« 気持ちの出口 | トップページ | 腹は減る »

2014年9月18日 (木)

キラキラ

 朝ごはん

4029 スムージー(レタス、パセリ、バナナ、グレープフルーツ)
ピザトースト

 いろいろヨレヨレのままフラメンコへ。とても踊れる気分ではなかったけれど、こういうときこそ刺激が必要かなぁと思って。
でもやっぱり自分がいっぱいいっぱいになっているときって、楽しむ余裕なんてない、というのを実感。師匠がその空気を察して、いつもより優しかったのもありがたかった。甘やかす優しさではなく、寄り添ってくれるぬくもりみたいなもの。
レッスンのあと、何気に今の自分の心境を仲間たちに話してみたら、みんな親身になって聴いてくれて、アドバイスしてくれて、ずいぶんと心が解放された。自分が弱っているときの人からの優しさって、痛いくらいにしみてくるなぁ。
 帰りに王子と待ち合わせして、大須の有名なピッツェリアでランチする。
ピザの味はピカイチだったけど、いつからこんなにいい加減な接客になったんだろうと思わせるくらい、そういう部分が雑になっていたのがショック。料理の説明なんて「とりあえず説明したぞ」という程度のもので、なにひとつ耳に入ってこない。っていうか聞こえない。
トマト系のパスタが出てきたときにチーズが欲しいと頼んだら、「あらかじめ入っているので、もし足りなければ声を掛けてください」だって。入ってることくらい知ってるよ、欲しいから欲しいと言ってるんだよ、バーロー!と思ったけど、、、言わなかったけど。なんだか小ばかにされたような気分。
店が有名になるとこうなる、というダメな例を見た気がした。ピザといえばこの店と決めていた俺たちなので残念だったな。今後確実に通う回数は減るだろう。
そんなイライラを静めようと昼間からワインをボトルで開けてしまった俺たち。なんていい客。

 晩ごはん
4030 イワシのロールフライ、タラモサラダ
4031 チーズオムレツ

 夕方、過去にカウンセリングで通ってくれていたRさんが閉店の記事を見てかけつけてきてくださった。会えたことももちろん嬉しかったけれど、以前お会いしたときには見えなかったキラキラのオーラがあって、そのことがまるで自分事のように嬉しかった。あれからいろいろなことを乗り越えたという強さみたいなものがにじんでた。ひとりの人間がそうやって変化していくパワーとかエネルギーってやっぱりすごい。これからもそういう場に寄り添っていきたいと思った。自分のできることって、たぶんそこなのだ。
そんな彼女に会って、元気が復活した。
さらに、こういうタイミングで人は出会うのだなぁという、この世の法則にも感謝したくなった。


 

|

« 気持ちの出口 | トップページ | 腹は減る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/57425242

この記事へのトラックバック一覧です: キラキラ:

« 気持ちの出口 | トップページ | 腹は減る »