« バリバリと | トップページ | 雨。月曜日 »

2012年11月25日 (日)

ぽかぽか日曜日

 久しぶりの朝寝坊。微妙な時間にごはんを食べたりしてダラっと過ごす日曜日。
ここのところいろいろ衝突の多かった我ら。お互いに目先のことだけでいっぱいいっぱいになっていたそんな自分たちの気持ちを整理すべく青空の下、車を掃除したり庭の草むしりをしたりする。モヤっとするときとか、イラっとするときは、掃除するのが一番の解消法だと思う。身の回りをキレイに整えるだけで、なんとなく気持ちも軽くなったりするから、うまくできてるよな~って思う。

午後から、仕事に煮詰まっていた王子が、どこかに出かけようと提案してくれる。やったー!
お千代保さんへ向かう。お参りして串カツ食べてのいつものコース。日曜日ということもあって、ものすごい人であふれていた。タクミは初めてだったので、あの串カツの立ち食いシステムに驚いていたみたい。でも、おっちゃんたちに紛れて戸惑いながらも揚げたての串をドテの鍋にどぼんとやる姿は、見ていて可愛かった。いつ来ても、賑わっているこの参道は、子供の頃に見たお祭りの縁日の風景とよく似ている。懐かしさもいっぱい、人情もいっぱい詰まってる。
 
目の覚めるようなまぶしい黄色の道を通って帰ってくる。今まさにイチョウが満開?!花が咲くわけではないけれど、あの葉の色は、満開って言葉がぴったりなくらい秋の空を彩ってくれている。桜の季節もいいけれど、この時期の木々の装いもなかなか見事である。本格的に寒くなるちょっと手前の、まさに今が一番きれいだったりする。今年は見れてよかった。

 夜は王子とタクミに寿司をおごる。なんと我らのカウンターの両脇でタバコを吸う客がいて、(寿司屋でタバコを吸われるのはあまり好きじゃない)「あぁ、失敗したぁ」とか思っていたら、その気持ちを大将が察してくれていて、ものすごくサービスしてもらった。
俺たちのネタだけなぜかものすごく分厚いとか、頼んでもいない刺身が来たり、熱燗のアテにとつまみが出てきたり。それでもって明朗会計。客をぜったいがっかりさせないという大将の心配りに感動した。料理を通してこういう気持ちのやりとりができるってところにお金をつかえるってなによりも幸せ。

戻ってきて王子はまた仕事。タクミも帰って、自分はちょっとづつ来週のための仕事の準備。週末はいつもあっという間だけれど、これがなきゃ一週間頑張れない。
タクミは今週期末テストとか言ってたけど、勉強してる雰囲気まったく感じられなかったなぁ。昔から、子供に勉強しろだなんて一度も言ったことないし、「もうそろそろ勉強しなきゃヤバイ」とかって、本人が気づくのをじっと待つ、というのが自分のやり方だが、3人兄弟の中でいまだ気づかないのはおそらくタクミさんだけだ。いったいこいつはどうなるんだろうと、これからもダメ母は遠くから見守りつづけるのみです。

|

« バリバリと | トップページ | 雨。月曜日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/165410/47979388

この記事へのトラックバック一覧です: ぽかぽか日曜日:

« バリバリと | トップページ | 雨。月曜日 »