« いろいろ思う | トップページ | 中国2日目。 »

2013年8月13日 (火)

中国一日目

 空港にタナセ君が迎えにきてくれた。可愛い奥様も一緒に。それにしてもこちらも連日40度越えの猛暑らしく、たまたま着いた今日は37度。「今日は涼しいね~」とかいっている彼らが信じられなかった~。日本の暑さもすごいと思ったけどけど、さらに上があった、、、。
さらにこの猛暑対策として驚いたのは、雨を降らせるために空に向かってでっかい大砲を撃つという話。その大砲で空気中に粉末状のものをまいて化学的な反応によって、むりやり雨を降らすという方法。いろんな意味ですごい国だなぁ、、、。
しかしながら上半身裸で働くおじさまたちの姿は昭和の日本を見ているみたいで、エネルギッシュであった。韓国の下町でみた風景にも似てた。
2381 ←空港内のコンビニ。

さて。ふたりの住む町はここから車で3時間半。(飛行機に乗ってる時間より長かった)
タナセ君の経営する会社を見学したり、愛犬と戯れたり、そして唯一この町にいる貴重な日本人秋山氏にお会いしたりしてこちらのいろんな話を聴かせていただいた。日本人から見たこちらの印象とか、物価のこととか。いろいろ驚かされる内容が満載だったけど、そんな話をする秋山氏はいい意味ですっかりこちらの色に染まっているようだった。日本を出て海外で仕事している友達に共通に感じる、「人生をエンジョイしてる感」みたいなもの。お金とかそういうものを越えた何かをつかんでる感というのかなぁ。
とにかく仕事を楽しんでるという姿勢。
2384_2
それにしても、10年前にたったひとりでこの町に降り立って、1から会社を築き上げたというタナセ君のすごさにあらためて感動。日本人が3人しかいないというこの町で言葉も通じないし、腹をこわしたときに助を求める人もいなく「俺死ぬかも」と感じたというリアルな話もみんな、今の彼を作っているんだよな。素敵な奥さんに出会えてほんとによかったよねと、心から思う。

↑タナセ君の会社。
彼の、何気ない話の中にも、いつも一歩突き出た感だったり、思いと行動の距離がものすごく近くに感じるのって、こういうことだったんだぁというのを目の前で見せ付けられた気がした。働いてる従業員さんたちがみなニコニコしていたことも印象的だった。私たちが行ったらいきなり、工場の作業台の上でスイカを切り始めて振る舞ってくれたりして。そういうのも日本にはない光景だったのでびっくりしたけど、なんかいいなぁと思った。

2382 ショウロンポウのお店にて。         →

おすすめのお店に連れて行ってもらった。
下町の食堂みたいなところ。
決してキレイじゃないけど、味にもお店の雰囲気にも働くおばちゃんにも、やっぱりエネルギッシュさを感じた。

お店によってもみんな違うというショウポンポウ。ここのは小ぶりで、どちらかというと日本のシュウマイみたいな雰囲気であった。肉汁どば~ではなく、肉っぽいタイプ。
タナセ君が「せっかく日本から来てくれたんだから、死ぬほど食べさせてやる」と、親友王子のために、次から次へとじゃんじゃん注文してくれて、いい意味で断れない王子は目を白黒させながら5皿食べ切ったあと、(つまり50個)さすがにギブアップしていたのがおかしかった。
2386
王子がそのあと、「なんでアイツは俺にばっかりそういうことしてくれるんだろう」とボソッと言っていて、男の友情っていいなって、ちょっと羨ましく思った。

ショウロンポウで腹はいっぱいになり、そのあとご夫妻行き着けのお茶屋さんへ案内してもらった。
お茶屋さんというと、日本の喫茶店をイメージしてたけど、まったく違って、粋なおとなの社交場という雰囲気であった。

2387 広い店内には、大きなテーブルがいくつか点在していて、各テーブルにチャイナドレスを着た美人のお姉さんがひとりづつ付いてくれるという方式。
美人さんの、正式な中国茶のお作法を目の前にし、思わずドキドキ。お茶を飲みながらゆっくりと会話も楽しみという大人の娯楽。たぶんこちらの富裕層の方々の楽しみなんじゃないかなぁ。
居酒屋好きの俺には物足りないかなぁと思ったけど、酒がないぶん、ごまかしもないし、なにより健全なので、店を出るとき心身ともに、ものすごく自分が健康になっていてびっくり。


お姉さんの真似をする王子。

しかしながら、普段健全じゃない自分みたいなのは、「ここはもしかしておしゃれなキャバクラか?!」と何度も勘違いしそうになったことだよ。キレイなお姉さんとこんな近くで会話できるんだもん。王子が鼻の下を伸ばしていつもよりハイテンションになっていたのを見逃さなかったぞ。(彼は完全に勘違いしてたひとり)
どちらにしても、日本でせかせか働く我らにとってはとても贅沢な時間でありました。シラフで3時間もおしゃべりするだなんて、普段だったらありえないもーん。

2388_2
                お茶屋さんで出てきたフルーツ盛り。スイカがハートになっていた。

そしてたまたま今日は、こちらでいう旧暦の七夕にあたる日でした。
意外なことにこちら中国はお祝い事が大好きな国だそうで、七夕の今日は男女がデートする日なんだそう。男の人が女性に花束を贈る日なんだって。

なので・・・
2385
私も王子からいただきました。
日本ではもらったことのないような豪華な花束。
どうやらこの国、女性にはとっても優しい国のようです。


|

« いろいろ思う | トップページ | 中国2日目。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/52875614

この記事へのトラックバック一覧です: 中国一日目:

« いろいろ思う | トップページ | 中国2日目。 »