« 楽しい瞬間 | トップページ | しびれる~ »

2013年11月22日 (金)

お粥さん

 郵便局の駐車場で車から荷物を降ろそうとしたそのときに、ちょうど隣に別のお客さんの車が入ってきた。私が助手席側でもたもたしていたために、その人がなかなか車から降りれないという状況。
荷物を降ろしてすぐに「すみませんでした」と言ったんだけど相手は無言&無表情。なんだかこれって淋しいなぁって思った。
  そのあと荷物を抱えて窓口へ行ったら、年賀ハガキを買いに来たおじいちゃんが窓口のお姉さんと長話。これはよくある風景。
だけど、あまりにも長くて、抱えてた荷物をとりあえずカウンターに置いて並び直そうとした瞬間に自分よりも後から来た人たちがどどっと間に入ってきて結局自分は列のいちばん後ろに並ぶことに。
  この出来事で何を思ったかというと、長話をしているじいさんが悪いとか、先に並んでいたにも関わらず後から来た人たちが割り込んできたことに腹が立ったとか、そういう状況をちっとも把握していない郵便局の人が悪いとか、、、そういうことではないのだ。そこに人間どうしのやりとりがまったくないというのがいちばん淋しいポイントだと思う。
  ここでもやっぱり無言&無表情の人たちのなんともいえない空気を感じて、景気がよくなって街も人もどんどん綺麗になっていく日本は素晴らしいと思うが、一方ではロボットみたいな人間をたくさんつくっていってしまってないかとちょっと未来が不安になった。
  昨日、ナディアパークのエレベーターに乗ったときにたまたま一緒になった外人さんは言葉は通じなくとも顔が合った瞬間微笑んでくれて、自分も微笑み返した。これだけなのにものすご~く癒された。久々に味わったこの感じ。
日本人、どんどんすごくなるのはいいが大事な何かを忘れちゃってないかと、ふと思った今日だった。

  夜はお粥を炊いた。最近お粥にもはまってるのだ。
なにしろ寒くなってきたのでトロミのついたものは体を温めてくれるのでよい。しかも、お粥にするとお米の量がいつもの5分の1くらい(もっと少ないかも)ですむのでダイエットにもいい。といっても我らの場合はさんざん飲んだあとにお粥なのでその効果はまったくないけど。
そしてお粥は途中で混ぜない、というのも最近見つけたポイント。とにかく時間をかけて(1時間くらい)とろ火でコトコトがいいみたい。生米でも前日の残りご飯でもこのポイントを押さえると美しくぴかぴかに輝くお粥さんが炊けるのです。

 

|

« 楽しい瞬間 | トップページ | しびれる~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/54026129

この記事へのトラックバック一覧です: お粥さん:

« 楽しい瞬間 | トップページ | しびれる~ »