« 若さっていいな | トップページ | ウツウツしてるなぁ »

2013年5月 2日 (木)

まったり時間

 朝いちばんで仕入れに向かう。世の中はゴールデンウィークだというのに市場の賑わいはいつもと変わらず。威勢のいい兄ちゃんたちの声が飛び交う中、ぴっちぴちの食材たちが無造作に並んでいるこの男っぽくて汗っぽい雰囲気が好き。決してきれいとか美しいとかって色じゃないんだけど、ここには生きるエネルギーが詰まってる。だらっとしてなくて、お客も店の人間も必死な感じがして。「食」ってそもそもそういうものだ。きれいに着飾るものじゃなくて、むき出しで、しかも必死感が漂うものだと。「生きてい」くってことに通ずるものだ。

 夕方、Nちゃんたちが来てくれて和んだのもよかった。温泉帰りだという彼女たちが、新鮮な山のものをいろいろ買ってきてくれたので、それをちゃちゃっと料理してお出しした。
自ら社会の中に身を置き、パリパリと仕事をこなしている彼女たちは女の自分から見てもかっこいい。そういう経験をしているからこそ自分の意見というのが生まれるのだと思う。20代前半からずっと主婦っぽい世界に入っている自分は、どちらかというと意見することを抑えてきたし、その意見すらももう思い浮かばないほど。意見するっていうのは、いい意味での自己主張のような気がする。「私は私」を表現することだとも。自分などもはや、自己主張の仕方さえももう忘れてしまったよ。
そんな社会の中で颯爽と生きる彼女たちが女としてちょっと羨ましかった。人生の選択肢は無限なんだなぁとも。

 晩ごはんは、しらすとアスパラご飯を作ってみて、これがまた絶妙に旨く炊けて、おかずなしでもりもり食べられた。それと味噌汁と、自家製のシメ鯖。
「絶妙」と思うのは、まさに塩の加減だと最近思う。ピタっとはまる点みたいなのがあって、そこに奇跡的にはまると、この絶妙が生まれる。たぶん、すごい料理人とかでも、この点にはまることってめったにないんじゃないかな。なぜならその場所はたった一点しかないから。
なるべくならこの点に近い仕事をしたいものだなぁといつも思ってるし、そういうことが感覚で分かるようになっていきたいものだな。

 




 

|

« 若さっていいな | トップページ | ウツウツしてるなぁ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/51470556

この記事へのトラックバック一覧です: まったり時間:

« 若さっていいな | トップページ | ウツウツしてるなぁ »