« 寒いっ。 | トップページ | すき間 »

2015年1月24日 (土)

ありがとうの気持ち

 立ち止まって考えたり、頭悩ましたりしているときに来てくれるのが、北名古屋のときからのお客さんたち。これってほんとうに不思議なもので、今日もおもしろいくらいに集結していたのでびっくり。
お客さんどおしが「またお会いしましたね」みたいな挨拶を交わしていたのも、いいなぁと思った。そして北名古屋時代は自分の中では短かったように思えたけれど、あのとき培ったものは大きかったのだと、今にして思う。お客さんを区別してはいけないけれど、やっぱりあの時代からのお客さんていうのは、自分にとって家族のようなもので、うちの店のいいところはもちろん、ダラっとした部分ひっくるめてすべてを受けいれてもらっているように思えて、料理していてもとても楽な気持ちでいられるのはたしか。「さ~、今から美味しいの作るからみんな待っててよ~」みたいな、まさに家族のゴハンを作るお母さんみたいな気持ちでいられるのもこの人たちだからこそ。
でもこれも、今思えば年月が積み重ねてくれたものなんだろうね。短いように思えたあの時代、自分たちなりに見えない何かを確実に積み重ねていたのだと。
そう思ったら、まだ始まったばかりの中小田井での生活においては、何もつかめていなくて当然なのかもしれない。いつもどこか気を張っていたり、構えていたりする自分がいるのも当然だし、緩くいようったって今は無理。いっぱいビビってるし、こわさといつも隣り合わせだし。
そんな自分が果たしてこれから何を築き上げていくことができるか、、、もちろん分からないけれど、ビビリのこの自分のまま、毎日を積み重ねていこうと思う。我らには強い味方がいるって、今日確信したもん!北名古屋時代のお客さん、ほんとうにありがとう。いつか私の中で、北も中も一緒になるときが来るはず。

|

« 寒いっ。 | トップページ | すき間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/58696748

この記事へのトラックバック一覧です: ありがとうの気持ち:

« 寒いっ。 | トップページ | すき間 »