« 調整むずかしい | トップページ | 責任 »

2013年1月10日 (木)

気持ちのいいダメ生活

 夜仕事を終えたあとこたつに入ると、必ず朝まで寝こける、、、というダメパターンを今朝もしっかりと踏む。こたつはヤバイなぁ気持ちよすぎだ。
このまま廃人への道をたどってはまずいと思い、シャワーを浴びてちょっとだけ布団で寝てみたが(とりあえず布団に入らないと寝た気がしないので)、これがまた失敗で今度は寝すぎてしまった。ダメダメじゃんっ。

 あわててフラメンコへ。年末から年明けにかけていろいろあったから、頭の中はすっかり遠い宇宙へ旅してた。今日はそれをひたすら現実世界に戻していく作業。そのとき、脳ミソを使うのではなく、体の感覚をたどる、っていうのがポイント。
 今日も師匠の愛のスパルタをみっちりと受ける。
すっかりなまっている体を、少しずつほぐすのではなくて、ビシバシ喝を入れて一気にいつものテンションに持っていくというのが師匠のやり方。決して自分を甘やかさない、っていう師匠の生き方そのものがそこにあるようで、こういう人からもらえるものはしっかりもらっておこうっていつも思う。痛くてすぐにくじけるへなちょこのくせに、、、。
 今日踊りながら思ったことは、ひとつひとつ足で踏みしめる作業って、地面に“今”を着地させる、ってことなのかもと。あの一音一音って、今っていう瞬間を噛みしめる作業と似てるって、まるで何かがひらめいたときみたいな感覚がぴかっと降りてきた。だからついテンポが早くなっちゃうときって、自分の内面がそういう状態にあるってことなんだと。
フラメンコって深いなぁ。
などと、フラメンコにかぎらず、自分なりにいろいろ解釈するのが大好きなのだけど、なんでもそうだけど、結局ここがなければ、モノにすることなんかできないと思う。ズレてるかも知れないけどそんなこと気にしない。誰にも否定されることのないこの自分ワールド、大事にしよう。

 ヘロヘロになって、帰りに近所のスーパーに寄ったら、お肉売り場のところで「メロちゃーん」と誰かに呼ばれて振り返ったらアサちゃんだった。相変わらず冬でも真っ黒なアサちゃんのキラキラの笑顔が見られてよかった。
なんていうのかな、この歳になってつくづく思うのは、誰かのある部分が好き、とかっていうより、もうその人がそこに存在していてくれるってこと自体が愛しく思えちゃうってこと。
もうこれからは、笑顔だけで誰とでも繋がれそうだ。歳をとるのも悪くないな。

 夜は久々にM氏の登場で、新年のご挨拶を交わし、相変わらず炭水化物抜き健康法を続けていらっしゃるという彼に、海老ピラフを山盛り作り(くくく)、まったりと和んだりしてよかった。お会いするたびに若々しくなっているM氏のそのコツは、食事療法もあるだろうけど、まるで少年のようなピュアでまっすぐなその感覚にあるとみた。

 そしてやっぱりこの時間になると、こたつが恋しくなる私、、、。

|

« 調整むずかしい | トップページ | 責任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/48695433

この記事へのトラックバック一覧です: 気持ちのいいダメ生活:

« 調整むずかしい | トップページ | 責任 »