« 高山へ | トップページ | ぼんやりと »

2014年1月 1日 (水)

らーめんおいしい

 ちらちらと雪が舞う中、朝いちばんで露天風呂に入る。それにしても今年は雪が少ないなぁと思う。高山の景色としてはちょっと物足りなさを感じる。
  高山らーめんを堪能。高山らーめんは、らーめんというよりも、昔ながらの中華蕎麦というたたずまい。醤油の香ばしさが立つシンプルな味。そしてどこか懐かしさを感じる。
らーめん屋のおっちゃんが、飛騨牛の握り寿司をしつこくすすめてくるので、一緒に注文することに。刺身のように切った脂ののった牛肉を軽く火であぶったところを酢飯と一緒ににぎるのだが、これを旨くないという人がいるだろうか。間違いない味だった。
でもそのあとおっちゃんが、「こんな贅沢なもの俺たちは普段食べないぞ」と言っていた。
飛騨牛は、観光客たちが消費しているということか、なるほどな話。
いくら地のものとはいえ、飛騨牛は地元でも贅沢品ということであった。
  そして王子は昨日から団子を食べ続けている。好きなものだけをお腹いっぱい食べたいというのが彼のやり方。今彼の腹のほとんどは、炭水化物でできている。
食べものに関して冒険好きな私としては、ちょっとつまらないのである。もっといろいろ食べてみたいのに~。また次の楽しみにとっておくか。
  帰りの道も思っていた以上にスムーズだった。高山は近いなぁ。
相変わらずちっとも正月気分が盛り上がらない我ら。
せめてもと、晩ごはんにはすき焼きを作り、シャンパンを抜いたりして正月っぽく贅沢をしてみたけど。
街は家族連れが多くて、そういう部分でいろいろ複雑な自分としては、その景色に胸が痛くなる。これからの人生もずっと抱えていかなきゃならないものだと思うと辛くなるのだけど、その中で自分がどうやって生きていくべきかというのが常に課題となる。
正月はちっとも楽しくなくて、いろいろ考えさせられる時間だ。


  

|

« 高山へ | トップページ | ぼんやりと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/54463058

この記事へのトラックバック一覧です: らーめんおいしい:

« 高山へ | トップページ | ぼんやりと »