« どんよりー | トップページ | いろいろ温かい。 »

2013年10月23日 (水)

キンモクセイ

 「台風大丈夫か?」と、父からの電話。いつもタイミング悪くて忙しない会話しかできなかったけど、今日は私の声の雰囲気がいつもと違うのを感じたようで、めずらしく長電話。そうか、父ちゃん聴いてもらいたかったんだなぁと、なぜだか父の電話となるといつも素っ気なくなってしまう自分を反省した。
そして話しながらもいろんなことを思って、思春期ごろからずっと抱えていた家族に対するわだかまりみたいなものが今日初めて解けた。
  幼い頃の両親の関係が最悪で、そんな冷え切った家族の中にいるのが辛くて、若いうちから家を飛び出した自分であったが、そんな娘を一度たりとも咎めることなく黙って遠くから見守り続けてくれたこととか、、、。
そして41になった今もそれに近い状態で、相変わらず実家にも帰らない親不孝娘なんだけど、離れていても両親からの愛情を感じて胸がいっぱいになるときがあったりとか、、、。
皮肉なことにそういうのって、自分が結婚したり、子育てしたり、離婚したり、息子たちと離れたこととか、いろんな出来事の中で初めて気づくことが多くって、、、。
  そしてあんなに仲の悪いふたりなのに、今日電話で父ちゃんが母ちゃんの足のことを本気で心配していて、どんな形であってもやっぱり夫婦なんだなぁとそのとき思った。そんなふたりの間に自分が生まれたという事実を今さらながらにして嬉しく思った。
今まで父と母は別々の存在で、夫婦として見たことなんてなかったから、初めての感覚だった。もっと早く気づいていたら、、、、自分の人生も変わっていたかも知れないなぁ。
  今までゆがんだ角度からしか両親とか家族を見ていなかった。41になって気づくなんて。
でも両親が元気なうちに気づけてよかったと思う。受話器を置いた瞬間、2、3歳頃の穏やかな家族との思い出がよみがえってきた。
  私の人生、ずっと暗闇の中だと思ってたけど、どうやら違ったみたいだ。ものすごい愛情を両親からもらっていたのだ。
過ぎた時間を今、巻き戻したい気持ちでいっぱい。

  そういうことに気づいたりとか、、、。最近、いろいろ心の筋肉を使っている気がする。
といっても、寝てばかりいるので肝心の体の筋肉のほうはほとんど使ってないというダメ人間である。

  図書館の入り口のところで、ふとキンモクセイの甘い香りをひろって嬉しくなった。子供の頃を思い出した。母ちゃんの好きな香り。
  

|

« どんよりー | トップページ | いろいろ温かい。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/53703261

この記事へのトラックバック一覧です: キンモクセイ:

« どんよりー | トップページ | いろいろ温かい。 »