« 困っちゃうよなー | トップページ | 遊ぶ »

2014年12月27日 (土)

時間から教わった

 時間が束になって過ぎてく。いちいち感じたいと思っても、そんな余裕なくって、頑張って前をむかなきゃならない。淋しさとか哀しさとかに、いちいち浸らなくていいぶん、楽なやり方かもしれないけれど、どんな状況においても人の心って、あらゆる感情をキャッチしているので、きっとワインの澱みたいに自分のどこかに蓄積されているんだと思う。ときどき、見てあげなきゃなぁ。
しかしながら、ここ1ヶ月間のバタバタ生活の中で、そういう術を身につけたということはいいことなのかも。今までの私だったら、いちいち凹んだり落ち込んだり、そこからなかなか立ち直れなかったり、そりゃぁ大変だったし、周り(王子)も巻き込んで迷惑かけたりしたもの。
今は“とりあえず手放す”というやり方になってきて、ちょっとだけ軽くなった感あり。なにせ、手放してあげないと重すぎて前にすすめないのだ。これ、捨てることでもなく、忘れることでもないので、あとになっても振り返ることができる我ながら便利な方法だと思う。
時間に背中押してもらいながらきたこの1ヶ月。“時間”から教わったこと。

|

« 困っちゃうよなー | トップページ | 遊ぶ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/58399893

この記事へのトラックバック一覧です: 時間から教わった:

« 困っちゃうよなー | トップページ | 遊ぶ »