« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

日曜日

 日曜日がこんなにも待ち遠しいなんて。毎日があっという間に過ぎていくのに、カラダとココロが追いついていなくて、ちょっとこのへんで呼吸を整えなくちゃの日曜日。
忙しいとかではなく、新しい日常に気持ちがついてっていないということ。なるべくなら刺激の少ない生活をのぞみたいものだけど、なかなかうまくはいかないものね。この歳でこういう経験ができるのもありがたいことかもねと、受けとめることにしよう。
 今日はタクミがやってきて、お昼に美味しいハンバーグを食べに行ったり、コストコ行ったりしていつもの日曜日っぽく過ごせたのがよかった。見るたびに大きくなっているタクミの成長ぶりに、母として淋しさを感じつつある今日この頃であるが、コタツに首までもぐってる姿とか、ゴハンのあとに「チョコ食べたい」とか言ったりするタクミの子供の一面に、どこかほっとさせられる。まだまだおぼこいなぁって。
 そんなこんなで、日曜日といえどココロはいろんな感情に振り回されてヘトヘトになるんだけど、もっと強くなれよ自分!と言い聞かせつつも、日曜の夜、特にタクミが帰っちゃったあとはいろんな意味でふにゃふにゃになる自分である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

手探り

 午前中に仕入れと仕込みを済ませ、午後からワインの試飲会へ向かう。酔っ払うまで飲んだらダメよと事前に警告してたのに、ばっちりな仕上がりの王子。相変わらずである。
駅前の回転寿司をちょいちょいとつまんで帰ってくる。帰りの電車では爆睡の王子であった。
夜は知ってる面々初めてお会いする面々が、皆いい感じにお仲間になっていたのがよかった。お店の醍醐味ってこれだよな~って思う。
遅がけにいらしたダンディなおじさまに、いろいろ突っ込まれて小さくなってた王子が可愛かった。こういうところ、ほんとにピュアにできてる、王子ってば。
 開店して1週間が経った。慣れないことがいっぱいだし、時間の使い方にも戸惑ってるし、自分たちの生活はめちゃめちゃだし、なんとかしなきゃいけないこと満載なのだけど、とりあえず1週間出来たこの自分にお疲れ様。少しずつ手探りでやっていこうと思う。まだまだ不安いっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月28日 (金)

女って。

 店のことで頭いっぱいで、自分たちのごはんを作っている気持ちの余裕がなくて、どうしてもそのへんのものでちゃちゃっと、、、みたいな食生活になっているのをあまり良く思っていない王子。そりゃそうだよね。今日も「美味しいごはんが食べたいよー」と子供みたいにすねてました。
でもね、でもね、店で頑張って、家でも頑張るってなかなかできないというのが正直なところ。お茶漬けサラサラ~とかでいいわけ、私。家ではユルっとしたいのよ。
このへんのことを解決するのが今の我らの課題。王子の機嫌をそこねないようにしなくては。
普段は表に出さなけど、結構いっぱいいっぱいなのよね私。少しでも家事を手伝って欲しいというのが今の願い。面と向かってそんなこと言えないので、どうかこの気持ち、王子に届きますよーに、、、とお祈りしておこう。
女って大変よね、、、。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

あらあら

朝いちばんでフラメンコのレッスンへ。フラメンコももちろん大事なんだけど、電車に乗るとか、ひとり行動するとか、黄金色に染まるイチョウの街路樹の下を歩くとか、仲間とおしゃべりするとか、、、普段の自分の日常には無いことばかりなので、すべてが新鮮。
人との距離がいろいろむずかしい自分にとっては、仲間とおしゃべりするのだって大変なことなのだけど、カラダを動かしているうちに何かが通じる瞬間があるんだよね。壁を一気に乗り越えられるみたいな。言葉が苦手な自分みたいな人間には、自分を表現できるツールが必要なんだと思う。自分の料理と同じだな。
帰ってきて店の仕入れへ向かう。引っ越してきていい感じの酒屋さんを見つけたのはいいけれど、王子がそこの店長さんをどうしても気に入らなくて、今日たまたま会計ミスを見つけて再来店したときに、こういう場面では絶対に怒らない王子がきゅうに上から怒鳴りつけていたのにはびっくり。おそらく王子は会計ミスのことを怒ったのではなく、いつ行っても愛想のない店長さんの対応とか雰囲気とかに苛立ちを覚えていて、それが一気にこの一件で噴き出したのだと思う。店員さんもおびえるくらい怒鳴るものだから、こっちはハラハラ。しかも今後もお付き合いしていかなきゃならない酒屋さんなのに。ほんとにこまったわ。
まぁ、意外な王子の一面を見れたのはおもしろかったけど。
 夜はお客さんをむりやり(?!)自分の呑みにつき合わせていた王子。いろいろ溜まってるのね、、、。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月26日 (水)

マイペース

 なかなか慣れない新生活。仕入れ、仕込み、ひとりでやってるとあっという間に夕方になっちゃう。カラダとココロのペースをちゃんと保ちつつ頑張っていこうと思う。若い頃にはできた無茶な生活はもう無理。しっかり寝ることとか、きちんとゴハン食べることとか、風呂に入ることとか、そちらを優先していきたいものだよ中年生活。
 久しぶりの母ちゃんからの電話で「のんびりやっていけばいいじゃん」みたいなことを緩く言われて、肩の力がふっと抜けた自分。今までで一番染みてきた言葉だった。
4264 お昼に作ったボンゴレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

流れる

 落ちてるときはとにかく動いてみるしかない、というのを実感する今日このごろ。頭で考えるから重たくなってしまうのよね。人間って複雑なようで、実はものすごく単純にできてるものなんだよなぁ。
 朝いちばんで保健所に行き書類を提出しに行き、帰りに仕入れをして戻ってきて仕込み。流れるように動き、そして時間が過ぎていく。たったこれだけなのに、時間の波にちゃんと乗れている自分を確認して嬉しくなる。自分の中のこだわりが出っ張ってるときは、この流れに逆らおうとしてる。こだわりを手放しさえすれば、こんなに楽チンになれるのにね。
 夜は北名古屋の常連さんだったM氏が来店してくださって、健康の話、美容の話など、ためになるお話をたくさん聞かせてもらう。相変わらず歩く百科事典みたいなお方だ。我々がごはんを食べるみたいに、あらゆる知識や情報を蓄えていくことが、M氏の健康の秘訣だお思った。体脂肪率一ケタが目標だとおっしゃっていたけど、個人的にはもうこれ以上痩せないで、と思うところ。そういうストイックな部分もさすがという感じ。
 さんざん糖質制限とか健康の話を聞かせてもらったというのに、我らは今日も深夜にガッツリ山盛り飯を喰らう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月24日 (月)

凹み~

 お店は開店したけど実生活はめちゃくちゃ。部屋もぐちゃぐちゃ。階段は荷物置き場になっていて歩く場所がない、、、。などなど、潔癖ではない自分だけれど、こういう生活の基本みたいなところがきちんとしていないと仕事できない性分なので、その旨、王子に伝えると、「ずっと店の手伝いしてきたんだから今日は俺の仕事をさせてくれ」とバシっと言われて凹む自分。「させてくれ」ってその言い方なんとなく嫌だなぁ。
凹みつつ、すべてを仕切っているのは王子なので勝手に片付けできない&モノひとつ動かせない、、、そのストレスをどこにぶつけていいのやらで、恒例のプチ家出を実施。駅前の本屋さんで立ち読みして帰ってきただけだけど、、、。
 夕方、ケンカしながら近所のauショップに行く。手続きの変更するのに軽く2時間待たされるこのシステム、毎回なんとかして欲しいなぁと思う。その間にNちゃんから電話もらったりして、彼女の声でちょっとだけ元気になり、帰ってきて2件隣のスナックのママにご挨拶しに行ったら、「がんばってね」と声をかけてもらったり、、、人間はちゃんとどこかで誰かと繋がって生きてるんだなぁ、というのを実感。独りだと強がってる自分の傲慢さに気づかされたことだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月23日 (日)

正直ね

 今日は休み。いろいろ環境が変わって、知らぬ間に溜まった疲れがどっと出てくる頃。とにかく開店させることだけに集中していたここ2ヶ月、足元にあった大事なものや感情を味わってあげていなかったツケが今になってまわってきて苦しい、という感じ。人間の体は正直にできてるし、その体に染みている感情もありのままだ。なんとなくしんどいな~と思うのはSOSのサインなので見逃さないようにしようと思う。今日は一日中、わけもわからず泣いてた自分だ。
良くも悪くも敏感にできているこのカラダとココロ。へなちょこと言われても仕方ない。これが自分だもん。
そんなこんなで気持ちは落ち込みっぱなしだったけど、頭のすみっこでは料理のこと考えてる自分がいて、まだ自分の中に残ってる力を見つけてほっとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月22日 (土)

ゆるゆるでごめんよ

 時間がかたまりになって過ぎていく感じ。やることいっぱいだし、でも出来てないし。自分の中で今の着地点を見つけることのほうが大事かも、とも思う。
店の仕事は今日も手探り。お客さんに「ここは何のお店ですか?」と聞かれて「決めてないです」と答える私。相変わらずこういう部分はダメダメだしユルユルだけど、こういうやり方しかできないから仕方ない。お客さんに色づけしてもらおう。自分の中にある揺るがない一本の線みたいなものだけは大事にして。
 遅がけに近所のサチコさん夫妻が来てくれてニコニコに。しかし王子が無理やりふたりを自分の呑みにつき合わせていて、ほんとにごめんよ、という感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

ちょっとずつ

 ついにオープンの日。といっても、昨日の助走があったお陰でなんとなく気持ち緩やかにスタートできた。ほっ。
場所は変わっても、台所に立つときの気持ちは一緒だ。かっこつけようったってここでは無理。そのまんまの自分が出る。ある意味こわいけど、鎧がないぶん軽くて楽ちんだ。
「ひょっとして誰も来ないかも。万が一、来なかったとしても初日だし、しょうがないよな。そうだそうだ。落ち込むな順ちゃん」などと、事前に自分を励ましたりしてその部分だけは準備万端にしておいたら、なんとご近所さんがきてくださった。見事な裏切り~。わーい。
王子と私が外でペンキ塗りしたり作業している様子をずっと見てくださっていたそうで、嬉しいじゃないのよ。こういう繋がりっていいな~と思う。お店やっててよかった。
そのあとワカちゃんファミリーもやってきてみんなで和んだりして、個人的には、かわいい娘さんと遊んで元気を充電できたのがよかった。
新しい地に来て、不安もいろいろあるけれど、ちょっとづつちょっとづつ馴染んでいければと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

お試し運転営業~

 お店、プレオープンの日。
まだこのキッチン馴染めていない自分の不安だらけの幕開け。でもとりあえずスタート切らなきゃ始まらないじゃん!と思って。なんでもそうだけど、この最初の一歩が勇気がいるよのね。なので、モジモジしてるんだったらさっさと一歩踏み出しちゃったほうが楽かと思って。
 久しぶりに会う面々との再会。自分はこの人たちに支えられてきたんだなぁというのを実感。作る人間がいて、それを食べてくれる人たちがいて、初めて料理として成立する。料理って心のコミュニケーションだなと思った。
そういうことを、カウンター越しで身近に感じることができるのが今回の店だ。お客さんの顔見ながら料理できる幸せよ。しかし私の、あたかも図工の時間?!理科の実験?!であるかのような料理現場が丸見えなことが難点。この部分は実は王子が一番心配している点であるのだ。あぶなっかしい場面ばかりですが心を込めてちゃんと作っているのでどうか温かい目で見守ってやってください、、、。
それぞれ別々に来たお客さんたちが、なぜか顔見知りたっだり知り合いだったり、初対面でも勝手に仲良くなっていたりして、そういうのを見てるのが一番幸せ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

走るまわる~

 今いちばん大変なのは、備品を買いに走りまわること。ホームセンターをはしごする毎日だ。食の部分はもちろん大事。でもなによりまず、自分たちが気持ちよくいられる空間を作らねば。それがお客さんに伝わるからね。
などと、走り回ってばかりいるので肝心の仕込みのほうがちっとも手につかないというのが悩み。住まいのほうの狭~い台所生活にも、なんだかんだ2ヶ月も経つと結構馴染めちゃっていて、そこからまた新しい空間へとなると、これがなかなか大変。しかしこればかりは焦ってもダメで、積み重ねていくしかないのよね。若い頃はこれが分からなかったから、大きな一歩ばかりを目指して常に地に足が着かない状態だったよな。
 夜になってようやく食材の仕込みに入る。といっても、メニューが決まっていなくてどこから手をつけてよいのやら。最近、この自分の傾向に気づいたのだが、結局そのときの気分とか雰囲気とかで作りたいので、前もって考えられない、、、ということらしい。
食べものも生きてるし、自分も生きてる。生きてるものどおしが、いいタイミングで向き合うのが最高なことだと思う。
などと言っているけど、やっぱりあるていど準備はしなきゃね。お店やさんだし。がんばろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

ぎりぎりー

 やること山盛りでご飯食べてるひまもないという感じ。何年かにいっぺん訪れるこの感覚、大事に味わおう。なんて、実際は、そんな余裕もないくらい気持ちはぎりぎり。自分たちで決めた目標なので、とりあえず果たさなくてはと思う。
王子とケンカしながらも、なんとか一日を終えた。なかなか計画どおりにはいかなくて、若いときなら絶対になんとかしてやる!っていう闘志みたいなものはあったけれど、さすがに今はなく、できないんだから仕方ないじゃん!という開き直りのようなものがあるのを感じる。なんでも開き直っちゃうのも問題だけど、この部分があるから、なんとか生き延びてるような気がする。こういう心の余白はいつも持っていたいものだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

ねむーい

 夕べ(今日?!)のお酒が抜け切れない王子は、いかにも「もう大丈夫」を装っていたけれど、一日じゅう顔赤いし、酒のにおいぷんぷんだし、二日酔いバレバレ。私に怒られないようにと、がんばっていたのでしょう。
しかしながらそんな王子を気づかう余裕なんかまったくなく、店の準備にいそしむ。やっとお店にエアコンがつく。そしてキッチン道具の整理やら、足りない備品を買いに行ったり、その途中で北名古屋の家の片付け(まだやってる)にも寄ったりして、あっという間に夕方になってしまって、どれだけ時間があっても足りないという感じ。このギリギリな感じ、嫌いだな~と思いながらも。
一方、王子はというと、自分とはまったく逆で、こういう状況の中でもぜんぜん余裕。しかーし、余裕なのはいいけど、いつも最後の最後で肝心なポイントを逃す(詰めが甘い)という彼のシナリオを知っているので、これもどうかなぁという感じ。彼のその、あらゆる物事に動じない という姿勢だけは見習おうと思う。すべてにおいてオッチョコチョイで生きてきた自分にとって彼の存在は大事。
 それにしても、夕べは王子の帰りを待っていたため一睡もできなかった。さすがにしんどいお年頃。まだまだやること山盛りだけど、今夜は早く寝て明日に託そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

男って、、、

 王子の本番の日。今日は北名古屋消防団の観閲式。
王子がぜったい見に来てっていうので、電車で向かう。

4261_2  普段なかなか見ることのない消防車を間近で見ることができる。
4262 行進などの集団行動の様子。2週間の集中練習の効果あり。かっこいい。
4263 王子がどこにいるのか分からないけど、この中にいると思ったらすごいな~、である。

 日頃の訓練の様子などをお披露目するというのがこの観閲式。式典というだけあって、すべてが整えられていて完璧なカタチになっていたのがすばらしかった。この目の前の人たちが、我々の命に寄り添う役目を担っている人たちなんだと思うと、その感動もひとしお。見ていて涙が出てきた。ヒーローってかっこいい。
こういうのは見ておくべきだなぁと思った。前の席に座っていた老夫婦もハンカチで涙をぬぐってた。自分と同じ気持ちでいるんだろうな。
 そんなこんなで忙しい王子は、今夜も飲み会やらで夕方いそいそと出掛けて行った。一方、ひとり留守番の自分は近所のスーパーへ。日曜日の夕方のひとりスーパーほど淋しいものはないなぁ。いろいろ過去をしょちゃってる分、淋しさの重みもずしっとくる。家族連れ見るたび泣いちゃいそうだよ。結局なにも買わずに帰ってきて、そのへんのパンとかおせんべとかかじって今夜はおしまい。ひとり飯ほど味のしないものはないものね。
そんな中、王子は今夜も連絡無しのまま、なんと朝帰りであった。(この日記は次の日に書いてます)朝帰りとくれば、ひょっとしてオネエちゃんとアヴァンチュール?!などという予測はつくが、もはやそんなことでおびえるような自分ではないので(そういう時期はとっくに過ぎた)どうでもいいけれど、連絡くらいしろよ!って思う。ほんとに。
まったく甘いったらありゃしない。昼間の感動が一気に冷めちゃった。
男って、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月15日 (土)

寒い~

 4260 晩ごはん。鶏ハンバーグゴルゴンゾーラのソース

 一日、ダンボール開け作業。王子は明日の本番に向けて消防団のお勤めへ。
やること山盛り。でもなかなか進まない。月曜日には保健所の立ち入り検査あるし、気持ち焦りまくり。エアコンもまだついてないし、、、寒いなー、、、などと、気持ちはなんとなく落ち込みがちだけど、少し離れた位置から今を見直してみると、「たいしたことないじゃん!」ってなる。この距離感、大事だ。 だって、誰に迷惑かけるわけじゃないし、結局はすべて自分しだい、自己責任ってこと。追い込むのも甘やかすのも自分しだい。この匙加減が難しいところだけど。日々、この繰り返し。
 それにしてもマジで寒くなってきた。住まいのほうは後回しにしても、とりあえず店にはエアコン入れなきゃなぁ。唯一、北名古屋から持ってきたコタツでなんとかしのいでいる今、首までもぐってこの日記を書いてます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月14日 (金)

さびしいのう

4259
4258 晩ごはん。ホットポテトサラダ、鶏手羽とゴボウの黒酢煮

 工事の最終チェック。これでほんとに終わっちゃったんだぁ。さびしいなぁ。
ありがとうございました、お世話になりましたと心からお礼を言う。北名古屋のときもそうであったように、私の中の「やばい、くじけそう、、、」ってタイミングのときに、いつもこの人たちに心を救ってもらっているように思う。たぶんこの人たちは、物質的なものをただ形にする人たちじゃなくて、心を形にしてくださる人たちだからだと思う。それがこちらにも伝わってくるので今日も思わず「いつも助けてくださってありがとうございます」って言葉が出ちゃった。本当に別れがつらくなっちゃったよ。
一宮のアクシーコーポレーションさん、ほんとうにありがとうございました。
 午後からは店の備品の取り付け作業。引越しのダンボールをようやく開ける。ここまで来るのにほんとに長かったなぁ。
そんな中、王子が作業しながら指を負傷し、それがまた結構な深い傷で即、作業中断。山あり谷あり、、ほんとにいろいろあるなぁ。
王子の傷が早くよくなりますように。と心配しているにも関わらず、血まみれのまま、夜は消防団のお勤めに行っていた。さすが消防団員、、、。大丈夫なのかなぁ、ほんとに。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月13日 (木)

スリリング~

 4256
4257 晩ごはん。干しにんじんのキンピラ、茹で豚グリルと野菜

 店の看板がついて、一気に現実がせまってきた感じ。もう引き返せないぞー、って感じ。
職人さんたちとも今日でお別れ。毎朝8時過ぎにやってきて、夕方まで聞こえてた工事の音とか職人さんたちの声とか、もう聞くこともないんだなぁと思うとすごく淋しい。何かが終わるときに必ずやってくるこの切ない感じ、何回味わっても慣れない。
心配していたコールドテーブル(冷蔵庫)も無事に届いて、職人さんたちの手によってなんとか設置できたー。ふぅ~。
そしていよいよ明日から自分たちの準備が始まるんだな。今までなんとなく遠くでぼんやり見ていたものが、きゅうに目の前に現れて、それと同時に責任がぐっとせまってくる感じ。このスリリングな感覚味わうのも久しぶり。心配ごと山盛りなんだけど、どこかでそれを楽しんでる自分がいる、、、みたいな。 こわいけど心地いい、、みたいな。
がんばろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月12日 (水)

あらま

 朝
4248 ささみ入り中華粥

 夜
4249 ヤリイカの墨ソテー
4250 にんじん餃子

 うまくいけば工事も残すところあと2日。そこからいよいよ自分たちの準備が始められる、という流れ。
 午前中は保健所に営業許可をもらうための手続きをしに行く。北名古屋と名古屋をまたいだ自分は、また新たに講習を受けなければならないとのこと。めんどうだなぁと思いつつも、窓口のおじさまの“優しくて丁寧しかも笑顔がステキ”に癒されたので、まぁよしとするか。
 午後からは、昨日の続きでひたすら店の備品の掃除。ビーチサンダルに短パン姿でホースで水をジャージャーやりながら。寒くなかった。
 そして夜は消防団がお休みの王子と久しぶりにゆっくりゴハンを囲む。といっても、お店のことで頭がいっぱいで、なんとなく落ち着かない。なぜって、明日届く予定の冷蔵庫が、きちんと採寸したら入らないというのがさきほど判明した次第。どーしよーと、王子とふたりして青くなってます、、、今。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月11日 (火)

いろいろ

 朝
4243 玉子サンドとウィンナサンド

 昼
4244 にんじんラーメン
にんじん大袋入り100円でゲットしたので。

 夜
4245 にんじんシリシリ
4247 ほうれん草の蒸し餃子
4246 茹で豚サラダ

 習慣というのは恐ろしい。ここ1ヶ月半のプータロウ生活に文句言いながらも、すっかりこれに馴染んでしまった自分。工事も後半戦に差し掛かり、さていよいよ腰を上げなくては!ってところに来たんだけど、なかなか気合いが入らず。
なんだかんだでこの生活を楽しんでたんだな。
しかしながらこのままではいけないと思い、店の換気扇の掃除をした。これも業者さんにお願いするとクリーニング代として結構な値段がつくので自分でやることに。自分でやると充実感もあるし、なんといっても愛着が湧く、ってところがいい。
注文したコールドテーブル(冷蔵庫)が、ちゃんと届くか心配。保健所の審査にも行かなきゃ。店のお勝手口に山積みになってる備品たちも搬入しなきゃ。なんだかまだまだやることいっぱいで、なかなか見えてこないのが辛いところだけど、なんとか気持ちを明るく保っていきたいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月10日 (月)

楽しめる感覚

 晩ごはん
4241 ほうれんそうのおひたし、大根と鮭のサラダ
4242 チキンライスにチキンカツをのせたダブルチキンライス

 工事も終盤をむかえ、いよいよ厨房機材を揃えなくては、、という段階へ。これもまた費用をできるだけ安くおさえるため、自分たちの足で探して買い付けてくるというやり方。めんどうだけど仕方ない。
今日は2層シンクをお買い上げ。これも配達してもらうと高くつくので持ち帰ることに。とはいえ、軽トラとかじゃない普通の車に、こんなでっかいシンクをどうやって積むの?と店員さんは目が点になってたけど、むりやり押し込んだら入ったのでめでたしめでたし。その隙間でペシャンコになりながら耐えました、私。
なんかいろいろ大変だけど、なんでも人任せではなく、自分たちの手でやってるぞ!みたいな感覚がちょっとづつ楽しめるようになってきたかも。
でも、お店がオープンするまでにヘロヘロになってそうでちょっとこわい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

 朝
4234 モツうどん

 昼
4235 インスタントラーメン。卵とじラーメン

 夜
4236 ステーキ。タクミが来たので奮発する母ちゃん。

 雨の中、王子は消防団のお勤め。おとなしく留守番する自分。ほんとはおとなしくなんかないんだけどね。いろいろやりたいのに、できない自分。葛藤中である。
 夕方タクミがやってきて、晩ごはんを一緒に囲む。機嫌のすぐれない王子が(仕事とか身の回りのことでバタバタしているのが原因と思われる)ずっとムスッたれていて、そういうのが全部表に出るタイプなので、「こういうところが子供なんだよなー」と思いながらも、一生懸命食卓を盛り上げようとする自分。たいへん。
 そのあと3人で駅まで歩いてタクミを送っていく。歩きながら合唱コンクールで指揮者になったと話してくれたタクミ。「すごいじゃん!」って言ってあげた。
息子の成長の早さについていけない今日このごろ。こういう何気ない会話の瞬間も、もう二度とは戻ってこないのだ。すべてが愛おしい時間だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

作文みたいな日記

 タクミの希望している高校の体験入学の日。その付き添いに。乗り換え駅で待ち合わせして一緒に向かう。
親子で電車に乗るのも小学校3年生のとき以来だし、奴の学生服姿を見るのも初めてだし、母親としてなにひとつしてあげられなかったことを深く反省した。
駅に着くと、その高校の生徒さんたちが出迎えてくれて案内してくれて、しかも生徒さんたちがみな良い意味で普通~の高校生だったことがよかった。素直でまっすぐな感じというか。
 とてものどかな風景の中にその高校はあった。さまざまな設備も整っていて、なんといってもタクミがこの学校に決めた一番の理由が“レスリング部がある”ということである。集まった人のほとんどの目的は説明会の内容やら学校見学だったにも関わらず、奴の目的はレスリング部の見学。それだけっていうのも母として驚きだった。
さっそく顧問の先生を訪ねていく。普段は口数の少ないタクミが自分から何かを発言するのを初めて見たし、初めて会う先生に自分の夢まで語ってた。
いつの間にこんなに成長したんだろうと胸がいっぱいになった。
そしてそのあと体験ができるというので、中学校の体操服でレスリング部員に混ぜてもらうタクミ。簡単なトレーニングで終わると思いきやマジなやつだった。ヘロヘロになる奴を見るもの初めてだし、同じく体験に来ていた子と体ぶつけ合って戦う姿を見るのも初めてだし、何もかもが母ちゃんの目には新鮮だった。そのぶん、いい刺激もいっぱいで心の涙腺は緩みっぱなしだったけど。
 帰りに金山でサムギョプサルランチして、お互いの日常に帰っていった。親子なのにとても不思議な絵。不思議なぶん、お互いが乗り越えなきゃならない気持ちもたくさんあって、それがあるからタクミはあんなにたくましくなったのだと思う。母ちゃんとして「ごめんね」という気持ちはどうしてもぬぐえきれないのだけど、これ言っちゃおしまいなんだよね。だから言わずにまっすぐ前向いて生きていくしかないのだ。お互い強くなるしかないのだ。
人生がどんな形になろうとも、自分が息子たちの母ちゃんでいることには変わりない。
 今日はとても貴重な体験ができてよかった。奴のレスリングへの想いは十分に伝わってきたけど、まずは勉強だ。受験生って大変だなぁ。はたして勉強嫌いな奴が、受験までの3ヶ月、どんなふうに頑張るのか、母として見守りたいところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 7日 (金)

少しずつ

 朝
4230 えのきたっぷりのフォー

 昼
4231 モツとキャベツのトマトソースパスタ

 夜
4232 もやし大根納豆サラダ
4233 けんちんざるうどん

 工事も順調にすすんでる。でもまだ厨房機器がひとつもそろっていないのでいまいち気分が盛り上がらない~というのが正直なところ。毎日のヤフオクチェック、欠かせないぜ。
そんな中、最近めっきり気分が落ちている王子にその理由を聞いてみたら、まずは仕事が込み入っていること、そして次に上がったのが私の口うるささであった。(ごめんなさいねぇ。でもそんなに正直に言わなくたって、、、)
ひとつ屋根の下生活、しかもほぼ一日狭い部屋で顔を合わせているような生活。そりゃぁストレスだって溜まるってもの。この環境の中で、どうやってうまく生活していくか考えるのがこれからの課題。いつまでも文句たれてたって仕方ないもんね。
 今夜も王子は消防団のお勤め。大変らしいけれど、彼が今、唯一息抜きとしている場である。数年前に一緒になったときには、「家が一番落ち着くな~」とかなんとか言っていた王子であったが。月日が経つのははこわいものだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

るんるん

 朝

4227 えのきと椎茸のあんかけそうめん

 夜
4229モツとキャベツの塩煮込み
4228 唐揚げ

 3ヶ月ぶりに美容院に行く。こうして思わず日記に書いちゃうくらい、久々の爽快感を味わう。
切り詰め生活も、さすがにしんどくなってくる今日このごろ。いくら気持ちを明るく持とうと努力したって、さすがに限界が。食べるもの、生活に最低限必要なもの、、、、このあたりを最優先させてきたこの1、2ヶ月だったが、ふと鏡を見たとき、一気に10歳くらい老けた自分見て、こりゃいかん!と思った次第。哀しいかな、そういうのがすぐ表面に出ちゃう年頃なのよね。
イケメン君に髪を洗ってもらって、マッサージしてもらって天国にいるみたいだった。そしてアナ雪のエルサ(の髪型)になって、るんるんで帰ってきた。気持ちが大きくなったのか、そのあとスーパーででかい肉とか酒とか買って散財しまくる自分。もう、どうにでもなれ~みたいな。
きっと明日冷静になったときにびびるんだろうな~。工事の請求書、こわいよ~って。でも今は知~らないっ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 5日 (水)

ひとつ屋根の下で

 朝

4222 ポテサラサンド、目玉焼き、コーヒー

 昼
4223 インスタントラーメン。豆乳味噌スープ仕立てに。そして今日もモヤシいっぱい。

 夜
4224 車麩カツ
4225 はんぺんオムレツ
4226 モツのトマト煮込みと大豆ライス

 トイレとか厨房とか天井とか、ほんとうに古くて汚くて自分たちでは手のつけられなかった部分が、職人さんたちの手で新品みたいによみがえった。すごいなあ。心から尊敬してしまう。
少しずつ自分の気持ちも前進しつつ、責任も感じつつ、かつ自分のペースも把握しながら楽しいイメージを脹らましていこうと思う。
 そんな中、6畳部屋の共同生活も早1ヶ月が経ち、慣れてはきたものの、逆にいろいろと問題も出てくる頃。王子がときどき「俺はひとりの時間が無いとダメなんだ」などと言っているのを聞くと、なんだかここに居ちゃいけないような気がして散歩に出かけるパターンにも慣れてはきたけど、どうして自分が出て行かなきゃならないんだ?と疑問も感じなくもない。
そんなこんなで今までにはない気のつかい方もしなきゃならないのがめんどう。
仕事のことも考えなきゃならないけれど、やっぱり基本であるところの生活という部分が充実しないかぎり、根無し草になってしまうと思う。いろいろむずかしいところだけど、気持ちを明るく持って日々暮らしていきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

ありがとうの先

 朝

4218 お粥、温玉

 昼
4219 インスタントラーメン もやしあん

 工事2日目。ちょっとづつ進んでる感が今の自分を支えてくれている。と同時に、責任という重みもひしひしと感じつつ。
 今日はあかねちゃんから電話もらった。今、この瞬間にも、自分たちのことを気にかけてくれる人がいる、そう思うだけで元気が湧いてくる。自分から繋がることはとっても苦手な自分に、こうしてちょうどいい距離と温度で声を掛けてくれる友達がいつも周りにいて、つくづく幸せ者だと思う、この自分。
そしてそのあと、外で片付けしてたら王子のパパとか奥さまとか義理の妹さんとか、一族がふら~っと前を通りかかって、突然勢ぞろいしたのがおもしろかった。予告なしでだよ。おもしろすぎる。
息子のことを気に掛けて心配してくれているパパの気持ちが伝わってきてじんときた。普段は冗談ばかり言っておどけているパパなんだけど、その奥にある愛情の塊みたいなのをいつも感じるんだよね。
 日常はさつばつとしていたり、不便に感じることもいろいろあるけれど、見えないところで自分たちはちゃぁんと支えてもらってる、ということだ。そのことに感謝するというのはあたりまえのことで、感謝するひまあったら頑張れよ、俺!って、今の自分は思うかな。ありがとうのお返しは、今の自分を精一杯がんばることでしかお返しできないものね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

バタバタ

 朝
4214 おかか玉子のおにぎりサンド、ワカメの味噌汁

 夜
4215 自家製味噌のタレで味噌カツ、もやしナムル、ポテサラ

 今日からいよいよ業者さんたちによる本格的な工事が始まる。お水が使えなかったり、トイレが使えなかったり、現場で生活中の我らにとっては不自由なこともいっぱいあるけれど、これも新しいお店のためなので、我慢も辛くない。作業服のメンズたちがバリバリと仕事している姿は頼もしかった。こういう仕事をしている人たちを心から尊敬する。
そんなメンズたちの働く姿をずっと眺めていたかったけど、邪魔になってはいけないので2階でおとなしく待機することに。そしてときどき生理的な用事のために近所に出かけたりもして、なんだかしばらくは慌しくなりそう。
 今日はまだ1日目。なんとなく気ぜわしく、体調もいまいちなんだけど、なんとか頑張って乗り切ろうと思う。そんな中、タクミが重たい荷物の運搬を手伝ってくれたり、肉まんおごってくれたり、相変わらず口数が少ないながらも奴の心が伝わってきてじんときた。たくましく育ってる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

ぎゅうぎゅう

 朝
4211 目玉焼き、パン、ウィンナ、キャベツ、コーヒー

 昼
4212 インスタントラーメン。キャベツいっぱいとピリ辛切干大根

 夜
4213 フィッシュ&チップス

 一日、王子の仕事の手伝い。世の中は3連休とか言ってるけど俺たちにはまったく関係なし。365日休業のような気もするし、その反対で常に仕事と隣り合わせのような気もする。自営業の性。すべては気の持ちようでなんとでもなる、という自由さだけは譲れないところだ。この自由さと、自由と言えるだけの責任はいつも背負ってなきゃと思う。
 夜遅くにタクミがやってくる。足の踏み場もないくらいの狭い空間にムリヤリ布団を敷いてぎゅうぎゅうになって3人で寝る。空気薄い~、でもなんだか温かい。
こういう、不便だったり辛かったりすることのほうが、思い出として残るものなんだよね、、、などと思いながら(自分に言い聞かせながら)すべてを楽しんじゃうしかないと思う。
明日からいよいよトイレの工事が始まる。どきどき。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

分かち合う時間

 朝ごはん
4210 スムージー、えのきそうめん

 昼ごはん
4209 ヨガ部のみんなとニコ弁を囲む。

 どちらかというと、独りの殻に閉じこもる傾向にある自分なので、何かを誰かと共有するとかっていうのは苦手だったりする。苦手なんだけど嫌いじゃない、ってところが唯一の救いだと思う。
やはりこれは、子供の頃からのクセみたいなものなので、なかなか治せないところが辛いところ。でも正直、これを辛いと感じたことは今までの人生でも数回くらいなので、まぁいいかとも思うところだけど。
ただ、共有することの喜びというのは、なにものにも変えがたいものだというのを、一度味わうと、ここを目指したくはなる。この場所を知っているからこそ、それをできない自分が嫌になったりするのよね。ここは一歩、踏み込んでいく勇気が必要なのかも知れないけど、これがなかなかむずかしいのよね。
そんな中、月1のヨガ部は自分が唯一、共有を感じることのできる場所だ。ここまでくるのに2年かかったなぁ。余分な力が抜けて、どんどんシンプルになっていく感じというか。結局、何かをまとうのではなく、かぎりなく脱ぎ捨ててそぎ落として身軽になることなんだと思った。
私としてはまだまだ抜けきれてない部分もたくさんあるのだけれど、この自分がここまでリラックスできる場所ってなかなかないので貴重。そして少しずつ見えてきた共有すること、分かち合うことの喜びみたいなものを、今日もしっかりとかみ締めて帰ってきた。
 夜は飲み会へと出掛けていく王子を、行かないでと引きとめたけど、(なんとなく今、飲み会行ってる場合じゃないと思って)もちろんこちらの言うことなど聞くすべもなく、そそくさと出掛けて行きました。「今日は3次会まであるかも」とか普通に言わないで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »