« じっと。 | トップページ | 子供頃の記憶 »

2015年2月25日 (水)

出会いと別れ

 「実はね、明日引越しなんです」と、閉店間際にひとりのおじさまがふらりと入ってきた。
年末の寒い夜に、外でコーヒーを飲みたいと言ってきためずらしいお客さまがいた。お顔を見てすぐに分かった、あのときのおじさまだ!って。
うちは酒場だし、コーヒーなんてメニューにはないけれど、自宅用に買い置きしていた豆があったので入れて差し上げたら、「これは美味しい」とおかわりしてくださった。そのときはたしか、王子と外のベンチで白い息をはきながらおしゃべりしてたと思う。こんな寒い日にわざわざ外でお茶するなんて、物好きな人もいるもんだなぁというのがそのときの印象だった。
 お客さまと店という関係はあるところで一線を引いていないと成立しないのだけど、でもやっぱり人間どおしの関係というのは、すべての根底にあるものなので、情が湧くのは当然だと思う。きゅうにお引越しされると聞いて驚かないわけがない。たとえ一度しか会っていなくても、その言葉を聞いて王子も私もとても淋しい気持ちになったのはたしか。
出会いがあれば必ず別れがある。出会いと別れはセットになってる。
そう思うと、誰かと出会う一瞬一瞬を大切にしていきたいと思う。
 ちなみにそのおじさま、普段はほとんどお酒が呑めないのに今夜は無理して(か、どうかは定かではないけど)ウィスキーをお飲みになっていた。東京にお引越しされるそうだ。「もう2度とこちらには戻ってこないかも」とおっしゃっていて、そのあと帰り際に「もっと早くここで出会えばよかったかな」と言っていたその背中がとても淋しげに見えたけど、これも出会いというものがあったからこそ、生まれてくる感情なんだよな。

|

« じっと。 | トップページ | 子供頃の記憶 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/59069430

この記事へのトラックバック一覧です: 出会いと別れ:

« じっと。 | トップページ | 子供頃の記憶 »