« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月30日 (火)

泣きたいよー

 朝ごはん

4065 スムージー、茄子そうめん

晩ごはん
4066 厚揚げの照り焼き
4067 にんにくの芽とズッキーニと豚肉の炒めもの、ごはん

 朝いちばんでふたりして断捨離して、大量の服と本をリサイクル屋さんへ持っていく。一文にもならないかと思っていたら3千円くらいになって思わぬ臨時収入に王子ニコニコ。でも帰りにラーメン食べちゃったからプラマイゼロ。
そしてそのあとは、いつものごとく北名古屋の家のお片づけ。やってもやっても減らない荷物。いったいこの家はどうなってんだ。
もう本当に苦しくなっちゃって涙が止まらなかった。モノを溜め込んで大事にとっておくことは、モノを大切にしていることかと思ったけど、やっぱり違う。ひとつひとつのモノとちゃんと向き合って可愛がってあげたら、本来こんなに溜め込むことはないはずなのだ。手に入れたときの満足感を得たいという人間の傲慢さの結果だと思う。今回、こころからそう思った。
 ヘロヘロになって帰ってきたら、お店の工事の見積もりが出来てきて、その金額のでかさに腰を抜かしそうになる。そりゃそうだよな、だってなんにもないんだもん。予想はしてたけど、やっぱりという感じ。自分たちで出来るところは自分たちでやろう。(ペンキ塗りとか)
でもそんなの知れてるし。ほんとにどうしよう。この悩み事、早く片付けなくちゃ。
 夜はまた王子とケンカして、どうなっちゃうんだろう俺たち、、、という感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月29日 (月)

抜け出したいなー

 朝ごはん
4061 スムージー
トースト←といってもトースターもオーブンもレンジもないのでお鍋の底で表面をあぶっただけ
スクランブルエッグ

 晩ごはん
4064 しょうゆ焼きそば
4063 茄子の甘辛煮
4062 もやしとササミとザーサイのサラダ

 王子の母上と弟君が残していった荷物の整理で北名古屋の家へ。その量の多さに、ふたりして落ち込む。せっかく片付けたと思っていたところに、新たな荷物の山がいくつも出来てたんだもん。庭なんかまさにゴミ屋敷レベル。(テレビに出れる)しかもその様子が、なんだかちょっとあてつけっぽい感じに見えて痛かった。
そんな荷物だからこそ、さっさとゴミ袋に詰めちゃえばいいのに、ここでも王子は時間がかかるので、自分が仕切ってサクサクすすめることに。それにしても、自分の荷物ならまだしも、人さまの荷物を片付けるのってものすごく疲れる。切なくもなるし。今までこの家の方たちといろんなことがあって、いろんな感情にもなって、それでもどこかに「この自分にも非がある」という気持ちを抱いていたけれど、もうここまでくると、そんな気持ちはどこかへ行ってしまって、本気でこの人たちを責めたくなる。悪者になります、私。
そんなこんなで今日は一日本当に苦しくて、王子と何度も衝突し合うという苦い一日であった。
どんな状況においても楽しいことを思いつく天才のこの私が、今日はなにひとつ思い浮かばないなんて。
なんだか毎日同じ回路をぐるぐるしているだけのような気がする。このへんで、何かひとつ決断が必要な気がするな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月28日 (日)

1コンロライフ

 朝ごはん
4058 スムージー、シチュウ、ごはん

昼ごはん
4059 ミートボールナポリタン

晩ごはん
4060 カレー
タクミがいたので、一日炭水化物祭り。野菜足りてないなぁ。

 今日も王子は北名古屋のお家の片付け。そして母上のお供。王子が、「母の物持ちの良さは俺よりひどい」と言っていたけど、王子よりひどいって、いったい、、、。
 そんな彼らの考えを否定するわけではないけれど、やっぱり、部屋は片付いていたほうがいいな~と思うし、荷物は最小限でいい派の自分だ。そのほうが人生軽やかだ。背中のリュックが重くては足取りも重たくなっちゃう。
 そんな中、留守番組の私とタクミは荷物の山の合い間で、ご飯作ったり食べたり昼寝したり、暑い暑いと扇風機を奪い合いながら過ごす。ままごとみたいで、これはこれで楽しいかも。
 夜、ヘロヘロになって帰ってきた王子と、みんなでカレーを囲む。コンロ1個生活なので、おかずの数はないけれど、今はこれが精一杯なのでそれでいいと思う。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

ダラダラができない

 朝ごはん

4057 スムージー、たまごサンド

 王子は一日、北名古屋のお家の片付け&母上のお供。よしゃ!チャンスだ!とばかりにこちらの部屋の片付けをしたい気満々なんだけど、王子のモノゆえに触れない、、、片付けられない。なので、ぐちゃぐちゃ部屋でひとりダラダラと過ごす。と、言いたいところではあるが、そもそも「ダラダラ」って、整った状態だからこそ使える言葉だと思った。こんな荷物の山ん中じゃ、ダラダラなんて気分にもなれやしない。
なので、散歩をかねて近所のスーパーにお買い物に行ったり、カセットコンロ1個で作れる料理を考えたり、やっぱり頭ん中は食べもののことでいっぱいの私であった。
 過酷な状況に置かれると、楽しいことを考えようとする脳の部分がすさまじく発達する、というのをまさに今体験中。満たされているときには浮かんでこないようなアイディアが生まれてきたり、生きる知恵を身に着けようと自然に努力をする。ここがきっと人間の強さだと思う。いい経験(?!)してるのかも、、、俺。でも、もうちょっと便利だといいかな。(正直な気持ち)
 夜、ぐちゃぐちゃ新居にタクミがやってくる。恐怖の90度階段にも上ってもらう。あまりのボロさに笑ってたけど。
王子も帰ってきて3人で、先日お邪魔したばかりの蒼天さんへ晩ごはんを食べに行く。
マーボー豆腐マニアの王子が、ここの味を絶賛しているのだ。王子の作るマーボーにすごく近い。近所にいいお店みつけちゃった、って感じ。
紹興酒もっと飲みたかったけど、90度階段が待ち構えていると思うと、自動的に制御センサーが働くみたいなので、自分にとってはいい傾向だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月26日 (金)

小さなテーブルで

 朝ごはん
4054 スムージー生活復活。
温玉納豆ごはん
しじみの味噌汁

 晩ごはん
4056 もやしと小松菜の温サラダ
4055 鶏手羽肉じゃが

 京都から王子の母上が来て王子はそのお供に。
近い将来、長男である王子をあてにしていた彼女だけに、今回の引越しは予定外のことだったと思う。今回のことに関して、母上と弟君はかなりお怒りのご様子で、その気持ちももちろん分からなくないけれど、「親子兄弟なんだから、寄り添って助け合って分かり合おうよ」とは単純にいかないところが、この家族の不思議な仕組みだと思う。家族なのにいつだって敵対している感じは、第三者から見ても、気持ちのいいものではない。
なので、そういう雰囲気のところに、あえて自分の身を投じようとは思わないので(過去に努力したこともあったけど)そもそも嫁じゃないし、自分は自分でいようと思った。
それにしても、親子なのにどうしていがみ合うんだろう、憎しみ合うんだろう。きっとボタンを掛け違えてるだけのことだと思う。ひとつひとつ直していけばいいじゃん!と単純な私は思うのだけど、、でもどうやらこの人たちはそれをのぞんではいないみたいなので、そっとしておくしかないのかも、って思う。
 そんなこんなで自分は一日留守番。王子がいないので、家の片付けはちっとも進まなくて、しかもケンカもできなくて(笑)、つまらないな~と思い、近所を散策したら迷子になり、しかしそのお陰で喫茶店や居酒屋さんをいろいろ見つけられたので最終的にはよかった、という感じ。
 夕方、ヘロヘロになって帰ってきた王子。たぶん母上といろいろあったのは予想できるけど、(顔がやつれていた)そういうことを何ひとつ言わない彼はすごいと思った。
 今夜もダンボールのはざ間に小さなテーブルを置いて小さく晩餐。毎日いろいろあるけど、こういう時間があってなんとか今を保てている感じだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月25日 (木)

最低限のこと

 今日もダンボールの山の中で目覚める。気持ちのよくない朝。
片付けができないわけではなく、要はモノが減らせないので片付けてるつもりでも、びみょうに山の形が変わるだけ、というふう。
本人そのことに気づいているみたいなのだけど「どうにもできない」っていうのが伝わってくる。片付けって、モノと向き合うというより、自分と向き合うことなのだなぁと思った。
そんな王子と正反対の自分なので、どうしても自分の不満を相手にぶつけてしまうのだけど、これはどうやら物質的な問題ではなく、心の問題のようなので、王子の気持ちも少しは理解してあげなきゃな~と今日はちょっと反省した。
それでもやっぱり、心地よく生活するということは人間の基本だと思うので、最低限の整った環境を作るということはすご~~く大事なことだと思う。
ここ数日間の体調の悪さとか、不安定なメンタルとかって、たぶんそこからきてると思う。風呂に入れなかったり歯が磨けなかったり洗濯できなかったり、ごはんが食べれなかったりとか、生活の基本みたいなところがすべていい加減になっていたこと。ふたりで反省した。
 そんな中、無理やり王子の片付けの手を止めてもらって、キッチンの周りのスペースをあけてもらった。猫の額ほどの空間だけど、カセットコンロ1個、なんとか置ける。ここで何か作ろう、って。

  部屋の中は相変わらずこんな感じ。
4051_3  4052今夜作ったもの。引越しのときに冷蔵庫に残った食材を使って。
ソーセージとズッキーニにファルファッレ。
4053 カリカリチキンサラダ。

 ひとつのコンロでなんとかするって、ものすごーく頭を使う。今までのようにはいかないし、不自由さもいっぱい感じるけど、今あるのはこれだけだからなんとかするしかないよね、って感じ。「なんとかするしかない」っていうのは食の基本だ。便利な生活に慣れてしまうと大事な何かを忘れてしまう。今まさに、あらゆる意味で原点に帰って不自由さを味わことが、我らの課題なのかもしれないな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

ダメ人間

 いろんな工事で、たくさんの人が出入りするというのに、この部屋のありさまといったら、、、。恥ずかしいったらありゃしない。
そして今日も相変わらず料理できる環境&スペースが確保できず、ホカ弁とスーパーのお惣菜でしのぐ。しかも皿の場所が分からないのでパックのまま。テーブルも置けないのでダンボール。心がどんどん貧しい感じになっていくのがわかって辛い。どんどんダメ人間になっていくみたいで。
そして今日も一日王子とケンカ。もちろん荷物のことで。
基本、主導権は彼がにぎっているので、口出ししても意見は通らないことは分かっているのだけど、嫌われてもいいので言い続けよう思う。
 NTTのお兄さんが「台風が近づいてますよ」と教えてくれたけど、テレビつかないからわかんないし。携帯電話は止まるし。建物の外観工事とかで外に洗濯機置けないから洗濯板だし。
いろんな意味で原点にかえってる気がします。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月23日 (火)

ストレス

 ダンボールの山の中で目が覚める。こんな気分が悪い朝を迎えたのは初めてだ。
午前中は、北名古屋に残してきた荷物の整理。4tトラック2台にも積みきれなかった荷物がけっこう残っているのだ。いったい、どんだけ~。もちろんすべて王子の荷物だけど。
それらの荷物をまた新居に運び込むので、さらに部屋は満タン状態だ。もう泣きたいよー。そしてこの映像、どこかで観たことあるのだよ、たしか○○屋敷とか言ったっけ。「テレビに出てるよ!」と王子をひやかしておきました。
お店のことで何軒かお問い合わせのお電話いただいたのだけど、こんな感じなので先がまったく見えないです。まずは自分たちの生活環境を整えねば。
 夕方ひとりで鬱鬱モヤモヤしていたら、近所に住むヒロちゃんが前を通りかかってくれて、いろいろ話を聴いてもらって、かなり復活。そのお礼に(?)高所恐怖症の彼女に我が家の直角階段をのぼっていただきました。
 今晩のメシは近所の中華料理屋さんにて。中小田井の蒼天さんへ。
何気なく入ったお店だったけどこれが大正解。四川料理の辛みと旨みを堪能できるいいお店でした。街の中華屋さんのノリで入ったので、うまく期待を破られたって感じ。こういう裏切りならいくらでも味わいたいものだな。料理が美味しかったのでつい紹興酒を何度もおかわりしてしまった。(節約しなきゃいけない時期なのに。)
そして王子とニコニコになって帰ってきた。食べものの力ってすごい。
心が満足しているので、今夜はケンカしなくてもすみそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月22日 (月)

引越し当日

 引越し当日。
朝8時、“引越しのサ○イさん”の4tトラック2台が我が家の前に。
スタッフの方たちがみんな、親切で優しかったことが、引越し特有の不安感を緩めてくれた。さらに個人的には、筋肉マッチョのイケメンぞろいなところが2重丸だった。何度も恋しちゃいそうになったことだよ。
 肝心の引越しのほうはというと、
当然のこと、4tトラック2台分の荷物は新居(6畳二間)のスペースに収まるすべもなく、それでも「大丈夫だ」と言い張る王子に逆らうこともできず、結果、部屋の中はダンボールで埋め尽くされたのでありました。
引越しってこんなにストレスたまるものなんだぁ。(しみじみ)

4043_2 部屋の中はこんな感じ。ダンボールの山で寝る場所もない。

 当然のこと、こんな雰囲気の中では料理する気分にもならず、もちろんそんなスペースもないし、しかもガス台がないので(カセットコンロは持ってきたけど)、今夜は外でなんか食べることに。
うどん屋さんで肉盛りうどんを注文。空きっ腹にはかなり染みました。今日のメシはこれでおしまい。
“ゴハンを食べる”という人間の基本的な欲求を、人生初めて麻痺させた一日だった。こんな生活続けたら、いろんなものがおかしくなってしまいそうだ。いけないけない。「食べる」って大事だってことを再認識。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

引越し準備

 朝ごはん
4040 スムージー(水菜、グレープフルーツ、オレンジ、バナナ)
残りごはんで雑炊

 昼ごはん

4041 ホウボウのアクアパッツァ
4042 秋刀魚と水菜のパスタ

 冷蔵庫の最終整理で作った昼飯。なんか豪華。

 夕べまできっちりお店の仕事をしていたので、今日から本腰入れて引越し準備。というか、明日じゃん。ぜんぜん間に合わなくて半泣きしながら荷造り。時間が束のように過ぎていって、あっという間に深夜。「腹が減ってることを忘れる」という、人生初の経験をしました。
 4年間お世話になったキッチンもピカピカに磨いた。
そもそも王子のかつてのご家族が使用していたキッチンや冷蔵庫やら、それらを受け継ぐことに戸惑いがあったのは確かだし、葛藤もあった。
でも、俺が塗り替えなきゃ!っていう強い想いだけで4年間突っ走ってきた気がする。そして今、これでよかった、って思える。
さて。明日から新たな場所で新たな生活。どうなるんだろう、、、。
などと、のんきに言ってる場合じゃないくらい、今、必死。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月20日 (土)

ずっと続いてる。

 朝ごはん

4038 スムージー(にんじん、レタス、グレープフルーツ、バナナ)
豆腐の卵とじそうめん

 昼ごはん
4039 粗引きハンバーグ、グリンピースのせ
ごはん、お味噌汁

 Nちゃんから「今夜、シャンパン持っていくよー」のメールをもらって、今日が最後の日なんだなぁということにあらためて気づかされる。日々を積み重ねることに精一杯だったから、きゅうに現実が目の前にせまってきた感じ。淋しくなってきたぞ~。
 今夜も昼も夜もいろいろなお客さんが来てくださって、この店がたくさんの人たちの想いに支えてもらっていたことに感謝した。
子供たちから花束もらって、パクパクで作ったたくさんの思い出が一気に押し寄せてきて泣きそうに。でもその一方で、ほんとに終わりなんだという現実がどこか信じられない自分もいて。たぶん私の中では終わってないんだと思った。終わりにできない、というか。
 そしてなによりたくさんの出会いに感謝したい。ここから生まれたたくさんの物語に寄り添えた自分は幸せものだと思う。
ありきたりの言葉しか見つからないことがもどかしいのですが、とにかく破裂しそうです!今。嬉しいとか、ありがとうとか、そんな単純な気持ちではなく、「私たちみんな、支え合って繋がったよね!」みたいな。上も下も、表も裏もなく、みんながひとつになった感動というか、、、
こんな経験、なかなかできるもんじゃない。お店やってよかった。
心は満腹です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

腹は減る

 朝ごはん
4032 スムージー(グレープフルーツ、バナナ、セロリ)
たまごそうめん

 昼ごはん
4034 さんまの蒲焼ごはん、きゅうりのぬか漬け、お味噌汁

 晩ごはん
4035 お肉が食べたくて。赤身のステーキ
4036 鮭の南蛮漬け
4037 蛸めし

 引越しのことで王子とバトルを繰り広げながらも、今日もなんとか無事にゴハンが食べられたことに感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

キラキラ

 朝ごはん

4029 スムージー(レタス、パセリ、バナナ、グレープフルーツ)
ピザトースト

 いろいろヨレヨレのままフラメンコへ。とても踊れる気分ではなかったけれど、こういうときこそ刺激が必要かなぁと思って。
でもやっぱり自分がいっぱいいっぱいになっているときって、楽しむ余裕なんてない、というのを実感。師匠がその空気を察して、いつもより優しかったのもありがたかった。甘やかす優しさではなく、寄り添ってくれるぬくもりみたいなもの。
レッスンのあと、何気に今の自分の心境を仲間たちに話してみたら、みんな親身になって聴いてくれて、アドバイスしてくれて、ずいぶんと心が解放された。自分が弱っているときの人からの優しさって、痛いくらいにしみてくるなぁ。
 帰りに王子と待ち合わせして、大須の有名なピッツェリアでランチする。
ピザの味はピカイチだったけど、いつからこんなにいい加減な接客になったんだろうと思わせるくらい、そういう部分が雑になっていたのがショック。料理の説明なんて「とりあえず説明したぞ」という程度のもので、なにひとつ耳に入ってこない。っていうか聞こえない。
トマト系のパスタが出てきたときにチーズが欲しいと頼んだら、「あらかじめ入っているので、もし足りなければ声を掛けてください」だって。入ってることくらい知ってるよ、欲しいから欲しいと言ってるんだよ、バーロー!と思ったけど、、、言わなかったけど。なんだか小ばかにされたような気分。
店が有名になるとこうなる、というダメな例を見た気がした。ピザといえばこの店と決めていた俺たちなので残念だったな。今後確実に通う回数は減るだろう。
そんなイライラを静めようと昼間からワインをボトルで開けてしまった俺たち。なんていい客。

 晩ごはん
4030 イワシのロールフライ、タラモサラダ
4031 チーズオムレツ

 夕方、過去にカウンセリングで通ってくれていたRさんが閉店の記事を見てかけつけてきてくださった。会えたことももちろん嬉しかったけれど、以前お会いしたときには見えなかったキラキラのオーラがあって、そのことがまるで自分事のように嬉しかった。あれからいろいろなことを乗り越えたという強さみたいなものがにじんでた。ひとりの人間がそうやって変化していくパワーとかエネルギーってやっぱりすごい。これからもそういう場に寄り添っていきたいと思った。自分のできることって、たぶんそこなのだ。
そんな彼女に会って、元気が復活した。
さらに、こういうタイミングで人は出会うのだなぁという、この世の法則にも感謝したくなった。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

気持ちの出口

 朝ごはん
4026 スムージー(ピンクグレープフルーツ、バナナ、セロリ)
4025 フレンチトースト
王子のリクエストで作ったけれど、甘い朝食は個人的には苦手。

 昼ごはん
4027 秋刀魚とキノコのパスタ

 4028 しょうが焼き、ごはん、舞茸のお味噌汁

 自分の気持ちを表現するのがとっても苦手なので、料理だけがその手段になってくれてるような気がする。言葉はとても便利なツールだけど、言葉に頼ろうとすればするほど言い訳っぽくなってしまうもの。言葉ってすごく平面的なものだ。大事なのは言葉の持つ温度だと思う。でもそれを表現するのはすごーくむずかしいことなので、自分の場合はせっせと料理を作るしかない、って感じでここまで来た。
2年間、店に通ってくださったお客さまたちから心温まるお手紙をいただいた。その間、ほぼ料理の皿の上でのコミュニケーションしかできなかった自分であるが、みなさんがその気持ちを繊細に受けとめてくださっていたのが分かって嬉しくて泣きそうになった。ちゃんとつながっていたんだな、と思って。
表にはいっさい出さないけれど、たぶんものすご~く甘ったれで人なつっこい部分があるのは自分でも分かってるんだけど、それをストレートに出せないので料理に頼ってる、というのが本当だと思う。私が王子にときどき言う、「料理しないと死んじゃうよ」っていうのは、つまりはそういうこと。気持ちの出口がないと人間、呼吸困難になっちゃうよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

重い~。想い~。

朝ごはん

4019 スムージー(クレソン、パイナップル、バナナ)
オクラとサバそぼろ入り冷汁

 昼ごはん
4020 ムール貝とアサリのパスタ

 晩ごはん
4022 秋刀魚の刺身
4023 イカのガーリックバターソテー
4024 ごはん、味噌汁(今年仕込んだ麦味噌完成~)

 いつも絶妙なタイミングで腰を痛める王子。これ以上悪くならないようにと腰バンドを巻いたのはいいけれど、家でのお決まりスタイルである白のランニングにステテコ、そして腰バンド(腹巻のようなもの)姿で、完ぺきにバカボンのパパになっていておかしかった。
 それにしても、引越しってこんなにシンドイものだったっけ、、というのを今日も味わう。放浪癖(?!)のある自分としては身軽なイメージしかなかったけど、こんなにも重々しいものだとは。片付けしながらどんどんへにょへにょになってく感じ。何かに呪われているんじゃ?と思うくらい体じゅうのエネルギーを吸い取られていく感覚。
家にはいろんな歴史や想いが染み込んでるんだな~というのを感じる。家ってそういうものだ。王子のかつてのご家族の想いもあるだろうし、京都に行ってしまっているお母様や弟さんの荷物も出て行ったときのままの形になっていることだったり。モノと向き合ったり、自分と向き合ったりする時間でもあるな。
片付けしながら王子が、「早く身軽になりたい」とポツリと言っていて、「そうだよね」って感じ。
なんとか今を乗り越えたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

今日もいろいろ

 朝ごはん
4017 スムージー(クレソン、パイナップル、バナナ、オレンジ)
サバサンドと玉子サンド

 昼ごはん
4018 秋だけど冷やし中華。野菜補給メニュー。

 毎日ケンカばかり。王子はこれを価値観の違いだと言ってるけど、ほんとにそうなんだろうか。
まぁ理由なんてどうでもよくて、とにかくあのケンカの最中のいや~な気持ち(相手はともかく自分が嫌いになる瞬間)を引きずりたくないので、さっさと切り替えることにしているのだけど、(この能力だけはスペシャルだと思う)王子からしてみたら、そのことが逆に腹立たしく見えてよけいに悪化する、というパターンを今日もみっちりとたどる。引越しのこと、これからのことなど、考えれば考えるほど不安になることが山盛りでお互い不安になってる時期なんだろうな。
 夜は、今いろいろお世話してもらってるM社のN君が来てくれた。いつものお仕事のテンションではなく、ただ「腹減った~。美味しいゴハンが食べたいよ~」モードで来てくれたことが嬉しかった。裏も表もなくて、駆け引きとかもなくて、そういう常にありのままのN君を心から尊敬している我らではあるが、プライベートでもそのまんまの人だったのでびっくりした。切り替えスイッチはきっとあるんだろうけど、我らが見ているかぎりではその境目が分からないという感じ。若いころ(今もかなり若いけど)そうとう悩んだり苦しんだりしたのだろうなぁというのは想像できるけど、そういうことを1ミリも感じさせないくらいキラキラ透明感があって、まるで天使みたい!って思って、42歳のおじさんとおばさんは恋しちゃいそうになったことだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月14日 (日)

しみじみ~

 朝ごはん

4013 スムージー(セロリ、パイナップル、バナナ、にんじん)
納豆きゅうりそうめん

 晩ごはん
4014 秋刀魚ごはん
4015 いわしのマリネ
4016 トンポーロー

 閉店間際なので休日返上で昼も夜もバリバリお仕事。
 小さなお客さまから花束のプレゼントをいただいた。「いままでありがとうございました」って。泣ける~~。
開店当初から通ってくださっていた3世代家族さん。子供たちの成長もずっと見てきた自分たちとしては感慨深さもひとしお。一番下の娘さんは抱っこひもだった。今ではすっかりおてんば娘になって飛びまわってる。そんなご家族の歴史にこの店が寄り添えたことがなにより嬉しい。後片付けしながら王子と「お店やってよかったね」としみじみ言い合った。
 ほんとうはもっとゆっくりと自分の感情と向き合いたいところなのだけど、今立ち止まってはいけないような気がするので、無理に前向こうとがんばってる、私。この感じ、久しぶりに味わうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月13日 (土)

カウントダウン

 朝ごはん
4011 スムージー(パイナップル、バナナ、セロリ、オレンジ)
納豆入り冷汁

 昼ごはん
4012 もやしたっぷりタンメン

 「あと1週間ですね」ってお客さんに言われて、そういえばそうなんだなぁと気づく。いよいよカウントダウンに入ってきた。でも本人、実感がないというのが正直なところ。今のことしか考えられないので、先を考える余裕なんてないです。今に集中したいし、ちょっと気を緩めると、それが皿の上にそのまま出る。
もうここまで来たらなるようになってしまえ!という感じ。先のことはそのときになって考えようっと。
 今日もいろいろなお客様がいらしてくださって、懐かしさに浸ったりして、いい夜だった。
この店の認知度低さに悩んだ時期もあったけれど、ごくわずかなコアなファンの方たちがいてくださって、その人たちがしっかりと支えてくれてたからここまで来れたんだなぁというのをしみじみと感じた。お店やってよかった。
店の後片付けをし、冷蔵庫が空っぽなので深夜までやってる中華屋さんへ行き腹ごなし。お口の中はにんにく祭りだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

お片づけは気持ちいい

 朝ごはん

4007 スムージー(しそ、パイナップル、バナナ、オレンジ)
玉子サンド、ハムサンド

 晩ごはん
4009シュウマイ、豚ナンコツの煮込み
4010 きゅうりのぬか漬け

 王子が仕事で留守にしている間、ここぞとばかりいろいろお片づけ&断捨離。あ~気持ちいい。私がこの家に来て一度も開けたことのない扉の中身もおそるおそる開けたりして整理。この家にはこういう場所がいくつもあるので、そもそもふたりだけの生活に、そんなたくさんのモノは必要ないってこと。これを期にシンプルかつ身軽な生活にもっていきたいものだな。そういう意味では、今回の引越しは自分たちの未来に向かっての第一歩。すごく意味があるものだと思う。
 夜はNちゃんファミリーが来てくれる。途中で女子組も合流し賑やかに盛り上がる。
王子が接客しながらもウロウロしていて、女子たちの輪の中に入りたい気持ちが見え見えなのがおかしかった。しかもそういうときの王子って、男としてではなく、どちらかというと女子寄りだと思うのだけど、みなさんどうでしょうかね。
自分はよく、性格的に男扱いされることが多いのだけど、だからこそつり合いがとれているということなんでしょうかね、、、我ら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月11日 (木)

笑う、飲む。

 朝ごはん

4005 スムージー(しそ、パイナップル、オレンジ、バナナ、パセリ)
ハムエッグトースト

 昼ごはん
4006 鯖缶そうめん。ゆかりトッピング。

 フラメンコへ。
今日もインナーマッスル使いまくってお腹が痛い。でも週に一度しか使用されないのでちっとも育たないというのが悩みどころ。師匠のキレのある踊り&絶妙な体全体の筋肉バランスは、インナーマッスルによるものだというのを感じる昨今。すべては体幹なのだ。ここがしっかり出来上がっていないことにはかっこよく踊れない。
などと、今日もふにゃふにゃになりながら愛のスパルタを乗りきる自分であった。愛のスパルタという言葉のとおり、まっすぐな師匠の熱意が伝わってきてがんばろうって素直に思えるこの感じ、普段の生活ではなかなか味わえないものだ。心がむき出しになっている感じというか、言葉じゃなくてハートで向き合う感じというか。こういう人間っぽいやりとりっていいな~と思う。普段どれだけ自分を防御しながら生きてるか、こういうときに気づかされるんだよな。
 夜は王子パパ&美人の奥様、そして娘さん夫婦など賑やかファミリーが集結。なんとも楽しく賑やかな宴となった。メンバーが、あらゆる意味で人生さまざまな人たち&バツ付きの人々という集まり、というのも貴重だと思う。まだまだ青い自分なので、どちらかというと自分みたいな生き方なんて世間から受けいれられないという後ろめたい気持ちのほうが大きいのだけれど、この人たちの、「せっかくの人生楽しく生きなきゃ意味ないじゃん」というシンプルさに圧倒させられた。かっこいいって思った。いろいろ乗り越えてきたからこそ行き着いた場所なのだなと。
その一方で、その道を一番に貫いているであろう王子パパが「十字架背負って生きてく覚悟がないとダメだ」と言っていた意味が個人的にはすごくよく分かって、だからこそ楽しく生きなくちゃいけないという意味が身にしみた。自分はまだ、十字架の重みに負けてしまってる。そこから這い上がる力はやはり人生の積み重ねで得られるものなのだと思った。まだまだ修行が足りぬ。
それにしても、みなさんお酒も最強だった。還暦過ぎてもこんなに元気でたくさん笑って陽気でいられることが、なによりすばらしいと思った。そのDNAを受け継いだ王子は幸せだと思った。
お会計のとき、王子パパが嫌がらせかのように全部2千円札でお支払いいただいたのだけど、こういういたずら好きなところも親子そっくりなんですよね。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月10日 (水)

むずかしい

 朝ごはん
4000 スムージー(モロヘイヤ、オレンジ、バナナ)
鯖缶そうめん

 昼ごはん
4001 レバーとセロリのパスタ

 晩ごはん
4002_2 ぶりの香草焼き
4003 もやしのナムル、ごはん
4004 きゅうりとズッキーニのぬか漬け

引越しに向けてなるべく荷物を少なくしようと、本棚とかテーブルとか売りに行く。王子のお宝であったビジネス本なども20冊ほど売りに出した。
それなのに700円って。
でもまぁ、引き取ってもらえただけでもよしとしよう。テーブルに関しては王子が昔の家族と愛用していたものだったので、私としてはこれでようやくすっきりという感じではある。
今回の引越しは本気で我らの0からのスタートなのだからなるべく身軽にいきたいものだ。と、私は思っているけれど、どうやら王子にとってはなかなか難しい覚悟みたいだ。そりゃそうだよね、男のプライドとかってきっとあるんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

がんばろう

 朝ごはん

3995 スムージー(セロリ、パイナップル、みかん、バナナ)
冬瓜汁そうめん

 昼ごはん
3996 アサリワカメらーめん

 晩ごはん
3997 豚しゃぶ肉のベトナム風サラダ、秋刀魚のなめろう
3998 レバーとゴーヤのサラダ
3999 ななちゃんからもらったシジミでシジミごはんとシジミのお味噌汁

 今日も荷造りにいそしむ日。体重60キロ台の王子のモテモテ黄金期の写真が出てきて、それを自慢げに見せびらかしてきた王子、かわいいのう。この時代に“王子”と呼ばれても誰もなにもつっこまなかっただろうねぇ。
そんな中、今日もやっぱり荷物がちっとも減らない王子とのケンカは絶えなかった。いろいろなものを大事にする気持ちは分かる。しかしながらこんなにも抱えきれないほどの思い出を背負って今後も生きてくなんてしんどくないのだろうか。重くないのだろうか。、、、、
などと思ってはいても、そんなことぜったい王子には言えない、、、。がまん、がまん。
 お店の閉店日がせまってきて、いろいろなお客さんからご予約の電話をいただいた。みなさんが駆け込み寺みたいにして来てくださるその温度がとても嬉しいです。
ダンボール山積みの中だけど(お店には置いてないです)、最後の日まで精一杯がんばろうと思う。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

も~~っ

 朝ごはん
3991 スムージー(しそ、パイナップル、みかん、オレンジ、バナナ)
オクラそうめん

 昼ごはん
3992 イワシとキャベツのパスタ

 晩ごはん
3993 ジャンバラヤとフリフリチキン
3994 冬瓜汁
きゅうりとズッキーニのぬか漬け

 引越しに向けて自分たちの荷物を半分くらいにしなきゃならないのだけど、いつものごとく捨てられない王子と、その一方でぽんぽん潔く仕分けしていく自分と、ケンカがやまないという感じ。あ~ぁ、こういうのってほんとに嫌だ。
しかしながら、この気持ちを引きずりながら一日を過ごすのは楽しくないので、ひとり頭を切り替えてのうてんきな感じでいたら、逆にそれが腹立たしく見えたようでイライラをぶつけてきた。も~っ。めんどくさいったらありゃしない。こんなのが毎日続くのかと思ったらおそろしくてたまらん。
 夜遅くに、そんなイライラ王子を誘って、コンビニにおでんとシュークリームを買いに行く。
ご機嫌取りも大変である。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 7日 (日)

ピピピ

 朝ごはん
3988 スムージー(みかん、シソ、バナナ、パイナップル)
たまごやきサンド、ハムサンド
アイスコーヒー

 晩ごはん
3989 美味しいパンを買ってきて、秋刀魚サンド&鯖サンドを作る。
3990 日曜日の食卓はもっぱら冷蔵庫のお掃除をかねてのもの。
残りご飯でドリアを作る。ホワイトソースはバターを使わずにオリーブオイルだけで仕上げる。
今日は炭水化物祭り。

 「最近どうしてるかなぁ」と気になっている人には必ず会う、というのを今日も経験。
ずっと気になっていたHちゃん。元気にやってるだろうかと、ここ2、3日ずっとHちゃんのことが頭にあったら、夕方ひょっこり彼女がやって来てびっくり。彼女の顔を見て元気を確認したらふぅっと体の力が抜けるのがわかった。安心したんだな。
 あと。こういう仕事していると、あのお客さんどうしてるかなぁと気になりだした瞬間にその人から電話がかかってくるというのもよくあること。なんだか超能力とか魔法みたいだけど、そんな能力は持ち備えていないので偶然のような気もするけれど、これだけしょっちゅう偶然は重ならないと思うので、人の想いというのは目に見えない電波みたいなものでピピピと相手の心のアンテナに届くものなんじゃないのかな。そしてたぶんそれって、片方からだけじゃなくて、お互いが電波を出し会っているからそうなるのだと思った。
なんか恋愛みたいだなぁ。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

極上の癒し体験

 朝ごはん
3986 スムージー(みかん、バナナ、キウイ、セロリ)
キャベツチーズトースト

 昼ごはん
3985 今日はヨガ部の日。部員みんなでニコ弁を囲む。
ジューシーごはん、ピーマンの肉詰めなど。

 晩ごはん
3987 ナムルのせごはん
サンマの刺身

 ヨガ部のスペシャル企画。ヒロシ君とアミちゃんによるクリスタルボウルヨガは大盛況だった。なによりも部員たちがみなそれぞれに、貴重な体験ができたのがよかった。
演奏をしてくれたヒロシ君が「今日の出来は最高だった!」と言っていたのもなにより。最高の演奏を届けてくれて、なにかものすごい癒しのベールに私たちがひとつに包まれた時間だった。まるでお母さんのお腹の中にいるみたいな、すべてをゆだねられる感覚。いろんなものから解放されて、まるで天国にいるみたいだった。
こんなすごい体験を北名古屋でできるなんてすごすぎる!
 余韻が残ったままボワ~ンとなって帰ってきて台所に直行。夜のお客様の仕込みだ。
今日も朝から夜までたくさん作った。
 最近、何かひとつのことに熱中してのめりこんでいる人を見ると「いいなぁ」と思うことがよくある。その情熱をうらやましく思うだ。はたして自分にはそういうものってあるだろうかと。
たしかに料理はのめりこんでいるものだけれど、もうすでに体に染み込んじゃってるものだからそこまで情熱的なものでもないような気がするし、、、。
もしかしたらどこかにブレーキかけてる自分がいるのかも知れないな。もっと素直になったらいろんなことをバカみたいに楽しめるのかも知れないって。
人生は一度きりと思ったら、これってもったいない生き方だなと思った。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

今のつみ重ね

 朝ごはん
3982 スムージー(セロリ、キウイ、バナナ、みかん)
ハムカツサンド

 昼ごはん
3983 レバーペーストのパスタ
 レバーペーストがちょこっと残ったときにコレ作る。旨し。

 晩ごはん
3984 冷たいお豆腐の上に熱々のマーボーだれをかけて食べる、このやり方はありだ。美味しかった。
それと十六ささげの湯がいたの。ごはん。

 先々のことについて考える分量が多くて、今が疎かになってしまったのを反省する日。いけないなぁ。
でも仕事に関しては、事前にしっかりと計画を立てなきゃできない自分だったので、今の抜け具合がちょうどよかったりもする。煮詰めていない分、その時その瞬間の自分が出せるのでより自分が表現できるという感じだ。スリル満点なところがちょっとこわいけど。
とにもかくにも、今をちゃんと充実させなきゃ未来なんてないよね。反省。



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

心のお部屋

 朝ごはん

3977 スムージー(セロリ、キウイ、梨、バナナ)
もやし粥

 フラメンコへ。
日頃のもやもやを一気に解消。体動かすのって大事!を実感。頭だけで生きてるとつい体を忘れてしまう。だからときどきこうして向き合ってあげると、体君がちゃんと応えてくれるのが分かっておもしろい。私が弱っているときは体も弱ってる。体と自分は切り離せないってこと。
レッスンはもっぱら今月末の舞台に向けての内容だった。私は仕事で出演できないのだけれど、とにかく踊りたい!の一心でレッスンには参加している。とはいえ、他のメンバーとくらべるとどこか緊張感は薄くて、しかしそういう気持ちも師匠にはすべてお見通しで、出演しない私にもビシビシと指導してくださるのが嬉しかった。ちゃんと見ててくれてるんだぁと思って。

 昼ごはん
3978 もやしサラダ
ナポリタン(王子の最近のお気に入りメニュー)

 王子の母上からものすごい内容の電話をもらい、ふたりして落ち込む。どうしてあの人はこんなにも人の心をがっかりさせられるんだろうか。ある意味すごい才能だ。
王子のたったひとりの大切なお母さんだと分かっていても、やっぱりそれを素直に受けいれられない自分がいる。自分の小ささや大人気なさを感じつつも、どうしてもこれだけは無理。
 そのあと、どうやっても心が立ち直らないので(マイナスのエネルギーをさんざん浴びせられたので)、王子をムリヤリ映画に誘う。こういう切り替え能力がある自分でよかったと思う、ほんとに。
“バルフィ”。最近見た映画で一番おもしろかったかも。構成も音楽も俳優さんたちも、そして映画全体の色合いも最高。インド映画、なかなかいいぞ。
ふたりしてほのぼのしたキモチになって帰ってきた。

 晩ごはん
3980 鶏胸肉の唐揚げ
みょうがのぬか漬け
3981 さんまの刺身

 親子の関係ってそれぞれだし、他人が口出しする権利もないけれど、やっぱりみんながニコニコなのが一番いい。おこりんぼうは嫌いだし、そういう人を見ているのもとってもつらい。
そういうとき、自分の心だけは平和に保ちたいものだと思う。その権利だけは、誰になんと言われようと邪魔されないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

素直なキモチ

 朝ごはん
3975 スムージー(梨、キウイ、バナナ、レタス、パセリの茎)
チーズトースト、目玉焼き、ウィンナ、もやし
アイスコーヒー

 朝、仕事の打ち合わせへと出かけた王子の帰りを待っていたら夕方になっても帰ってこなくて、けっきょくお昼ごはんを食べそこなう。

 晩ごはん
3976 カオマンガイ(鶏ごはん)、もやし、トマト、レタス
ぬか漬け(きゅうり、にんじん、アボカド←うまかった)

 何かに迷っているとき、たぶんそれはすでに自分の中に答えが出ているとき、というのを実感。直感で降りてくるものに素直にしたがえばいいものの、そこに理性が邪魔をするのだ。だから迷う。
でもよ~く考えれば、(考えなくとも)その中に素直な自分の想いを見つけることができる。本当の自分を見落とさないようにしようって思う。自分を嫌いにならないために。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

ニコニコの夜

 朝ごはん

3972 スムージー(いちじく、バナナ、梨、レタス)
もやしとカイワレそうめん

 昼ごはん
3973 具沢山ミネストローネ
ハムカツサンド

 晩ごはん
3974 鮭のアラの塩焼き
ぬか漬け
ごはん

 今夜はきゃぴきゃぴの女の子たち3人組が来てくれて王子がニコニコになってよかった。初めて来てくれた子たちが「王子」「王子」と呼んでくれたのもなんだか嬉しい。
ほぼ娘に近いような年頃の子たちなので、自分はすっかりお母さん気分。可愛いったらありゃしない。
そんな若人たちも、普段はしっかりと仕事をしていて、社会にもまれながらも頑張ってると思うと健気だなぁと思う。日本の未来は明るいぞ!という希望も湧いてくる。そういう君たちにおばちゃんはこれからもずっとエールを送り続けるよ!と思う。
一方王子はというと、かわい子ちゃんたちが来ると、いつもより100倍優しくなって(わかりやすい人)男度をアピールしようとするのだけど、誰がどう見てもお父さんと娘の絵にしか見えないのがおかしかった。みんなが「王子~」って言ってるの、私には「お父さん~」にしか聞こえなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

9月だねぇ

 朝ごはん
3964 スムージー(いちじく、梨、バナナ、レタス)
オクラとネギのそうめん

 昼ごはん
3965 いわしとシシトウのパスタ カリカリパン粉のせ
もやしサラダ

 晩ごはん
3969 蒸しサンマのネギソース
3970 シイタケ入りパラパラチャーハン
キムチ奴
3971 サーモンともやしの生ハルマキ

 今日から9月。風も空気も太陽も、一気に秋っぽくなって、でも気持ちが追いつかないという感じ。この差がしんどい。
身の回りのことも少しずつ進めていかなくてはいけないのだけど、なかなか気持ちとお金がともなわなくて動けず。辛い時期だ。
それでもなんとか気持ちを立て直そうと、台所仕事に精を出す。正直これしかできないのよね。
 夕方、王子と買い物に出る。冷たい雨がしとしとと降ってしかも肌寒くて、「こんな天気じゃ気持ちも落ち込んじゃうね」「雨の冷たさがしみるよねぇ」「なんか心が痛いよねぇ」、、、などと、どんどんしんみりした会話になっていって、王子もまさに今自分と同じ気持ちでいるんだなぁというのを確認できてよかったという感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »