« ううむ。 | トップページ | 庭がきれいだよ »

2013年5月24日 (金)

笑顔だな~

 痛がっている王子を見ているのは辛いと、この自分が沈んでいたってしょうがないじゃん!と思い、バリバリと仕入れしたり仕込みしたりする。相手を思いやるという気持ちは、自分自身をちゃんと生きる、ってことに最終的にはここに尽きると思う。痛くない自分までが、あえて痛くならなくてもいいってことだと。これって、ものすごくシビアな部分だと思うけど、究極、自分を大切にできない人間には他人を幸せにすることなんてできないってことだ。
などと思いながら、今日も自分が狭くならないように、「私」を頑張った。

 最近、料理しながら思うことなんだけど、「お客さんに美味しいって言ってもらえるように作ろう」とはあまり思っていなくて、「とにかくこの自分が楽しくなる方法を見つけよう」って作ってる。この部分がお客さんにどう伝わるかは分からないけど、まずこの自分がワクワクしていないと料理は作れないと。
そのおかげで、仕事して疲れるって感覚ってほとんどなくなった。ワクワクが自分の中にある限り作り続ける思うし、常にそういう自分でいられるようにいろんな刺激に敏感でいようといつも思ってる。
しかしながら、仕事を終えていざ自分たちのゴハンを作ろうとすると、とたんにどこかのスイッチが切り替わるみたいで、ダラっとしたゴハンになって王子に突っ込まれるというのがいつものパターン。
たぶんその瞬間、普段着というかパジャマというかジャージに着替えるのだと思う。自分では気づいていないんだけど。
まぁ24時間パジャマで過ごしてるわけじゃないので、こればかりは許してもらうとしよう。

 夜はななちゃんが美味しいお酒を差し入れしてくれて、みんなで和んだのもよかった。
子供たちが気持ちがいいくらいに、もりもりと野菜を食べていたので「ママは上手に子育てしたことだなぁ」と、ななちゃんを尊敬した。
好き嫌いがあるのが悪いということではなく、「食べものに感謝をする」って気持ちとか「食べることの楽しさ」とかを大人は子供に教えてあげてるかどうかってことなんだよね。
今はあたりまえのようになんでもある時代から、「食」と「感謝」って言葉が離れてしまいがちなんだけど、これって一番大事なことだよな。
そして子供たちがゴハンを食べてる姿って、ものすごくけなげで、愛おしくて、いつも胸がきゅんとなるんだよね。そういう姿から、大人が教わることもいっぱいある。
 笑顔のいっぱいある夜だった。

|

« ううむ。 | トップページ | 庭がきれいだよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/51767005

この記事へのトラックバック一覧です: 笑顔だな~:

« ううむ。 | トップページ | 庭がきれいだよ »