« くもりときどき雨 | トップページ | なまけもの »

2014年6月12日 (木)

カエルの合唱

 テレビつけっぱなしで寝ちゃった、、と思ったらテレビの音ではなく、裏の田んぼのカエルだった。もはや泣き声なんて可愛いものではなく、大合唱という感じ。賑やかな夜中のBGMなのだ。しかも誰も苦情を言う人もいないせいか、日に日にその音量も大きくなっているような。
今年もこの季節がやってきた。

朝ごはん

3485 スムージー(にんじん、パイナップル、セロリ、バナナ)
中華粥(半熟たまごのせ)

 朝いちばんでフラメンコへ。
少しずつカラダの使い方が分かってきて、師匠の言っていることの意味も分かってきて、自分の中のなにかと繋がる感じが楽しい。
今までは頭では分かっていても、カラダがともなっていないので、なんとなく気持ちが悪かった。カラダが理解をし始めると楽しい気持ちが勝手に湧いてくる。あぁ、諦めないでよかった!って思った。ようやくスタートラインに立った気がする。しかし長かったなぁ。
今まで何度もやめようかと思ったし、実際に離れていた時期もあったけど、なんとか地道に続けられたことは、我ながらすごいと思う。どちらかというと、何事においても諦めの早い自分だ。「もう無理かも」と思った瞬間、次の手立てを考えるのが自分のやり方なので、こんなふうにじっくりとひとつのことを継続して向き合ったことってない。その間、去っていく仲間もたくさんいたし、レッスン場もいろいろ変わったし、師匠とぎこちない関係になったこともあったし、なによりそのバックにあった自分の人生は波乱に満ちていた。それでも不思議なことにフラメンコだけは私の中に残った。なにか意味があるんだろか。あるんだろうなぁ。おばあちゃんになるまで続けられるといいな。

昼ごはん
3486 冷やし中華(もやし、納豆、ニラ、肉そぼろ、ゴマ)
ニラは生で食べたほうがにおいが気にならないくていい。シャキシャキの歯ごたえも生ならでは。)

 今夜は、夜に王子の仕事が入ったので晩ごはんはなし。自分は店の仕事しながらいろいろつまんでおなかを満たす。

 今日カウンセリングしながら貴重な体験をしたので書き留めておこうと思う。
悩みは人それぞれに違うし、抱えているものも違うし、その重さも違うけれど、人間誰しも潜在的に備わっている力があるんですよね。カウンセラーの仕事って、この力を信じることに尽きると思うんですよね。これって目に見えないものだし、言葉にもならないものだと思うのだけど、セッションしながら、何かが通じたというか、つながった、っていう瞬間があるんです。その瞬間、クライアントとカウンセラーが一緒になって上がっていく(表現するのがむずかしい)流れが起きるんです。同じ山を一緒に登るような、不思議な感覚なんです。
気が付くと、お互いものすごくすがすがしい気持ちにもなってるんです。久しぶりに味わいました、この感じ。
 カウンセリングって、もちろん言葉のやりとりなんだけれど、やっぱり見えないものの力というか、たぶんそちらを扱うことがメインになる時間だと思いますね。心は見えないものだけれど、ちゃんと感じることはできるし、見る力より、感じる力のほうが大事だと私は思います。そこの探り合いがカウンセリングの醍醐味だと。
これからもそういうセッションを重ねていきたいですね。

|

« くもりときどき雨 | トップページ | なまけもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/56483180

この記事へのトラックバック一覧です: カエルの合唱:

« くもりときどき雨 | トップページ | なまけもの »