« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

食べものの思ひ出

 朝ごはん

3408 スムージー(にんじん、パイナップル、バナナ、ぶどう)
3409 納豆オムレツ

 午前中は仕入れにまわる。車の中が温室みたいで、しかもハンドルはアッチチで、夏が来た~って感じ。

 昼ごはん
3410 鱈とタラコのスパゲッティ(親子パスタ)
和風の味付けで仕上げました。すると王子から「今度は中華風パスタ作って!」とさっそくリクエストがきたのですが、なぜかパスタと中華が結びつかない私です。和風パスタはよく作るんですけどね。中華風も作れないことはないですけど、、、。
 どうやら学生時代、とある喫茶店で四川スパゲティというのをよく食べていたそうなんです。スパゲッティの上にマーボー豆腐がのってる、というものらしいです。
どうしてわざわざマーボー豆腐をパスタにのせるのかが私には理解できませんが、王子の思い出の味ということなんでしょうね。
どんなに美味しい料理にも、やっぱり思い出の味というものにはかなわないようです。
今度その、マーボースパゲッティとやらを作ってみましょうかね。たぶん越えられないけどね。

 晩ごはん
3411 お客さんからいただいた崎陽軒の特製シュウマイ。(シュウマイラブの王子が泣いて喜んでいた)
干物ごはん
えのきのおすまし
ビール

シュウマイも、王子の思い出メシのひとつなんです。私も今までいろいろ作ってきましたがいつも「違う」って言われちゃいます。
 名駅の地下に行くと必ず寄る王子行きつけのシュウマイ屋さんがあるのですが、言っては何だけど、特別美味しいっていう味じゃないんですよ。でも、彼にとっては美味しいとかなんとかを越えて、すでに思い出になっちゃってるところがすごいと思いますね。屋台の焼きそばが美味しいのと、同じことでしょうね。
王子のシュウマイの思い出、今度聞いてみたいものです。
 その人の食べものの思い出って、すごく興味深いです。その人の人生がそこにあるみたいで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月30日 (金)

ふ~ん

 名古屋の最高気温30度だそうだ。キッチン暑いー。
朝ごはん
3405 スムージー(パイナップル、レタス、バナナ、オレンジ)
サッポロ一番しょうゆ味を王子と半分こ。えのきをたくさん入れる。

昼ごはん
Photo (写真が縦にできないー)
一宮インターの近くにあるタンメン屋にて。王子におごってもらった。
シンプルな塩味が良いです。ラードの香ばしさがぐっとくるけれど、さほど重くはなくさらっと食べられちゃいます。最近のお気に入りです。

晩ごはん
3407 てこね寿司、きゅうりとにんじんのぬか漬け、ワカメのお味噌汁

 王子との会話。
王子「子供の頃はまさか自分が42のおっさんになるなんて想像もしなかったよー」
私 「おっさんになってどんな気分?」
王子「ぜんぜんおっさんって気がしないよ。子供の頃は42歳って、ものすごく“おっさん”に見えたけど。」
私 「じゃぁ、気持ちは若いってこと?」
王子「うん」
私 「ふ~ん」(しみじみ)
 いろいろと老け込んでしまってる自分を反省しました、、、。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月29日 (木)

燻しもの日和

 夏みたいな日。
朝ごはん
3401 スムージー(春菊、パイナップル、しそ、バナナ)
トースト、目玉焼き、べーこん

 昼ごはん
3402 もやし、えのき、ハムを山盛りのせた冷やし中華
最近の我が家の冷やし中華がますますサラダ化してる。
野菜たっぷりっていうのはいかにも、「体にいいもの食べている~」って感じながら食べるので、実際に体にいいものになるのだと思う。この感覚を得たいがために、人々は野菜を食べるのだと思う。
一方、高カロリーなものは美味しいけれど、どこかで罪を感じながら食べるので、体に悪いものになってしまうのだと思う。
なので野菜は食べたほうがいいと思いますね。体だけじゃなくて、心にもよい食べものだと思いますよ。
 さて冷やし中華に戻ります。のせる具は何でもよいけれど、麺との相性がなにより大事。たとえばトマトは、冷やし中華の具として最適だけど、くし切りだったりスライスだったら麺と一緒に食べるにはちょいと食べにくい。でも小さめのサイコロに切ってやると、麺との絡みがよくなる。要は食べる人の気持ちになって考えるというのが大事なこと。
さらに食感の組み合わせや全体の味のバランスも考えながら具材を決める。シンプルなのが私好み。
などと、冷やし中華ひとつで、何時間でも語れちゃいそうな自分の食いしん坊っぷりがコワイわ。

 晩ごはん
3404 トマトドライカレー、サラダ、燻製たまご
ワカメのお味噌汁

 今日は4時間かけてベーコンを燻した。太陽の下、王子と交代で火の番をしたりするのもキャンプみたいで楽しかった。あと1日寝かせれば、明日には食べられそう。楽しみ~。
食べものって、素材の旨みももちろんのこと、作る人間の気持ちが込められるものなんだなぁとあらためて思う。目に見えないものの温度って、見えないけれどちゃんと相手に伝わるというのも。不思議。
最近この、“目に見えないもの”の力の大きさをいろんな場面で感じることが多い。見えないものは見えているものよりも影響力が大きいということも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月28日 (水)

頭すっきり

 朝ごはん

3397 スムージー(パイナップル、春菊、セロリ、バナナ)
イカだんご入り雑炊

昼ごはん
3398 オイルサーディンとセロリのパスタ

晩ごはん
3399 カオマンガイ
3400 たまごスープ
きゅうりとセロリのぬか漬け

 やるべきことがあったのに、なんと3時間も昼寝してしまった。きっと本心は何もかも投げ出したかったんだと思う。心は正直だ。
 自分の人生のシナリオは自分で創っていくものだと思うので、「こうなったらいいいな」という方向に常に自分を仕向けていこうと努力する。努力といえども、苦しい感じのものではなく、心地よい感覚のものだ。
とはいえ、自分の今後なんてどうなるかなんて分かりゃしないという気持ちも無きにしも非ずなわけで。先のことなんて分からない、努力したって報われるかどうかなんて分からないって時々夢と現実のはざまで疲れちゃったりもする。
なのでときどきこうして「もういい、なんとでもなれ」みたいに荒々しく投げ出して、自分を調整するのだ。
自分にとっては必要なこと。
 たっぷり昼寝したので夕方から頭すっきり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月27日 (火)

 ゆうべの大雨が嘘みたいに、明るい朝を迎えた。今日は暑くなりそう。
朝ごはん
3391 スムージー(ニンジン、パイナップル、セロリ、バナナ)
キムチ卵入りお粥

昼ごはん
3392 サルシッチャとピーマンのパスタ、庭のハーブをたくさん入れて
 ハーブって1種類で使うより、いくつか混ぜたほうが香りに深みが出る。
今ちょうど、庭のパクチが伸び盛りなので、いろんな料理に使うのが楽しみなのだけど、この独特な香りが苦手な人もいるんですよね。なので、店では控えめに使うことにしてます。好きな方は、ぜひ言ってください。

晩ごはん
3395 たけのこ(破竹)ごはん

3396 お豆腐サラダ

3394 クリームシチュウ
お肉の代わりにハムを入れました。じゃがいもは大きめに切って。

 今日もいつもどおりの一日が終わろうとしている。この感じが普通になってきていることが果たして自分にとってプラスなことなのか、最近ふとしたときに考えてしまいます。
今を満足していないわけではないのですが、何かもっとやらなくてはならないようなことが自分にはある気がするんですよね。新たなことにチャレンジするというより、この自分だから出来ることがもしかしたらあるかも、、と。そう思うと、今までの自分の人生、すべてこの流れできたように思います。自分の中に生まれた問いには、必ず何か意味があると思います。
今まさにそういう風(流れのようなもの)を感じているところです。
でも何が出来るかなんて、まだぜんぜんイメージできないんですけどね、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月26日 (月)

感動をさがしに

 小雨降る月曜日。
朝ごはん
3384 スムージー(パイナップル、春菊、バナナ、オレンジ)
ハンバーグサンドイッチ
コーヒー

昼ごはん
3385 そうめんでフォー。
イカ団子からいいダシが出てました。庭のパクチもたっぷり入れて。

 ずっと気になっていた“チョコレートドーナツ”、ようやく観に行く。
 この映画のテーマは“愛”。何よりも実話にもとづいているというのが、その愛の形をリアルに感じさせるものであった。差別とか偏見とかっていう言葉と、その時代背景というのもこの映画のキーになっていて、その中で真実の愛とは何か、、、というのを考えさせられる作品だった。
いわゆるうわべだけの愛を語る人は世の中にたくさんいる。愛という言葉からは美しいものしか想像できないけれど、この映画を見ると決してきれいごとでは済まされないものだというのを感じる。愛と反する人間の内側にある醜さとも向き合わなければならないこととか。
 さらに最後はあまりにも悲しい結末で、心にぐさっときて、もうどうしようかと思ったくらい。でもこれによって我々は真実の愛とは何かということを考えさせられるのだ。
映画館出たあとの余韻が半端なかったなぁ、、、。
 そしてなんといってもルディ役のアラン・カミングの歌声がこの映画全体を優しく包んでくれていたのもこの作品が大好きな理由のひとつ。音楽は大事。
いい映画だった。

晩ごはん
3386 破竹と揚げの炊いたの

3387 マカロニと卵のグラタン
マカロニサラダをリメイクしちゃいました。

3388 燻したサバを焼きました
ワインにも合いそう。

3389 きゅうりのぬか漬けとごはん

 夜がどしゃぶりに。こんな日はお客さんも来ないだろ~な~と思っていたけど、やっぱりひまでした。
でも、雨音聴きながらひとり台所に立つの嫌いじゃないです。雨音をBGMに創作意欲が次々と掻き立てられる感じが。




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月25日 (日)

反省~

 街のお掃除の日。1年に1回しかないこの日だけれど、みんなで街をきれいにしようと一丸になる、とてもいいイベントだと思う。こんな日でもないかぎり、ご近所さんとの交流ってなかなかない。数年前こちらに来た当時は周りの目が冷ややかに感じたものだった。(そう勝手に思っていただけかも知れないけど。たぶんそうだと思うけど。)
そりゃそうだ。王子のかつての家庭があった場所で、いきなり見ず知らずの女が住み着いているわけだから。これに何も感じないほうがおかしい。
それに関しては、今はもう自分の中で解決済みです。さすがに「お醤油貸して~」の関係にまではなかなかいかないにせよ、ほどよい距離というのも現代ならではのご近所付き合いのカタチなのでしょうね。そしてやっぱり、この家に住むというなにかしらの後ろめたさみたいなものは、この店を頑張ることによって、ちょっとづつちょっとづつ薄らいできたように思います。
今思えば、店はまさに、そういう自分の存在を認めてもらいたいというアピールの気持ちもあったのでしょう。
そんなこんなでお掃除しながら、いろいろ振り返ったりしました。
朝いちばんのお掃除で、とてもすがすがしい一日のスタートになりました。

朝ごはん

3379 スムージー(春菊、レタス、パイナップル、バナナ)
そばめし
 (インスタントラーメンを袋の中でざくざくと砕いて一度ボイルして水荒いして、残りごはんや、冷蔵庫の残り野菜を細かく刻んで一緒に炒めます。付属の粉末スープとウスターソースで味付けしました。朝からジャンキーな食べ物ですが、王子は「うまい、うまい」と言って食べていました。)

昼ごはん
3380 スモーク明太子のカルボナーラ
 “カルボナーラをいかに軽い口あたりに仕上げるか”にはまっております。
カルボナーラって、個人的には日本の卵かけごはんと同じようなものだと思っています。
卵かけごはんといえば、こってりしたイメージはないですものね。カルボナーラもそうんなふうにできないかなぁと思って。

晩ごはん
3382ななちゃんに教えてもらった唐揚げ(ななちゃんみたいにできな~ぃ)3383 スモーク鯖のサラダ
3381 アサリのパエリア
(庭で収穫したサフランで)

 今日は王子といろんなことでもめました。最近衝突が多い我ら。
そのたびに感じるんです。相手は自分だと。
相手に対して思うことは、自分の中にある問題なんですよね、結局。
そうやって常に客観的に見ることが出来たらいいのだけれど、お互い感情的になっているときにはむずかしいですねぇ。あとになって反省することが多いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月24日 (土)

ワインって。

 父からの電話。話をすれば心の距離は縮まるけれど、でもやっぱり娘として申し訳ない気持ちでいっぱいになるというのが正直なところです。離婚後に私がどこに住んで何をしているかなんて父は知らないのです。母からも父には言わないようにと言われているし。父の性格をよく知っての母の配慮なのだろうけれど、娘の私としてはなんだかとても悪い(恥ずかしい)人生を選択してしまったという烙印を押されたようで、その気持ちと共に生きていかなければならないというのは、時にして辛くなったりもします。
まぁ、たしかに世間一般的に見たら、自分が選んだ人生はとても受けいれられるようなものではないということは分かってます。子をおいて出て行く母親など認められるわけがないし、許されるものでもないというのも。
 それでも自分が選んだ道なのだから、その責任は自分で果たさなくてはならないし、世間的に認められなくとも、なんとか生きていかなきゃならないわけです。
この覚悟の気持ちが、ときどきこうして父の声を聴くと、揺らいでしまって苦しくなります。
こんな娘でほんとうにごめんなさい、としか言えない自分が情けないです。

 朝ごはん

3377 スムージー(パイナップル、パセリの茎、レタス、セロリ、バナナ)
サッポロ一番醤油らーめんを王子と半分こ、野菜をたくさん入れて

 お昼は貸切の団体さまがいらしてくださって、久しぶりにランチを作りました。王子が手伝ってくれたのでかなり助かりました。王子のエプロン姿もだいぶ板についてきましたねぇ。

 そのあと、今日はワインの試飲会に出席するため吹上へと向かいました。
試飲会といえども業者さん向けというより、一般の方たちも普通に参加できるというラフな会だったので、堅苦しくなくてパーティーみたいで楽しかったです。
いろいろ飲むと、やっぱりワインって楽しいって思いますね。作り手さんの気持ちとか、ぶどうの樹齢とか、その年の気候とか、畑の状態とか、、、いろんな物語があの瓶の中に詰まっていると思うだけで、なんだかわくわくしてきます。瓶を開けた瞬間、初めてそれが開花するんです。まるで新しい本のページをめくるように我々はその物語を読み進めていくわけです。展開は分からない、分からないからこそおもしろい!
ワイン好きの人なら、この気持ちお分かりいただけるかと。

 帰ってきて、飲み直し。こうなると思って夜の仕事はお休みにしておきました。よかった。
3378 アルゼンチンのマルベックと、美味しいグリュエールとバケット。
あー、ワインって楽しい!を久しぶりに満喫した一日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月23日 (金)

夕暮れどきに

 晴天なり。気持ちがいい。
朝ごはん
3371 スムージー(レタス、パイナップル、シソ、バナナ)
くずし豆腐とワカメと梅のそうめん

昼ごはん
3372 カルボナーラ
キャベツのピクルス
 
 午後から庭の草むしり。暑くなってきたので、雑草の成長も早い。1週間放っておいたらもう大変。いよいよまたこの季節がやってきました。
夕方近くになると、遠くのほうから体育会系の部活の掛け声とか合唱部の発声練習の声とかいろいろ聞こえてきて、これがいい感じなのです。「青春っていいな」と、おばさんは遠い昔話と重ねながらしみじみ浸っております。
青春って、真っ只中にいるときはまったく感じられないものだけど、歳をとると見えてくるもので、歳を重ねるたびに沁みてくるものですねぇ。
 そのうち「プ~プ~」っと豆腐屋さんのラッパが聞こえてきたり。どこからか夕げのしたくの匂いがしてきて、、、。
夕暮れ時は、いろんなドラマが繰り広げられてます。

晩ごはん
3376 きぬさやとしらすと破竹の卵とじ

3374 手羽先のローズマリー焼き、ポテトサラダ

3375 焼きもろこしごはん

 我ら、今まさに「これからいったいどうなるんだろう」という窮地に立たされている。
毎日普通にゴハンが食べられていることがなによりの救い。
もはや「明日は明日の風が吹く」なんて言ってる場合じゃないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

ソウルフード

朝ごはん

3369 スムージー(パイナップル、春菊、レタス、バナナ)
ひじきそうめん

 フラメンコへ。最近ちょっとだけ楽しくなってきたのだ。
今まで頭で分かっていても体でつかむことのできなかった感覚を、ようやくこの体が表現し始めたのだ。やっぱり頭じゃないんだなぁ。
体が理解しはじめると、まるでもうひとりの自分がいるような感覚になる。これがおもしろい。私の体、頑張ってる!って、もうひとりの自分が見てるみたいに。
 そして大事なのは、この感覚を忘れないことだ。お腹の芯のほうの筋肉がぎゅうっと痛くなるこの感覚。そういえば師匠がときどき「お腹で踊るのよ!」と言ってたのは、もしかしたらこのことかな。今になって分かったぞ。
 ちょこっとだけ目の前が明るくなった気がした。

昼ごはんPhoto
栄の○○っていうお店でサラリーマンの列に並んで、あんかけスパを食べる。(付き合いで)ミラネーゼ(Sサイズ、でも結構なボリューム)650円。
 名古屋に来て14,5年経つけれど、あんかけスパを食べたのはこれで3回目。名古屋のソウルフードと言われていますねぇ。
いわゆる、パスタって呼ばれるようなものと比較しちゃダメなんですよ、これは。こういう食べものなんですよね。
 あらかじめ茹でておいたスパゲッティをフライパンでジャっと炒めて、その上にソースをかけて、具をのせて出来上がり!っていう勢いのある食べものっていうところは、いかにも名古屋って感じがします。
ちなみに、あんかけスパには具によっておもしろい名前が付いているんですよね。
・ソーセージ、ベーコン→「ミラネーゼ」 
・野菜→「カントリー」 
・ソーセージ+野菜→「ミラカン」(ミラネーゼとカントリーを合わせて)
・魚介→「バイキング」
・たまご→「ピカタ」
みたいな具合に。ソースは共通だから、みなさん上にのせる具でバリエーションを楽しむのでしょうね。
 しかしながら、食べたあとに残るこの罪悪感はいったい何だろう。戦うサラリーマンにはどっしりとした油っこさとと大量の炭水化物が必要なんだな、ということを学びました。

晩ごはん
3370 酔っ払って帰ってきた王子に、夜食を作りました。
ちょうど店を閉めるタイミングだったので、そのへんにあるものでちゃちゃっと。
ごはんの上に錦糸たまご、椎茸の甘煮、塩鶏そぼろ、紅しょうが、をのせて、鶏がらスープを注ぎます。即席鶏飯(ケイハン)の出来上がり。
 外でどれだけ食べて帰ってきても、やっぱり最後には家の味が恋しくなるみたいです、男の人って。
電話で「帰りにドーナツ買って帰るね」って言ったからウキウキで待っていたのに、そんなものどこにもありゃしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月21日 (水)

朝から雨。

 朝から雨。なんとなく憂鬱。
朝ごはん

3365 スムージー(パイナップル、セロリ、にんじん、春菊、バナナ)
お粥(お肉と温玉のせ)

昼ごはん
3366 ほたるいかとトマトのパスタ

晩ごはん
3368 チーズとハムのケサディーヤ を、仕事の合い間につまむ。

 最近、息子たちの夢をよく見る。夢の中の彼らは、まだ幼いまま。私が知っているあの頃の息子たちの背格好のままなのだ。そして夢の中であの頃と同じように母ちゃんとして接している自分がそこにいる。
自分の中ではすでに宝物となっている時間なのだけど、これを現実に降ろしてくると苦しくてたまらなくなる。
みんな元気でいるかな。
 人間として母として最低なこの自分を、今後も責め続けていくのは簡単なことだけど、そこから生きていく道を見つけることのほうがはるかに難しい。でもこれが自分に与えられた試練だと思って受け容れていくしかないのだ。かなしいけど、明日っていうのは当たり前にやってきてしまうし、明日が自分を癒してくれるわけでもなし、、、。
そういうことを、頭では分かっていても、心が伴わないときもあって、ときどきこうして苦しくなるのだ。
生きていくのってほんとうに大変だな、って思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月20日 (火)

こりゃはまる~

 朝ごはん

3360 スムージー(パイナップル、レタス、セロリ、バナナ)
海草もずくそうめん
 
 昼ごはん
3362 お肉と野菜炒めどんぶり
ワカメのおすまし

 夜はMちゃんが来てくれた。何事においても全力投球のMちゃん。子育ても仕事も家事も精一杯に頑張る彼女のひたむきなけなげさに、いつも胸を打たれる自分である。ときどきそんな彼女を見ていて「大丈夫?」って声をかけたくもなるのだけど、彼女のことだからきっと「平気、平気!」って軽~く返しちゃうんだろうな。彼女にとって頑張ることはあたりまえなんだよね。すごいなぁ。
そんなMちゃんの背中を、息子君はちゃんと見てくれているよ、って思う。
 

 晩ごはん
3363_2 ほっけのスモーク

3364 レバーフライ

 昨日買った燻製器で王子がさっそくスモークチキンを作っていました。
これがなかなかの出来。
みんなに宣伝しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月19日 (月)

お買い物

 朝ごはん

3356 スムージー(セロリ、パイナップル、レタス、バナナ)
トースト(ひじきペースト)、目玉焼き、ソーセージパテ

 日用品の補充でコストコへ。平日なのですいてるだろうと高をくくっていたらとんでもない。駐車場はいっぱいだし、カートも足りなくなるいきおい。不景気だ、消費税アップとか言ってるわりには、みなさんちゃんとお金を使う場所をわきまえているということですかね。どこを見てもカートの中身は山盛りで、もはや気持ちがいいくらい。
 そんな中、我らはスモーカーを衝動買い。
これで王子の燻しものライフも充実しそう。やっぱりダンボール(王子が制作。制作費用0円。)では限界があるものね。
 昼ごはんを食べそこねたのでフードコートでプルコギなんとかとクラムチャウダーで腹ごなし。プルコギなんとかは、王子と半分こしたけど、味が濃くて甘くて、食べきるのが大変だった。

晩ごはん
3357 パプリカでマリネしたチキン

3358 イカワンタン

3359 ごはん、昆布のさっと煮、ぬか漬け(なす、きゅうり)

温かくなってきたので、ぬか床の世話もマメにしなきゃならなくなってきた。
ぬかのお世話してるときって、毎回背筋がぴんとなるんだけど(実際にぴんとなっているかは分かりませんがそういう気持ちになります)、なぜかな。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月18日 (日)

るんるんでお出掛け

 朝ごはん
3354 スムージー(パイナップル、セロリ、オレンジ、バナナ)
なすそうめん

 王子は消防団のお仕事へ。その間、のんびりと家事をこなす。何をするにものんびりと気の向くままにできるのが日曜日だ。毎日こういう気持ちでいたらきっと長生きもしそうだけど、オンとオフがあるからこそ、たまにのんびりできることの贅沢さを味わえるものなのかも知れないね。

 昼ごはん
3355 しらす卵丼
ぬか漬け
お味噌汁

 午後からワカちゃんが来て仕事の打ち合わせ。ギタリストワカちゃんの演奏を隣の部屋でしっかりちゃっかり聴いていた自分、しかもただで。なんか得した気分。
王子とワカちゃんとのコラボで新たに誕生させようとしている音楽関係の商品、たくさん売れるといいな。

 夕方、ななちゃん邸にお呼ばれされてルンルンで出掛ける。お呼ばれは大好きだ。でもこういう仕事していると、普段はなかなか出かけられないんですよね。
料理好きなななちゃんの美味しくてヘルシーで愛情たっぷりの手料理をいただいて、お腹も心も満たされました。誰かの作ってくれるゴハンに飢えていた自分にとっては、どれもこれも心にしみる料理ばかり。ゴハンって愛情のかたまりなんだなってあらためて思いました。いつも作る側にいるので、そういうことって頭では分かっていても、心とカラダで感じることってなかなかないのですよね。ななちゃんの作るゴハンはそういう味がしました。ノンベエの好む味のポイントがバッチリと抑えられていたのもさすが!という感じ。
そしてなにより、ななちゃんファミリーの温かさにも触れることができたのがよかった。台所でママのお手伝いをするお嬢さんとか、友達とケンカして泣きべそかいて帰ってきた息子くんとか、子供たちにご飯の食べ方を注意するパパとか、そういうありのままの家族の絵に何度も胸がきゅんとなりました。
王子も私も幸せいっぱいになって帰ってきました。ゴハンって人を幸せにしてくれるものなんだね。
また一緒に飲もうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月17日 (土)

いい雰囲気でした

 朝ごはん
3349 スムージー(パイナップル、セロリ、レタス、バナナ)
ニラそうめん

昼ごはん
3350 ひじきのパスタ
今日はひじきをペーストにしてみた。もはやひじきなんだか何なのか分からない、という感じ。王子は「俺はもっとひじき感があるほうがいいなぁ」と言っていたけど、私的には、その何なのか分からない感をねらっていたんだけどなぁ。
ふたりでものすごい量のひじきを食べました。(ペーストにしちゃったから分かりづらいけど)

 今夜はメロディ恋活イベント。和やかな雰囲気でとてもよかったと思います。
やっぱりちゃぶ台っていいですね。どこに座っていただいてもみんなの顔が見渡せるし、人との距離もほどよい感じなので、一緒に囲むだけで仲良しになれちゃう感じがします。
みなさんお歳的にも落ち着いた方たちばかり(うちのお客さんはなぜかお若い方はいらっしゃらないのです)で、とてもいい雰囲気でしたよ。大人の恋活という感じです。
王子もその雰囲気にのまれていつの間にか一緒に参加していたり、懐かしの動物占い(ネタが古くてスミマセン。王子の本棚から見つけましたの)で盛り上がったりして、楽しく過ごせたのではないでしょうか。
またやりたいなぁ。企画しようっと。

 そんなこんなでいろいろ作ったので今夜はお腹いっぱい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月16日 (金)

私の中の大掃除

朝ごはん

3345 スムージー(パイナップル、りんご、セロリ、バナナ)
サバトースト
 サバは干物にしてローズマリー、タイムと一緒にマリネしておいたのだ。これをさっとフライパンであぶってトーストの上に。
たしかトルコ(だっけ?!)にサバサンドってあるよね。あれをヒントにしました。

昼ごはん
3347 ひじき入り鶏団子の塩ラーメン
 最近、すっかりひじきの虜になってる私。ひじきって味が無いぶん、味付けしだいで、洋にも和にもなる万能選手。体にもいいし。毎日もりもり食べてます。

 王子の部屋の掃除を手伝っていたら、ピアノの楽譜が出てきました。そうなんです。その昔、彼はピアノを習っていたのです。でも先生がこわくてやめちゃったそうです。(よくあるパターン)
バイエルとハノンとツェルニー100番とブルグミューラー。どれも私にとっては懐かしいものばかり。
懐かしくなって思わず、埃かぶったオルガンのふたを開けました。2年ぶり?!くらいかな。
ちょっとした音遊びのつもりが、気づけば2時間も経っていてびっくりしました。鍵盤をたたけば一瞬にしてあの頃にタイムスリップするみたいに、自分の中のどこかにスイッチが入るようです。おもしろいですねぇ。
しかもリフレッシュ効果大でした。自分が戻ってこられる心の居場所を見つけました。
 そして昔、ピアノの練習が大嫌いだった私に母がよく言っていた言葉を思い出しました。
「プロになんかならなくてもいい。大人になったときにふっとピアノを弾きたいって思うときがくるから、そのときに、弾けないよりも、弾けたほうがいいでしょ」
みたいなことをよく聴かされましたね。当時はまったく意味が分からなかったけど、今は思うと、まさに母が言っていた通りになっているんですね。“ふっと弾きたくなるとき”の意味も今なら分かります。
もしかしたら、母ができなかったことを娘の私に託したのかも知れませんね。今思うと。
 そんなこんなで、すっかり掃除のことなど忘れて、王子をひとりにしてしまいました。
私は私の中の掃除をするのに手一杯だったんですから。(笑)

 晩ごはん
3348 今夜は王子がいません。ご飯作る気なし。
ひじき(また!)のたまご焼きサンドイッチとお味噌汁でおしまい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月15日 (木)

マイブーム

 雨が降ったりやんだりはっきりしない空模様。
朝ごはん
3339 スムージー(パイナップル、セロリ、にんじんの葉、バナナ)
そぼろごはん(鶏そぼろとたまご)
ワカメのお味噌汁

 フラメンコへ。
今日の話題はインナーマッスル。そもそもインナーマッスルって意識しないと使われない筋肉みたいだ。フラメンコの動きって、すべてこの筋肉を使うので、常にいろんな体の部分に意識を働かせておかないとダメみたい。踊りながら師匠がよく言う「内臓持ち上げて!」の意味も以前はちんぷんかんぷんだったけど、今なら分かるし出来る。でも意識していないと忘れてしまうので、まだまだ修行が足りないという感じ。
フラメンコダンサーって、どちらかというとどっしりとした体型の人が多いんだけど、二の腕とかお腹とか肩のラインとか、みなさんものすごく引き締まってるのは、この筋肉を使っているからなんだと思う。これはやらねばです。
そして、さらにいい効果があると、「インナーマッスルを鍛えると脳にもいいのよ!」と師匠がなぜか私の顔を見ながらおっしゃっていたけれど、何か意味があるのかな。
 今日もいい汗かいて気持ちがいい。

昼ごはん
3340 冷やし中華(もやしナムル、しょうが焼き、温玉のせ)
今日も野菜たっぷり。

晩ごはん
3341 コンビーフポテト

3342 チキンの塩焼き(夕べ焦がしちゃったからリベンジ)

3343 ぬか漬け(きゅうり、セロリ、にんじん)

3344 ごはんとワカメのお味噌汁

 すべての料理の味の決め手になるのは塩、というのをあらためて実感。塩って、味付け役ももちろんだけど、ほかの素材の味を引き立ててくれる縁の下の力持ち的存在だったり、全体的な味付けをピッと引き締めてくれる役になったり。塩って偉いんです。
なので、加える量にこだわる、というのが最近のマイブーム。塩って0.1g違うだけで(これはちょっとおおげさだけど)、味って変わるんですよー。
そんなこと言ってるわりには、私がいつも台所で使ってる量りは、1g単位でしか表示してくれないんですけどね。もうちょっと精密なのが欲しいなーとも思いますが、超アバウト人間がほんとにそこまでこだわるか、、とも思ったり。
まぁとにかく、塩ってすごいってことです。(アバウトですね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月14日 (水)

揺れる~

 夏みたいな日。名古屋の最高気温25度。
朝ごはん

3334 スムージー(パイナップル、セロリ、バナナ)
トースト、目玉焼き、自家製のソーセージパテ

 今日は月1恒例アロマさんたちの来る日。朝からキッチンに入り浸る。
もうすっかり夜型になってしまっているので、なんだかとても新鮮。
 お料理を出し終えたところで、なんと!みなさんからバースデーソングとカードのプレゼントをいただいた。あまりにも突然だったから嬉しいとかって気持ちさえも受け止められないでいたけれど、みなさんが帰られたあとに、手書きのカードを読んでいたらじんわりと何かがこみあげてくるのが分かりました。嬉しいとか、そんな単純なものじゃなくて。
毎回、裏方でごはん作ってるだけの私なのに、みなさんのお仲間に入れていただいた気分であります。これからも心を込めて作ってまいります。

 昼ごはん
3335 おにぎりと味噌汁ときゅうりのぬか漬け

 どういう気持ちからなのか、カーペンターズが聴きたくなりました。
やっぱりいつの時代に聴いても、カレンの声には癒されます。病んでいた10代、どれだけ彼女の声に救われたことか。私の心の支えでした。
そんな懐かしい時代に思いをはせていたら、なんとも不思議な感覚が降りてまいりました。
抱え続けている自分の罪人意識が少しだけ薄まるような軽くなるような、そんな感覚です。
私が私という人間を不器用ながらもしっかりと生きようとしていた時代があったということ。壊れてしまいそうで、、でもピュアに頑張っていた自分がいたという事実。
自分にもそんな時代があったのだと。
 過去を振り返るということは、つらいことばかりかと思っていたらそうじゃなかったです。
過去が癒してくれることもあるんですね。
そして今日もカレンの声に救われた自分であります。

晩ごはん
3337 チキンのエスニックソテー
皮が焦げたのを隠すため、トマトをのせてみました。見た目は悪いけれど味はよかったです。

3336 サーモンとオリーブとスナップえんどうのパスタ。
お庭のディルがいい仕事してくれています。

3338 王子が食べたいというので、ふきを煮ました。

5月は心が揺れる季節ですね。揺れるのは良いことです。心がちゃんと生きてる証拠だと思うんですよ。
久しぶりに味わう感覚であります。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月13日 (火)

晴れ~

 朝ごはん

3325 スムージー(パイナップル、セロリ、バナナ)
シラスと海草たっぷりの冷やし中華麺

 出張料理教室の日。みんなで料理して同じ時間を共有することの心地よさを味わう。普段はほぼひとりの世界にいる自分なので、たまにこうして外へ発信することって大事だな。ひとりはもちろん好きだし、楽だし、なんとか生きてもいけるけれど、外とつながらないと行き詰まってしまいますねぇ。狭い部屋の中をぐるぐるまわってるだけじゃダメですね、、、。
そういう部分はものすごく不器用なのだけど、つながったときのなんともいえない喜びとか感動とかって、なにものにも変えがたいものです。生きててよかった~って思う瞬間です。
料理を通して、それが味わえるなんて。しあわせなことです。

3330_2 昼ごはん
ナンプラーやきそば、目玉焼きのせ

 午後、Nちゃんが遊びにくる。頑張り屋のNちゃんを見るたびに、「もっと緩めても大丈夫だよ」とつい言ってしまいたくなる私であるが、それがそもそもNちゃんなので、これからも体こわさない程度に頑張って欲しいと思う。
そして彼女を見るたびに、頑張るってシンドイことじゃなくて、かっこよくてキラキラ輝いてることなのだと素直に感じる。そういうNちゃんはきっと、そのキラキラをたくさんの人に分けてあげられる人なのだと思うな。

 そしてぜんぜん関係ないけど、王子は今、いろいろと自分自身と向き合っている時期(メンタル調整中)みたいで、いつもと調子が違うのだけど、ここ最近抱えているモヤモヤ状態からなんとか抜け出して欲しいものだと隣にいる人間としては思うところである。こういうときって、他人は(とくに隣にいる自分など)何もできないんですよね。なんとかするのは結局本人なんですよね。
私はおとなしくごはんでも作ってますかね。

晩ごはん
3331 鶏レバカツ、サラダ

3332 キムチーズ(キムチとチーズ)オムレツ

3333 きゅうりのぬか漬け、白いごはん、ワカメのお味噌汁

 今日も一日料理してたけれど、最近はこれが当たり前みたいになってきてますねぇ。
季節が暖かくなってきて手荒れも落ち着く時期なので、水仕事するには冬よりもずっと楽です。でもあと1ヶ月もすると、今度は地獄のサウナ状態になるんだよね、台所が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月12日 (月)

雨の月曜日

 週の始まり月曜日。なんとなく「今週もがんばるぞー」みたいな気持ちになってシャキっとするのが月曜日だ。
朝ごはん

3319 スムージー(セロリ、パイナップル、バナナ、レタス)

3320 ひじきトースト
今朝はこのパンまで自作してしまいました。月曜日ってすごい。

 朝一番で仕入れに行く。新鮮な鯖をゲットし、さっそくさばいて塩水に浸ける。その後、ベランダに干す、、、という工程、もうお分かりですね。干物です。
が、しかし、午後から雨が降ってきました。雨がかからないように軒下に移動させたり、雨がやんできたらまた外に出したりして。そんな干物の様子ばかり気になっていた一日でした。
一方の王子は、「昨日せっかく洗車したのに、雨かよ」とぼそっと言ってました。

昼ごはん
3321 カレーの上に、鶏モモ肉のレモングラス蒸しをのせる。トマトものせる。パクチものせる。

 王子が余っていたダンボールで燻製器を制作。私が普段やっている中華鍋の簡単バージョンとはちょっと違う。燻製器内の温度も管理しているので、とにかく付きっきりで番をしなきゃならない。なんかもう料理というより科学の実験をしているみたい。ここまで徹底していると、関心してしまう。美味しいものを目指すには、こういう部分も必要なんだろうなぁと思った。“なんとなくこんな感じ”で料理している私にはない部分だ。見習おう。(できるかな)
 そして1時間後。王子の作品第1号が完成。ゆでたまごとチーズの燻製。
私がやっている熱燻の方法とは違って、王子のは温燻だ。温度を緩やかに入れていくので、スモークの香りもとても優しい。あえて半熟卵でやってみたんだけど、これが出来上がっても中がとろ~んとなっていて美味。私のやり方だと黄身は完全に固くなってしまうから。
しかしながら1時間も火の番をしていたわりには、1分もかからず食べ終えてしまったので、王子が「なんだかな~」と納得のいかない様子でしたが、料理ってそもそもそういうものですよね。
どうかこのまま燻製王子を目指してほしいものだと個人的には思っていますが。どうなるかしら。

晩ごはん
3322 ひじきハンバーグ

3323 釜揚げしらすをごはんの上にのせて

3324 ワカメのお味噌汁ときゅうりのぬか漬け

つい最近までぬか床の調子がよくなくて、もうダメかな~と半分あきらめていたんです。でもいろいろ手入れしてあげて、なんとか復活しました。塩や糠を足してみたり、唐辛子を入れたり、「こういうときにはこうするといいよ!」的なことをいろいろ試してみたけれど、最終的には愛情!というのを身をもって痛感した一件でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月11日 (日)

軽いっていいね

 いつもより1時間遅く起床。今日も晴天なり。
朝ごはん

3313 スムージー(にんじんの葉、パイナップル、セロリ、バナナ)
なすとしらすのそーめん

 午前中は王子の部屋の片付けを手伝う。今日はなんだかめずらしくふたりともそういう部分が軽やかである。ひとつ屋根の下にいると、ふたりのうちのどちらかが重いと、もう片方も重たくなるものである。
こんな日はめったにないなぁと思いながら、とりあえずこの流れに身をまかせてみようかと。

昼ごはん
3314 ボイルホタテとシイタケ、ブロッコリのオイルパスタ

 午後からは庭の草むしりしたり、洗車したりして、気持ちもさっぱりする。軽いっていいですね。こんなに気持ちのいいものだったら、もっと早くやればよかった、、、と思うのはいつものこと。どれもこれも簡単で身近なことばかりなのに、なかなかできないというのが正直なところ。自分を重くしちゃっているのはこの自分。できない言い訳作っちゃってるのもこの自分。ちょっと反省する。
 そのあと、晩ご飯のしたくをしていたら、2階からなにやら掃除機の音が。
王子が冬の間お世話になったコタツを片付けてくれてました。彼がみずからそんなことやるなんて、ほんと~にめずらしいことなので「嬉しくて涙がちょちょぎれそーだよ!」と思わず言いましたよ。

晩ごはん
3316 シラスのサラダ(お醤油とゴマ油のドレッシングで)

3318 きゅうりとセロリのぬか漬け

3317 ナスとエリンギのカレー、目玉焼きのせ
ニンジンサラダ
ポテトサラダ
写真にないけど赤ワイン(メルロ)を空ける。

 部屋がちょっとだけさっぱりしました。お腹の脂肪がそぎ落とされたような、、、そんな気分です。この流れにのって、いろいろ軽やかにいきたいものですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月10日 (土)

カラダちゃんごめん

 朝一でニコ弁作りと、ご予約いただいていたオードブルを仕上げる。両方とも、私の中ではものすごく集中力を要する仕事。気を抜いた瞬間、すべてが味と見た目に出てしまう。かといって、堅苦しくなりすぎるのは自分っぽくないので、常に遊び心も忘れずに。
そんな自分が料理には全部出ちゃうので、やっぱり常日頃からの自分との対話とか向き合う姿勢とかって、料理を勉強する以前に大事なことだと思っています。

朝ごはん

3308 スムージー(にんじんの葉っぱ、セロリ、パイナップル)
サッポロ一番しょうゆらーめんに野菜をいっぱい入れて、王子と半分こ。

昼ごはん
3307 今日はメロデイヨガ部の日。部員みんなでニコ弁を囲む。
豚肉で巻いたのはアスパラと自家製のスモークチーズ。そのほか旬のものをいろいろと。
青豆ご飯と同じ要領で作った絹さやご飯は、今回大好評でした。

 久しぶりにヨガして、今日もたくさんの気づきがありました。
ここ1ヶ月、何かに向けてものすごく突っ走ってた自分がいて、かといって突っ走ったからといって何か得たものがある、ってことではないのですが。なんだか忙しない自分がおりました。
そのせいで、すっかり自分ってものを手荒く扱っていたように思います。体は悲鳴を上げてました。
今日のヨガでそんなカラダの声を聴いたような気がしました。
最近感じている、“なにかがズレれる感じ”って、たぶんこれだったのね。
ヨガとか瞑想とかって、すごく大事。

晩ごはん
冷蔵庫のあるもので。
3310_2 フキの炊いたの

3311 ぬか漬け(きゅうり、セロリ)

3312 ポテトサラダ

3309 残りごはんでキンパ。

明日は日曜日。今日は夜更かしできるぞーとはりきっても、眠気には勝てない哀しい40代。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 9日 (金)

コンフィはおいしい

朝ごはん3301_2スムージー(セロリ、レタス、パイナップル、バナナ)
納豆キムチそうめん
朝からキムチなど食べてしまった。ま、どこにも出ないからいいか。

昼ごはん
3303_2 冷やし中華(トマトとキムチと豚バラ肉をごま油で炒めて乗せる。ゴマだれベースのスープでいただく。旨し。またキムチ食べちゃった。。。)
ダシがら冷奴(お出汁をとったときのかつおぶしをフライパンでカラカラに炒って、揚げ玉と一緒に乗せる。食感がよろしい。)

晩ごはん
3306 鶏コンフィ、じゃがいもコンフィ
しらすごはん
ワカメのお味噌汁

 コンフィって、素材を油で煮る料理なんだけど、食べると不思議と脂っこくない。脂が油に溶けて、旨みが残るからなんだろうな。誰が考えたか知らないけれど、すごい調理法だと思う。料理って科学だ。

 最近の王子の口癖。「刺激が欲しい」。
きっとワクワクを求めているんだろうけど、ワクワクは自分から仕掛けていかないと、向こうから勝手にやってくるものじゃないよね、きっと。
そういう自分は、もはや刺激など欲しくなく、静かにひっそりと佇んでいたい派である。
これを王子に言うと、「なんだかおばあちゃんみたいだね」と叱られるのだけど、まさにそうですね。どうりで最近シワが増えたと思った、、、。
なんて言ってる場合じゃないですね、、、いけない、いけない。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 8日 (木)

誕生日はいろいろ

 朝ごはん

3294 スムージー(にんじん、パイナップル、セロリ、グレープフルーツ)
えのきと干したけのこのあんかけごはん

 朝一番で実家の母ちゃんからハッピーバースデーのメールが来る。“飲みすぎないよう健康でいい人生を送ってください”とあった。母ちゃんらしいなぁ。電話じゃなくてメールってところも。そして、波乱の多い我が人生を振り返るのも、このタイミングだったりする。バースデーソング歌ってプレゼントもらってちやほやされておしまいなのは若いうちだけ。歳を重ねるといろんな意味でしみじみと浸るのが誕生日だと思う。自分を育ててくれた両親、そして今までの人生で出会った多くの人たちに感謝する日でもある。
 とはいえ、今のこの心境になるまでにはいろいろあった。両親を責め続けていた時期もそうとう長かったし。
でも、凍りついた氷がゆっくりと溶けていくように、心の中のわだかまりも時間の経過とともに解けていくものなんですね。今現在、もしご両親との関係で悩んでらっしゃる人たちがいたら、そのことをぜひ信じていただきたいと思う。そしていかなるときも大事なのは自分が自分らしい人生を選択して生きていくということ。親の操り人形になるのではなく、自分が自分らしく生きること。そうすればいつしか、自分が抱えていたつまらないものの存在に気づくはず。それを手放したときに新たなものが得られるんだと思う。私の場合、両親が自分にかけてくれた愛情に、このときようやく気づいたわけです。この世に子を憎む親など、どこにもいないんです。ただ愛情の形や表現のしかたがそれぞれに違うというだけ。いいも悪いもないんですよね。
誕生日というのはいろいろ感慨深いものがありますね。

昼ごはん
3295 冷やし中華(干したけのこを甘辛く煮付けたもの、絹さや、トマト、肉そぼろ、温玉)
冷やし中華のいいところは、野菜も一緒にたくさん食べられるところ。

晩ご飯
3297 アジのカルパッチョ、しらすのせ

3298 手羽先揚げ、マカロニサラダ

3299 お赤飯を炊いた。

自分の誕生日に、自分で料理する俺って、、、。
 それにしても誕生日って、歳をとるごとにどんどん地味になっていきますね。うちの両親なんか自分たちの誕生日も忘れてるくらいの人ですから、きっとそういうふうになっていくのですかねぇ。淋しいような、、、。
でも女子って(こういうときにだけ女子になる私)、記念日好きなんですよ。ちょっとでもそれっぽいことしたいじゃないですかー。
もうこのまま王子に「誕生日おめでとう」のひとことも言ってもらえず終わっちゃうのかな、と思っていたら
3300 王子がケーキを買っておいてくれました。
もうその気持ちだけでじゅうぶん、って感じ。
ケーキの箱に貼ってあった日付シールを思い出にとっておきました。
42歳になりました。





 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 7日 (水)

思い出とにらめっこ

 晴天なり。GWもようやく終わっていつもの日常が戻ってきた。

朝ごはん

3288 スムージー(パイナップル、セロリ、バナナ、グレープフルーツ)
卵サンドとハムサンド
コーヒー

昼ごはん
3292 カツ丼(たまねぎの代わりに春キャベツで)
豆腐の味噌汁

晩ごはん
3293 ゴーヤちゃんぷるー
ごはん、釜揚げしらすのせ
黒豆サラダ
ワカメのお味噌汁

 王子がようやく重い腰を上げ、自宅部屋の掃除を始めたようだ。中学高校時代の教科書や、習字道具、鍵盤ハーモニカなどなど、、、思い出の品が次々に出てきて、その物持ちの良さにびっくり。「よくこんなにたくさんとっておいたね」と聞くと、「いつか使うときが来ると思って」とのこと。“いつか”っていつ?と、思わずツッコミたかったけど、上からっぽくなるので黙っておきました。
こりゃ大変だ。しばらくはモノを減らすというより、思い出とのにらめっこになりそな予感。時間かかりそう。
 今部屋は、王子の思い出で埋もれております。思い出って宝物だけど、多すぎたら宝物じゃなくなっちゃうんじゃないの、、、と思うのは私だけでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 6日 (火)

バーベキュー日和

 朝ごはん

3284 スムージー(にんじん、グレープフルーツ、パイナップル、バナナ、セロリ)
春キャベツのお味噌汁

 晴天なり。タクミもいるし、GWも最終日だし、どこかへ行こうということになる。無計画のまま知多方面へ向かう。車の渋滞なし。
ちょうどお昼にさしかかる頃だったので“魚太郎”で海鮮バーベキューという運びになった。
しかし到着と同時にバーベキュー受付の前には長蛇の列。それでもせっかくここまで来たのだからと、30分並んでなんとか入れた。行列の苦手な私が並ぶなんて普段ありえないことなので王子がめずらしがってたけど。タクミがいるしGWも最後だと思うと、力が湧いてきます(?)。
3285 ここでも“焚き火スト”王子が活躍。ひとテーブルに一個ずつ炉が設けられ、もうすでに炭もおこしてある。便利~。
バーベキューねたは、海鮮もの中心にいろいろあるけれど、とりたてて“こりゃ、うまい!”というねたはなし。よくある冷凍もののオンパレード。
しかしここの名物はなんといってもロケーションにある。海を見ながらのバーベキュー、これに勝るものなしである。そして1年に1回来るか来ないかだけど、来るたびにいろいろなものが進化していることに驚かされる。飲み物のバリエーションが増えていたり、アヒージョとかバケットとかタコのマリネなんかのタパス類も充実。トイレも進化していた。
つまりは“儲かってる”ということでしょうね。すごいな。
3286 ハマグリが一番のお気に入り。
ビールと白ワインのハーフボトルを空ける。運転手の王子、ごめんねと思いながら。

 帰りにタクミが服を買いたいというので大高イオンに立ち寄る。ものすごい人。
私と違って奴はオシャレさん。選ぶ服にもこだわりがあるみたいだ。まったくいつの間にこんなに大人になってしまったの?というくらい子供の成長って早すぎて、親はちょっと淋しく感じる瞬間だったりしますよね。メンズのLサイズを普通に着こなす奴は、もう、いっちょまえの野郎だ。可愛かったあの頃、手をつないで歩いたあの頃が懐かしい~。

 買い物をすませ、夕方の開店時間に間に合うようにダッシュで帰る。
そして今夜は早めに店を閉め、GW最後の晩餐。王子と私にはGWなんてまったく関係ないけれど、なんとなく世の中の流れに添うとサザエさん症候群みたいな気分にもなりますね。
最後の晩餐と言いつつもなぜか冷やし中華を作ったけど、、、。
3287
3人とも昼間のバーベキューでちょっと胃もたれ気味なのだ。さっぱりした麺類が食べたいとのリクエストに応えて。
 最近はスープも手作りしてる。酢と醤油と砂糖とごま油だけのシンプルな味付け。
この味に慣れてしまうと、もはや麺と一緒に入ってる付属のスープの味には物足りなさを感じるようになる。手作りはやっぱりいいものです。
今日はポイントとして、キムチ納豆(キムチは包丁で細かく刻みます)を上にのせました。納豆が入ることによって、すべての具材と麺をうまく絡めてくれるんですね。なかなかいい仕事してくれてます。オクラでもいいかも。
これからが冷やし中華本番の季節。いろいろバリエーション考えるのが楽しみ。
 食べ終えて、タクミを駅まで送っていく。奴の背中を見送るとき、「また明日から頑張んなきゃ」と母として思うところ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 5日 (月)

すごいな~

 一日じゅう雨。せっかく洗った冬の毛布も一時避難。

朝ごはん

3280 スムージー(レタス、パイナップル、バナナ、グレープフルーツ)
そうめんでラーメン

昼ごはん
3281 よくばり丼(ごはんの上に、ナポリタンやきそば、マカロニサラダ、ハンバーグ、温玉など、いろいろ乗せる。炭水化物祭り丼)
ワカメの味噌汁

 午後から王子のお友達夫婦が遊びに来る。息子ちゃんも一緒。
王子も含め大人たちは世界情勢のこととか世界紛争がどうやったらなくなるかという、とってもシリアスな話題で盛り上がっており、こりゃすごい集まりだ~と、私なんかとても入っていけないわ~と瞬時に察し、息子君と一緒にトランプしたり計算ごっこしたりして遊んでいた。やっぱりどうしても子供寄りになってしまう自分である。
 博学多才な人たちというのは、とにかくいろんなことに興味を持って、そのことにシンプルにのめりこんでいく能力のある人たちだと思った。だってみんな、ものすごく難しい話を、なんとも楽しそうに話しているのだもの。
若いときにもっと勉強しとけばよかったと、こんなにも思った日はなかった。話題に入れないってつらいね。まぁ、無理に入っていく必要もないんだけどさ。

晩ごはん
3282_2 しらす丼
鶏なんこつ揚げ
ワカメのお味噌汁

 夜、突然タクミがやってくるものだからあわてて晩ご飯のしたく。
そういえば今日はこどもの日なんですね。ちらし寿司でもと思ったけど、あいにく買い置きの材料がなかったので沼津港の釜揚げしらすと錦糸卵(タクミはちょっと甘いのが好き)を酢飯の上にこんもり乗せ、冷凍してあったいくらをパラパラとちらしてなんちゃってちらし寿司にしました。
息子がもりもり食べている姿、母としてこれ以上の宝物はないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 4日 (日)

むずかしいねぇ

 いろいろあって(ほんとにいろいろありました)、この家に住むようになって4年が経ちます。今もまだ居候という位置にある自分なのですが、そのこと自体には何も思うことはないですよ。実際、居候という立場にいたほうが気楽なことも多い、というのが正直なところだったりもするし。
しかしながら、居候ならではの不満もいろいろあるわけで。でも所詮、居候は居候。赤の他人が人の家のことに立ち入ったりするのはおかしなことだということくらい、この自分も重々承知であります。これがもし、妻とか奥さんとか(同じですね)って立場だったらおそらく違うと思うんですよ。もうちょっと中に入っていけるというか、、、意見として主張できる部分もあるんじゃないかって。
なので日々、そんなもどかしさの中にいる自分であり、そうなると自分がどんどん萎縮してっちゃうんですね。なかなかむずかしいです。
 そういう、考えても埒が明かないことをズルズルと考えて引きずっていた情けない一日でありました。
昔の私だったら、どれだけ嫌われようが追い出されようが、かまわず自己主張していたと思いますね。でもいろいろ越えてくると、そうなんでも簡単にいかないということを身につけたりしますよね。
こんな自分ですが、ここに住まわせてもらっているということだけで本当はすごく感謝しなきゃいけないことなのにね。
いろんな意味で素直じゃない自分に腹が立ちます。そしていろいろ思うことはあっても、居候という位置にいるほうが今はいいような気がします。しばらくは嫁に行かなくていいです。

朝ごはん(朝と昼が一緒になりました)

3276 スムージー(にんじん、パセリ、パイナップル、バナナ、グレープフルーツ)
鶏ぞうすい

晩ごはん
今日もベランダバーベキューです。
3277 歯ごたえ抜群のおや鶏(最近、はまってます)の炭火焼

3278 新鮮なモツも焼きます。鶏皮はあらかじめボイルしておくといいです。
3279 シメはゴーヤやきそば。

 いろいろ思うことはあっても、我らをつなぎとめてくれているのがゴハンのような気がしますねぇ。一緒に食べたゴハンの数だけ分かち合えたり、分かり合えたりするのだと。そういうものなんじゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 3日 (土)

お腹いっぱい

 朝ごはん
3273 スムージー(セロリ、パイナップル、バナナ、グレープフルーツ)
セリそーめん、ゆかりトッピング

朝一で仕入れに行き、仕込みに入る。

昼ごはん
3272 えびスパ
何か店の名物を作ろうかといろいろ試作中なのですが、いまいちインパクト薄い感じかな。
エビをミンチにしたものと細かくしたセロリが味のポイントなんだけど、美味しいんだけど、う~~ん、って感じ。
上にパクチのペーストを乗せたのは正解!でもパクチ苦手な人、結構いるのよね。

3274 黒豆サラダ
黒豆というと甘いイメージだけど、これは甘くないんですよ。パクパク食べられます。


晩ごはん3275 酔っ払いながら握ったおにぎりとお味噌汁。
今日は朝からずぅっとキッチンだったので、なんだかお腹いっぱい。
お客さんの喜ぶ顔がなによりのご馳走。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 2日 (金)

まんぷく~

 半そででもいいくらい。街路樹の新緑がまぶしい季節。

朝ごはん

3270 スムージー(セロリ、パイナップル、グレープフルーツ、レタス)
セリたっぷりそうめん

 お昼はナミちゃんにお誘いいただき鶴舞のビストロ、ルボルさんへ。
念願のルボルだ~!ってくらい予約のとれないお店として有名である。もちろん私も王子も初ルボル。
ナミちゃんがこちらの常連さんということもあって、いろいろサービスしてくださった。個人店のいいところってこういうところ。
お料理もサービスも“ザ、ビストロ!”という感じで敷居が高くないところが私好み。レストランではなくあくまでも街の食堂という形を貫いてらっしゃる素晴らしいお店であった。出てくるお料理がみなお皿からあふれんばかりな量なところとか、やんちゃな感じなところもこの店の人気に通じるところだと思う。
一方個人的には、お料理はコースのみというところとか、しかもこのコースを食べきるためには否が応でもワインがすすんでしまう仕掛けになっているところとか、これなら客単価は最低でもいくら確保できるなぁとか(下世話な話ですみません)、経営としていろいろ考えつくされているところとか、そちらのほうに目がいってしまった。こういう仕事していると味ももちろんのことなんだけど、どうしてもそっちに頭が働いてしまうんですよね、、、。職業病ってやつです。
オーナーさんのほどよい距離感での心地よい接客もこの店の看板だと思う。久々に黒服の人のサービスを受けた感じ。きっとこの人、そっち出身の人だと思う。(勝手に想像)
お客さんが気持ちよくお金を落としていきたくなる仕掛けがいっぱい考えられていて、いいお店っていうのはつまりはこういうもの、お店にとってもお客にとっても潤いがあるもの、という見本のような店であった。
そして業界では“予約のとれない店”として有名になっていること自体がこのお店のプレミアになっていると思う。うらやましいかぎりである。
 それとは正反対の俺の店であるが、個人的にはそういう店もいろいろ経験してきたわけで、その先にたどり着いたのが今のような店なので、そもそも儲かることは目指していないわけですね。(いや、そりゃぁ儲かったら嬉しいけど)
どなたか私のあしながおじさんになってください、、、。(おばさんじゃヤだよね、、、)
 
いただいたお料理の写真は残念ながら撮っておりません。食べるのに夢中でしたから。
お昼間からしっかりとワインもいただき大満足。

晩ごはん
3271 玄米ドライカレー、目玉焼きのせ
ホタテの照り焼き
ワカメのお味噌汁

 久しぶりにバターたっぷりのこってり料理をいただいたので夜は控えめにしようとは思ったけれど、ちゃんとお腹はすきました。玄米とか食べて、ちょっと体のことを考えつつ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

汗びっしょり

朝ごはん

3267 スムージー(レタス、ぶどう、オレンジ、パイナップル、バナナ)
キャベツうどん、味たまごのせ

 フラメンコへ。
3ヶ月ぶりに仲間4人そろう。にぎやかな感じが戻ってきて師匠も嬉しそうだった。活気があるっていいなぁ。
生徒が1人であろうと4人になろうと、師匠がひとりひとりと向き合う温度が変わらない感じはさすがだなぁと思った。基本、ものすごく優しくて穏やかな師匠なのだけど、その中に師匠が経験してきた厳しさみたいなものがにじんでいるので、そこを私たちがどう感じ取るか、そういうレッスンなのだ。緩くとらえるか、それとも厳しくとらえるか、その人しだい、、、みたいな。
常に生徒がのびのびとできる環境を作ってくれている師匠のやり方は自由でもあるけれど、どれだけ自分に厳しくできるかを常に試されている感もあるので、ダラっとする余裕はない、というのが正直なところ。そして生徒がみなそういう空気になっているというのもすごいところだと思う。2時間という時間があっという間に感じられるところも。
 40過ぎて、なかなかこういう時間は作れないので、フラメンコをうまくなるためにというより、週に一度この濃厚な時間を味わう、という目的でもいいような気もする。(なかなか上達しない人間の言い訳)
今日も汗まみれになって、足元に池ができそうな勢いあった。こんなに汗って出てくるものなんですねぇ。いろいろ解毒した気分。

昼ごはん
3268ほうとう

たまに食べたくなるんですよね。この太い麺にどろっとした味噌仕立ての汁が絡まる感じ、たまんないですよね。
今日は鶏肉もかぼちゃもなかったので冷蔵庫にある野菜をいろいろ入れました。コクが足りないので、仕上げにごま油をたらしました。

晩ごはん
3269 鶏手羽元のスパイス焼き
セリのサラダ
ワカメのお味噌汁
ごはん、ちりめん山椒

 ここ最近いろいろあって王子が落ち込み気味。「いろいろ」というのはほんとにいろいろな理由があるのでうまく説明できないけれど。
唯一ごはんの時間だけが、そういう諸事情から開放される時間みたいで、顔色がぱぁっと明るくなって、いつもの王子が戻ってくるんです。ごはんの力ってすごいです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »