« 腹ペコ | トップページ | 踊るのは楽しい »

2014年7月 2日 (水)

リハビる

 王子農園Ⅱの(庭のすみっこの小さな花壇)プチトマトが鈴なりに実をつけた。その姿のかわいいこと、けなげなこと。
もったいなくて食べれない~。

朝ごはん

3574 スムージー(レタス、バナナ、パイナップル、しそ)
あんかけチャーハン(舞茸と卵のとろとろ餡)

昼ごはん
3575 冷やし中華(焼きなす、小松菜、海草、ひき肉そぼろ)
今日もサラダみたいな冷やし中華をモリモリと食べる。
大食漢の我らにとって市販の冷やし中華の麺の量ではもの足りないので、麺をゆでるときにエノキを混ぜてかさ増ししているのだ。(王子は気づいていない)これでお腹も満足、だけどヘルシー。

 午後から王子の仕事の手伝い。自給0円の地道な内職作業。
自給0円でも、ひとつのことに集中できるという充実感みたいなものを味わえることが今の自分には大事なこと。
ここ最近、息ができないくらい自分の世界にもぐり込みすぎて現実世界への恐怖を感じている自分だ。(なんのこっちゃ分かりませんよね)
まぁ、もぐることはたぶん現実からの逃避のようなものだと。今を見るのがこわいのだ。
そんなひねくれた自分が、目の前のことにゆっくりと取り組んでみるというのはなによりもリハビリになる。むずかしいこと考えなくていい、ただ手先を動かすだけ、みたいなのはちょうどいい。
このような王子の仕事の手伝い(私でもできる簡単な作業)はときどきあるのだけど、最近の中で今日が一番集中できた気がする。

 晩ごはん
3577 ペタンコ餃子(料理教室のメニューの試作)
3578 インゲンの素揚げ、十六ささげの生姜醤油和え
3579 春雨サラダ

 ただいま来週の料理教室のレシピを考えてる最中。自分ひとりで料理するときのあの勘のようなもの(身についている感覚)は、料理教室では通用しない。重さや量を割り出し、きちんとした数字に落とし込まなきゃならない。自分がいちばん苦手をする分野だと思ってたけど、最近なんだかこの作業が楽しい。自分の料理を客観的に見られるので、すごく勉強にもなるし。そのうちにだんだんと自分の料理の法則性が見えてきたりして。
 こうしてみると料理って、理科とか化学の実験みたいなところもあると思う。ずっとアバウトっぽくやってきたことにも、実は法則があることに気づいたときは、むずかしいテストの問題が解けたみたいな、そんな爽快感があるものですよ。

|

« 腹ペコ | トップページ | 踊るのは楽しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/56678449

この記事へのトラックバック一覧です: リハビる:

« 腹ペコ | トップページ | 踊るのは楽しい »