってたしかに大事なことだけど、なんにも変わらないというあたりまえが、もしかしたらいちばん幸せなことなのかもしれないな。そういうことを、一個一個かみ締められる人生でありたいと思う。あたりまえをあたりまえに感謝できる気持ちというか、、、。
 3月も半ばだというのに、雪が積もってびっくり。梅の枝にまぎれこんで、満開みたいになっていた様には風情があった。家の前を通る小学生たちのはしゃぎ声もいつもより大きかったし、夜になるとあたりの音を全部のみ込んでシーンとなる感じもなかなかよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 9日 (月)

がんばらなきゃな

 美味しい朝ごはんを食べたあと、みんなで2度寝し、昼前に出発。お家に帰らなきゃ。
それにしても何かが終わるときって、なんでこんなに切なくなるんだろう。
高速に乗らずに下道でのんびりトコトコ帰ってくる。タクミを家の近くで降ろしたとき、寂しすぎて胸をナイフでさされたみたいな痛さが襲ってきて苦しくてどうしようもなかったけど、王子の前では泣かないと決めているので頑張ってこらえた。
 なかなかいつもの日常が戻ってこないまま、店に入って仕込みして、夜はいつもどおり営業した。手を動かせば頭は勝手に切り替わるのがありがたい。ただ、心がついていっていないから、あとでちゃんと調整しなきゃと思う。
今夜は北名古屋のときのお客さまが今のお店を探してわざわざ来てくださったのが、すごく嬉しかった。自分が美味しいと思っているものを、同じように美味しいと感じてくださるということは、心が通じているというか、なにかを共有し合えてるというか、そういう感覚になるのだよね。なんともいえないこの感じ。
 それにしても今夜は仕事に集中できたから、なんとか心がつぶれずにすんでよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

お出掛け

 ぴーかん。お出掛け日和。
タクミの誕生日会&卒業祝いで、三重のモクモクファームへ向かう。
ここは奴が小さかった頃、家族でよく訪れた場所。タクミにとっては思い出の場所。だから今回リクエストしたんだな。
もちろん私にとっても懐かしい場所で、息子たちとの思い出もいっぱい詰まっているんだけど、あまり表に出すと王子に悪いと思って、そういう気持ちはしまっておきました。付き合ってくれた王子には感謝。
久しぶりに訪れた場所は、なんだかだいぶ寂れていてかつての賑わいも薄れていて、ちょっと残念な感じではあったけど、美味しいソーセージを食べたりビールを飲んだり、夕暮れのベンチで3人で並んだりしたのはよかった。豚さんの上に乗っかってはしゃぐあの頃のタクミや3人の息子たちが広い芝生の上で追いかけっこする絵ももう見ることはないと思うと、切なくて苦しくて胸が痛くなる。だけど時間を止めることはできないから、今をちゃんと生きなきゃってところに、結局は行き着くんだよね。思い出はちゃんと繋がっていって“今”を作ってるものだから。
晩ごはんには、大きなトンカツを食べてお腹ぽんぽんに。コテージでごろんとなって、缶ビールを飲みまくったり、タクミと一緒におつまみ食べたりしたのもよかった。
どおってことのないこういう時間が全部宝もの。この時間が過ぎていくことが切なくてたまらないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 7日 (土)

春だな

 1時間寝坊してあわててニコ弁作り。今日はメロディヨガ部の日。
ぎりぎりで間に合って王子を起こし、朝ごはん抜きで向かう。
新入部員が3人もいて“春”って感じ。新たに何かをスタートさせるにはいい時期なんだろうな、春って。
そんなことを部員みんなでシェアできた時間もよかった。これから始まる何かを期待して胸躍らせる時!というのがビンビン伝わってきて、部員みんなから自然に笑みがこぼれる感じもすごく良かった。いい波動に包まれてるぞ、ヨガ部。
肝心のカラダはというと、今日もガチガチで、そのガチガチなところに呼吸を流してあげたら、カラダがありがとうと応えてくれるのが分かっておもしろかった。ヨガって、カラダ(自分)との対話なんだな。
そういうことが少しずつだけど、リアルに感じられるようになったことは、ヨガを始めて一番よかったことだと思う。
りえちゃんの娘っ子も1歳になって、その成長ぶりには驚かされるばかりだけど、それとともにりえちゃんの母っぷりもどんどん上がってくる感じにも毎回感心させられる。子と親は共に成長していくという絵を目の前で見せてもらっているような。親子ってすごいなぁ。母ってすごいなぁ。人類ってすごいなぁ。
 帰り道に、ふたりしてはずかしいジャージのまま仕入れに行き、私はそのまま仕込みに突入。王子は仕事の打ち合わせで出かけて行った。なんだか忙しいけれど、ヨガ効果のせいか、気持ちはあたふたしていない。
 夜はご近所さんが来てくださって遅くまで営業を頑張った。気づいたら朝?!みたいな時間になっていたのには驚いたけど。
明日(すでに今日)はタクミの誕生日祝いと卒業祝いをかねて、久しぶりのお出掛けなので、とりあえず早く寝よう。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 6日 (金)

おもしろいな

 人からされたことのない優しさ(のようなもの)をもらうと、「これって何だろう?」と、自分の中で経験したことのないこの感触に最初は戸惑うのだけど、しばらくするとそれが愛情のひとつのカタチだということが分かって、そのとき初めて「自分、狭いな」ってことに気づく。
もしかしたらそういうさりげないものの中にあるものこそが、本当の優しさとか愛情っていうものなのかもしれないなぁ。表面には見えないんだけど、心のすみっこがくすぐったくなるような、、、そういう感触のもの。
今日はそういう出来事がいくつかあって、いろいろ考えさせられる日だった。
 夜は、ふらっと寄ってくださったおっちゃんが、自分の人生体験をおもしろおかしくお話してくださって一緒に笑いあったりして最高だった。内容はけして楽しく陽気なものではなく、どちらかといえば今の我らが聞いてもヤバイ内容だと思うのだけど、おっちゃんはずっと笑いっぱなし。自分の人生をここまで笑い話にできちゃうなんて、ある意味すごい。
おっちゃんが、「人生、いろいろあったけど、そこで出会った人がみんないい人たちだったから、オイラはここまでやってこれたんだ」 みたいな話をしてた。私的にはそういうおっちゃんの人柄があってこその出会いだったと思うところだけどね。
かつて、東京駅の中にある蕎麦やさんで仕事をしていたというそのおっちゃん。あまりの忙しさに入ってくる客がみんな憎らしく思えてしかたなかったそうで、半年で辞めたそうだ。そんな過去があるおっちゃんが、今になって当時のお客に詫びる気持ちを込めて、自ら蕎麦打ちを始めたとのことだけど、この展開もおもしろすぎると思いませんか。
さらに、その打ちたての蕎麦を、なんと初対面の我らにお裾分けくださったのも。
おもしろいな、おっちゃん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

いろいろ満載な日

 いろいろあった一日。
午前中はフラメンコへ。感情が高ぶると肩に力が入ってしまうという悪いクセがなかなか抜けず。そのたびに師匠に、「お腹で踊るのよ!」(腹芸ではない)とアドバイスいただくも、これがほんとにむずかしくて。つまりお腹の中の中のほうにあるものだと思うのだけど、情熱とか魂とかに通ずるものなんだろうな。深いぞー。
 帰りに王子に迎えに来てもらったのはいいけど、走ってまもなくガス欠で車が止まるというアホな事態にみまわれる。安全な場所まで車を押して、そのあと走ってガソリンを買いに行ったりして。もう恥ずかしいったらありゃしない。
5ℓのガソリンを補充し、仕入れに行き、帰ってきて仕込みして、寝不足解消のため無理やり昼寝したり、なんだか慌しくて、寝たんだか寝てないんだかびみょうな感じ。
 夜は勉強会に行く王子を見送り、今夜はひとりで店を開ける。開店と同時にパタパタとお客さまが入ってきてくださって、あっという間にカウンターはいっぱい。なんでこういう日にかぎって王子がいないんだー!と文句言ってる暇もないくらいフライパンを振りまくったりドリンク作ったり。
途中で、まいちゃんとかゆかちゃんとかも来てくれてみんなで和んだのがよかった。ちょうどテンパってたときだったので彼女たちの顔見たらいっきに緊張がほどけちゃったー。
 閉店後、王子の勉強会の報告を聞きに近所のファミレスへ。普段はほとんど自分の話なんてしない王子(男の人はそんなものです)なんだけど、勉強会の日はたくさんしゃべってくれる。きっとものすごくハートに響いたということなんだろう。今日もいい顔してたし、王子。
 そして深夜に帰宅。なんだか濃い一日だった。
 実は今日、タクミの中学の卒業式だった。昔の旦那さんが卒業式の動画と学生服姿のタクミの写真を送ってくれた。感謝の気持ちは尽きないし、そんな言葉だけでは言い尽くせない想いはいっぱいあるのだけど、その先に思うことは、私は私の人生をしっかりと生ききるのが責任、という場所にいつも行き着くということ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 4日 (水)

男のプライド?!

 実は、昨日の話には続きがあった。
あのあと他のお客さんがみんな帰られて、その方と我らだけになって、そうなると当然、イビリの矛先は我らに向けられた。まぁ最初は、「いつものが始まった始まった」くらいにしか思っていなかったんだけど、その方の酔いに勢いがついてきたときに、気がついたら王子とその方とのバトルが始まっているでは!きっと王子の触れられたくない部分、触れられちゃったんだろうね、、。なんとなく予想はつくけれど。
それにしたってこういう場合、どんなお客であろうと、店はお客さんに嫌な思いをさせてはいけないというのが絶対ルール。とはいえ、そういう状況の中にある王子にそれを言ったって通じるはずもなく、ふたりのバトルはそのあともしばらく続いたわけなんだけど。私は私で、まったく困ったふたりだなーと、第三者のふりしてそのやりとりを眺めておりましたけどね。(そうするしかなかったのよね)
 とまぁ、ここまでは昨日の話。
そして今日。またしてもその方はやってきたのでありました。当然、昨日の怒りとモヤモヤがまだ冷めていない王子としては、とても複雑な表情でお迎えしてたけど。(顔に出すなっちゅーの。)
さすがに今日はバトルにはならなかった。そしておそらく、その方は夕べのことを申し訳なく思ってわざわざまた来てくれたのだと私は思った。気にかけてくださったのだと思うのだよね。なんとも優しいじゃありませんか~。
でもね、そんなこと言ったって、王子はそんなことみじんも感じてなくて、ただただ消せない怒りに今もまだ腹ん中をふつふつさせてる最中。
まったくこのふたり、今後いったいどうなるんだろう。
私的には、可愛がってもらってると思うのだよね、王子が。ありがたい話だと思うのだけど。なんで分からんかなー。
男ってこういうとこめんどくさーい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 3日 (火)

カウンターの上の物語

 もしかしてもう来ないかもしれない、、、と思っていたお客さんが、久々にお顔を見せてくださってほっと一安心。実はその方には失礼かと思ったけれど、どうしても言わなきゃならないことがあったので、先日思い切ってその旨を伝えてみたのだ。
お酒の席とはいえ、ほかのお客さんが気分を害するようなことは言ってはいけないし、うちとしては営業妨害にもつながることなので、なんとかしなきゃとずっと思ってたのだ。人生の大先輩でもあるその方に、こんなぺーぺーな自分が言うのはなんともおこがましいことなのだけど、ここは店としてきちんと伝えるべきことだと思って。
その一件以来、しばらくお見えにならなかったので、つまりはそういうことなんだろうと思ってた。
けして悪い人じゃないし、そのことは我らとしてはじゅうじゅう分かっているんだけど、その方のそういう部分を理解できる人ってなかなかいないと思うのよね。我らもさんざん言われて、言い返して、お互い腹割ってしゃべって、ようやくその方を理解できるようになった。口が悪いのもイジワルではなくて、その方の独特の言い回しがあって、それがなんとも鼻に付く言い方だったりするから嫌われちゃうんだと思う。いちばんおもしろいのは、ご本人さんが「俺ってどうしてみんなから嫌われるんだろう」とか普通に言ってるところ。ご自身でも分かっていて、でもつい言っちゃう、、、みたいな。ある意味この人って、ものすごーくピュアで小学生みたいな人なんじゃないかなって思う。
 カウンターの店はこういう物語があるところがおもしろいところだし、むずかしいところでもあるのだけど、今夜その方がふらっと入ってきて、いつものように憎まれ口をたたき始めたからこちらとしてはひやひやしてたんだけど、他のお客さんのほうがパワーアップしていて、「何を言われても私は負けませんよ!」みたいな空気を出していたので、すごい!と思った。さすがうちのお客さんだわっ。
やっぱり夜のカウンターっておもしろいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 2日 (月)

好きだなぁ、この感じ。

 北名古屋のときに愛用していたスモーカーを先週あたりから復活させて、毎日スモーク三昧。自分まで燻されて香ばしい感じに仕上がってます、、、。
最近のヒットはポテトチップ。燻すだけで、お菓子が酒のアテになっちゃうから、煙の仕事ってすごいな。もうしばらく、この燻し生活も続きそう。
 夜は地元のお馴染みさんやご新規さんや、いろいろ来てくださってみんなで和んだのがよかった。
それにしてもこの土地の人たちはとにかく地元愛が熱い。昼間はそれぞれに働いていてそれぞれの日常を抱えているんだけど、夜になるとどこかの酒場に集合して若者も年配者もみんな一緒になって酒を呑む。昭和っぽいし、みんな家族!みたいなこの感じ、すごく好きだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 1日 (日)

タイムスリップ?!

 ピアニストゆかちゃんのコンサートへ。迷子になりながらなんとか到着。と~ってもオシャレで可愛らしい会場でこういうチョイスも彼女っぽいなぁと思った。
ピアノの前の彼女は高校生の頃とぜんぜん変わっていなくて、タイムスリップしたみたいだった。彼女が教えている生徒さんやご父兄の方たちもたくさん来ていて、ゆかちゃんはこんなにも愛のある人たちに支えられているんだなと思ったら、なんだか同級生として嬉しかったし誇らしかった。そして会わなかったここ20年もの間に、彼女が積み重ねていたものの大きさを感じずにはいられなかった。
卒業とともに音楽から離れた自分としては、その後もずっと音楽に携わって演奏家としても先生としても頑張り続けた彼女を尊敬してしまった。つまりそれって本当に音楽が好きということなんだろうけど、彼女の場合ただただ好きというのではなくて、その想いを生徒さんたちと分かち合っているところがすごいと思った。そういう演奏会だった。だから会場の中には愛がいっぱいあったし、先生(ゆかちゃん)が弾くピアノを子供たちが目をキラキラさせて見てたのも。
若いうちにこういう先生に出会っていたら、我がピアノ人生も変わってたかもしれないな~。
とにかく、同じ時代を共に過ごした友人が、こうして今もまだ舞台で活躍していると思うと、自分も頑張らなきゃなぁと思う。何を頑張っていいのかがよく分からないのだけど(そういうレベル(泣))とにかく勇気をもらった。音楽っていいな、ピアノって素敵だなって、原点に返ったみたいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »