« 夕暮れさんぽ | トップページ | リフレッシュ »

2013年9月21日 (土)

海とぶどうとワイン。

 王子のおじいさまのお墓参りをすませたあと、タクミと合流し中伊豆方面へ向かう。
こっち方面には20代前半に一度だけ来たことがあるが、泳げない私にとっては苦い印象しか残ってないのよね。一方王子はというと、ダイビングの免許をとった場所がこちらだったり、若き頃に2人で旅行に来た(これはまさしく当時の彼女とみた)ことが思わず発覚してしまったりして、、、まぁとにかく甘い思い出が詰まっている場所らしいことはたしか。(こわいので詳しくは聞かなかったけどね)
  そんな王子の20年前の記憶をたどりながら向かったのは沼津漁港。
観光客向けの食堂が軒を連ねてる。干物の売る威勢のいいおばちゃんの声が響いていたり、いろんなところから魚を焼いている香ばしい煙が立ち上っていたりして、食いしん坊さんの胃袋をくすぐる感じがよかった。
  小さな食堂を見つけ、名物の沼津丼にありつけた。魚の鮮度、抜群~。沼津丼もよかったが、一緒に付いてきた味噌汁がまた最高だった。
港はいいなぁ、美味しいものがいっぱいあって、、、。

2468 沼津丼。生桜えび、生しらす、あじがのってる。下の酢飯には焼いた干物が混ぜてある

  車を置いて修善寺方面へと電車で向かう。ワイナリーを目指す。
小金色の田んぼに午後の光が反射してキラキラしてた。ちょうど夕方に差し掛かる時間帯だったので空はもうオレンジ色に染まり始めてた。きれいだったなぁ。
これもまた思い出の絵になっていくんだろうなぁと思いながら。
そういうちょっとした切ない瞬間のほうが心には残ったりするんだよね。
2469
  絵葉書とか映画の中でしか見たことのない風景が目の前に広がっていて感動。 空気も澄んでいて風も気持ちいい。こういうところでワインは造られるんだなぁと今さらながら自分が普段何気なく飲んでいるワインのルーツを知ったという感じ。何かがつながった気がした。
自分と、そのものとの距離がぐっと近くなるようなあの感じ。
フランスとかイタリアとかスペインとかのブドウ畑を見たらもっと感動するのかも知れないけど、日本にだってこんなにいい場所があるじゃん!と、いい意味でびっくりさせられた。
ワインも思っていた以上に複雑な風味がしてイタリアワインに負けないというくらい。正直ちょっと国産ワインは期待していないところがあったのだ。今回まんまと裏切られたという感じ。
 
  日が暮れ始めるブドウ畑の風景も最高だった。外国に来ちゃったみたい。
2470 2471 もうじき収穫をむかえようとしているメルロ。ワインのぶどうって思っていたよりも小粒なのね。

  

|

« 夕暮れさんぽ | トップページ | リフレッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/53356026

この記事へのトラックバック一覧です: 海とぶどうとワイン。:

« 夕暮れさんぽ | トップページ | リフレッシュ »