« 片付けた~い | トップページ | イブだねぇ »

2012年12月23日 (日)

今日からパクパク

今日から冬のパクパク。回を重ねるたびに自分の中に芯ができてくる感じ。責任ももちろんのこと、料理を通して子供たちと創りあげる時間の意味とか、その中で自分は何ができるかとか。
考えることはいろいろあるんだけど、堅苦しくなってしまうとパクパクじゃなくなっちゃうので、そういうことを頭の片隅に意識しながらも、いつもの私でいることのほうが大事。
朝一番に「メロちゃーん」って走って来た子供たちの顔見たら、いろいろ考えていたことがバカらしくなちゃって「もうすべてキミたちにまかせまーす」みたいな気持ちに。子供たちから学ぶことは多い。
  今日も子供たちが作ったシナリオに寄り添うことができて幸せであった。
自分がメロディ先生として何ができるか、ではなくて、子供たちにどう寄り添うか、のほうが実はとっても大事で、子供たちひとりひとりを主役にしてあげることが自分の役目だということを実感した日であった。みんなキラキラした素敵な色を持っていて、でもそれは、表面からはなかなか見えないので、内側から引き出してあげるものだということも。
胸きゅんの連続であった。
 そしてやっぱり、このパクパクをやると、自分の料理に対する想いの原点がここにあるというのを再確認したりする。食べものの大切さとか、作ることの意味とか、一緒にゴハンを囲むことの喜びとか、感謝する気持ちとか。
 「食」は「生きる」につながることだから、これからもこういう時間を創ることにこだわっていきたいものだな。そして、こういう時間を子供の時期に味わっておくってことがすごく大事だと思うので、これからも小さな小さなメロディ食堂から発信していこうと思う。

 夜は王子が仕事でお世話になっている山下ファミリーが来てくださって、料理を作りまくった。きゅうにお電話をいただいたので、食材の用意が何もなくて、あわてて近所のスーパーで調達したものだったけど、仕込みまったくなしの即興料理たちばかりであったが、なんとか最後のデザートまでお出しすることができてほっとした。
いつも豚肩ロースで作るローストポークを思い切ってバラ肉でやってみたのが正解だった。マリネしておく時間がないので中に味は入らないから、表面の塩気と豚の脂の旨みだけで食べられるのはバラ肉のほう。脂のところをカリッカリにクリスピーに仕上げたのもよかった。
こういう「やばい、食材ない、時間がない、どーしよー」みたいなところを切り抜けることが、次の自信につながるということを今日も多く学んだ。こんなに短時間にぎゅうっと集中したの久しぶりだ~。

 心地よい疲れ。ビールをぐび~っとやるこの至福の時間。たまらん。

|

« 片付けた~い | トップページ | イブだねぇ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/48443815

この記事へのトラックバック一覧です: 今日からパクパク:

« 片付けた~い | トップページ | イブだねぇ »