« しゃきっと月曜日 | トップページ | ダメ娘 »

2013年10月29日 (火)

どんよりどんより

 訳詞家の岩谷時子さんが亡くなられた。岩谷さんといえばあの越路吹雪さんの愛の賛歌はあまりにも有名。幼少時代にカーラジオから流れてくるあの歌を聴いて涙したのを覚えている。幼かった自分にはあまりにも衝撃的な出来事だった。あの歌に込められた何かを幼いながらにも感じ取ったんだと思う。
岩谷さんの生前のインタビュー映像の中で、「人の喜びのために何かをすることで自分自身が幸せになる」というようなことをおっしゃっていたのがすごく沁みた。
自分ひとりでは幸せを温めることしかできなくて、誰かの喜びを想うその気持ちが幸せを生み出すことにつながるってことなんだろうな。
昔から越路吹雪さんとか本田美奈子さんの歌の中には神様がいると思っていて、その神様って岩谷時子さんだったんだと、今あらためて感じた。

  今日も一日曇り空で気持ちもなんとなくどんより。もはや、頑張って元気出そうとかって思わない。どんよりなときはどんよりするに限る。
なので王子と二人でどんよりしながら図書館に行ったり、図書館の上にある私が北名古屋市の名所として一番に推したい歴史民族資料館を巡ったりして昭和の時代に思いをはせてみた。ちょうど行ったときに私たちよりひとまわり上くらいのお姉さまグループがいて「これも知ってる、懐かしいね~」とか言いながらキャッキャとはしゃいでいたのが可愛らしかった。みんな子供になってた。

  夜、仕事を終えてからの酒量が最近増えている。
酒で何も解決なんかしないのは分かってる。明日は普通にくることも分かってる。でも飲みたい。飲んじゃいたい。
そろそろこんな自分を救出してやらねばならぬかのう、、、いやまだ放置しておくべきか。ううむ。

|

« しゃきっと月曜日 | トップページ | ダメ娘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/53766533

この記事へのトラックバック一覧です: どんよりどんより:

« しゃきっと月曜日 | トップページ | ダメ娘 »