« こわいー | トップページ | ただの酔っ払い »

2013年9月 5日 (木)

ハシゴ

 ずっと心にひっかかっていたものが、気づけばなくなってたりすることってある。
たぶん、消えちゃったんじゃなくて、知らず知らずのうちに「乗り越えた」ということなんだと思う。ひっかかっていたものよりもさらに大きな心の経験をしたときに、そういうのって勝手に乗り越えちゃったりしてる。いい意味で執着しないってことは大事なポイントかも。

  朝いちばんでフラメンコへ。久しぶりだったので体はガチガチで、でも汗いっぱいかいて爽快。41歳になってかく汗は格別。
今日の収穫は「痛みと戦う」ということであった。つまり「痛み」(体の角度を痛いところまでもっていくということ)を伴いながら踊るのがフラメンコで、そうじゃなければフラメンコではないそうだ。優雅に踊っているように見えても、必ずそこには「痛み」があって、それを感じながらも綺麗に見せるというのが大事なんだそうだ。
 今の自分の踊りはどちらかというとなるべく痛くないようにユルユル、、、という感じなので、もっと自分をいじめてやらなきゃと今日思った。
そうはいっても、自分いじめるって、結構大変よね。甘やかすのは簡単なんだけど、、、。
道のり遠し。

  お昼は王子と帰国中のタナセ君と3人で美味しいタイカレーを食べる。
仲のよい男ふたりの間に、私がオマケみたいにいるこの感じにも慣れてきた。気をつかわなくていいし、かといってかまってももらえないんだけど(勝手にふたりで仲良くやっているので)、この位置が楽チンでいい。
  そしてなんと、今日は夕方からもこのメンバーで伏見に繰り出してワインバーをハシゴしたりしたのであった。ほんとにこのふたり、お互い「お前なんか別に」みたいな空気をかもし出してるんだけど、逆にどこまで仲いいんだ って感じだ。男の友情ってあまり近くで見たことないんだけど、こういうものなのかなとも思った。
  今日タナセ君が銀行に何かの罰金を支払いにいったそうだけど、つまりそれは知らない奴に金を払うということなので、そのことがとても腹立たしく思えて、そのあと自分自身に何か買ってやらねばとコメ兵で腕時計を購入したという話。(しかも高価なやつ)
彼らしいなぁと思った。
  そういう話とか、我ら3人の共通点でもあるバツがついてる人間について語り合ったり、美味しいワインが気持ちをゆるゆるにしてくれたみたいですっかり会話もはずみ、でも終電ぎりぎりでなんとか帰ってきた。楽しい時間ってあっという間。
  それにしても駅からの帰り道、並んでいるふたりの影が親子ほどの差があって(実際の大きさもそんな感じ)見ていてなんだかほのぼのした。こんなに大きさ違うのに同級生だし、お互いおじさんだし、仲いいし、、、なんか変なの~って。
  

|

« こわいー | トップページ | ただの酔っ払い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/53161136

この記事へのトラックバック一覧です: ハシゴ:

« こわいー | トップページ | ただの酔っ払い »