« お出掛け。 | トップページ | ちよっと復活 »

2015年1月21日 (水)

たいへーん

朝起きてびっくり。
外国に来た気分でいたら、ここはもはや箱根か熱海か、って感じ。宿があるタモン地区はほぼ日本人観光客で固められている。すげー。
そんな中、王子も私もなんとなく身体の調子がおかしくて、息をはぁはぁさせながらもバスに乗ってお買い物へ。ブランドショップが立ち並ぶ中、我らが向かうのは地元のスーパーマーケット。
ハワイ島でもさんざんお世話になったKマートだ。日用品から食品酒類、王子の好きなオモチャなど、なんでもそろう。
カートを押しながらも、だんだん我らの体調が大変なことになってくる。「気持ち悪いねー」「お腹痛いねー」と言い合うも、そのうち買い物どころではなくなってきて、二人して順番にトイレに駆け込むという始末。なんでここまできてこうなっちゃうのよーと自分たちの体に文句も言いたくなる。本当に苦しいんだもん。ヘロヘロになってなんとか宿に戻ってくる。
どうやらゆうべのポテトサラダがあやしい。
それからというもの、熱が上がってきたり、上からも下からも出るものは全部出きってしまって、体がすっかり薄っぺらくなってしまった。
王子が「せっかくきたのにさんざんだね」と言ってたけど、こればっかりはどうすることもできないので、グアム珍道中〜♪という思い出のひとつになればいいと思う。
それにしてもグアムのこの湿度、名古屋にそっくり。南国というよりアジアのにおい。タモン地区はありとあらゆることにお金がかかるシステムになっていてさすがたなーと思った。若い子たちがブランドショップで買いあさる姿はバブルのあの頃を彷彿させて頼もしかった。
 夜はチャモロヴィレッジの名物屋台に足を運ぶが、ヘロヘロの我らは食べ物を見ただけでも吐き気がするというまさにツワリみたいな状態になっているので、なにも食べず雰囲気だけ味わってさっさと帰ってきた。それにしても屋台の現地のお兄ちゃんやお姉ちゃんの体型と売ってる食べ物の関係がなるほどなーという感じで、これを食べたらこうなるというのがあまりにも分かりすぎた。弱った体には到底無理な食べ物。
 寝ようと思えばどれだけでも眠れるし、体はしんどいけど、横になれる幸せというのは今の我らにとってはなにものにも変えがたい。久しぶりに味わったかも。
しくしく泣く胃袋のこの感じ、普段どれたけ我慢したり耐えたりして君は頑張ってくれていたんだろうと、自分の体を思い切り労ってあげたくなった。
身体はしんどいが、意識がどこかに飛んでいっちゃってるぶん、素直な身体の感覚だけに目を向けてあげられる。辛いけど、なかなかおもしろい体験かも。あー、でもやっぱりしんどい。(泣)
4290 すべてがヘビー級な屋台の食べもの。お祭りみたいで楽しい。(俺たちは楽しめなかったけど)
4291 おかずをいろいろ選べてワンプレートに盛り付けてくれる。

|

« お出掛け。 | トップページ | ちよっと復活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/58685573

この記事へのトラックバック一覧です: たいへーん:

« お出掛け。 | トップページ | ちよっと復活 »