« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

春みたい。

 今日もあったかい。こういう日は家事がはかどるねぇ。

朝ごはん。
2856 スムージー(パイナップル、ゆず、セロリ、バナナ)
夕べ食べなかった酢鶏、ネギの卵焼き、おにぎり、お味噌汁

夕べはあれから結局、ごはんを食べずに寝た。お腹をすかせて帰ってくる王子にと、おにぎりやら酢鶏を作ってラップしておいたけど、彼もどうやら食べずに寝たようだ。
ごはんってやっぱりひとりじゃ美味しくないってことよね。

昼ごはん。
2857 なめこおろしうどん。
大きななめこが手に入った。出汁と一緒に煮てしまってはせっかくの歯ごたえがもったいないので、菜の花と一緒にバターでソテーして、うどんの上にのせました。
しゃきしゃきの歯ごたえ、いいねぇ。

夕方、昔住んでいた家へ、置き去りなってた着物を取りに行った。母が私の嫁入りのときに作ってくれた大事な着物。おそらく高価なものだと思う。ずっと何年もそのままになっていたので、今回ようやく。
でもね、心は複雑だった。息子たちに会えるという嬉しさもあったけれど、やっぱり過去に気持ちが引きづられてしまう自分がいて辛かった。
ちょうどタイミングよくタクミがいてくれて、彼に下まで持ってきてもらった。長男、次男には会えなかった。
裏口に車停めてなんだかコソコソやってる自分、なんか情けなかったなぁ。なにやってんだか、私、、、、。
いろいろ考えさせられた。

晩ごはん。
2858 カレーライス。新たまねぎのピクルス。
ぬか漬け。(きゅうり、だいこん、かぶ、にんじん、セロリ)
ごぼうサラダ

王子も私も元気がないのでスパークリングワインを開ける。
ちょっと飲んだだけなのに眠くてしかたない、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月27日 (木)

食卓を囲むということ

 雨の日なのに温かい。アスファルトの蒸せる匂いが春みたいだった。

朝ごはん。
2853 スムージー(パイナップル、ゆず、セロリ、バナナ)
ピザトースト
カフェオレ

昼ごはん。
2854 ロマネスコとイカのジェノヴァ風パスタ。
ジェノヴァとはいえ、今の時期なかなかバジルが手に入らないので、シソと三つ葉で代用。さらに松の実の代わりにはバターピーナツ。アンチョビの代わりにナンプラーで。それなりにちゃんとジェノヴァになりました。

 この間の私の身勝手な逃亡事件をきっかけに、王子との衝突が多くなった。決して気分のいいものじゃないし、ぎすぎすしたこの感じも嫌だな~と思いつつも、ゴハンだけは毎回せっせと作っている。もちろんいかなる精神状態のときも一緒にテーブルを囲むことは忘れない。
でも、それがすべてなのかもしれないなと最近思うようになった。同じテーブルの上、ゴハンの前ではどんな人間だって素直になるでしょうよ。
これがあるから、我らはなんとかやっていってるんでしょうね、、、。大事、大事。

 晩ごはんに、
2855 酢豚ならぬ酢鶏を作るも、王子は仕事からまだ帰ってこない。ひとりのごはんって美味しくないのよね。
こういうときは寝ちゃうにかぎります。
それにしてもこの酢鶏。鶏肉は胸肉を使ってるんだけど、ものすご~くやわらかくてしかもジューシーなんです。実はこの間の料理教室のために事前に試作した“から揚げ”がまだたくさん冷蔵庫に残っていたので、それをリメイクしてみました。この活用法なかなかいいです!生徒さんたちに教えてあげなきゃ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

あったかいね~

 春みたいにあったかい。ヒートテック着てたら暑いっ。
朝ごはん。
2847 スムージー(パイナップル、バナナ、金柑、セロリ)
バタートースト、目玉焼き

ときどきバターをたっぷり塗った分厚いトーストが食べたくなる。マーガリンじゃなくて絶対バター。お塩をひとつまみかけるとバターの香りが引き立つ。
 王子はだいぶ復活してきた。まだ完全にとまではいかないけれど、食欲も少しずつ出てきたし、自分の布団を干したりもしていた。元気も病気も自分の中から製造されるものなんだなぁと、王子を見ているとよく分かる。よく分かるというか、この人はそういう部分はものごくシンプルにできていると思う。メンタルが落ちてくるととたんに体もそうなっちゃうところとか。私なんかより、ずっとデリケートなつくりになってるようです。

昼ごはん。
2848
2849 茶粥
ぬか漬け(きゅうり、大根、カブ)
お揚げの醤油焼き
鮭のかす漬け
こんぶ

病み上がり王子のためにお粥を炊く。ほうじ茶の香りがなかなかよろし。

 夕方からぱたぱたとプライベートの友達から電話がかかってくる。なにせ、人付き合いというものがあまり得意でない自分なので、自分から連絡することなんてまずないのだ。年々この部分はエスカレートしていってると思う。もはや孤立状態だ。
とはいえ、人からもらう連絡というのはこの上なく嬉しいもので、だったら自分から電話しろよ、ということなんだろうけど、これがなかなかできないんですよ。でもこんな人間にも電話かけてくれる人がいると思うと、ありがたくて生きててよかったって思うんです。

 晩ごはん。
2851
2852 カレイの煮付け
ぬか漬け(きゅうり、かぶ)
マーボー納豆
わけぎとイカのヌタみそ和え(王子リクエスト)
ごはん
ワカメのお味噌汁

マーボー豆腐作ろうと思って途中で気づいたんです。ひき肉がないことに。
あわてて冷蔵庫かきまわして見つけたのが納豆。
仕上がりはぜんぜんマーボーじゃないけれど、それなりに食べられるものにはなりました。

 ゴハン食べてたらRちゃんからの嬉しい知らせが来る。自分ごとのように嬉しい。なんだか今夜は興奮して寝られないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月25日 (火)

みんなで料理すること

 なんだか今日は温かい。しかしながらこの温かさとは逆に、花粉とかPM2.5やらで辛くなってくる時期でもある。さいわいそういう類のものに対しては鈍感な自分は、いまだマスク生活は経験したことがないけど。今年はどうなるかな。

朝ごはん。
2839 スムージー(キウイ、パイナップル、きんかん、バナナ)
クロワッサン(買ってきたやつ)、スクランブルエッグ、ベーコン、サラダ

 午前中は出張料理教室へ。みんなで料理する時間が最近すごく楽しい。料理の話ももちろんのこと、お子さんのことだったり、家族のことだったり、みなさんの心がほぐれている瞬間がとてもいい感じなのだ。料理を通して何かがつながる感じというのは経験してみなきゃわかんない。みなさんと出会えて私も勉強させてもらっている。なぜなら、ひとりで料理するときは、勘とか習慣とか体で覚えた感覚でできるものなのだけど、人に教えるとなるとこれはまたぜんぜん違う。材料の分量を数字として出していったり、そのお宅にある調理器具がどんなものであっても同じように仕上がるやり方を事前に考えておかねばならない。私のいちばん苦手な分野だけに以前は抵抗があったけれど最近はこの作業も楽しく思えてきたほど。
そしてみなさんが「これ、さっそく作ってみる!」って言ってくれることがなにより嬉しい。それはつまりこの時間が丸ごと、今度はみなさんの家族に手渡されるってことでしょ。料理のバトンを渡した気分だ。

 午後。Nちゃんが駆け込み寺みたいにして飛び込んでくきた。心をパンパンにして。
いつもフレッシュな感覚できらきらぴちぴち生きている彼女なので、ゆがんだ世の中をそのピュアなハートで受けとめるには辛すぎるのだ。心はいつも平和なお花畑なのに、外の世界ってぜんぜんそんなんじゃない。悲しみも憎しみもゆがんじゃったものもいっぱい落ちていて、器用な人間はそれを見ないようにするかもしれないけれど、彼女も私もできないほうの種類の人間だ。そのままをそのままに感じとる。
どちらがいいのかは分からないけれど、こっちの種類に生まれてきたのなら、もう強くなるしかないんだと思う。
いっぱいおしゃべりできてよかった。何かを分かち合う時間って大事だ。

昼ごはん。
2844 舞茸入り鍋焼きうどん。
たまご入り。

2845 Nちゃんからもらった可愛いお花と午後のティータイム。

晩ごはん。
2846 スンドゥブ
ごはんはいつもの半分
ぬかづけ(きゅうり、だいこん、にんじん)

王子が体調をくずし食欲もないということで、スンドゥブを作る。辛さ控えめにして。
早く元気になって欲しい。だって毎回作りがいがないんだもん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月24日 (月)

悩みのかたち

 朝ごはん。
2836 スムージー(ゆず、きんかん、レタス、バナナ、パイナップル)
クロワッサン(買ってきたやつ)、目玉焼き、ウィンナ
サラダ
カフェオレ

昼ごはん。
2837 ジャークチキンとターメリックライス
焼き野菜
ワカメのお味噌汁

 夕べいろいろ会話して外にはき出したにもかかわらず、腑に落ちない何かがあって半日寝込む。
寝込みながらも悩むことに徹していたら、気づけばまったく違うことを考えてる自分がいてびっくり。
そうか、自分にとって、もうこの事はたいした悩みじゃないんだなとそのとき思った。
いつしか私の中で、その悩みごとは小さくなっていたということか。
そう思ったら悲劇のヒロイン演じてるのがアホらしく思えてきて、さっさと起きて買い物に出かけた。
心の構造っておもしろい。

 夜はお客さんとまったりとおしゃべりをして、体調がすぐれなかった王子がちょっと元気になったのがよかった。人からもらえるエネルギーって最強。
それでもさすがに食欲はないらしく、晩ごはんはなし。
毎日作る人間にとって、ゴハンを作れない淋しさっていうのも、ある意味あるのよね、、、。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月23日 (日)

帰る場所

 実家で目覚める朝。枕が合わなくて、なかなか寝付けなかった。
「ゆっくり寝てなさい」とは言われたけれど、ゆっくりしている理由もないので結局いつもどおりの起床。
お腹がすいてなんか作る。

2832  目玉焼きとソーセージ炒め。近所のパンやさんで買ってきた枝豆パン。
コーヒーが飲みたいところだけど、年寄りのふたりの家にはお茶っ葉しかない。
父も母も朝ごはんは食べないようだ。

昼ごはん。
2833 父と中華ランチ。ふと通りがかって見つけた菜工房さんへ。父と並んでカウンター席に座る。

マーボー豆腐定食。
丁寧に手作りしている感じが安心する。四川料理のお店のようで、全体的に辛い。でも辛味には奥深さを感じ、刺激はやさしいほうだと思う。マーボーの横に「お好みでどうぞ」的に添えられていたサンショの香りのいいこと。
一方、父は辛い辛いと言いながら坦々面をすすっていた。年寄りにはちょっと刺激が強かったかな。
それでも、こうして父と並んで何十年ぶりかに外のゴハンを食べて、親子の時間を味わえたことがよかった。隣の父は、昔見た父よりもふた回りくらい小さくなってたけど。

 やっぱり落ち着かなくなって帰ることに。自分のこの「帰る」という言葉は、いったいどこに向かって言っているんだろう。自分の「家」といえる場所はいったいどこなんだろう、、、、と、言いながらもいつも疑問に思うこと。
今、「自分がいるべき場所」というのがきっと「帰る」という場所なんだろうけど。人生は分からないことだらけだ。
 名駅まで王子が王子さまみたいに迎えにきてくれた。(馬車じゃなくて車だったけど)
王子を見たら一気に涙が吹き出てきた。この2日間いろいろ頭と心の中で巡っていた何かが洪水みたいにあふれてしまったんだと思う。うれし涙でもなく、悲しい涙でもなく、再会の涙でもない。ぐちゃぐちゃもやもやしていたものの残骸たちだ。

晩ごはん。
2834
2835 ご近所のじゃけんさんにて。
明太子サラダとかオムそば?!(名前は覚えてない)みたいなやつとか、いろいろ食べたけど写真取り忘れ。熱燗もしっかりいただく。

 1日しか家を空けなかったのに、どこか遠い旅に出かけていたかのよう。いまだ心は戻ってこない。
明日は月曜日か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月22日 (土)

脱出

 朝ごはん。
2827 スムージー(きんかん、パイナップル、バナナ、キウイ)
菜の花のかきたま汁

 
昼ごはん。
2828 ミートボールナポリタン。

を食べ、いざ新幹線に飛び乗る。
夕べいろいろ考えて、でもいくら考えてたって仕方ないじゃんという結論にいきついた。自分の性格上、嫌なものは嫌なのである。大人気ないと言われようが、我慢できるほどのゆとりなんてもんは、この自分は持ち備えてないのだ。今までだってそういうふうにしか生きてこなかったし。
 どうしてもこの親子の間には(いや別に、間に入る必要はないのだけれど)立ち入れない。じゃぁ立ち入らなければいいじゃん、ということなのだけれど、自分の中にある塊がふたりの何かに反応してしまうのだ。どちらかというと、ありえないとか許せないとか、そういう憤りのようなものに近い感情だと思う。自分が経験してきたものの何かが、そこで化学反応をおこすのだ。
そう思うと、このふたりのためにも自分はいないほうがいいのだ。嫌~な思いをあえてするくらいだったら出てったほうがまし。それが私の結論。
それに、あまりこういうことを深く考えるとややこしいことになる。重たくなる。
ならば、「じゃぁね~」って、陽気に手を振って出てっちゃったほうが楽じゃないかと。そもそも私、嫁じゃないし。
 
というわけで結局実家に戻ってきた。出戻り状態である。
突然帰ってきた娘に、母は理由も何も聞いてこなかったけれど、父はいろいろ聞いてきた。適当な理由はいくつでも並べられるけど、ここぞというときに出てこない。「事情があって・・・」などと、よけいにあやしい答えになっていて、その場をどうつくろったらいいものかと微妙な空気を作ってしまいました。

 そんな微妙な空気の中での食卓。今夜は実家の台所で料理。
晩ごはん。
2829
2831 から揚げ。(母はニンニクが嫌いなので生姜をいっぱいきかせて)
きんぴらごぼう。
アジの開き。
母ちゃんの卵焼き。
アスパラ焼いたの。
2830 これだけは母の手作り。具だくさんの卵焼き。味付けは私のより濃いめでした。

父とワインを空けた。母は女の人がお酒を飲むことをあまりよく思わない人なので(母は一滴も飲めない人です)今日も横からいっぱい文句言われながらの晩酌。
よぼよぼだし、ケンカばかりしている両親だけど、私がここを出ていってからの何十年もの間には、彼らなりのリズムとか空気とかがこの家には出来上がっていて、いくら娘とはいえ、もはや入りずらい空気を感じた。なので正直、居心地は悪い。
口では言わないけれど、「もうさっさと順子は順子の場所に帰りなさい」と言われたような気がした。親の愛情ってこういうものなんだな。
明日は帰らなきゃ、、、、。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月21日 (金)

そんな~突然すぎる~

 女子フィギアの活躍に感動した。真央ちゃんの底力を見せてもらった。そしてそこにメダル以上の何かがあることを我々に教えてくれた。
この歳になっても、こんなに学ぶことがあるとは。
感動をありがとう。

 朝ごはん。

2822 スムージー(パイナップル、レタス、キウイ、ゆず、バナナ)
パンと豆のスープ

昼ごはん。
2824 塩ラーメン。たっぷりの水菜と鶏ハムと半熟卵をのせる。
 らーめんのスープはコストコチキンの骨からとった。これでようやく完食。食べきるって気持ちい~。

晩ごはん。
2825
2826 天津飯、カニあんかけ。(王子のほうには、トンカツのせました。)
ワカメのお味噌汁。
ぬか漬け(きゅうり、大根、赤カブ)
大根の炊いたの。

明日は王子の母上がやってくるとのこと。突然すぎる~。
となると、いつものことながら私の居場所が微妙な感じに。(過去にいろいろあったことがいまだ解消されていないのです。解決しなくとも、いい感じになれるよう一生懸命努力してみたこともあったけど、どうやらそう簡単にはいかないみたい。。。親子の問題って、その親子にしか分からないからむずかしいのですよね。。。そもそも第三者が間に入ってできるようなものではないのですよね~。)
一方王子はというと、頭が痛いと言って半日寝込んでしまった。母上が来るとなるといつもこうなってしまう。まったく不思議な親子なのである。
 とりあえず、早起きして風呂掃除でもしましょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月20日 (木)

夜更かし

 朝ごはん。
2818 スムージー(春菊、パイナップル、ゆず、バナナ)
キャベツと桜海老とチーズのトースト

女子フィギアから目が離せない。おかげで眠いったらありゃしない。
世界の大舞台では何が起きるか分からないということなんだろう。真央ちゃん、残念だったなぁ。
とはいえ、23歳のハートで日本中の期待を背負う重みというのは計り知れないと思う。彼女らしい演技ができることだけを期待したい。まるで母の気持ち。

昼ごはん。
2819 カニ缶と大根と生姜のチャーハン。(仕上げに水菜を入れる)
ワカメのお味噌汁。

夕方、久しぶりに王子と買いものへ。
商品を一個一個品定めするように見ている王子。一方、あまりというか、ほとんど吟味することなく、欲しいものだけをぽんぽんカゴに入れていく私。違いすぎる俺たち。
もちろん一緒のときは彼のテンポに合わせるわけで、となると時間がかかって仕方ないのです。(別にいらいらしてるわけじゃないけど)
こんな自分だから、彼のような繊細な人が隣には必要ということなのでしょう。うまくできてるなぁ。

晩ごはん。
2821 肉豆腐。
ごはん。
おからさん。
ぬか漬け。(きゅうり、大根)
ロゼワイン。

 そして今日も夜更かし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月19日 (水)

カレーな気分

 朝ごはん。
2815 スムージー(春菊、パイナップル、ゆず、バナナ、にんじん)
オニオントースト
ミルクティ

 王子は仕事の打ち合わせで豊田へ。1年半前までは、毎日片道1時間かけて通っていた場所。よくやったなぁと思う。サラリーマンだからあたりまえのことなんだろうけど、彼のことをよく知る私としては、今のほうが合っているように思う。
サラリーマン時代は給料があった、安心も安定もあった。今となれば給料はない、安定もない。しかしそれらをすべて自分でクリエイトできる自由だけは手に入れた!
王子も私も枠にはめられるのが苦手な人間なので、どうやってもこちらを選ばざるを得ないんだと思う。
いろんな意味で要領の悪い我ら。

 昼ごはん。
2816 お肉ごろごろトマトスパゲッティ。
作り置きしていた豚かたまりのトマト煮こみの残りをパスタにした。
お肉の旨みがソースに溶けていてボロネーゼみたい。
 午後からは久しぶりにカレーを仕込んだ。お客さんの出入りがあるので、店にカレーのにおいがしみこむのが嫌。なのでつい敬遠してしまう。とくにカウンセリングに来てカレーのにおいがするっていかがなものよと、私的にはいろいろ気にしたりするのですよ。だからめったに作らないのです。
でもカレーって食べ物は罪よね。ときどき、どーしても、なにがなんでも食べたくなっちゃう。もうそうなったら抑えてなんかいられない。においなんて気にぜず作っちゃう。
今、我が家はスパイス天国になってます、、、。

 夜ごはん。
2817 牛すじカレー。
おから。
コストコチキンと大根のサラダ。
ぬか漬け(きゅうり、大根、にんじん、キャベツ)

仕事から帰ってきた王子は今夜は消防団のお仕事で夜のパトロールへ。張り切って出かけて行った。ご苦労様です。
しかし帰ってくるなり「今日は消防車を運転できなかったから物足りない~」と小学生みたいに言っていた。
まさか、そっち?!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月18日 (火)

衝突して成長する?!

 朝ごはん。

2813 スムージー(春菊、パイナップル、ゆず、バナナ)
ミニらーめん(コストコチキンで出汁をとる)

昼ごはん。
ピザ欲を満たすためトンガリアーノへ。王子におごってもらう。ワーーイ!
Image_1 Image_2 Image 前菜、ピザ2枚、そして名物のすり切りワインもしっかり堪能。
生地はなんちゃってナポリピザ風。もっちりというよりどっしり。ヘビー級でした。
釜がいけないのか、、生地がイケてないのか、、、。
王子も私もしっかりと胸やけして帰ってくる。

晩ごはん。
2814 コストコチキンでなんちゃって鶏飯(ケイハン)、スープもコストコチキンの骨からとった。
アジフライ、サラダ。(刺身でもいけるアジをあえてフライに。うまい)

 ここのところ、王子も私も毎日家で悶々とする日が続いていた。同じ屋根の下にいながらも、お互いが向いている方向は違うので、本来ならばそれぞれを尊重しあわなきゃいけないのだけれど、それがなかなかできなかったりもする。当然衝突してしまう。
彼も私もいい意味でライバルのような関係ってことなんだと思う。
そんなとき、自分みたいなのはやっぱりいい奥さんには向いてないなと思う。どうしても出しゃばってしまうし、男の人から見たら生意気な女だと思われて当然だと思う。
人生いろいろあると、そんなに強くならなくてもいいようなところが、やたら鍛えられて強くなっちゃって逆に困る、ってことを身にしみて感じている今日このごろ。
 それでもやっぱり同じ屋根の下。我らをつないでいるのは食卓の上のゴハンたち。ケンカしたって何したって腹は減る。だから今日も明日もゴハン、なんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月17日 (月)

アレンジは楽しい

 朝ごはん。
2808 スムージー(パイナップル、ゆず、バナナ)
コストコチキンでサンドイッチ
豚汁

昼ごはん。
2809 もやしのチャーハン
ワカメのお味噌汁

もやしのしゃきしゃきとした歯ごたえが心地いい。かさ増し効果もあり。

晩ごはん。
2811 コストコチキンの炊き込みピラフ。ふわふわ卵をのっける。
ぬか漬け。(きゅうり、にんじん、カブ)
ひたし豆。
鶏ハムと大根のサラダ、わさびドレッシング。
きんぴらごぼう。
ワカメとお麩の味噌汁。
日本酒。

 コストコチキン、なかなか減らない。明日はどうやってアレンジしようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月16日 (日)

踊る~

 朝ごはん。

2804 チーズオムレツ、菜の花のおひたし、きゅうりのぬか漬け
豚汁
ごはん、明太子
スムージー(パイナップル、ゆず、はっさく、バナナ)

風が強い一日。
お昼からセントレアにてフラメンコを踊る。
われらの控え室になっていたお部屋が普段はVIP専用の待合室だということを知り、もうこれだけで来てよかった、って思った。芸能人とか各界の著名人たちが、なるべく人目に触れないように飛行機に乗るための秘密のお部屋だそうだ。
なんか得した気分。
 そして今日もつかの間ではあったが、スポットライトを浴びて芸能人気分にひたれたことがなによりよかった。40過ぎのおばさんにはこういう刺激、大切だわ~。

本番が終わって、セントレア内のお蕎麦やさんにて腹ごなし。
2805
2806 紗羅餐の鴨汁そば。
ここのお蕎麦はほんとに芸術品みたいにきれい。だけど見た目も佇まいも整いすぎているところが、少々の堅苦しさを感じてしまう。蕎麦をすするたびに背筋がぴんと伸びるような、そんな蕎麦だ。個人的にはもうちょっと庶民的よりが好きかも。
でも美味しかった。
熱燗もしっかり堪能。

晩ごはん。
2807 コストコで買ってきたロテサリーチキン
サラダ
マッシュポテト
赤ワイン

疲れたので手抜きごはん。
チキンはモモの部分と手羽の部分を食べただけで、もうお腹いっぱい。王子と私ならこれ1羽で3~4日は楽しめる。
それにしてもコストコは相変わらず混んでいて、あのでかいカートにみなさん「お店屋さん?」というくらいの量のお買い物をしていた。レジの後ろに並んでいた若夫婦の旦那さんのほうが、「コストコに来るようになってから俺たち無駄づかいしてないか?」と奥さんに冷静に言っていたのがツボだった。だってそもそもここは、気持ちよく無駄づかいをしに来る場所でしょ、と個人的には思ってます。これが日用品だから罪感がないんだと思う。
ちなみに我が家の買い物はいつもチキンとワインだけ。こんな客なかなかいないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月15日 (土)

黄金の目玉焼きちゃん。

 夕べの雨であれだけ積もった雪がすっかり溶けていた。玄関先にこしらえた雪だるまもどこへやら。
 羽生選手の金メダル嬉しくて録画した映像を繰り返し見てしまう。思わず涙。日本に大きな感動をありがとう。

朝ごはん。

2799 スムージー(春菊の茎、パイナップル、ゆず、バナナ)
インスタントラーメンにカブの葉っぱをいっぱい入れて。

昼ごはん。
2800
2801 ソース焼きそば。

王子も私も基本、自宅が仕事場。となるとゆいいつの楽しみは一日3度のメシ。
お昼近くになると、「お昼ごはん何食べたい?」と彼の仕事部屋の聞きに行くのが毎日のこと。
今日は「焼きそば~」と返ってきた。
私が作るゴハンの中の彼のお気に入りメニューのひとつでもある。いろいろ凝ったものも作ってはみるけれども、どおってことない素朴なもののほうが彼は好きみたい。
もやしをたっぷり入れるのが私流。半熟の目玉焼きも欠かせない。紅しょうがも大事な脇役。

 晩ごはんは仕事の合間のつまみ食いで、今夜はなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月14日 (金)

雪~~

 朝起きたら雪景色。
朝ごはん。
2793 スムージー(パセリ、パイナップル、はっさく、バナナ)
昨日の残りのメンチカツをロールパンにはさむ
ゆうべのすいとん汁の残り
2794
2796 昼ごはん。
もやしラーメン
麺よりもやしの量のほうが多い、ってところがなんだか体によさそうでいい。
スープにはゆず胡椒をきかせてみる。

午後から雪が雨に変わり、王子に運転してもらい買い物に出かける。

晩ごはん。
2798 チキントマトライス。
ワカメのお味噌汁。

を、酔っ払いながら作る。
でもそのあとちゃんと風呂に入り、パジャマを着て、歯をみがいて寝た自分は、われながらすごいと思う。自慢できる特技のひとつだ。(自慢してどうする)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

夢の製造機

 朝ごはん。
2791 スムージー(りんご、ゆず、バナナ、パイナップル)
ソーセージエッグマフィン、サラダ

 昼ごはん。
2790 メンチカツ(王子のリクエスト)
キャベツ
ごはん
豆腐の味噌汁

 揚げ物全般に言えるけど、やっぱり揚げ物は家で作るのが一番だと思う。お肉屋さんやとんかつ屋さんが使うラードのコクはないものの、あっさりと食べられるこっちのほうがいい。年齢的に。
2個ぺろりと完食。

 晩ごはん。
2792 カニ玉。甘酢あんとかける。
鶏ごぼう飯。
すいとん汁。

めったにおかわりしない王子が鶏ごぼう飯をおかわりしていた。お米と具を一緒に炊くやり方ではなくて、炊き立てのごはんに味付けした鶏とごぼうをあとから混ぜ込むやり方。
すいとんは子供の頃はおやつとしてよく食べた。メリケン粉を練ったものを湯がいて、醤油と砂糖を煮つめたみたらしあんにからめたものを母がよく作ってくれていた。懐かしい。
今日は野菜たっぷりの味噌汁に入れてみた。ボリュームがつくし、汁にやさしいトロミが付くので、寒いこの時期には温まっていい。

 今夜はM氏が来てくださってみんなで和んだのもよかった。M氏の夢をきかせていただいた。そんな夢を語るときのM氏の少年のような目が印象的だった。
自分よりひとまわり以上人生の先輩であるM氏であるが、そういう話のときはいつも目をきらきらさせている。こちらまで希望が湧いてくる感じ。夢はいくつになっても追いかけていいものなんだなぁ。
夢が自分の中から製造されなくなったとき、人間はおしまいなのかもと、はつらつとしてらっしゃるM氏を見ているといつも感じること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月12日 (水)

早起きは三文以上の徳。

 夕べは考えごとが多くて疲れた。じゃぁ、考えなきゃいいじゃん!なんだけど、そう思えば思うほど、考えちゃうし悩んじゃう。こんなもん。
こういうときの解消法はやっぱり料理。
いつもより10分早起きする。

2786 朝ごはん。
エッグベネディクト
スムージー(りんご、はっさく、ゆず、バナナ、パイナップル)
ミルクティ
2787 はっきりいって、朝からめんどくさいです、、。こんなもん、忙しい朝に作ってられるかー!とは思うけれど、リッチな気分を味わえることはたしかです。テンション上がります。
10分の早起きは三文以上の徳。

昼ごはん。
2788 やりいかとブロッコリのパスタ。塩辛風味。

塩辛はアンチョビみたいに使えるから便利~。
 
晩ごはん。
仕事の合間につまみ食いしたので今夜はなし。

 今夜は久しぶりのお客さんが来てくれて、カウンターでみんなで和んだのがよかった。夜の店の雰囲気の楽しいところってこういうところだと思うなー。
人生いろいろだし、悩むこともいっぱいあるけど、どんな瞬間も自分の心に正直に生きていれば後悔することはないだろーなーと、みんなの話を聴いてそう思った次第。
つまり、正直に生きるということは、自分を大切にするし、相手をも大切にすることに通ずると思う。夜の学びは大きいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

2月11日(火)いい天気

 朝ごはん。

2782 スムージー(りんご、ゆず、いちご、バナナ、パイナップル)
昆布のおにぎり、ハムエッグ、ごぼうとお豆のサラダ、ブロッコリ
サトイモの味噌汁

朝ごはんを食べていたら今日が休日だということに気づく。といっても、我らの生活はいつもと変わらない。まぁ気づいても気づかなくても、どっちでもよかったということなんだけど。
 そんな中、久々にタクミからの電話。王子も私もにっこにこ。
もう来ないかと思ってたからすごく嬉しい。

昼ごはん。
2783 ケンタのフィッシュサンド。
タクミを駅まで迎えに行き、その足でケンタへ向かう。前々から気になっていたコレと、チキンとかポテトとか飲み物を買って、公園のベンチでみんなでピクニックみたいに食べる。お日様気持ちいい。
 たまにはこういうジャンキーなものもいいなぁと思いつつも、フィッシュサンドは期待しすぎていたぶん、ちょっと残念な感じだった。衣がペッチョリ、タルタルソース少なすぎ~。しかもチキンは気のせいかもしれないけど、昔より小さくなってる?!
それにしても味はどおであれ、このスパイシーなフレーバーにこの歳になってもつられてしまうわけだから、ケンタはすごい。この店の香りは我らの記憶の中にすりこまれてるってこと。一種、中毒性があるわけだ。
でもさすがに、チキンをほおばっていた王子はしたたる油と格闘し、そのあとしっかりと胸やけ。40過ぎてからのケンタはちょっときびしい、、、。(教訓)

 晩ごはん。
2784 さばの塩焼き。
がんもとつくねの煮たの。(茹でた春菊を添える)
ぬか漬け。(きゅうり、かぶ)
ワカメの味噌汁。
ごはん。(カブの葉っぱのふりかけ)

 タクミは晩ごはん前に帰り、王子は仕事の打ち合わせとかで出かけて行き、きゅうにひとりになって一気に消沈。さびしいと、一言で言えばそういうことなんだろうけど、実はいろいろある。
晩ごはんでも作って気持ちを整えて、王子の帰りを待とうと頑張る。

 ごはんを食べたあとにだらだらとワインを飲んでいたらつまみが欲しくなり、再び冷蔵庫をあさり行く。そしてなんか作る。
夜食。
2785 春巻きの皮3枚重ねたなんちゃってピザ。
デブの素だ~、、と分かっちゃいるけど、食べちゃうし、飲んじゃう。
 春巻きの皮は重ねるときに、間にオリーブオイルをハケで塗ってあげると、焼いたときに層ができてパイみたいになるよ。



 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

2月10日(月)晴れ

 月曜日の朝はゴミ捨てから始まる。ちょうどその時間、近所の中学生たちの登校時間と重なるのだ。「行ってらっしゃい」のおばさんの声に、はにかみながらも「行ってきます」と返してくれる。可愛いなぁ。
息子たちは元気にしてるだろうか。
 朝ごはん。

2777 スムージー(ぽんかん、パイナップル、りんご、バナナ、セロリ)
ベジブロスのスープを中華風に味付けしたところに、インスタントラーメンを入れる。(体にいいんだか悪いんだか)

 昼ごはん。
2778 野菜たっぷりあんかけやきそば。
やきそば麺だけだと、なんとなく物足りないので、野菜でかさ増し。キャベツ、にんじん、きくらげ、たけのこ、チャーシューなど、歯ごたえもあるものを入れてお腹も満足。上に乗せた半熟たまごも食いしん坊の必須アイテム。

おやつ。
2779 小腹がすいたのでなんか作る。バケットにベーコンとチーズをはさんで焼く。食べるときにレタスもサンド。
 
 晩ごはん。
2780

2781 塩からあげ。(レンジで2分チンした春キャベツを添える)
こんにゃくのピリ辛炒め。
ぬか漬け。(きゅうり、だいこん、だいこんの葉っぱ)
キンピラごぼう。
ごはん。
さといものお味噌汁。
白ワインもしっかり。

 から揚げ、もう何百回と作ったと思うけれど、いまいち味が定まらない。というのも、そのときどきで食べたいと思う味や食感って違う。なので“我が家の味”というのはない。
今日は、塩味。衣は卵を加えるタイプ。
この衣っていうのも悩みどころ。卵を加えない粉だけの衣は、サクっとした軽い食感に仕上がるし、一方、卵を加えるほうは、ガリっとしたボリュームのある食感になる。どちらも捨てがたいのだ。
ただ、揚げた油は、卵入りのほうがだんぜん汚れにくいと思うのだけど。後片付けのことを思うとこちらのほうが、、、。
 どおってことないことで、食いしん坊は日々、頭を悩ませたりしてるんです、、、。でも食いしん坊にとってはこれが重大な問題なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

2月9日(日)晴れ、風強い

 昨日の雪もすっかり溶けた。近所の子供たちが作ったであろう雪だるまが名残惜しそうに道端にちょこんといるのが可愛い。

朝ごはん。

2770
2771 スムージー(キウイ、パイナップル、バナナ、ぽんかん)
サラダ、ローストポテト、ハムエッグ、オリーブのパン(買ってきたやつ)
ミルクティー

 雪はやんだけれど、風が強い。外に出るのが億劫。
ソチオリンピックのダイジェスト版をコタツに入って観るも、ハラハラドキドキしすぎてヘロヘロになる。惜しくもメダルには届かなかった上村選手ではあるが、彼女の栄誉を心から讃えたい。感動をありがとう。

 昼ごはん。
2772 かきあげそば。
三つ葉とたまねぎとインゲンと桜海老など、冷蔵庫のあまりものでかきあげを作る。
かきあげが乗っかってるだけでいつもの蕎麦もなんとなくゴージャスになる。

 午後からは図書館に行ったり、買い物をしたり、今日は一日ひとり行動。王子はゴハンのとき以外は仕事部屋に閉じこもりっきり。忙しそう。
もうここ最近はタクミも来なくなって、いよいよそういう時期が来たのだろうなぁと母としては思うところ。と同時に、彼が来てくれるということが、自分の気持ちを支えてくれるもののひとつになっていたということに気づいたのだ。
そういう時期が来たということは、自分もちゃんと自分の足で立たなくてはいけないということなんだろうな。今までやはりどこか、自分の埋まらないものを彼に頼っていたように思う。正直さびしいけれど、私が堂々と生きていくことしか息子たちへ伝えられるものはないと思うから。泣いてなんかいられない。

 晩ごはん。
2776 ほうれん草のおひたし。
レバーの赤ワイン煮。
ぬか漬け。(きゅうり、大根)
サラダ。チキンの塩焼き。
はなまるオムライス。(息子たちが小さいときによく作りました)
赤ワインもしっかりいただく。

 レバーはいつもだったらお醤油とみりんで味付けするのだけど、今日はワインに合わせて赤ワインとお醤油少々とはちみつとコンソメちょっと で味付けした。一気に洋風の味に変身。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

2月8日(土)雪のち雨

 降り積もる雪を見たのは何年ぶりだろう。庭のパラソルが雪の重みで折れてしまった。こんなの初めて。
朝ごはん。
2765 スモークチキンのサンドイッチ
いちご
スムージー(キウイ、パイナップル、バナナ、きんかん)
ミルクティー

 こんな天気じゃ外に出られないと、せっせと台所仕事。味噌を仕込む。
今年は麦味噌に挑戦してみた。
出来上がりを待つ時間も、何気ない生活の中のささやかな楽しみのひとつになる。すべては台所からはじまるんだなぁ。
 
昼ごはん。
2767 カレーうどん。

 雪が雨に変わる。午後からはフラメンコの特別レッスン。港区へ。
いつもどおり踊っているつもりだったけど、鏡の中の自分が今日は小さく見えた。気持ちが萎縮している証拠。でもそのあと師匠が横で踊ってくださったら急に鏡の中の自分がでかくなっていた。師匠の体からあふれるエネルギーに自分の体が反応したのだ。すごい。
最初からこんなふうに踊れたらいいんだけど。
表面ではなく、内側で製造されるものが踊りには全部出ちゃうってことなんだな。

 帰ってきていろいろあって、王子とケンカになる。もうほんとにヤバイというところにくると、お互い過去に失敗してる人間どおしということもあって、冷静に今の状況を見直してみる、という流れになる。相手を責めるのではなく、お互いが自分を振り返る感じ。
なのでケンカとはいっても勢いのあるものではなく、静かに心を落ち着けてお話し合いをする時間という感じなのだ、我らの場合。
それでも、今日はどうしても納得がいかず(つまり、私の主張が相手に届かなかったということ)、家出まで考えた。(行くところはないけど)
女ってどうしても感情的になっちゃう。事柄について考えるというより、気持ちがすべてのバロメーターなのだ。頭脳じゃなくてハート。
けっこう単純なのよね。
結局、家出はしなかったけど、心の解決にもつながらなかった、というのが今日の感想。お互いが今後の課題を掲げて頑張っていくことに。
それにしても、彼も私も、仲良くやっているようには見えても、考え方も生き方も求めているものは真逆なのだ。それをうまくすり合わせていくのがお互いの幸せだと思ったこともあったけど、どうやら違うみたい。彼も私も自己主張が強いぶん、夫婦というより(夫婦じゃないけど)戦友どおしみたいになっちゃうのだ。これがいいのか悪いのかは分からない。
これからどうなっていくのかも分からない、明日がどうなるのかなんて分からない。そういうふうにしか生きられない孤独な人間どおし、ということだけは確か。

 気を取り直して晩ごはん。
2768
2769 カムジャタン。(えごまの葉っぱが手に入ったので)
ぬか漬け。(きゅうり、にんじん、大根)
おからの炊いたの。
ごはん。

ケンカのあとのごはんって作りづらいよね~と思いきや、そのへんの切り替えは簡単なのだ。料理をするのが好きだからではなく、ただ単に、自分の腹が減るから。ケンカって意外にエネルギー使うのよね。
 こんなんだから、ケンカしても、もうヤバイと思っても、なんとなく一緒にいられるのかも知れないな、、我ら。すべてはゴハンの力です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 7日 (金)

2月7日(金)晴れ

 朝ごはん。
2756 スムージー(きんかん、ぽんかん、キウイ、バナナ、にんじん)
夕べの鶏飯のスープの残りでお雑煮

 午前中はアロマさんたちが来てくれて、いい香りに包まれながらランチのしたく。癒し~。
お店の仕事も今はだいぶ減ってきて、減ってきたという事実は決して喜ばしいことではないけれど、料理に対する姿勢は以前より整ってきたように思う。料理しなきゃと思って作るものと、料理したいと思って作るものとでは見た目と味は同じでも、心に届くものは違うような気がする。時間に追われながらもスリリングで充実してたけど、今は料理とか自分とかそういうひとつひとつのものと客観的に関われるようになった。
自分の中で何かが変わってきたんだと思う。そして今まさにそういう時期にあるのかも。

 昼ごはん。
2760 2727 パンチェッタとオリーブとトマトのパスタ。
 パンチェッタのほんとの作り方は知らないけど、塩漬けして肉の水分抜いてあとはひたすら乾燥させればいいんじゃね?!的な軽いノリで作ったら、どうやら乾燥させすぎたみたい。固い、、、。
それでも、それなりに自宅使いはできるので、パスタに使いまくってる。
勉強しなおしてリベンジしなきゃ。

 晩ごはん。
2762 2763 2764 粕漬け豚で豚丼。
ぬか漬け。(きゅうり、にんじん、ブロッコリの芯)
こんにゃくの炒め煮
具沢山おから
ワカメの茎の酢の物
味噌汁
日本酒もしっかりいただく

 ブロッコリの芯、何気なくぬか漬けにしてみたら旨い。歯ごたえもいい。
今夜も王子から、「しっかり噛む料理ばかりでアゴが疲れて、しかもお腹いっぱいになった」と微妙な褒め言葉をいただいた。
 天気予報では雪だるまマークが付いてた。明日の朝、どうなってるんだろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 6日 (木)

2月6日(木)曇り

 今日もすごく寒い。
朝ごはん。

2750 スムージー(パイナップル、きんかん、ぽんかん、キウイ、バナナ)
夕べの白菜スープの残りでミニラーメン

 フラメンコへ。
最近、少しだけつかめてきた感覚に(言葉ではうまく表現できない)、踊りながらパシっとはまる瞬間があって、超気持ちいい~。フラメンコの楽しさって、たぶんこれなんだろうな、と思う。これが連続して味わえればいいのだろうけど、まだ瞬間でしか感じることができないのが残念なところ。でもようやくつかんだこの感覚。大事に温めていこう。
師匠は来週からスペインに行くそう。今まで日本でスペイン人からのレッスンを山ほど受けてきた師匠であるが、なんと本場に行くのは初めてだそう。きっと鼻血もんだろうな~。
マダムたちがいろいろ師匠のことを心配して、地球の歩き方スペイン編とかをプレゼントしたり、「スリが多いから気をつけるのよ」などとまるで母のようにさとしていたのがおかしかった。レッスン中とは真逆の位置関係に。
でもこの関係が我らが長く続く秘訣なんだよねぇ。

昼ごはん。
2752 もやしたっぷり味噌ラーメン。自家製チャーシューも花びらみたいにのっけて。

 毎日変わり映えしないなー、我が家のごはん。でも微妙にスープの味とか乗せる具とかを変えたりして、自分なりに工夫はしているつもり。
王子は今、仕事で煮詰まっていて毎日悶々としている。悶々としていたって腹は減る。
そういうとき、せめてもの楽しみが食卓だったりすると思うのよね。
だから今日もせっせと手作りしようって思う。

晩ごはん。
2754 鶏飯(ケイハン)。
大根と小エビの煮物。
エボダイの味噌漬けとチビイカ。(スーパーで買ってきたやつ。手抜き。)
ぬか漬け(きゅうり、大根)
2755
鶏飯。上にのせた細く刻んだみかんの皮が全体を引き締めてくれる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

2月5日(水)曇りときどき小雪

 寒さが戻ってきた。そうだよね、まだ2月なんだもんね。
冷凍庫の中みたいだった。コタツから抜け出せない~。
2747_2 朝ごはん。
スムージー(いちご、キウイ、パイナップル、バナナ、きんかん、ぽんかん)
ワンタンスープ(お椀の底に焼いた餅を一個入れる)

 昼ごはん。
2748 塩らーめん、もやしあんをのせて。

 王子の腰は少しずつ快復に向かっているそうでひと安心。自分のカラダを自分で調節できるようになってきた王子のこの感じ、ヨガ効果かも。
元気な状態っていうのは、ココロもカラダもそうなっていることなんだなぁ。カラダだけ元気を装ってもココロがそうでなかったら、最終的にはカラダにくる。
人間のカラダの仕組みってうまくにできているなぁというのも、ヨガを通して知ったこと。
そういえば、メロディヨガ部。りえ部長が産休中は休部を予定していたけれど、顧問の先生(王子です)と話し合って、3月から代講の先生をお迎えして続行することになりました。
部長の留守を部員たちで守っていけたらなぁと思う。部活っぽい。

 夕方、2か月ぶりに美容院へ。「また伸びましたね~」と言われるんだけど、とくべつ伸ばしてるわけじゃなくて切るきっかけがないだけ。
40過ぎてポニーテールはいろんな意味でヤバイとどこかで聞いたことがあるけれど、思いっきりヤバイ域に入ってる、、、俺。
もう、歳相応とかって分からない。いったいどこへ向かうんだろう。。。
 帰り道、雪がちらちら降ってきた。

 晩ごはん。
2749 しょうが焼き、山盛りサラダを添えて。
ひたし豆。
ぬか漬け(きゅうり、大根)
白菜だけのスープ。(料理教室で好評)
マッシュポテト(昨日のラザニアのときのベシャメルが余っていたのでポテトと混ぜる)
揚げとシイタケの炊き込みごはん。
 この時期、白菜は買ってきたら半分か1/4サイズに縦に割って、半日ベランダに干して水分を抜いてあげると、甘みもぐっと増すし、なにしろ保存が効く。
今夜も野菜いっぱいの食卓。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 4日 (火)

2月4日(火)曇りときどき小雨

 小雨まじる火曜日の朝。今日もなんだか温かい。
相変わらず王子の腰は冴えなくて、隣にいる自分まで憂鬱な気分に。
朝ごはん。
2743 スムージー(いちご、パイナップル、きんかん、バナナ、セロリ)
とろとろ卵とシイタケのあんかけご飯
 
 最近勉強し始めた筆跡心理学、おもしろくてたまらない。
心理の勉強のきっかけって、「こんな自分でも誰かのために役立ちたい」って思う気持ちからなんだけど、結局あとになって気づくのはすべては自分のためになっている、ということ。
自分という人間を知る一番の方法だからなんだろうな。
知って味わったからこそ、その経験を分かち合いたいと思うのがそもそもの心理屋の仕事なんだろうな。
なので、今また新たな自分を知る瞬間があったり、やっぱりそうだよな~と腑に落ちてみたり、心の発見もりだくさん。いつかこれをシェアできる日が来るといいな。

昼ごはん。
2744 マーボー麺。
我が家ではご飯にかけて食べるのが定番だけど、麺にかけたらどうなるんだろ~と思い、作ってみた。
醤油ベースのラーメンの汁を薄めに作り、その上にいつもより固めにとろみをつけたマーボー豆腐をトロリと乗せる。
どんぶりの下のほうから麺をすくい上げ、上のマーボーと絡めて食べる。旨し。
トロミとサンショの効果でぽかぽかに。鼻の頭にしっとりと汗をかいたほど。

2745  今日も温かいなー、と思っていたら、夕方から急に冷え込んできた。東京は雪だそう。
とくに腰痛王子には、この寒さが堪えるようでコタツに非難してきた。
そんな中、今日もせっせと台所仕事。せめて食卓の上だけでも気分上げたいな~と思い、今夜はワイン居酒屋風に。(ただ単にワインが飲みたかっただけです)
2746 ライスコロッケ
ナスのラザニア風(カロリーダウンのためナスは揚げずにオーブンで焼いた)
ひたし豆
砂肝とシイタケのアヒージョ
ぬか漬け(きゅうり、大根、オクラ)
 今日もよく噛むゴハンばかりで、王子は口が疲れたと言ってたけど、作ってる本人はこれが普通だと思ってる、、、。
お客さんにもたまに言われる、「メロちゃんの作るゴハンはしっかり噛むからお腹いっぱいになるのよ」って。
噛むこと、噛みしめることって、ココロにもカラダにも大事なことだと思うな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 3日 (月)

2月3日(月)曇りときどき雨

 小雨パラパラ。はっきりしない天気。だけど今日も春みたいにあったかい。
朝ごはん。

2738 スムージー(パイナップル、きんかん、バナナ、キウイ)
大麦スープ(やっとこさ食べきる)

 午前中は役場に行ったり、郵便局に行ったり、事務的な用事でかけまわる。王子は朝からずっと仕事部屋に閉じこもって作業。相棒が(相棒なんて言ったら怒られちゃいます)一生懸命やっているのを見ると、なんとなく自分もぼさっとしていられなくて頑張ってみる。でも何を頑張ったらいいのかしら、、、という感じ。

 昼ごはん。
2739きのこたっぷりシチュウ。
ごはん。

 シチュウといば、“ハウスのシチュウ”で育った私であるが、この歳になるとラード系(カレールーにも入ってるやつ)の味が重たく感じるようになってくる。胃もたれしちゃうのだ。
なので、ベシャメルから手作りする。
手作りはやっぱり優しい。
昨日、道の駅で買った肉厚シイタケをここにも入れてみたけど、やっぱり旨みが濃い~。トリフみたいな香りがする。

 王子が腰が痛いと言っている。心配、、、すごく心配。
過去のぎっくり腰も大変だったけど、彼の場合、カラダだけでなく気持ちのバランスも崩してしまうので「腰が痛い」って言葉には普段から敏感でいる自分だ。
うまく乗り越えられることを祈るのみ。

晩ごはん。
2741 炒り豆ごはん。(節分なので)
豚の粕漬け焼き。
マグロユッケ。
絹さやとシラスの卵とじ。
ぬか漬け(きゅうり、大根、にんじん)
ブロッコリの芯とシイタケの軸入りお味噌汁。2742

王子が本調子でないので、食事の時間もいつもより静か。やっぱりゴハンは元気な状態で食べるのが一番だなぁと思った。早く元気になりますように。
自分はせっせとゴハンを作るのみ。これしかできないのよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 2日 (日)

2月2日(日)小雨どきどき曇り、そしてたまに晴れる

 小雨降る日曜日。でも温度計は11度を指してる。寒くない。
春の雨みたいだった。
朝ごはん。
2734 スムージー(みかん、きんかん、パイナップル、にんじん、セロリ、バナナ)
大麦スープをカレーにアレンジ。鶏手羽元をクミンにまぶして焼いたのを添えてみる。
10時すぎの遅めの朝ごはん。

お昼すぎ、以前から気になっていた恵那にある食のテーマパークにドライブに出かける。道も混んでいなくて1時間ほどで到着。山肌からは次々に雲が製造されていて、あたり一面霧の世界。天然のマイナスイオンだね~と王子と一緒のはしゃぎまくる。
 昼ごはん。
2735 照九庵さんにておろし蕎麦。
たまたま入ったお店だったけど、かなり美味しかった。蕎麦の美しさ、歯ごたえ、つゆの香り、すべて自分好み。昼時とあって、店内は混みあってた。蕎麦を待つ時間、日本酒などをちびちびやりたかったけど、王子が車なので我慢。
またぜひ、ここの蕎麦を食べに恵那に来たいくらい。そんなお店だった。
 肝心のテーマパークのほうであるが、こちらは期待していたものとはだいぶ違っていた。ホームページで見るのと実際行ってみるのとではぜんぜん違う~。残念ながらわくわくがなかった。でも店員さんはとても親切で小雨が降っていたから手提げ袋にビニールをかけてくれたり、細かな気づかいが嬉しかった。さらにお天気がよければ、テラス席もあることだし、きっともっと楽しめたかもしれないな。
  帰りに織部ヒルズに寄り、食器を数枚購入。
こちらのほうがずっと楽しめた。
食器棚パンパンだし、もう食器は増やさないぞー!と決めてはいるのもも、やっぱり欲しくなっちゃう。ブランドのバックも素敵なアクセサリーもお洋服も靴もいらない。食器が欲しい~!自分である。
さほどお金も持っていなかったので、欲しいものの中から数枚選んだ。そしてもうこれ以上ここにいたらやばいと思って、さっさと店を出ることに。
食器を見ると、その上に盛り付ける料理の絵が浮かぶ。小学生のときから、ここだけはずっと変わらない。

晩ごはん。
2736 シンガポールチキンライス。大好きなパクチをのせて。
じゃがいものスープ。
サラダ。
道の駅で買った肉厚シイタケを網で焼いて塩とオリーブオイルで。
大根とにんじんのぬか漬け。

 シイタケ、ジューシーでうまい。
2737_2 シンガポールチキンライスは、料理教室でも人気のメニューのひとつ。簡単で美味しいし、手間がかかってるように見えて実は簡単、っていうのが主婦にうける理由なんだと思う。
前もって鶏肉の皮目をフライパンで焼くのがポイントだと思う。鶏肉はうまみも濃いけど、臭みもある。
その食材に合った調理法をうまく考えるのが最近の自分の傾向。何を作るか、というより、その食材とどう向き合うか、、、みたいな。
 ぬか床は、だいぶ馴染んできたみたい。私の場合、ごはんのお供というより、完全に酒のアテとなっているけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 1日 (土)

2月1日(土)晴れ

お天道さま、気持ちいいー。
朝ごはん。

2730_2 スムージー。(みかん、きんかん、キウイ、パイナップル、レタスの外葉)
大麦のスープにうどんを入れる。

 2731 仕込みの合間に、昼ごはんを作る。
初めて作ってみたパンチェッタ(作り方は自己流です)でアマトリチャーナ。
ベーコンで作るとどうしてもスモークの香りでまとまっちゃうところだけど、パンチェッタを使うと、肉本来のうまみが出る。なかなかいいかも。
王子農園でとれた葉っぱでサラダ。

2733 晩ごはん。
いわしの蒲焼丼。茹でたセリをのせた。
干しえのきのお味噌汁。
きゅうりのぬか漬け。
いわしって「鰯」って書くくせに、旨いよなー。今夜のお客さんに香草パン粉焼きにしてお出しした。その残りを蒲焼にして我が家の食卓にのぼったというわけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »