« むずかしい | トップページ | お片づけは気持ちいい »

2014年9月11日 (木)

笑う、飲む。

 朝ごはん

4005 スムージー(しそ、パイナップル、オレンジ、バナナ、パセリ)
ハムエッグトースト

 昼ごはん
4006 鯖缶そうめん。ゆかりトッピング。

 フラメンコへ。
今日もインナーマッスル使いまくってお腹が痛い。でも週に一度しか使用されないのでちっとも育たないというのが悩みどころ。師匠のキレのある踊り&絶妙な体全体の筋肉バランスは、インナーマッスルによるものだというのを感じる昨今。すべては体幹なのだ。ここがしっかり出来上がっていないことにはかっこよく踊れない。
などと、今日もふにゃふにゃになりながら愛のスパルタを乗りきる自分であった。愛のスパルタという言葉のとおり、まっすぐな師匠の熱意が伝わってきてがんばろうって素直に思えるこの感じ、普段の生活ではなかなか味わえないものだ。心がむき出しになっている感じというか、言葉じゃなくてハートで向き合う感じというか。こういう人間っぽいやりとりっていいな~と思う。普段どれだけ自分を防御しながら生きてるか、こういうときに気づかされるんだよな。
 夜は王子パパ&美人の奥様、そして娘さん夫婦など賑やかファミリーが集結。なんとも楽しく賑やかな宴となった。メンバーが、あらゆる意味で人生さまざまな人たち&バツ付きの人々という集まり、というのも貴重だと思う。まだまだ青い自分なので、どちらかというと自分みたいな生き方なんて世間から受けいれられないという後ろめたい気持ちのほうが大きいのだけれど、この人たちの、「せっかくの人生楽しく生きなきゃ意味ないじゃん」というシンプルさに圧倒させられた。かっこいいって思った。いろいろ乗り越えてきたからこそ行き着いた場所なのだなと。
その一方で、その道を一番に貫いているであろう王子パパが「十字架背負って生きてく覚悟がないとダメだ」と言っていた意味が個人的にはすごくよく分かって、だからこそ楽しく生きなくちゃいけないという意味が身にしみた。自分はまだ、十字架の重みに負けてしまってる。そこから這い上がる力はやはり人生の積み重ねで得られるものなのだと思った。まだまだ修行が足りぬ。
それにしても、みなさんお酒も最強だった。還暦過ぎてもこんなに元気でたくさん笑って陽気でいられることが、なによりすばらしいと思った。そのDNAを受け継いだ王子は幸せだと思った。
お会計のとき、王子パパが嫌がらせかのように全部2千円札でお支払いいただいたのだけど、こういういたずら好きなところも親子そっくりなんですよね。
 

|

« むずかしい | トップページ | お片づけは気持ちいい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/57346849

この記事へのトラックバック一覧です: 笑う、飲む。:

« むずかしい | トップページ | お片づけは気持ちいい »