« 食いしん坊探訪・in高山 | トップページ | 胸がきゅーん »

2013年2月11日 (月)

母ちゃんになる

 今日もタクミがいて休日っぽく過ごす。一日じゅうパジャマで過ごしたり、コタツでゴロゴロしながらお菓子をぼりぼりしている奴の隣で、テレビを見たり本読んだりしてダラダラと過ごす自分。この空間が、この一瞬が、愛おしいと思いながら。
 ダメな母親である自分を責め続けて自分が萎縮していた時期は、息子と会うのにも変に気をつかったりしたものだけれど(息子たちを不憫に思う気持ちから)、今はなんとなく変わってきたと思う。息子たちと一緒に暮らしていたころの当時のお母さんになっている自分に近づきつつある今だ。 不憫に思う気持ちが、いつのまにかココロの壁みたいになって距離をつくってしまっていたみたい。今ようやく、そのことに気づいた。
あのときのことは、一生をかけて償おうったって償いきれないのはわかっているけれど、母である自分が自分らしく生きていくことが、何よりも息子たちの希望に繋がるものなのだと、ようやくそう思えるようになった。この世の誰よりも、あの子たちを信じてるもの。
 それでも、ふつうの子みたいに思春期の反抗期が来てもぶつける相手さえいない彼らのことを思うと、ごめんねという気持ちでいっぱいになったりもするけど。
 これからどんなふうに大人になっていくのかは分からないけれど、彼らの人生の応援団長の位置で自分はいたい。それしかできないし、それが親の役目っていうものなんだろうな。

 王子と3人で休日のスーパーに行ったりしたのもよかった。奴の大好物のアイスクリームもたくさん買ってやって(親ばか)、それを同じものを王子にも。(面倒なことにならないための対策。)
 夜は王子のリクエストで、中華風焼きそばを作る。麺と同じくらいの量の野菜を入れたヘルシー焼きそば。ちょっとでも炭水化物を減らそうと思って。
食卓について、大皿からタクミの皿に取り分けてやっていたら、そこへすかさず王子も自分の皿を出してきた、「俺にもよそって」とばかりに。なんとなく息子がふたりいるようなそんな気分。女はいつでもどこでもお母さんになるというのに、男の人って。

タクミが帰って、また一週間が始まるって感じになる。一日を頑張って生きること、これしかできないし、自分が自分として頑張れることはここだけ。
そう思うと、高い目標もなにもいらない。一日を精一杯、これだけだよ。


|

« 食いしん坊探訪・in高山 | トップページ | 胸がきゅーん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/49349050

この記事へのトラックバック一覧です: 母ちゃんになる:

« 食いしん坊探訪・in高山 | トップページ | 胸がきゅーん »