« 積み重ねる | トップページ | 助手として »

2013年8月31日 (土)

そっか

 夕べ、「優秀だー」とか言いながら帰ってきた自分であったが、駅からの道で途中何度も電信柱に抱きついて「ミ~ンミ~ン」とかってやっていたらしい。冷たいコンクリの柱がほどよく気持ちよかったのだと記憶するところではあるが、あまり覚えていない、、、。
まったく知らなきゃそれまでだったのになぁ。王子のばかぁ。
でもまぁ、誰にも迷惑かけてないし、こんなのかわいいもんだ。

  今日はご予約をいただいていたので、朝から頑張ろうと思いきや、なかなかスイッチが入らず。ここのところ感じている体に力が入らない感じとか、気持ちが勝手に沈んでいく感じとか、、、、たぶん今、そういう時期にいるということなんだろうけど。無理にそこから抜けようとすると苦しくなるし、避けようとしても気持ちは余計に重たくなるので、こういうときは、じっとここを耐えるしかないのよね。
でもやっぱり、どこかあせりみたいなものもあって、「ダメじゃん」って叱ってくる自分がいて、そこに落ち込んだりもして、、、。
病んでるなぁ。まぁ、仕方ないな、この時期。

  でも、重い腰を上げ、いざ台所に入ればいつもの感覚が降りてきて、夢中になれる。料理作って、お客さんが来てくださって、、っていうこの風景がやっぱり好きなんだ、私、って思った。落ち込んだ分、そういう空気が新鮮に感じた。お客さんたちが和んでおしゃべりしてる声とか、笑い声とか、そういう空間丸ごと好きなんだ、私。
  なんだか心が少しだけ軽くなった気がして、お客さんたちが帰ったあともしばらく仕事した。いつもならさっさと後片付けしてエプロンはずしたくなるものなのに。

  なんとなくふわふわして地に足がついていないこの感じは、たぶん「今」を充実させてあげていないからだと思った。
  「頑張ろう」って思うと、たいてい何か大事なことを見落していることが多くて。
原点に返るっていうのは、一生のうち、何度あってもいいことなんだろうな。

|

« 積み重ねる | トップページ | 助手として »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/53103177

この記事へのトラックバック一覧です: そっか:

« 積み重ねる | トップページ | 助手として »