« 美食家さんたちが来る | トップページ | シンプル »

2014年7月 6日 (日)

プロレス観戦

 朝ごはん
3590 スムージー(レタス、セロリ、パイナップル、バナナ)
そうめん、ゴーヤチャンプルのせ

 消防団のお勤めの日。王子を現場まで送っていく。
帰ってきて朝寝坊のタクミのゴハンのしたくをしたりして、慌しいんだけど「母をしてる」っていう充実感が心地いいのはたしか。
しかしながら年頃の男子というのは、朝ごはん食べて間もないというのに「腹減った、、、」なんて言うもんだから母はせっせと飯炊き係に徹するのである。

 昼ごはん

3591 冷やし中華(きゅうり、蒸し鶏、錦糸卵、カイワレ、トマト)

 お昼を食べてみんなでホームセンターに買い物に行ったり、本屋さんに行ったりして、日曜の午後って感じの過ごし方。雨の日はいつも憂鬱だけど、今日はなんだかとても穏やかだ。

 晩ごはん
3592 たこ焼き器で、明石焼きとかホットケーキとか唐揚げとかみんなで焼いて、プロレス観戦しながら食べる。

 タクミがプロレスマニアだというのは以前からこの日記にも書いていると思うけど、相変わらずその熱が冷めることはない。冷めるどころか最近どんどん白熱してきてるようにもみえる、、、。今年は高校受験だというのにだいじょぶなんだろうかと、母として心配したりもするけれど。
 今日は大事な試合があると言って、なぜか王子も私も付き合わされた。
プロレスはスポーツとか格闘技の一面もあるけれど、これはまさにエンターテイメントだ!というはタクミから教わったこと。そういう意味では観客を楽しませるひとつのショーみたいなものなのよね。きっとこいういう部分が奴の心をくすぐったのだと思った。
そんなとき、ふと、タクミのお父さんを想った。奴のそういうところ、お父さんそっくりだと。人一倍サービス精神旺盛なところとか、普段は人前で目立つようなことは絶対にしないんだけど、いざってときに自分を全面に出して表現するところとか、、、。父親のDNAを確実に奴は受け継いでるなぁ、と思った。
 一方、プロレスが嫌いな王子(母親のもとで育てられた彼なので、プロレスみたいな野蛮なスポーツは見せてもらえなかったそうだ)が、こうしてタクミに付き合わされているうちに、どんどんプロレスに詳しくなっていって、「知りたくもない情報に俺、なんで詳しくなってるんだよ~」とか言ってなげいているけど、これはたぶん好きということだと思うんだけど。王子の優しさだわね。

 ついプロレスに熱くなってしまって、いつもより帰る時間が遅くなってしまった。あわててタクミを駅まで送っていく。
雨がしとしと降っていた。

|

« 美食家さんたちが来る | トップページ | シンプル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/56716333

この記事へのトラックバック一覧です: プロレス観戦:

« 美食家さんたちが来る | トップページ | シンプル »