« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

夏休みさいごの日

 朝ごはん
3961 スムージー(しそ、パイナップル、梨、バナナ)
ささみとバジルのホットサンド

 昼ごはん
3962 豚バラごはん
茄子としいたけのおすまし

 晩ごはん
3963 ハンバーグ、もやしナムル、トマト
ごはん、じゃがいもと玉ねぎのお味噌汁

 タクミと一緒に24時間テレビを見て過ごす。それにしたって明日は始業式なのでは。こんなにてんこ盛りに宿題が残っていてだいじょうぶなんだろうか。しかも一緒にテレビなんか見ちゃってるし、、、。
 午後から。今、身の回りのことでいろいろお世話になっているN君の事務所へ。
ものすご~く若くてフレッシュな彼だけど、ものすご~く大人びている部分があって、いつもその部分に惚れてしまう我ら。たぶんそれって、彼の人生の経験そのものなんだろうけど、それを受け止める彼自身の器が人よりも大きくて深いからだと思う。相手の気持ちを繊細にキャッチするんだけど、それをあからさまに出さないところなんて、にくいったらありゃしない。常にまっすぐで裏表もなくて情熱的な彼から、四十過ぎのおじさんとおばさんはいろいろ学ばせてもらってる。若いっていいな、、、と思わせる彼ではなく、いったいどんな人生を歩んできたのだろうと考えさせられる、というのも不思議なところ。
初めて会うタクミのことをタクって呼んでくれたりして、彼の懐の深さにまたもや感動。
 夜はハンバーグなどを作って夏休み最後の晩餐。自分が子供の頃なんて、最後の日というだけでわけもわからず淋しい気持ちになったものだけど、タクミを見ていると最初も最後も途中もないみたいだ。「そういえば明日は学校かぁ、、、」くらいにしか思っていないみたいだ。肝がすわっているというか、、、なんというか。
いつもどおり21時過ぎの電車に間に合うように駅まで送っていく。彼の宿題の心配をしながら、、、。(本人がまったく心配していないということが心配、、、。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月30日 (土)

ほのぼの

 朝ごはん

3959 スムージー(シソ、パイナップル、梨、バナナ)
お豆腐納豆そうめん

 お昼ごはん

 3960モロヘイヤとサルシッシャのパスタ

 蚊にさされまくりながら王子と一緒に庭の草むしりをしたり垣根の剪定したりしてほのぼのした時間が過ごせてよかった。男の人が率先して家のことをやってくれてる姿ってやっぱりたのもしい。
子供の頃から、父が洗濯したり料理したりアイロンがけしたりお弁当作ったりする姿を普通に見て育った私なので、それがあたりまえだと思ってたけど、どうやらそうじゃないみたいなのよね。なので、たまにこうして王子が動いてくれていると昔の父をそこに重ねてほっとする。とくに、王子の独特の安定感とか安心感みたいなものは、父のぬくもりにすごく近いものがあると思う。パパっ子だったのかも知れないなぁ。
私にとっての幸せな時間だ。
 夜はNちゃん、Kちゃんが来てくれて、みんなでおしゃべりして和んだのがよかった。
安定感、安心感の王子は、“なぜか女子から男として見られない”という最近の悩みをぽつりと打ち明けていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月29日 (金)

秋のにおい

 朝の空気がもう秋だった。
季節が連れてくるこの切ない感じ、なんともいえない。

朝ごはん

3954 スムージー(水菜、パイナップル、梨、バナナ)
納豆そうめん

 昼ごはん
3955 焼きらーめん(冷蔵庫に残っている使いかけの野菜を集めて)

 晩ごはん
3957 ニラ玉
3956 バンバンジーサラダ
3958 大根とにんじんのぬか漬け、ごはん

 先々の不安を抱え、王子も私も冴えない一日。そんな中、王子は地道に仕事にとりかかっていたが、私は手もつかないという感じ。目標はあれど、まだ曖昧な部分もたくさんあるので動けない。それを明確にするためにはお金の問題がどうしても立ちはだかる、というのも分かっている。頭の中のことと、現実とをどうすり合わせていくか、ここが大変な作業。あきらめなきゃならないこともたくさんあるかも知れないし、捨てなきゃならない考えもたくさんあるかも知れないな~。そういうことを、ひとつひとつ整理してコンパクトにしていかなきゃ前に進めないって感じ。お金さえあれば、簡単に解決する、ということも分かっている。でもそれができない現実を哀しいとは不思議と思わない。人生はサバイバルなほうが楽しいというのは、我らが一番知ってるからかも知れない。
なんかその免疫ができちゃってる感じが、うれしいようなかなしいような、、、。びみょうだぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月28日 (木)

いろいろまんぷく

 朝ごはん
3952 スムージー(パイナップル、シソ、バナナ、にんじん)
ローストポークのサンドイッチ

 昼ごはん
3953 夕べの残りの鯖缶カレーで、カレースパ。

 フラメンコを踊りにセントレアに向かう。今、いろいろと身の回りのことが落ち着かないので、なんだかちっともテンションが上がらない。
現地で師匠や仲間と合流し、メイクとかリハーサルなどで出番まで2時間半ほど費やした。その間、ずっと待っていてくれた王子には本当に感謝したい。
本番はいつものごとくあっという間であった。といっても、今日はその、あっという間の時間をせいいっぱい楽しもう!と決めていたので、いつもよりも濃い時間に感じた。しかも今日は、なんと師匠の隣で踊った!体が勝手に師匠の温度にどんどん引き込まれていって自分が熱くなる感じが、まるで夢の中にいるみたいだった。こんな経験初めてだ。
そしてなんといっても舞台で踊る醍醐味というのは、自分を精一杯表現できるということだ。日常ではなかなか経験できないので、こういう刺激は自分の人生には必要なことだと思う。
 陰で舞台の設置の手伝いをしてくれた王子は、みょうに場に馴染んでいたのでイベント会場のスタッフと間違えられていた。裏方の仕事を率先して「俺がやる!」と言ってくれる王子って、やっぱりすごい人だと思う。なかなかできることじゃない。
 帰りにそのすごい人に、栄で広東料理をおごる。屋台風の感じがとてもいい店。
どれもこれも、日本人の作る中華料理の味ではないところが気に入った。中国で食べたあの味を思い出したほど。化学調味料を使っていない、ものすごくシンプルな味付けも安心どころ。いつもたいてい外食となるとあまり食べない私が(化学調味料で体が疲れてしまう)モリモリ食べていたので王子が驚いていた。
タレントの光浦さん似の中国人がものすごく愛想が悪くて(イジワルという感じではなく、もともとそういう人)お客さんたちが気をつかって、自ら食べ終えた皿をカウンターに片付けにいったり、新しい皿を取りに行ったりしている光景が普通になっているのがおもしろかった。みんなとにかく「美味しいものを食べるためにはなんでもするぞ」という気合いが感じられてお客さんの顔がみんなニコニコになっているのにも驚いた。こんな光景もなかなかないと思う。すごい店だ。また来たい!
 紹興酒をたらふく飲んで気持ちよくなって帰ってきた。今晩は、ほかのこと何も考えずに寝ちゃうんだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月27日 (水)

お店やってよかったと思うこと

 朝ごはん
3948 スムージー(いちじく、グレープフルーツ、セロリ、バナナ)
すだちうどん

 昼ごはん
3949 カツオのなめろう丼(韓国風)
なすのぬか漬け、豆腐のお味噌汁

 晩ごはん
3950 鯖缶ドライカレー、カリカリポテトのせ
3951 ハムカツ

 人との出会いには必ず意味があるというのを、この仕事をしているとリアルに思う。
出会えてよかった、、、じゃなくて、出会うべくして出遭った、、というのが本当なのかも知れないと。
そしてその人と出遭ったときに、「あぁ、やっぱり!」って感覚になる。宇宙の法則なのか、神さまが仕掛けたことなのか分からないけれども、この世はなるようになっているんだなぁというのを実感するのだ。
さらに、そのときの自分に足りないものを、出遭いが運んできてくれたり気づかせてくれたりもする。ほんとうによくできてるなぁと思う。
夕方、「ピンポ~ン」と近所の子供たちが来てくれた。パクパクの初代の子たちだ。久しぶりに会ったら、ふたまわりくらい大きくなっていて背も伸びていてすごくびっくりしたけど、あの頃のあの子たちの匂いはちゃんと残っていて、なんだかほっとした。メロちゃん今までありがとうというお手紙をもらった。じーんときた。こういうのに弱い私。
ほんの少しの時間だったけれど、子供たちの成長の途中に寄り添えたことを幸せに思う。時間は戻ってはこないけれど、思い出はちゃぁんと蓄積される。子供たちの今を作っているはずだ。そう思うと、なおのこと当時が愛おしく思えてきて涙。メロディ先生にとっては、どの子もどの時間もどの場面もぜ~んぶが宝物です。
お店をやってよかったと思うことシリーズその2なのでした、、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月26日 (火)

単純に楽しい

 朝ごはん
3941 スムージー(グレープフルーツ、バナナ、セロリ、オレンジ)
トムヤムラーメン王子と半分こ

 昼ごはん
3946 冷蔵庫の余りものでグリーンカレー

 晩ごはん
3947 ステーキ丼、かき玉汁

 久しぶりの出張料理教室。みんなで料理して、ただ単純にこの時間が楽しい!って感覚を味わうことができたのが良かった。どちらかというと自分の気持ちを言葉にするのが苦手な人間なので、料理というものがひとつの共通言語になってくれるんだと思う。ほんと~に好きなものの前では人間心が丸裸になるんだな。料理しているときの、ありのままの自分でいられる感覚がすごく気持ちがいい。
ということは、普段意識していないようでも、いろんな刺激を受けながら、気をつかいながら、びくびくしながら生きてるんだなぁ、と思った。弱っちぃ俺、、、。
自由になれる場所があってほんとうによかったと思う。
 夕方から、いろんな人たちが入れかわり立ちかわりにやってきて、めずらしくお店っぽい雰囲気になった。
次のお店は(お店ができるかもまだわからないのだけど)、今夜みたいな賑やかな感じになるといいなと思う。今はどちらかというと、閉鎖された空間の中で隠れ家的に特別な感じでやっているけれど、今度は小さくでもいいから誰でもふら~っと気軽に入れるような開放的な雰囲気の店にしたいなぁ。
そんなことをあれやこれやと妄想しているときが、今はいちばん楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月25日 (月)

よかったと思うこと

 朝ごはん
3938 スムージー(いちじく、セロリ、パイナップル、バナナ)
なすときゅうりのそうめん

 昼ごはん
3939 レバーのサラダ
イカといんげんと枝豆のディル風味のサラダ

 王子の仕事のひとつ(1年以上も悶々と解決策が見つからなかったもの)、今日ようやく光が見えてきたようだった。久しぶりに見たかも王子の笑顔。
なので、ビールをおごった。1本だけど。
それにしてもここまで来るのには長かった、、、、。しかも解決したとは、収入につながるというわけではないので、相変わらずのビンボー生活に変わりはないんだけど。発明家って職業は大変だなぁと思う。
でも、そういう仕事って、たぶんやりがいがあると思うし、本人は楽しいと思う。そこにお金がともなったら、こんないい話はないのだけど、世の中はそんなに甘くはないみたいだねぇ。(しみじみ)

 晩ごはん
3940_2 サバの竜田揚げ(料理教室の試作をかねて)
チキンソテー
かりもりのぬか漬け
ごはん

 お店をやってよかったと思ったこと、その1。
とかくご近所さんたちからの評判の悪い私。そりゃそうだ、この家にはかつての王子の家族が暮らしていたわけで、そこにある日突然知らない女が現れてみなさいよ、しかも店なんか作っちゃうし、、、、。そりゃぁ、あらぬ噂だってたつってもの。
そんな中で、お店があったおかげで助かったことというのはある。そういう種族とは別の、素敵な人たちとつながることができたこと。私がどういう人間であるかというのは関係なく、ただ自分の料理を食べてくれた人たちと心でつながったということ。
 お店がなかったら、もしかしかたら死んじゃってたかも知れない。助かった、、って思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月24日 (日)

自分キープ

 朝ごはん

3933 スムージー(シソ、グレープフルーツ、バナナ、いちじく)

 王子は消防団のお勤めへ。

 昼ごはん
3934 冷汁

 晩ごはん
3936 バラちらし
3935 サバ缶ミートボール(料理教室の試作)
3937 ゴーヤのサラダ、にんじんサラダ

 一日じゅうだらだらと寝てばかりいた。
一方、王子はずっと苦い顔をしながら仕事部屋にこもっていた。彼の大変さを知っている自分としては、少しでも軽くなるようにといろいろ気をつかってみたり、手伝ったりしてみたけれど、そうすると自分の身が持たないということに気づいてからは、立ち会わないことに決めている。どうしても自分も彼と同じような心境になって落ち込んでしまうからだ。そうなるとゴハンなんて作ってる場合じゃなくなっちゃう。
そういうわけで、自分が狭くならないように、自分は自分のことを精一杯やることにした。そうしてからは、だいぶ気持ちが楽になったけど。
心が健康であるということがすべての基本だ。
とくに自分の場合は、心がおかしくなると、まずゴハンが作れなくなる。台所が機能しなくなると、すべてが悪循環になる。これではいけない。
 とはいえ、「もう知~らないっ」と言いつつも、やっぱり気になるのよねぇ。
 ひとつ屋根の下の共同生活というのは、いろいろとむずかしいことがあります、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月23日 (土)

交換。

 朝ごはん
3931 スムージー(シソ、バナナ、グレープフルーツ)
冷汁←めずらしく王子が褒めてくれた味。

 昼ごはん
3932 ナポリタン、ふわふわ玉子を敷いて。

 夜は大ファミリーさんご来店。和やかで温かみのある家族の雰囲気がキッチンまで伝わってきて、とてもいい空間だった。フライパン振りながらこんなにも気持ちがいいのってなかなかない。やっぱり作り手と食べてくださる人との連携プレーって大事だな。
すべてはエネルギーの交換なんだなって思った。愛もそう。与える、受け取るの関係ではなく、交換なのだと。
 そのあと、王子と餃子の王様(王将)に行き、餃子を食べまくった。にんにくパワー全開で帰るとNちゃんが寄ってくれて、みんなでおしゃべりしたのがよかった。
お店をして良かったと思うことは、こうやってふらっと誰かが寄ってくれる空間があることだと思う。その空間のファンになってくれる人たちがいることがありがたいんだよね。料理やお酒を気に入ってくれることも嬉しいけど、なんとな~くここに来たいなと思ってくれる人がいることが、一番嬉しい。
 来月にはこの店もなくなる。どんな小さな空間でもいいから、またお店やりたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月22日 (金)

今をがんばる

 朝ごはん
3928 スムージー(グレープフルーツ、セロリ、バナナ)
アボカドチーズトースト、スクランブルエッグ

 昼ごはん
3929 鍋底に残った煮込み料理をパスタにアレンジ。うまうまであった。

 晩ごはん
3930 カツオのコロッケ、ゴーヤ入りコールスロー
自家製鮭フレークのせごはん
ワカメのお味噌汁

 忙しい王子が、仕事の合い間に買い物に付き合ってくれることがなにより嬉しい。そして、男の人は恥ずかしいであろう生理用品売場とか下着売場とかも、普通な感じでついて来てくれる彼はある意味すごいと思う。正直、こっちが恥ずかしくなっちゃうくらい。
そういうとき、思わず王子のこと「お父さんっ」って呼びたくなっちゃう私は、きっと彼を保護者として見てるのだと思う。

 お店閉店まであと1ヶ月。なんとなく、気持ちはもう先を見ていたり、不安な気持ちもあったりで足元が今に定まらなかったりするんだけど、お客さんが来てくださるかぎり、気を抜かず今を頑張らなきゃと思う。
 それと。話変わってここで業務的なお知らせをさせてくださいな。
9月6日(土)10時~、メロディヨガ部のスペシャル企画としてクリスタルボールヨガを開催するのだけど、みなさんにぜひ来て欲しいな~と思ってここに書きました。極上の癒しとヒーリング効果は絶大!詳しくはもうひとつのブログのトップページを見てくださいね。めったにないチャンスだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月21日 (木)

へ~~

 朝ごはん
3924 スムージー(パイナップル、キウイ、バナナ、セロリ)
自家製パン、ハムエッグ

 久しぶりのフラメンコレッスン。
大量の汗とともに、3週間分の毒素を出し切った気分。心身ともにすっきり。
 今日感じたこと。 フラメンコって体の内にあるエネルギーがそのまま踊りに出るということ。芯が(精神が)だらっとしていると、それがそのまま踊りに出る。
技術的なことを身につけるのはもちろんのこと、中に含まれるものがなにより大事だというのを、師匠の真後ろで一緒に踊っていたときにビリビリ感じたのだった。きっと、ここが観る人の心をとらえるんだろうな。

 晩ごはん
3927 カツオのなめろう丼。豆腐とゴーヤのサラダ、味噌汁。

 今夜は久しぶりのM氏の来店で、M氏が買ってきてくれたチーズをむしゃむしゃ食べながらおしゃべりしたのがよかった。
相変わらずの健康オタクぶりは健在。糖質制限食を極めつつある彼が、糖質量チェック本なるものを見せてくださったのはいいけれど、見れば見るほど、食べたいものが減っていきそうで気持ちが沈んだ。M氏いわく、糖質制限=ダイエットではなく、糖質制限=健康 とのことであった。そもそも糖質なんて人間の体には必要ないものとのことであったが、ゴハンラバーな私にとってそれを制限するなんて拷問のようなもので、逆に心が不健康になっちゃいそうなので、やっぱりできかったりします、、、。
それを徹底的に実践しているM氏は、やはり尊敬してしまうな~。
ちなみに、チーズ、バター、魚、鶏肉などは、どれだけ食べても糖質ゼロなのでいいんですって。さらに、ビールはあまりよくないけれど、ウォッカ、焼酎、ブランデー、ウィスキーなんかは同じく糖質ゼロ。この部分、個人的にはかなり嬉しい。(にんまり)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月20日 (水)

感動

 朝ごはん
3922 スムージー(パイナップル、バナナ、セロリ)
納豆そうめん

 昼ごはん
3923 厚揚げ炒め、トマトとたまご炒め、ごはん、しじみの味噌汁

 王子のパパと奥様が来店。先日、身内の不幸で30年ぶりに再会したパパと王子であるが、やっぱり親子だなぁと思える共通点をたくさん拾えたのがおもしろかった。人情派なところとか、リーダー的なところとか、いくつになっても子供の部分とか(いい意味で)、車好きなところとか、確実にパパのDNAを受け継いでいるなぁと思うことがたくさん。
さらに、パパが奥様を紹介するときに、「ボクの愛妻です!」と言ったのには感動した。さらに、父親として30年間息子と会わなかった(会えなかった)理由というのが、私的にはすごーく分かって、その辛さが伝わってきて涙。一日たりとも息子を思わなかった日はなかったそうだ。
などという感動話を、あえておちゃらけて言うパパ、かっこよすぎ。そしてそれを支える奥様もとても優しくて温かくてかわいい方だった。67歳というお年で、ラブラブなのも素敵。
なにより、「一度しかない人生なんだから、精一杯楽しく生きなきゃ意味がない」と言ってたパパはすごいと思った。そうやって人生を切り開いてきたという重みがあった。
王子が「オヤジにもっと早く会いたかったよ」と言ってたのも感動。
ものすご~くいい家族の絵を見せてもらった。
みんなでガンガンに飲んで、駅までの道をふらふらと歩いたのも夏の終わりの思い出になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月19日 (火)

夏の終わりの

 朝ごはん
3918 スムージー(セロリ、パイナップル、キウイ、バナナ)
きゅうりと蒸し鶏そうめん

 昼ごはん
3919 つくね入りカレーラーメンを汗だくになって食べる。仕上げに入れた黒酢が全体の味を引き締めてくれた。

 今日も今日とて。なんだかなぁという曖昧な時間だけが過ぎていったような気がする。かといって、何かに集中しろと言われたところで今は無理。なにもできないぞー。
ただ、一日3度のゴハンのしたくだけは、唯一我を忘れられる時間。なんとか生き延びられる空間があってよかったと思う。
人間どんな状況においても腹は減る。腹が減ったら何か作る。このあたりまえの機能がくるってしまったとき、人間はおかしくなるんだと思う。とすると、まだまだ自分は元気ということか。

 王子の仕事に付き合って、瑞穂区のほうへ向かう。昔住んでいたところのすぐ近くを通るとき、なんともいえない気持ちになった。まだまだ思い出というカタチで自分の中に消化できていないものが多いということ。切ないような苦しいような。
でもいつか、それらがすべて温かなものへと変わるのだ思う。ただそれまでには時間がかかる。
そう思うと、弱い自分の裏側で、なんとしてでも頑張って生きていくぞ~って闘志のようなものが湧いてくるのを感じる。それが自分と自分の人生で出逢った人たちへの責任だ。

 晩ごはん
3920 アボカド、チーズハンバーグ、ポテサラ
3921 きゅうりのぬか漬け、だし奴

 夏休みの絵日記に出てくるような入道雲だった。そんな空を見上げながら
私 「もう夏も終わりだね。陽水だね」
王子「今年は夏が来ないまま夏が終わっちゃったよ」
私 「夏はちゃんと来たじゃん」
王子「プールにも入ってないし、カキ氷も食べてないし、日焼けしてないし、、、夏っぽいことを1個もしないまま終わったよ」
 たしかに。
王子はずっと仕事してて、その隣で私はカリカリしてました。
ぜんぜん夏っぽくない。

 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

どうなる?!

 朝ごはん
3916 スムージー(セロリ、パイナップル、キウイ、レタス)
だしと蒸し鶏のせそうめん

 昼ごはん
3917 つくね丼ぶり、味噌汁

 引越しは決まっているのに、引越し先が決まらないというなんとも足元が定まらない感。
とくに王子は、自分の家を手放すという男としての人生最大の喪失感みたいなもののほうが大きくて、何も考えられない何も手につかない状態。なんだか今日の空みたいに一日どんよりしていた。
一方自分のほうはというと、この先どうなるかなんて分からないので、分からないことに対して悩んでも仕方ないという感じではいる。とはいえ、落ち込んでる王子を見ていると、こちらもなんとなく染まっていくような気はするけれど。
家に対する男の人の想いというのは、想像してたよりはるかに特別なものらしい。
 とにもかくにも我らにとってこの引越しは人生仕切りなおし的な意味も大きいので、そのことを忘れちゃいけないと思うし、また0からスタートすればいいとも思ってる。まさか42で0からやり直すなんて思ってもいなかったよ、、。人生は分からないことだらけだ。
それにしても王子に元気が戻ってくるのを祈るのみ。

 夜はバル風の居酒屋で、スパークリングワインをしこたま飲んだ。
今後の話をしたりして明るい酒になったけれど、王子がちょっと無理してるようにも見えたのが切なかった。


 



 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月17日 (日)

前にすすむこと

 朝ごはん
3912 スムージー(しそ、パイナップル、キウイ、バナナ)
トースト、たまご、ウィンナ

 昼ごはん
3913 もやしたっぷり味噌らーめん

 今日も不動産屋さんめぐり。「ちょっといいかも」という物件がひとつだけ見つかるも、ものすごーくコンパクトな間取りで、我らの荷物を10分の1くらいにしないと住めないという現実を知り、いろいろ複雑。スーツケース2個分程度の私の荷物ならまだしも、トラック2台分くらいありそうな王子の荷物、いったいどう縮小すればいいのだ。
いっそこと、すってんてんになって0からスタートしたらいいじゃん!と私としては思うところだけれど、捨てられない派王子の性分を知っているので、なかなか難しいと思う。
いろいろ問題ありで、なんだか大変そう、、、。

晩ごはん
3914 山盛りステーキ
3915 きゅうりのぬか漬け

 夕方、一瞬だけタクミが寄ってくれて、みんなでご飯を囲めたのがよかった。どんぶりで白メシをかっこむタクミ、大きくなったな~。
夏休みといえば、どこもかしこも家族中心なつくりになっていて、心はどうしても過去へと流れてしまうのだけど、最近は哀しみに引っ張られる力と、息子たちの未来を応援する力が同じ分量で自分の中にあるのを感じている。
哀しくて淋しい気持ちは消すことなんかできないけれど、それに負けない力が芽生え始めたことは、少しずつだけれど母として前進したということなのかも知れない。
ただ、今後どれだけ大きな哀しみが押し寄せてきても、人生の状況がどう変化しようとも、自分があの子たちの母親であるという思いだけは変わらない。
 こんなお母さんでごめんねという気持ちはいっぱいあるけれど、それを全面に出すことは、息子たちにとっても自分にとってもよくないというのを、最近感じ始めたところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

ヘロヘロだけど心強い

 朝ごはん

3910 スムージー(しそ、パイナップル、キウイ、レタス)
トースト、目玉焼き、ハム、トマト

 昼ごはん
3911 北野エースで買ったオーガニックパスタで、きのこのスパゲティを作る。

 不動産屋さんめぐり。来月に引越しを予定しているにもかかわらず、まだ住むところさえ決まっていない我ら。
何軒かまわったけど、自分たちの条件に合う物件ってなかなかなくて、ようやくここへきて焦りはじめる我ら。遅すぎだ。
どうなるんだろう、俺たち。

 夜はAちゃん夫妻が来てくれて、まったりおしゃべりした後に、みんなで一宮のタンメン屋さんに行ったのがよかった。こういう仲間がいるということだけが、今の自分たちの心の支えになってる気がする。今朝も一番に我が家に飛んできてくれたN君も、まさにそういう存在だ。本当の優しさって、ギブアンドテイクの関係とかではなくて、その人の温度にそっと寄り添うことにあるのだというのを、その人たちから教わった。その温度感を共有していると思うと心強いんだぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月15日 (金)

ショウロンポウ

 朝ごはん

3905 スムージー(しそ、パイナップル、バナナ)

 昼ごはん
3906 牛丼、しじみの味噌汁

 王子の仕事の手伝い。バイト代は出ないけど。
最近、電線切り、ハンダ付けなど、、、身につけても人生にはあまり役に立たなさそうな小技ばかり身についちゃってる気が。
しかしながら細かな単純作業というのは集中すればするほど脳がリラックスするようで、常に変化を好む私の日常には必要な時間なのかも知れない。野菜をひたすらみじん切りしてるときの、時間と空間とかを超えて、そこだけぽこっと異次元に行っちゃってるときの、あの感じ。
 仕事が煮詰まったので、久しぶりに大須へぶらりと。
唐揚げとか買って食べ歩き。
大須に来ると必ず古着屋さんをのぞき、ヘンな服を買うのが趣味なんだけど、今日はなんとなくそんな気にもならず。
そんな中、王子はアジアン雑貨屋さんでなぜか木のハシゴを買っていた。大須に来てハシゴかよ、という感じではあるが、本人いわくひとめぼれだったそうだ。大須の商店街の中を大きなハシゴをかついで歩く人なかなかないよ。王子に「せっかくだから電車ごっこしよう」と言われたけど、丁重にお断りしておきました。
それにしても、大須を歩く人たちは個性的な人が多い。アキバっぽい匂いもあるけれどちょっと違う。こちらのほうが下町っぽくて人情があって好き。関東の友達が遊びに来たら、観光名所のひとつにここを案内すると思う。そのくらい名古屋がぎゅっと詰まってる場所だと思うな。

 晩ごはん
3909 鮭ハラスの醤油焼き
3908 ぬか漬け、ニース風サラダ
3907 ショウロンポウ
ど~しても食べたくて作った。
初めて作ったわりには、けっこういい線いったと思う。
それにしても包むのがむずしい。思っていたよりも皮が分厚くなってしまった。
やっぱりディンタイフォンにはかなわないよなー。(あたりまえだ)
しかし最近の私の中の、台湾で食べ歩きしたい欲が、これでちょっと埋まったような気がする。(単純)
なんでも売ってるし、美味しい店もたくさんあるこの便利な時代に、あえてわざわざ手作りするなんて、、、とも思うけど、自分で作って食べるっていうこの満足感充実感を一度でも味わっちゃうと、やめられないんだよねぇ。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月14日 (木)

今日も暑い

 朝ごはん
3902 スムージー(レタス、パイナップル、バナナ、オレンジ)
3903_2 オムレツ、パン半分、ソーセージ

 昼ごはん
3904 カレーつけうどん
昨日のキーマカレーの残りにココナツミルクを加えてスープカレー風に。熱々のカレーに冷たいうどんをつけて食べる。なかなかよろし。

 夜は仕事しながらいろいろつまんだので晩ごはんはなし。王子もいないし。
終電近くに電話があり、駅まで歩いて迎えに行く。(ワイン飲んじゃったので)
ヨレヨレのヘロヘロのゲロゲロの王子にコンビニでアイスを買ってもらい、夜道を歩きながら食べて帰った。
カエルの合唱の中に、すずむしの声が混じっていたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月13日 (水)

ふふ

 朝ごはん
3897 スムージー(グレープフルーツ、パイナップル、セロリ、バナナ)
オクラ、焼き茄子そうめん

 昼ごはん
3898 野菜たっぷりキーマカレー

カレー作るときって、なんでこんなに熱いの?ってくらい普通に料理するときの体感温度とはぜんぜん違う。スパイスの刺激か?!なのでなるべく短時間で作ろうと、煮込まないカレーにする。
シャキシャキっとした野菜のフレッシュ感が残っていてなかなかよろし。

 晩ごはん
3899 鮎ごはん
3900 豆腐のマグロユッケのせ
3901 チキンウィング

 お客さんで若い女の子が来たときの王子の対応といったら、そりゃもう分かりやすいったらありゃしない。最初は紳士っぽくって、しばらくするとおしゃべりが止まらなくなるというのがいつものパターン。そしてとにかく優しくなるというのも。
今夜も、そんな若い子が来てくれたおかげで王子が上機嫌でなによりだった。
いつものごとく、途中から女の子に対して「ボクの話を聴いてよ!」みたいな空気になってきて、どっちがお客だか分からなくなっていた、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月12日 (火)

こうでなくっちゃ

 朝ごはん

3892 スムージー(パイナップル、グレープフルーツ、にんじん、バナナ)
鶏茶漬け
きゅうりのぬか漬け

 昼ごはん
3893 キムチとトマトのクリームパスタ

久しぶりのキムチパスタ。この、いっけんありえないような組み合わせが意外にも相性バッチリなのも味覚の方程式に適うからこそ。

 14時過ぎ。1年以上も手がけていた王子の仕事がひとつ一段落する。終わった瞬間、お仲間さんたちとの拍手が沸きあがっていた。しかし、あの血と汗と涙と努力の分量を思うと、なんとなくあっさりな終わり方だったような。
本来ならば昨日のうちに終わるはずだった仕事。一日伸びたということだけで、なんとなく本人たちの達成感も感動の量も半減してしまったように思えた。やっぱり、流れって大事だ。

 とはいえ、一段落は一段落なのであって。ぱーっと外にでも出掛けようとなったけど、俺たち金欠族には、ぱーっと使えるお金もないので、新しくできたイオンなどに行って、ワインの試飲マシンで地味に遊ぶ。先にプリペードカードを買って、そのカードをマシンに挿入し、試飲したいワインのボタンを押すと適量のワインが注がれるという画期的なシステム。常時カウンターにソムリエ風のお姉さんがいて、グラスも交換してくれる。ここで10種類ほど試飲する。あぁ楽しい大人の遊びなり。
運転手の王子、ごめんね、という感じ。

 晩ごはん
3895 豚と野菜と豆の煮込み
3896 トマトサラダ
3894 ステーキ、ゴーヤとにんじんのサラダ

 スプマンテなど開けて、ささやかに王子のお疲れ様会。
久しぶりにゆっくり食事ができたという感じ。ここのところ、とりあえずなんか食べる、とか、腹が減ったらなんか食べる、という感じのゴハンだった。何を食べるかというよりも、こういう食事の仕方ってあまりよくない。心が冷え性になってしまう。
こういう仕事をしていて思うのは、食べるものや栄養などにこだわること以上に、食卓の環境がなによりも大事だということ。
やっぱり食卓には笑顔がなくっちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月11日 (月)

なんだかなぁ

 朝ごはん

3888 スムージー(パイナップル、セロリ、バナナ、オレンジ)
キャベツチーズトースト

 昼ごはん
3889 唐揚げ、ゴーヤのサラダ、ごはん、味噌汁

 晩ごはん
3891 鶏ごはん
3890 ゴーヤの肉詰め

 今日でようやく一区切りつく!と予定していた王子の仕事が、またしても延び延びになり、がっかりという感じ。彼の大変さを横でずっと見てきた私としては、これでやっとひとつ開放される!と意気込んでいたのに、なんだかなぁと気が抜けてしまった。お疲れ様の乾杯の準備までしてたのに、、、。仕方ないけどね。
 自分のほうはというと、来月の閉店に向けて少しずつキッチンも整理していこうという流れになってきた。保存していた食料や、中途半端に残っている調味料なども、使い切る方向に。冷蔵庫の中身もちょっとづつ減らしていこうかと。こういうとき、淋しい気持ちになるのかなぁと思っていたら、意外にもサクサクとすすめている自分に驚いた。どうやら気持ちはすでに未来に向いているみたいだ。(まだ予定も何も決まってないくせに)
そんな中、仕事で頭がいっぱいになっている王子は、先のことなど考えられないというふうで、相変わらず彼の時計だけは止まったまま。俺たちの温度さ、ありすぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

笑顔がいいね

 朝ごはん

3886 スムージー(グレープフルーツ、パイナップル、レタス、バナナ)
トースト、ハム、ゆで玉子

 久しぶりにリエちゃんと電話で話す。母になり、自分が180度変わったと言っていた彼女ではあるが、相変わらず芯の部分には揺るがない強さみたいなものを感じ、母になったことによって、その部分がよりいっそう強化された気さえした。戸惑いもあるであろう日々の生活、娘っ子の成長、そしてありのままの自分の気持ちと、きちんと真正面から向き合う彼女の姿勢はかっこいいと思った。
また心理とか瞑想とか宇宙とかのオタク話で盛り上がりたいものだな。

 昼ごはん
3887 そうめん(キムチの豆腐和え、自家製ラー油、クレソン)

 王子の仕事関係の方々が出入りしたり、来客があったりで、なんとなくソワソワな一日。
ゆっくりとキッチンに立つ余裕がないので簡単メシ。

 夕方、一段落ついて買い物に行くも、レジの若いお姉さんがと~ってもイジワルな感じの子でテンション駄々下がり。最近多い、色白系美人、スタイルがいい、だけど無表情、、、の子。栄養足りてないんじゃないの?と思う。
その帰りに近所のカレー屋に寄ったら、さっきとは正反対の見た目の子ではあるが、ものすご~く明るくて元気で笑顔の素敵な女の子が接客してくれて、一気に元気になった。
俺が男だったら、ぜったいこっちを彼女に選ぶなー。
マトンカレー、シシケバブ、モモ、どれも美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 9日 (土)

フル回転~

 朝ごはん
3884 スムージー(しそ、バナナ、グレープフルーツ)
だしのっけそうめん

 昼ごはん
3885 トマト卵とじラーメン
 たまに、こういう奇抜なものを作ってみたくなるのよね。
買ったトマトがあまり美味しくなかったので、こうしてみました。美味しくアレンジできました。

 夕方、王子のかつてお世話になったお仕事仲間さんたちが来てくださった。久々に会う若い面々も、結婚していたり、パパになっていたりで、以前のイケイケな感じはどこへやら、落ち着きモードになっていてびっくり。自分もかつてたどった道のりを懐かしく思ったりしてすごく新鮮な気持ちになった。それにしても、男の人がわが子の可愛い自慢をするのって、すごく微笑ましい。そのお子さんよりも、自慢するパパのほうが個人的には可愛いと思うのだけど。
そんな中、男ばかりの宴会だったので台所はフル回転。作りまくった~。そしてみなさん、気持ちいいくらいにきれいに食べてくださったことが嬉しかった。料理はやっぱり、作り手と食べてくださる人との連係プレーみたいなところがあると思う。この繋がってる感、大事。

 さすがにへにょへにょになったので、お店を閉めた後、王子がサガミでお蕎麦をおごってくれた。おごってもらっていてなんだが、手作り感がないのよね。こういうゴハンばかり食べていたら心が淋しくなっちゃうんだろうなぁと、さっきまでフライパンを振りまくっていた自分は、そう思うのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

脱出~

 朝ごはん
3879 スムージー(シソ、パイナップル、グレープフルーツ、バナナ)
だし、温玉のっけそうめん

 午前中は仕入れに走る。新鮮なお魚を手に入れるためには、朝一じゃなきゃダメだ。
開店前のスーパーの列に並んでいたら、先頭のおばちゃんが「こんなに暑い中並んでるんだから、さっさと開けてよ~」と扉をドンドンしていたら、奥から店長さんらしき人が出てきて「は~い、お待たせしました~」と3分前に開店となった。おばちゃんパワーにかなうものはないな。さらに、こういう緩さも田舎の店ならではだと思う。好きだなー。
ぴっかぴかのイワシとカツオをゲットして帰ってくる。

 昼ごはん
3880 さんま、空芯菜いため、醤油たまごご飯、シジミの味噌汁

 午後は雨音を聴きながら仕込み。それにしてもものすごい雨。夜のお客さんが無事に来れるかなぁと心配しつつ。
 昨日はほとんどキッチンに立たなかったので、水を得た魚みたいにこの場所で元気になっていく自分、、、おもしろいな。
人間やっぱり自分を表現する場所って必要だ。自分はこの台所という場所から何かを発信していくのだ~。

晩ごはん
3883 カツオ丼、ワカメの味噌汁

 自分を狭くしているのはこの自分だ、ということに気づいた今日、いつもの私が戻ってきた気がした。狭くなっているときって一方方向しか見ていなくて苦しくて、その苦しみからもなかなか抜け出せなくなってる。
でもちょっと離れたところに視点を置くと全体像が見えてくる。「な~んだ、こういうことだったんだ」と腑に落ちたりもする。
そういう切り替えが(切り替えるときの勇気も含め)、人生を楽に(楽ちんとは意味が違う)生き抜くためのコツだと思った。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 7日 (木)

体調管理

 朝ごはん

3877 スムージー(しそ、パイナップル、バナナ、オレンジ)
マカロニグラタン(マカロニサラダの残りをアレンジ)

 昼ごはん
3878 冷やし中華(ゴーヤ、オクラペースト、納豆)

 今日も丸一日王子の仕事の手伝い。頭の中がそのことで支配されちゃってることが悔しい。まともに料理なんかできやしない。
間に2時間ほどフラメンコのレッスンに行ったりしたけど、半ば放心状態みたいな感じでちっともハートにこなかった。なんだかなぁ。
晩ごはんも食べずに頑張ったけど、いまだいい手ごたえが無いという感じ。王子の仕事って、単純に結果が出ないというのが辛いところ。細~い電線を組み合わせたり、砂粒のような部品を扱っていたりするのは、なんとなく人間の体の中を手術してるみたいにも見えて、まるで機械のお医者さんだね、と言ったことがあるくらい。予測不可能が出来事がしょっちゅう起きるというのも、なんだかそれっぽい。
いい結果が出ることだけを祈りたい。
 一方自分は、不規則な生活が続き、小さなストレスを感じている今日このごろ。
ゴハンがきちんと食べられないこと、料理がでできないこと、睡眠がしっかりとれないこと、、、など、40過ぎの体には正直言って辛い。
さらに、ゴハンを作る仕事をしている人間としては、なにより自分の体調とメンタルの管理がなによりも大事なのを、ここ最近の不規則さから身にしみて感じたこと。人さまのお口に入るものを作る仕事というのは、そういう部分はとても慎重かつ繊細でなければならない。
こういうときこそ、まず自分の体調管理を優先させなきゃと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

わかりやすいなぁ

 朝ごはん

3874 スムージー(セロリ、しそ、バナナ、パイナップル)
なす、豆腐そうめん

 丸1日ぶりの食事。脳にしみる~。
やっぱり人間は食べなきゃダメだ。頭の働きもにぶくなるし、何より、心が乏しくなる。
スムージーに入れた、野菜や果物の甘みが、ものすごく繊細に感じられた。

 昼ごはん
3875 ゴーやとブロッコリとツナのパスタ、梅干風味。

 無性にゴーヤが食べたくて作った。ゴーヤは火を通しすぎないよう仕上げに生のまま加えてさっと和えただけ。シャキシャキ感とほどよい苦味がたまらない。

昼から王子の仕事の手伝い。2徹の王子は舟をこいでいて作業にならず、ならば私がなんとかするしかないと思い、ハンダの作業を覚える。まさか42になって新しいことに挑戦するとは思ってもみなかった。しかもハンダ付けなんて。
やってみたら思いのほか楽しくて、はまりそうな予感。

 晩ごはん
3876 麦茶のお茶漬け(鰺のお刺身、梅干、刻み野菜などをトッピングして)

 今宵も楽しい方たちがたくさん来てくださって、いい気持ちで料理させてもらいました。
しかも、若くて可愛いらしいお嬢さんたちが多くて、さっきまで寝ぼけていた王子がシャキッとなっていたのがおかしかった。なんて分かりやすい人なんだろう。
声のトーンもいつもより高め、みょうに優しい。小学生の男の子に「王子、いつもと違う」ってつっこまれてました。

 店の仕事のあと、再びハンダ作業のつづき。
昨日いろいろ悔しい想いをしたから何が何でもやってやる!って気持ちなのだ。(王子の仕事なのだけどなぜか私のほうがテンション高い)
でもやっぱり眠い。続きは早朝に持ち越そう。歳には勝てない、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

なんだかなぁ

 朝から王子の仕事の手伝い。
言われたことをただこなすだけの私は気楽だが、本人の焦りようと言ったら相当なものだと思う。
夕べから一睡もしていない王子とW君はというと、精神的にもとても不安定になっていた。ときどきものすごく感情的になったりして。
夕方にさしかかる頃、時間に間に合わせなきゃいけないということが優先になって、肝心の作業がやっつけみたいになってきて、なんか違う・・・と気づいた私は、ものすごく腹立たしい気持ちになって、その場を降りた。言いたい気持ちはいっぱいあったけど、ぐっとこらえて。
 自分はこんな気持ちで料理なんかできないし、もし作ったとしてもそれは相手のハートには届くはずもないと思ったから。あくまでも自分ものさしなのだけど。
分野も世界も違うけれど、王子の職人魂というのも、まさに同じ。それを知っている自分としては、なんだか悔しい気持ちでいっぱいになってしまったのだ。

 というわけで、なんだかとても苦い一日であった。
丸一日何も食べなかったというくらい、ある意味緊張してたし、感情も高まっていたし、まるで異次元にいた心地。
明日は早起きして現実に戻ってこよう。
そんな中、深夜になってもいろんな人が我が家に出入りして、とても落ち着かない。きっとまた徹夜になるのでしょう。
わるいけど、私はさっさと寝ようと思う。今日は一日、料理できなかったのでストレスたまりまくりなのよ。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 4日 (月)

穏やか

 朝ごはん

3852 スムージー(パイナップル、セロリ、バナナ)
マカロニサラダ、目玉焼き、ソーセージ、バケット

 昼ごはん
3873 やきそば(目玉焼きのせ)

 パクパクの最終日。やりきった感というよりも、まだ明日も続きそうな気分でいるこの自分って。
「○○しなきゃ」という意識でガチガチになっていた頃は、エネルギー全開でヘロヘロになっていたけれども、そういうものをすべて手放した今というのは、すごく穏やかな気持ちでいられる。
大人として、子供たちに何かをしてあげよう、などと思っているうちは、何も広がらなかった。子供たちについて行こうと決めた瞬間、何かが動き出したのだ。
どうなるかなんて分からないし、分からないことをあーでもないこーでもないと考えたところで意味がない。すべてをゆだねた瞬間に、宝物は降りてくる。
そんな時間でした。

 夜はNちゃん夫妻が来てくれて、そこにD君も合流してみんなで仲良くなったのがよかった。
その間、王子は締め切りギリギリの仕事で青くなっていて、その緊張が痛いくらいに伝わってきて、私までゴハンが喉を通らなかったことだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 3日 (日)

なんだかバタバタ

 早起きして庭の草むしり。
雨上がりの土はやわらかいので草むしりにはもってこい。しかも今朝は涼しい。
早起きの特権は自分だけの特別な時間が作れることにある。朝から得した気分。
庭もすっきりして気持ちがいい。
 
 朝ごはん

3849 スムージー(パイナップル、バナナ、しそ、オレンジ)
ピリ辛そうめん

 お昼はマリオット18階の鉄板料理屋さんで、久々の豪華ランチ。
目の前でじゅ~っと焼いてもらえるお魚やステーキを堪能し、ワインまで飲んじゃっていい気分。鉄板屋さんの醍醐味は、なんといってもこのライブ感。
料理の最初に、黒服のお姉さんがエプロン(油が飛ばないように)を付けてくれるんだけど、隣で王子が「まいかけなんか付けてもらったの、赤ちゃんのとき以来だよ」とはしゃいでいたのが可愛かった。
ホテルのレストランだけあって、黒服の人たちの接客はすばらしいものだった。これだけのもてなしを受けると、会計するのも気持ちがいいってもの。
とはいえ、今日は王子のおごり。私はよりによって一杯2000円以上もするグラスワインを数杯飲んでしまい、会計のときに王子が目が点になったのを忘れもしない。

 帰ってきて、王子の仕事の手伝い。
期限が迫っているとのことで、ふたりして青くなりながら作業する。さっきまでの余韻に浸っている場合ではない。
 途中で晩ごはんを食べ、
3851 鰺の香草焼き
3850 オムライス

再び作業。
あっという間に深夜に突入し、眠気には勝てない40代としては、とりあえず今日はここまでにして、早朝にゆだねることに。






 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 2日 (土)

ヨガ部

 朝ごはん

3847 スムージー(スイカ、パイナップル、バナナ、シソ)
納豆きゅうりそうめん

 昼ごはん
3846 ヨガ部の仲間とニコ弁。
部員たちがおかずの作り方を聞いてきてくれることが、「美味しい」って言葉よりも嬉しい。
自分もそうであるように、美味しいときって、たぶん「美味しい」って言葉より、「ん!」とか「アレ?!」とかっていいう、驚きが先にくると思うのよね。
そういうゴハンをこれからも作っていきたいな。
 今日もヨガしてゆるゆるになって、自分メンテナンスできた感じ。

 晩ごはん
3848 チーズブロッコリトースト
王子がいないので、これだけ。

 ヨガとか瞑想のあとに、自分の中の偏見に気づくことがよくある。手放せるものはすぐに手放すけれど、そうでないものは頑固に保持してたりする。これがいいとか悪いとかではなくて、「これが今の私」だと認めることに、意味があるのだと思った。
 ヨガは表面的上は体を動かしているだけのようにも見えるけど、あれは自分という人間と向き合い、内面の気づきをもらい、ものすごく深~い経験をすることだと、最近思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 1日 (金)

しみじみ~

 朝ごはん
3822 スムージー(スイカ、ミント、塩)
ゴーヤ、納豆そうめん

 パクパクは久しぶりに男の子ばかり。
男の子って、なんでこんなにも不器用でピュアでまっすぐなんだろう。そこが可愛いところなんだけどね。
楽しいことを、バカみたいに楽しんじゃえる才能みたいなものが、男の子の中にはあると思う。
 今日の男の子たちの中からは、お母さんの愛情をたくさん感じた。熱い鍋を前にしたときに思わず「母ちゃんってすげーな」なんて言う子もいたりして。毎日家族のためにゴハンを作ってくれる母ちゃんの気持ちに、一瞬だけだけど、この子はなれたのだ。
それって、すごいことだと思う。
今日もそんなドラマに寄り添うことができてほんとに嬉しい。小さな感動がいっぱいちりばめられたこのパクパクの時間って、やっぱり宝物だ。

 昼ごはん
3843 冷やし中華(だし、ゴーヤ、豆腐、高菜、温玉)

 晩ごはん
3844 カツオどんぶり
3845 奴。玉ねぎと揚げ玉のっけ。

 夜は団体のお客様。
こうして大きな鍋を振るのも、あと何回あるだろうかと、しみじみしながらも、でも精一杯の気持ちでお作りさせていただきました。
今というものの連続の先に何かがある、だけのことで、、、、そう考えたら、「今」という時間のどこをどう切り取っても同じになるはずなのだ。とりあえず「今」を生きるしかないんだわっ。
 我らの今後の予定を立てなきゃならないというときに、王子の仕事が絶好調に忙しく、それどころではないという感じ。そんな彼のぴりぴり感も伝わってきて、よりいっそう緊張感が漂っている我が家ではある。
とはいえ、私は私のことをがんばるしかないので、つまりはそういうことなんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »